芸術や芸能と呼ばれる、ある種“役に立たない”とされるものが、端に追いやられてしまう場面が最近よく見かけられます。実際的な利益や数値で文化を測るなんてナンセンスとスルーするだけでなく、そんな事態になっている現在において、私たちが生きるインフラとしての“芸術文化”をもう一度タフに考え、議論することは、これまで芸術文化によって何かしら影響を受け、いろんなかたちで救われた者として積極的にやっていきたいことです。さて、2012年から発行してきたおおさか創造千島財団のフリーペーパー『paperC』が、紙からWebへと移行しました。イベント・展示情報から地域の文化を担う店舗・スポット、活動するつくり手やアーティスト、研究者などなど、大阪の状況を紹介していくWebメディアとして、これからも活動していきます。大阪の芸術文化のいまを考える特集コンテンツもじっくり仕込み中。お楽しみに。
Event
2020.08.12
#gallery nomart#ART#EXHIBITION#大阪市#永田

“ゆらぎ”の絵画で人間の性と世界の有様を表現する画家、
黒宮菜菜の個展「カタストロフの器」がGallery Nomartにて開催。
VOCA展2020で発表した200号の大作を関西で初公開。

“ゆらぎ”の絵画で人間の性と世界の有様を表現する画家、黒宮菜菜の個展「カタストロフの器」がGallery Nomartにて開催。VOCA展2020で発表した200号の大作を関西で初公開。

イメージの曖昧さを描き出す“ゆらぎ”の絵画で、人間の性と世界の有様を表現する画家、黒宮菜菜の個展「カタストロフの器」Gallery Nomartにて開催している。

これまでに、人間の身体に着目した油彩画、画仙紙や染料の特性を模索した幻想的な絵画などを制作してきた黒宮。本展を構成する近作と新作は、キャンバスにアクリル絵具で額縁のような土手をつくり、油絵具で絵を描き、そこに画用液を注いで絵具を溶かすことで滲みや消失を生じさせる手法で表されている。また、キャンバスにはスクリーンプリントも施され、絵具をはじいた最下層のモチーフが、上層に独特な奥行きを浮かび上がらせる。そうして導き出されるのは、観る者の感覚を揺さぶり、想像力を喚起させるおぼろげなイメージだ。

黒宮の作品は、小説の場面や登場人物、自身が思い描く情景など、物語性をテーマにしている点も特徴的だ。たとえば、新作シリーズ「崖の上」「橋の上」は、物語に転機が訪れるシーンを象徴する崖、橋という場所に着想を得ている。そして、それは彼女の独特の手法と結びつき、挫折や絶望の不穏さを漂わせるとともに、未来へと向かう兆しをも感じさせる。

今回は、VOCA展2020で佳作賞を受賞した200号の大作《Image-終わりし道の標べに》も展示。本作は関西で初公開となる。期間は9月12日(土)まで。

作家コメント

『カタストロフの器』によせて

「カタストロフ」とは、予期せぬ破滅や悲劇を意味する言葉であるが、そこには、破滅や破綻があったからこそ未来の再生や生命の華やぎを想起する契機としての意味も含まれていると考える。悲劇を転換させる起点としてあるのもまたカタストロフではないだろうか。

今回の展覧会では、このカタストロフとそれを受ける「器」という言葉をタイトルに入れた。わたしの近年の油彩作品には、キャンバスの周りに額縁のような形態の厚い絵具層の土手がある。これは、キャンバスを寝かせた状態にして、画用液を上から注ぎ込んだとき、液がキャンバスの側面からこぼれ落ちてしまわないように導入した方法である。制作の過程上表れたこの土手は、ヒタヒタに注いだ画用液を留まらせる役目を果たしており、その姿はまるで器のようだ。よって、タイトルにある「器」は、わたしにとっての絵そのものを意味する。

カタストロフが絵の中にある状態。

わたしの絵は、ある種の物語性(小説、悲劇、喜劇、登場人物、人間の性、生と死)をモチーフとしているが、絵具で描いたイメージは画用液の侵入によって消えたり、滲んだり、ぼやけたりと破綻を繰り返す。予測のつかないイメージの崩壊と、それを別の形へと再生しようとする自身の意思。その相互関係によって絵は完成していく。カタストロフの状態が物語という側面と技法的な側面との両方を孕んで絵の中で蠢いている感覚である。

本展覧会では、新しいイメージの展開として「崖の上」シリーズと「橋の上」シリーズも発表する予定だ。これら一連のイメージは、サスペンスドラマによく登場する崖の上でのクライマックスシーンや物語に転機が訪れる橋の上のシーンから着想を得たものである。追う者、追われる者、暴く者、語りかける者、思いとどまる者、とどまれない者、傍観者。そして秘密や告白や挫折や希望。人間の性が様々な形で行き交う場所。メタファーとしての崖の上と橋の上である。

黒宮菜菜 Nana Kuromiya

Gallery Nomart Webサイトより引用)

黒宮菜菜個展「カタストロフの器」

日時:2020年8月1日(土)〜9月12日(土)13:00〜19:00

休廊:日曜日・祝日、8月13日(木)〜15日(土)

会場:Gallery Nomart

問合:info@nomart.co.jp

 

関連イベント

Closing Live「Catastrophe」

日時:2020年9月12日(土)開場19:00、開演19:30

料金:2,000円 ※予約制(定員10名)

出演:.es(ドットエス:橋本孝之&sara)

Gallery Nomart

大阪市城東区永田3-5-22

 

photo:建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
Must Reads
2020.08.18
建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
MORE
photo:地下芸人の写真的観察
Must Reads
2020.07.19
地下芸人の写真的観察
衣笠名津美
TEXT: 衣笠名津美 [写真家]
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
MORE
photo:ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
Must Reads
2020.06.26
ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#ギャルリ・ド・リヴィエール#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI