本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.12.27
#hyslom#ART#INTERVIEW

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|
この質感のまま生きていく 2/3

聞き手: 本間智希[北山舎、RAD] / 構成・文: 鈴木瑠理子・永江大[MUESUM] / 撮影: 成田舞[Neki inc.]
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

2021年秋、ヒスロムは拠点としていた作業場の解体を自ら行い、同時に撮影し、映画をつくっていた。インタビュー前編では、建築史を専門とする本間智希とともに、解体の記録写真を見ながら、そのプロセスを追っていった。中編は、引き続き本間が聞き手となり、解体/制作を通して3人それぞれがもやもやと考えていることを、言葉にしていく。

収録:2021年12月1日(水)ヒスロム新作業場にて

請負と普請のせめぎ合い

――話を聞いていると、壁に穴をあける、プールで泳ぐとか、いろんなやりたいことがあって、それをみんなで実現していくようなつくり方ですよね。「ここまでやろう」「これでOK」のような、出来事が収束するポイントってあるのかなと。ほかに映画撮影のスタッフや友人、地域の人、解体業者さんも関わっているなかで、どうやってそのラインを決めたんですかね。

吉田:基本的に「ここまで」という区切りもないんです。ただ、最後に更地にしないといけないけれど、同時に作品もつくっているから、時間には追われていましたね。プールも、最初は1日で撮影する予定が4日かかりました。解体工事の予定上、これ以上延ばせないっていうところでストップ。

星野:場のセッティングに一番時間がかかる。撮影のなかで、もともと構想していた大きなシーンが3つくらいあったんです。そのセッティングと解体を並行して行いつつ、「これ撮れそう」と即興的に撮ることもありますし、前日に「こういうことしたいんだけどどう思う?」と話をして撮ることも。でも、それが解体スケジュールの速度に沿っていなければ撮れない。たとえば、馬を連れてくるシーン。これはめちゃくちゃやりたかったけれど、実現するまでの段取りが難しくて断念しました。

加藤:いつまでに更地にしないといけないっていうリミットもありますし、解体屋さんに請け負ってもらっている手前、そうやって諦めざるをえない。解体屋さんも「ここまでにできてなかったら、もうユンボで行くで」って。

――ものを吊るすにしても、吊るすための重機を持ってくる段取りを含めて、撮影の日程が決まりますもんね。

加藤:とはいっても、解体屋さんは僕らに合わせて、かなり親切に進めてくれましたね。不動産屋さんもちょくちょく顔を出してくれて。あと、次の買い手の方も、撮影中にたまたま来てくれたんです(笑)。

――びっくりしたでしょうね(笑)。

加藤:「撮影していますね」みたいな(笑)。

吉田:1年でも2年でも、向き合おうと思ったらいくらでも向き合えるけれど、あくまでも解体現場。結果的に時間に追われてやっていたけれど、もっと時間に追われずやれたほうがよかったなという、反省というか悔しさもあります。

星野:3人だけならやりたいことも共有しやすいんですけど、今回は映画の現場で普段制作している人たちと一緒に考えて進めていました。だから、それぞれの「こうつくる」というのもあって。そんな体制のなかで、僕らがああだこうだやっているスピードが遅すぎる。プールにしろなんにしろ、いつその遊びや実験が終わるのかが伝えづらいのもあるんですが、共同制作をするための擦り合わせは難しかったです。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

――なるほど。これまで、だれかと一緒につくる機会はそこまで多くなかった?

星野:あるにはあるんですけど、対象物が小さかったり、大きなものでもそのとき一発だけとか。でも今回は何シーンもあって、どんどん続いていくから終わりが見えない。一応、更地っていうのが目標としてはあるんですけど、一つひとつが複雑過ぎましたね。

加藤:映画を撮るだけじゃなくて、解体作業もあるので(笑)。

吉田:記録撮影してくれた内堀くんにも、解体作業をがんがん手伝ってもらいました。それがいわゆる映画の現場とは違うところですね。やっぱり、彼にとってストレスになる。

――でも、すごく面白いなと思って。工事現場に限らず、建築・解体って、今の時代は専門業者にお金を払ってやってもらう「請負」がほとんどじゃないですか。そういう場にいろんな人を巻き込んで、「普請」にしていくというか。昔は村の民家の建て替えや茅葺きの葺き替えなど、村人総出でつくる普請だったのが、個々の分野に役割が専門分化していくなかで請負に変わっていき、現場から素人は締め出されていった。現場も囲いで覆われるし、建築・解体は、社会から切り離されたクローズドな空間で行われるようになりました。それを、今回のように解体業者さんがいるなかで、請負と普請がせめぎ合いながら、解体だけではなく制作もしていく。制作と解体の時間を、それぞれ行きつ戻りつしながら進めているのが面白いですよね。

吉田:そうなんです。同じ状態でもう1回撮影したくても、それができない。

――できないですよね。造成地のようにヒスロムの3人だけで動くときと今回とで、対象となる建物やものとの関わり方、体感に違いってあるんでしょうか?

加藤:前提の違いというのはあるかも。自分たちのアクションのことを維新派の松本雄吉さんに「フィールドプレイ」と名づけてもらったんですけど、それは場所に入り込んで知っていくための行為というか。たとえば、今制作で関わっている広島市現代美術館だったら、高所にある窓へ登ってみる、実際に触ってみることで、窓との距離感が近くなる。遠くで見ていたものを近くで見ると、その関係性が変わることを実感できるわけです。フィールドプレイは、知るための方法のひとつ。絵描きの人がまずスケッチしてみるみたいな感覚に近いんかな。今回は、自分たちがもともと作業場として5年間使ってきて、そのなかで地域の人とも交流があって。ほかの場所であれば、まずその距離感を縮めて、土壌をつくっていくところからはじめないといけない前提が、最初から出来上がっていたんですね。だからこそ、解体をしながら撮影をする難しさを受け入れて、いろんな人とつくっていくことができているのかもしれません。

ものを残すから憶えている

――もともと、場所やものへの愛着はあったんですかね? 建築物に対して、これだけはきれいに保存しておきたいとか。記録写真のなかに、ナンバリングされた柱がありましたが、たまたまあの柱だったんでしょうか。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3
Photo:Uchibori Yoshiyuki

加藤:愛着はあると思いますね。ものを残しておくというのは、とても大変なことで。何年か前に別の家を解体したのですが、土壁からなにから、そのときのものもまだ持っているんですよ。2018年にはそれをせんだいメディアテークへ持って行って、展示として再構築しました。そうやって、できるだけ自分たちが触ってきたもの、扱ってきたものは残すようにしています。捨てるのなら、なくなることをちゃんと見守る。そういう姿勢なので、今回も残したいという想いはある。ただ、なにをどこまで残すか。

――僕も、加工・再現できるものは極力残したいと思うんですよね。一方で、コンクリのガラとか、どうしようもないものは捨てざるをえない。解体までの限られた時間のなかで、できることを見極めていかないといけない。常に受動的にならざるをえない解体という状況で、いかに主体性を発揮することができるか。ヒスロムの場合は、それをチームでやっているからすごいなと思います。あと、残すためには運ばなければならないし、保管場所も確保しないといけない。それがずっとつきまとう。

加藤:そうそう。それが本当に大変。身に染みていますよ。いまだに整理がついていない……。

――なぜそこまで残そうとするんでしょうね。僕の場合は、タイルが好きで残したいと思ってしまう。ものへの偏愛があって。ヒスロムの場合は、さきほど話していたヒステリシス的な考え方――ものが燃料に変わったり、体験に変わったりしながらも、その転換が続いていくほうを見据えている。そういった、ものや場所のつなぎ方がヒスロムの独特さだと思っているんですよね。逆にものへの偏愛ってあるんですか?

加藤:ありますね。

吉田:ものがあるから憶えている。人それぞれだと思いますけど、僕は媒介するものがなかったらわりと忘れてしまう。こんな変なものが残っているから、これは「あのときのやな」って。なにごとも、なるべくは忘れたくない。

加藤:こうやって解体しては引越し、また解体というのをやっていると、「ああ、残しておけばよかったな」と思うものも出てくる。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

――その気持ち、とても共感します。残せなかったものへの悔しさ。

加藤:やっぱりヒスロムのベースとして、造成地に通うというのがあって。最初は、切り崩された大量の木が山積みになっていたので、そこで遊んでいたんです。でも、次の週には、木が山ごとなくなっていて。どこへ行ったんだろうと。まちがつくられる過程のなかで、わからないことをたくさん見てきました。そういった“わからないこと”は、解体された長屋、およそ築100年の作業場にもたくさんある。最近、ガラスを溶かすこともしていて。こうやって溶けて、こうやって固まるんだと、わからないことがわかっていくんですね。ガラスってそもそも溶けるという概念がないんですよ。流体だから柔らかくなるだけ。そういうことにも気づかされる。

吉田:昔住んでいた団地の近くに今の実家があるんですが、その団地が最近壊されたんですね。それまで10年くらい廃墟だったのかな。見慣れた場所がどんどん解体されていって、でもそこに自分は入り込めず、眺めているしかない。家って、いつかなくなるんですよ。だから、こういう本とかと一緒で、それ以上により身近なものとして、家も残しておけたらなと思う。それが良いのか悪いのかはわからないですけど、残しておくと次につながる。今回の作業場は、わりと自分たちの好きなようにできたかなと。そういう時間をもらえたことが、すごく大きい。これまで残せなかったものが、今回は残せるんやって。なくなるより、あるほうがそのことについて憶えているし、それが今後どうなっていくのかずっと考えられる。この撮影現場も、常に選別していく時間があって。本当だったら、全部置いておきたいくらいです。でも捨てないといけない。

――せんだいメディアテークの展示「ヒスロム 仮設するヒト」のときも、それこそ、大きな丸太や瓦、いっぱい種がひっついた作業服とか、いろんなものが展示されていました。いわゆる美術品のような作品然としたものがあるというよりも、行為の結果や痕跡の産物みたいなもので構成されていた。さっき言っていたような「置いとく」感覚に近いのかなと。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

加藤:家って、いろんな先人のアイデアや技術がたくさん詰まっているんですね。土壁も、藁と石灰と土をこう混ぜたら化学反応で固くなるとか。そういった複雑なものを知りたいし、残したいという気持ちもありますね。

吉田:あと、解体中にドリルで開けた穴が壁にいくつかあって、その穴のひとつにアブがよく止まっているなと気づいたんです。なにしてるんやろうと思って。そうしたら、いつのまにかその穴が土で埋まっていたんですね。「これ、誰か埋めた?」「いや、誰も埋めてない」って。ずっと観察していたら、そのアブが埋めていました。卵を産んでいたんです。

加藤:そうそう、穴を土で埋めていた。

吉田:解体されていくのに、アブはその場所を選んでしまって。でもこの材は残しておけない。この感じ、なんなんやろうなって思う。

加藤:今、映画のエンディングの歌を、友人のマイアミさんっていう詩人の方と一緒につくっているんです。そのなかで、いろいろ話をしていて。彼が教育に興味を持っているのもあって、「解体も教育の場だよ」と言ってくれた。さきほど吉田くんが言ったように、できるだけ長い時間をかけたい。それだけ触っていくとわかること、学ぶことが建築のなかにたくさんあると思う。

記事03へ続く

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

hyslom/ヒスロム

加藤至、星野文紀、吉田祐からなるアーティストグループ。2009年より活動をはじめる。身体を用いて土地を体験的に知るための遊び「フィールドプレイ*」を各地で実践し、映画、展覧会、パフォーマンス作品として発表。近年の展覧会に「hyslom itte kaette.Back and Forth」(Ujazdowski Castle Centre for Contemporary Art、2019)、「ヒスロム 仮設するヒト」(せんだいメディアテーク、 2018)。2015年より、爆音上映の企画や配給を行うboidのWebマガジンにて記事連載。おもな映画監督作品として、2014年「My cap My mud My handkerchief」、2021年「シティII」。出演作品に2014年「新しき民」(監督:山崎樹一郎)、2017「ギ・あいうえおス 他山の石を 以って己の玉を磨くべし」(監督:柴田剛)がある。
 *劇団維新派 故松本雄吉がそう呼んだことによる

本間智希(ほんま・ともき)

1986年静岡生まれ、東京郊外育ち。建築史家。2013年より京都を拠点とする建築リサーチ集団RADに参画。2016年から2019年まで奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室に在籍し、北山杉の里・中川に文化的景観の調査研究で通いつめ、中川の空き家を購入。一般社団法人北山舎を共同設立し代表理事。その土地の風土に根付く生活や生業によって生み出された、在野の名もなき建築や風景をこよなく愛する。人知れず解体されゆく在野の建築をめぐる記録や救出・制作を行う風土公団というコレクティブも主宰。

hyslom/ヒスロム新作映画「美整物 輝かせる時間の黄金」公開試写会

日時:2021年12月28日(火)16:05開映(上映時間77分)
会場:シネ・ヌーヴォ
料金:1,200円(一般・会員・シニア)
問合:06-6582-1416(シネ・ヌーヴォ)
*一般予約は受付終了。映画は2022年以降も上映予定(時期未定)

出演:加藤至、吉田祐、星野文紀 ほか
プロデューサー:向井麻理
撮影 :内堀義之、宇治茶、斎藤玲児 ほか
録音・整音:松野泉
美術:西村立志
装置:建築集団 々(野崎将太、樋口侑美、上村一暁)
火術:てっせい(AbRabbi 油火)

挿入歌「pool」
作詞・作曲:zzzpeaker(ex.グルパリ)

エンディング曲「コンテンポラリー・サーカス」
トラック制作:瀧口翔
作詞:hyslom/ヒスロム、マイアミ
歌:MCいちねんにくみむかいしょうま、MC極刹那

企画協力:株式会社ナポリビルディング、b.k.b、一般社団法人HAPS
補助:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
配給 :hyslomフィルム
企画・監督・撮影・編集・制作:hyslom
主催:hyslom/ヒスロム

関連イベント
アフタートーク

日時:2021年12月28日(火)上映後開始、18:30終了予定
ゲスト :梅田哲也(アーティスト)
登壇者 :hyslom/ヒスロム(加藤至、星野文紀、吉田祐)
聞き手 :山﨑紀子(シネ・ヌーヴォ支配人)

photo:REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
Must Reads
2022.01.21
REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
MORE
photo:REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
Must Reads
2022.01.13
REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
MORE
photo:INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
Must Reads
2021.12.27
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
MORE
photo:REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
Must Reads
2021.12.24
REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
MORE
photo:REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
Must Reads
2021.12.14
REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#a:)/2021#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DELI#delta#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#in→dependent theatre#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MALL#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#ジャグリング・ユニット・フラトレス#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#万博記念公園#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#孤独の練習#宝龍会#宮前良平#宮田直人#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平山昌尚#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本直也#松永理央#松見拓也#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明#髙島一精