「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2020.08.10
#LVDB BOOKS#LITERATURE#BOOK#INTERVIEW#大阪市#田辺

What’s up?|最近どうですか?
第1回:上林翼さん(LVDB BOOKS)

構成・文: 永江大[MUESUM]

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな〜」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況気になるあの人に声をかけていく本企画。第1回は、大阪・田辺で本屋「LVDB BOOKS」を営む上林翼(かんばやし・つばさ)さんです。

緊急事態宣言下のガーデニングと妖精と大阪

谷町線・田辺駅に着いて、TwitterでDMを送るとすぐに上林さんから返事がきた。「地下鉄から来るなら花まる弁当寄ってほしいです!」「18時以降半額なんで笑」。花まる弁当とは、田辺駅から徒歩5分ほどのところにあるお弁当屋さんで、ことあるごとに上林さんからおすすめされている。梅雨の肌にまとわりつく空気をかき分けて、念願の花まる弁当へ。

What’s up?|最近どうですか? 第1回:上林翼さん(LVDB BOOKS)

店先のスチールラックには、発泡スチロールの箱がいくつか置かれ、なかには弁当や各種お惣菜が詰め込まれていた。ルーローハン、ガパオライス、ヤンニョムチキン、ジャークチキン、タイ風春巻きなどアジア圏のごはんが中心。氷水につかったタイのチャーンビールや、ケースに詰められた落花生もある。いろんなものを食べたい気持ちをおさえて、ルーローハンと春巻きと漬物を買う。これで1,000円ぽっきりだからすごい。毎日通いたい。

田辺駅から徒歩6〜7分、閑静な住宅地の入り組んだ路地の一角にLVDB BOOKSがある。お弁当の袋を片手にお店へ入ると、お客さんが上林さんと談笑している。久しぶりにLVDBの本棚を眺め、入荷したものをチェック。新興の音楽レーベルimmeasurable」のフィールドレコーディング作品や、韓国の出版社「the object」から発刊された写真アーカイブ研究所資料集などの目新しいものから、壁際に積み上げられた古本・レコードの山まで。「持続化給付金で仕入れました」と、新刊が積まれた什器をカウンターごしに指差す上林さん。本やレコードをちら見しながら、ぽつぽつと話しはじめる。

What’s up?|最近どうですか? 第1回:上林翼さん(LVDB BOOKS)

ーーここ最近は、どんなことしていました?

上林:アーティストの小指さんがWebメディアに寄稿していた日記がすごく良くて。例えば、「この街は花が多い。それは今日初めて知ったことだった。」(Webメディア「she is」2020年4月4日、12日(小指)/違う場所の同じ日の日記)ってくだりとか僕自身ここ2〜3ヶ月は花や木々の様子をずっと見ていたので。

ーー4〜5月の緊急事態宣言下はずっと自宅に?

上林:実は毎日お店には来ていたんです。といってもオープンしていないのでお客さんは来ないし、変化があるものといえば庭の風景、植物だけなんですよ。まあ、ガーデニングというと少し大げさなんですが、狭い庭を今も整えています。竹が生えていたのを引っこ抜いたり。根っこが隣の家から塀を潜ってこちらへ来ていたみたいで、だいぶ苦労しましたが……。あそこにあるのはバラですね。サルビアは速攻で虫に食われちゃって。谷町六丁目にある「abcde」で植物を買って、植え替えたりしています。

ーーガーデニングのほかには? 前に雑誌をつくるって言ってましたよね。

上林:2年くらいタイトルをずっと考えていたんですけど、やっと閃いたので調子にのってツイートしたら、めっちゃ反応あって。普段、僕が入荷した本の紹介をしても誰もいいねしてくれないのに(笑)。コンセプトは単純で、毎号3〜4人に話を聞く。第1号は妖精特集で、第2号は南田辺の「スタンドアサヒ」だけで100ページくらいつくれるんじゃないかな。

ーー妖精?

上林:妖精って言ってますけど、近くでお店をやっている人、それこそ花まる弁当の社長さんとか。なかでも独特の人たちに話を聞いて、それを遠くの人にどう面白がってもらうか。例えば、「北沢長衛」っていう立ち飲み屋が阿倍野にあるんですけど、そこの店主がすごく面白い人で。その人の見ている大阪が、僕の好きな大阪なんですよね。その人はこの近くの生まれなので、見てきた景色を教えてもらう感じ。雑誌をつくる上での参照元としては、やっぱり小野和子さんの『あいたくて ききたくて 旅に出る』や、岸政彦さんの『断片的なものの社会学』とか、本屋なので過去の本を総動員して考えています。雑誌のなかでまったく知られていない人のインタビューが、50ページくらいのボリュームで載ることってないなと。逆にそれをやりたい。

ーー上林さんの好きな大阪ってどんなものですか?

上林:これ、はっきり言うのは難しいですね。少し違う言い方をすると、雑誌でやろうとしていることの根底には、現在の、特に大阪維新の政治に対する抵抗もあって。大阪都構想のようなひとつのイメージに進んでいく、統一されていくような、うすっぺらい感じがするじゃないですか。例えば、LVDB BOOKSがある東住吉区や隣接する阿倍野区、そして平野区は、もともとは大阪市に入っていなくて、徐々にまちが拡大していくなかで、大阪市に含まれただけのこと(大阪市域拡大については大阪市のWebサイトを参照)。僕が住む阿倍野区からここへは、毎日国境を越えているような感覚で通っているんですが、そこには統一された「大阪」ではなくて、異なるまちのつくりやその成り立ち、活動している人たちの文化みたいなものが、わりと目に見えやすい道や建物のレベルでまちの雰囲気として表れているんですね。排他的な意味ではなくて、その違いが面白いし、そこを言語化していきたいなと思っています。

ーーその複雑さが、そのまま豊かさともとらえられる。

上林:まちの複雑さを壊すことは誰でもできるけれど、また同じものをすぐにつくることは誰にもできない。もちろん、壊すべき風習もあるかもしれないですが、いまの大阪維新は、審美的判断と知性の欠如において信頼できないです。

ーーお店に来る若い人たちとかと、大阪のことを話したりします?

上林:アルバイトで来てくれている子にも話しますよ。選挙の日におそるおそる「選挙行った?」って聞いてみたら「当たり前じゃないですか」って返されて。選挙に行かない大人も多くいるなかで頼もしく感じました。まあ、ここの本棚を見れば、この店の政治的思想は見えると思うんですが、アジテーションを口に出してしまうと伝わっていかない部分もあるから、本というメディアを通して伝えていく。すべての店という場所が常に政治空間だと思っています。

2020年7月10日、LVDB BOOKSにて収録(取材:鈴木瑠理子、永江大)

What’s up?|最近どうですか? 第1回:上林翼さん(LVDB BOOKS)

上林さんの「最近気になる○○」

 

①お客さん=京都の大学生・森口さん(文化人類学専攻)

近所に実家があって月イチくらいでお店に来てくれる。この取材のときにもいて、2時間くらい本を物色していました。音楽アーティストのLil Soft Tennisとかとも同年代でつながっていて、これからの世代としておもしろいことをしてくれそう。新しい感性を教えてくれるし、将来が楽しみです。

 

②名店=スタンドアサヒ

南田辺の名店。この店がなかったらこのエリアに移転しなかった。コロナ以降、お店の人もLVDB BOOKSに来てくれて「お客さん全然来ないわ〜」とか言いながら、本をたくさん買ってくれる。この状況で飲食店の方が苦しいはずなのに、地域全体に目を配ってくれているのを感じます。スタンドアサヒには、そういった行動原理みたいなものがなにか残っている気がして。かっこいいですよね。

 

③ノンフィクション=『女帝 小池百合子』

大事な局面で毎回「崖から飛び降りる思い」という言葉を何度も執拗に繰り返す小池さんのとんでもなさが表れていて、読み物としても平成の政治史を振り返ることができて面白い。小池さんに投票した人は全員読んでほしい。ただ、取次会社の都合上、店で取り扱うことはできません。

 

④場所=花まる弁当

社長がもともと貿易の仕事をしていたため、タイや台湾にも出入りしていて、現地の料理に理解がある。だから、ガパオライスやルーローハンなども再現性が高く美味しい。あと、話を聞いていくと、人としてもおもしろくって。実は、僕自身ここの弁当屋に通いすぎて、お店開ける前に配達を手伝ったりしています(笑)。

LVDB BOOKS

大阪市東住吉区田辺3-9-11

時間:13:00~19:00

※定休日、開店時間はSNSの投稿を参照

https://lvdbbooks.tumblr.com/

https://twitter.com/LVDBBOOKS

https://www.instagram.com/lvdbbooks/

photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
Must Reads
2021.03.30
What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
MORE
photo:INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
Must Reads
2021.03.27
INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿