本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.03.01
#HEP FIVE#マヅラ#赤鹿麻耶#ART#PHOTO#INTERVIEW#大阪市#梅田

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3

聞き手・文: スズキナオ[フリーライター] / 編集: 永江大[MUESUM] / 撮影: 辺口芳典
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

赤鹿麻耶。大阪に生まれ、現在も大阪を拠点に活動を続ける写真家。2011年、『風を食べる』で「第34回写真新世紀グランプリ」を受賞し、気鋭の写真家としてその名が知られるようになる。

以来、大阪・桃谷の空き地や東京・新宿区の銭湯を会場に大胆な展示方法で独自の空間をつくり上げた「Did you sleep well?」(2015年)や、夢をテーマにした「大きくて軽い、小さくて重い」(2017年)、アーティスト・イン・レジデンスとして台湾で制作された「Be my landscape」(2017年)、ドイツ・フランクフルトのカフェが展示会場となった「Sweet Rainy City」(2019年)など、国内外での個展の開催や、コロナ禍に東京都写真美術館で開催された「あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17」(2020年)といったグループ展への参加など、多様なテーマ、展示形態で作品を発表し続けている。

インタビュー後編では、コロナ以降の日々の中で考えていること、日本や海外の風景の見え方の違い、価値観が大きく変わった瞬間についてといった話題を通して、赤鹿さんの今後の展開を予感させるお話を伺うことができた。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

考え続けること、自分を“手放す”こと

――「HEP FIVE」のお仕事以外だと、コロナのことがあって変化などありますか?

赤鹿:コロナが無かったら今もたぶんあっち行ったりこっち行ったりしてたはず。今は止まってみて、写真を見返したりもしていますね。ここ5年ぐらい、なんかバタバタしていて、海外に行くことも多かった。海外に行くとつくった気持ちになっちゃうじゃないですか。ずっとたくさんつくっている気持ちだったんですけど、ほんまにそれが作品なのかどうかっていうのをもう1回見返す時間にもしていますね。

――さっきおっしゃっていた“作品かどうかの見極め”のような。

赤鹿:ずっと昔から、とにかくたくさん作品をつくろうと思っていて、それは数の呪いですよね(笑)。最近、それってちょっと間違ってるなと思いはじめていて。「いっぱいあるからいい」じゃないんやと。真っ白な壁とかもらって「ここで展示して」とか言われても、私って「余白が怖いさん」なんです(笑)。「サービスせな! いっぱい貼らな!」みたいな。なんでたくさん貼ろうとしたり、たくさんつくろうとしたりするんかなと自分でも考えたりするんですけど。学生時代って、毎回プリントしたものを学校に持ってきて、先生と一緒に1枚ずつちゃんとどれがどうなのか見ていましたね。海外とか行けなかったから、喫茶店で5時間とか6時間、「こんなんつくりたい!」ってノートにスケッチして。ここ数年は、撮ったらデータを置いて次の地へ、みたいな感じやったから。いま、コロナで外に出られへんってなったらまた頭が働き出して、デッサンっていうほどかっこいいもんじゃないですけど、また描いたり。海外に行けないから、中国の映画を見て思いを馳せて、それがインスピレーションになったり。

――海外ではなく、近所の生活圏から得るインスピレーションみたいなものもありますか?

赤鹿:そういう時期もありました。ホームセンターに行ったり、おばさんがゴミ出しする姿からインスピレーションを受けたり。でも、やっぱり日本って“デオドラントユートピア”(※)というか。匂いがない気がします。私、匂いのあるところがすごく好きなんですよ。高校の時に最初に行ったのが中国だったんですけど、中国には匂いがあって。日本ってほんま無臭やなってよく思っちゃうんですけど。

※巖谷國士著『シュルレアリスムとは何か』(ちくま学芸文庫)の言葉を引用している。赤鹿さんいわく「ものすごく勉強になった」とのこと

――なるほど。物足りなさというか。

赤鹿:道とか建物が一緒というか、日本は地震もあって耐震もしないとあかんから、整備されてしまっていて。台湾行ったら道がグネグネうねっていて、「あれがシュルレアリスムの世界の入り口か」と思って、夢のような感覚になる。かといって日本になんもないって決めつけたらあかんと思って、歩いたりもしています。「なんかオバケみたいやな、日本の感じ」って。歩いていて、まちの景色が半透明な感じ、私が消えかかってる感じがするんです。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

赤鹿:今、“私がそこにいないような写真”をつくろうとしていて。これまでだと「ここに私がいます!」みたいになっちゃってたんですけど、私の力を最小限にして、誰がつくったんかようわからないかもしれない、半透明のようなものをつくろうと思って。ただ、そうするとあんまりパッとしない写真になってくるんですよ(笑)。「じゃあ、なんでそんなものをつくろうと思ってんのかな」ってよう考えたら、ひとつは自分の演出が自分で気持ち悪くなるっていういつものやつなんですけど、「今、日本の景色や人のなかからイメージをつくろうとしてるからやん」と思って。自然にそうなるんやなって。ファーッとしていて、あるようでなかったり、みんながたまに半透明に見えたり。消え入りそうな感じを今は写真作品としてつくろうとしてるし、日本がそういうふうに見えてますね、私には。

――つかもうとしてもつかめないような。

赤鹿:そういう写真をどうやってつくんねんって感じですけどね。実験中という感じで。でも私は1週間後には全然違うこと普通に言ったりするから。気が変わってこっちの方が興味あるとか(笑)。常に楽しいほうへ行きたいし、「昨日よりも今日の自分のほうがいいやん、結構イケてる」ってほんまに思うんで、今の自分のほうを信じたいから、平気で変えられると思います。写真をやりはじめた頃から、自分でワクワクするものをつくりたいなっていうのはほんまに変わってないので。つくる基準ってそれだけですね。

――どんどん変わっていける。

赤鹿:自分の視点がいつも正しいとは1回も思ったことがないから、どこかの国に出かけたらまたひとつ視点が増えて、「こっちから見たらこうやけど、あっちから見たらこうやん」というのが増えるから。でも、美術ってけっこうコンセプトを求められてしまうじゃないですか。言い切らなあかんことが多い。日本語もたいがい特殊やなと思ってて、ひとつじゃない複数の感情とか、YES/NOじゃないグレーな部分が含まれていて、その日本語が自分をつくっている気もするし、グレーな日本語が美しいとも思う。がっちりしたコンセプトをしっかり伝えるって作品も素敵やけど私がやると嘘っぽくなっていっちゃうんですよね。できひんこともないんやろうけど、年数を重ねて、言えてきちゃったりするのも怖いし。いっつもわかってないっちゃ、なんもわかってないんですけどね(笑)。

――完璧にわかりきるなんて、難しいですよね。

赤鹿:わかったら、もう辞めたらいいですもんね(笑)。ただ、オープンではありたい。分野で分ける必要もないと思うし、別に私が明日から役者になったっていい。なんでも積極的にやりたいです。必要なことはちゃんと選びたいけれど、なんか予感がしたらチャレンジしたい。

――お話を聞いていて、赤鹿さんにとっては写真を通じていろいろと考えていくこと自体がすでに大きな意味となっているように思えました。作品として発表するのは必ずしも必要なことではないと思いますか?

赤鹿:釣りが好きな人は釣りをしたらそれだけで楽しいし、それで終わりじゃないですか。それでいいのに、なんで発表するんかなっていうのは最近も思ってたんですけど。私はわりと内向的で、写真をやってなかったらあんまり外に出てなかったと思うんです。写真があることで、人とつながってこれたと思う。ひとりでいるのも好きではあるんですけど、「人とつながっていたい」とか「ひとりになりたくない」っていうのも絶対どこかにあって。発表するっていうことは、そういう関わりのことかなとは思いました。それぐらいしか私には方法がないかなと思うんですよね。

――すごくたくさんの出会いのなかで作品をつくられているように見えます。

赤鹿:そうですよね。(出会いは)多いような気がします。まだまだいろんな人に会いたいですけどね。跳ね除けたら、もったいないじゃないですか。できるだけ開いた状態でいたいと最近常々思ってるけれど、なんか結構怖いと思われてたりするんですよね(笑)。つくるものがちょっと怖いっていうか、すごい“私”っていう感じやからかな。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

赤鹿:バイト時代の友だちとかずっと仲良いですよ。なかにはアートとかめちゃ難かしいもんやと思ってしまってる子もいますけど。私の作品とか、みんな興味ないと思います(笑)。私のつくってる姿には興味持ってくれるけど。モデルになったのに、その写真の仕上がりにも行方にも興味なかったりしますもん。「次ごはんいつ食べる?」って誘うだけで、それがいいかなと思いますね。なにもつくってなくても友だちというか。

――先ほど、大学時代になんで写真部を選んだんだろうというお話がありましたが、写真部を選んだ経緯はどんなものだったんですか?

赤鹿:中学、高校とソフトテニスをめっちゃやっていたんですよ。弱いチームながらも本気で。スポーツ好きやったんで、そのまま大学でもやってもいいじゃないですか。ただ、なんか当時筋肉を減らしたいと思ってたんですよね(笑)。年頃やったから恥ずかしい……。日に焼けてめっちゃ短髪とかで。制服のかわいいリボンと合わなさすぎて。「もう筋肉とはおさらばや!」と思って。テニス部時代も高校生ながら『VOGUE』とか読んでたんですよ。特に意識せず、本屋で「こんなんいいなー」とか思いながら。大学入って文系のクラブに行っちゃおうかと思って美術部とかも見たんですけど、たまたま写真部がパンキッシュな人から鉄道オタク系までいて、カラフルだなあと思って。いろんな人がいて、部室が居心地よさそうな空間に見えて。それで写真部に入ったのがスタートです。

――その頃はどういう写真を撮ろうと思っていたんですか?

赤鹿:『VOGUE』の広告みたいな感じに憧れてたんですよね。つくり込む世界。ここじゃないどこか。つくるならそんなんがいいと思ってて。それは写真部入った時点からで、部員のみんなで写真を見せ合う日とかあるんですけど、みんな花とか撮ったり、そんなんじゃないですか。でも私はその時からセッティングしてモデルになんかやらせてみたいなのを撮ってたから。はじまりから「普通のはなんかちがう」と思ってたんですよ。それはずっとですね。日本の景色とか、山を見たりしてもときめかなかったんやと思います。綺麗やなとは思いますけど、つくるならイメージして、創造する方がワクワクするなと思って。そういう作品を先輩に褒めてもらったこともあって、「写真やったらなんかできるかも」と夜間の専門学校(ビジュアルアーツ専門学校)に入りました。

――(この日カメラマンを務めた辺口芳典さんから)ひとつ質問なんやけど、赤鹿さんにとって「価値観が変わったとき」ってどんな瞬間やったんかなと思って。

赤鹿:価値観が変わったときか。2回あるかな。台湾にレジデンスで滞在して制作したときにな、それまで夢の話の作品のことをずっと、5年ぐらい考えてて。「景色が自分のものになる日」[※「Be my landscape」(2017年)]っていう作品を、人の夢の話からそういうタイトルをつけて、日本ですでにつくり終えててん。ソフトクリームを川から流して女の子を座らせて、その空間のなかで「景色があなたのものになったよ」っていう、そういう写真をつくっててん。それで、台湾に行ったときに、黄色い花の野原みたいなんがあって、観光名所みたいなとこやってんけど、みんなが黄色い花をバックに自撮りをしてんねん。それがめっちゃ綺麗な光景やってん。「あ、これ『景色が自分のものになる日』やん!」って思って。「自分がイメージしてつくったものよりいいものがちゃんと現実にあるやん」ってなった。それは自分を手放した瞬間やったかな。「こうやって私は今まで見過ごしてきてたんやな」「言葉さえ持ってたら、それにぴったり重なる景色に出会えるやん」っていうのが1回目。でもそこから「じゃあ、私なんでわざわざつくろうとしてんの」ってまた難しくもなってんけど。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

赤鹿:2回目は、学校で「オープンスタジオ[※「赤鹿麻耶のオープンスタジオ」(2016年)、「赤鹿麻耶のオープンスタジオvol.2」(2020年)]っていう場を開いて、つくった写真を出来上がったものから壁に貼っていくようなことをしていて。そのときも夢の話で悩んでいたんですけど、「柔らかいすべり台」っていうテーマで(作品を)つくっていたんですよ。「むずいむずい、できんなあ」「ほんまにでっかくて柔らかいすべり台をつくらなあかんのか?」とか思ってて(笑)。その夢を見た友だちが言うには「生暖かくて、口のなかみたいやった」と。「でもその感覚をどうやってつくるんやろ」とか悩んでいましたね。オープンスタジオに貼ってあった写真のなかにピンク色の壁を押す女の子が映ってるのがあってんけど、たまたまお世話になってる学校の先生が来て、それを見て「これも“柔らかいすべり台”に見えるけどなー」と言ってくれて。その時に衝撃を受けましたね。意図したわけじゃない写真が、見る人が想像力を使ったらそういうふうに見えるんやと。「私、いつもなにを大事にしすぎてるんやろう」と思って。それも自分を手放した瞬間でした。

――自分を手放したときが、赤鹿さんにとっての“価値観が変わったとき”なんですね。

赤鹿:すべり台じゃなくてもすべり台でいいんや。これがすべり台と思ったらそう見える人がいんねや」と思って。そういうのをたまに人から言われてハッとする。「なにやってたんや今まで」とか「今までやってきたこと無駄やん」みたいな、今までの苦労を全部消される感じやねんけど(笑)。「WALKEDIT」もそうやけど「こんなんでよかったんちゃうの?」みたいな。自分が悩んだものほど、人の心を動かしてない感じもわかるんよ。感動しづらいんやと思うねん。というか、自分がすごくつくり上げた写真は、人の人生と関係なかったりするから。たとえばこのコーヒーカップを撮ったら、それはみんなの日常に関係してくるやん。豚を連れてきて一緒に写真撮ったりしても、それはみんなの日常に寄り添わない(笑)。でも、そこはずっと戦い続けなあかんねんな。つくらなくていいのにつくって、それで誰も心動かへんかもしれへんし。エゴ的な写真と普通の写真との間で考え続けるんちゃうかしら。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

インタビューのなかで繰り返し語られた“手放す”という言葉。自分のエゴを手放し、フラットな気持ちで制作ができたら確かにそれが一番自然なのかもしれない。でも、赤鹿さんに“手放す”瞬間が訪れるのは、絶えず自分と写真との距離について考え続けているからこそなのだと思う。

自分のエゴと向き合い、写真がわからなくなるところまで考えた先で“手放す”瞬間とふいに出会う。そしてその瞬間が赤鹿さんの写真観に新鮮なものをもたらし、新しいチャレンジに向かう糧になっていく。そんなふうにどんどん変化していく赤鹿さんの写真がこれからどうなっていくのか、楽しみに待っていたいという思う。

INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
photo: Yoshinori Henguchi

赤鹿麻耶 / Maya Akashika

1985年、大阪府生まれ。2008年関西大学卒業。10年ビジュアルアーツ大阪写真学科卒業。2011年、作品《風を食べる》で第34回写真新世紀グランプリ受賞。大阪を拠点に海外を含む各地で個展、グループ展を開催。夢について語られた言葉、写真、絵や音など多様なイメージを共感覚的に行き来しながら、現実とファンタジーが混交する独自の物語世界を紡ぐ。

 

スズキナオ / Nao Suzuki

東京出身、大阪在住のフリーライター。「デイリーポータルZ」等のWEBサイトを中心にコラムを執中。大阪のミニコミ書店「シカク」のスタッフでもある。著書に「深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと」「関西酒場のろのろ日記」「酒ともやしと横になる私」など。

INFORMATION

赤鹿麻耶 写真展「ときめきのテレパシー」

会期:前期 2021年2月25日(木)~3月22日(月)、後期 3月24日(水)~4月19日(月)

時間:11:00~20:00

会場:ホテル アンテルーム 京都 GALLERY 9.5

企画制作:Happenings

協力:キヤノン株式会社、ホテル アンテルーム 京都、まちじゅうアーティスト事業

  • image
  • image

ホテル アンテルーム 京都

京都市南区東九条明田町7

TEL 075-681-5656

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明