「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
News
2021.02.18

大阪府・市が文化振興計画案へのパブリックコメントを実施中。
2021年度から5年間の文化政策の方向性や具体的取組について意見募集。

文: 北村智子[paperC運営事務局]

2021〜2025年度の大阪府・市の文化政策の方向性を決定する、「第5次大阪府文化振興計画(案)」ならびに「第3次大阪市文化振興計画(案)」が公表された。2021年3月8日(月)まで、一般(府民・市民以外も可)からの意見・提案を募集するパブリックコメントを実施している。

両計画は、学識経験者、芸術文化の専門家などにより構成される大阪府市文化振興会議からの答申を踏まえて策定される。「目指す将来像」や「基本理念」、「施策の方向性」は府・市で共通。
「目指す将来像」は、『「文化共創都市 大阪」~文化芸術が未来を切り拓く~』とされ、行政のみならずさまざまな立場の人々が、大阪の文化芸術を「共に創る」点が強調されている。
「施策の方向性」としては、「文化にかかわる環境づくり」「文化が都市を変革する」「文化が社会を形成する」の3つを提示。それぞれに沿って大阪府と大阪市が具体的な取組を提案している。

新型コロナウイルス関連の施策については、大阪府は具体的な取組として、「活動場所や出演の機会を創出するなどの継続的な支援」、「新型コロナウイルスの影響下でも実施可能な、ICT技術を活用した文化芸術活動の普及」などを挙げている。
大阪市は、具体的な取組としては記載はないが、大阪市を取り巻く状況の1つに「新型コロナウイルス感染症」を挙げ、「今一度、文化芸術の役割を再認識し、その価値をより一層高めていくとともに、地域の文化力の向上や、観光、まちづくりなど、関連する分野における施策との有機的な連携を通じて、都市全体の魅力のさらなる向上を図る必要がある」などと記述している。

また前回の計画にはなかった要素として、大阪・関西万博に向けた取組も組み込まれた。
大阪府の計画案では「文化芸術活動を通じて、大阪と国内外の様々な文化や歴史、言語、習慣などが交流する機会を創出し、他文化理解、異文化交流の促進に取り組む」としている。
一方の大阪市は、①大阪の文化資源を活用した観光振興や地域経済の活性化につながる取組み、②産官学民が連携して芸術文化の多様な価値を高める取組み、③大阪の歴史と文化が集積するエリアからの芸術文化の発信・交流、の3項目を挙げている。

今回の計画案作成に携わった、大阪府市文化振興会議委員で大阪アーツカウンシル統括責任者の中西美穂氏に話を聞いた。

中西:はじめにひとこと、本計画は、大阪で文化芸術活動をする皆が、これをもとに方針を確かめ、受け身にならずに、主体的に、対話や議論を重ねて、大阪の文化に関わっていくためのガイドブックです。どうぞこのガイドブックを発行するにあたって、これでいいのか、ここはもっと伸ばして欲しいのか、ここはどうして欲しいのか、など、「パブリックコメント」という仕組みを通して、意見を届けていただきたいと思います。

 

ーー今回の計画策定にあたって、どのような点を重視しましたか?

中西:これまで11年間使っていた「文化自由都市、大阪」という、自由という意味から問い直さねばならないちょっと抽象的なテーマから、「文化共創都市 大阪」にビジョンを変更しました。府民・市民、芸術家、文化団体、企業、行政、その他の大阪に関わる全ての人々と「共に創る」という意味です。

今回は文化芸術基本法が改正されてから初めての計画なので、改めて基本法にある地方公共団体の責務をしっかりと押さえつつ、府条例、市条例の内容と関連させました。新しい文化に関する法律(障害者による文化芸術活動の推進に関する法律)にも十分に留意しました。

また、広域自治体の大阪府の役割と、基礎自治体の大阪市の役割の違いも明確にしています。具体的には、大阪府は広域自治体であり府文化振興条例にあるとおり「市町村連携」の役割があります。また市は基礎自治体として文化芸術活動に寄り添い、かつ都市機能を充実させるような独自色を出して行けばよいと考えています。

 

ーーコロナ禍は大阪の文化芸術関係者にも大きな影響を与えていますが、その点は今回の計画にどのように反映されていますか?

中西:大阪府、大阪市ともに、策定にあたっては「新型コロナウイルス感染症」の項目を設けて実情を明記しました。これはつまり、計画全体にコロナの実情を考慮する前提ということです。
引き続き、コロナの感染状況を踏まえつつ、文化振興と感染対策の両立を図り、大阪にある多彩で豊かな文化芸術の灯が途絶えることがないよう、必要に応じて柔軟かつ迅速な施策の推進に積極的に取り組むこととしています。
具体的な点については、例えば、調査(*)等で必要性が指摘された文化芸術に関するワンストップ窓口について、大阪府立江之子島文化芸術創造センターにおいて、その機能を確立すると明記しています。
大阪における文化芸術関係者への新型コロナウイルスの影響に関する実態調査

 

ーーこの計画の期間内に大阪・関西万博が開催される予定ですが、大阪府・市の文化施策として万博に向けた具体的な事業のイメージはあるのでしょうか?

中西:まず、大阪の文化も含む大きな都市魅力の創造・発信に関する計画に「大阪都市魅力創造戦略2025(案)」(現在パブリックコメント実施中)があり、そちらに「文化芸術を創造し、支える人材の育成・支援」や「文化芸術拠点の充実や機能強化」なども盛り込まれています。具体的な事業は未だ決まっていないので、ぜひ今回のパブリックコメントでご提案いただければと思います。
以前、万博推進の中心になる公益社団法人2025年日本国際博覧会協会がアイディア募集等を行っていましたが、積極的に問い合わせるなど、府民や市民、芸術団体の側から動いてもいいのではないでしょうか?
※参考:People’s Living Lab促進会議 万博会場で実現したい「未来社会(技術・サービス)」アイデア提案集の公開 https://www.expo2025.or.jp/news/news-20200217-02/

 

ーーパブリックコメントで提出した意見は、どのように扱われますか?計画の内容を変えることもできるのでしょうか?

中西:大阪府、大阪市とも、いただいたご意見とそれに対する考え方等については、府・市のホームページ等により一定期間公表します。
重要な案件については検討する可能性があります。コメントが何もなければ、計画案に同意したということになります。ぜひ忌憚ないご意見を、そしてあなたの大阪のアートに関する夢を、大阪の未来のためにお寄せください。

大阪府「第5次大阪府文化振興計画(案)」パブリックコメント

http://www.pref.osaka.lg.jp/bunka/bunkashinkoukeikaku/index.html

 

大阪市「第3次大阪市文化振興計画(案)」パブリックコメント

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/keizaisenryaku/0000370808.html

photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
Must Reads
2021.03.30
What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
MORE
photo:INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
Must Reads
2021.03.27
INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿