本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.12.27
#hyslom#ART#INTERVIEW

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|
この質感のまま生きていく 3/3

聞き手: 本間智希[北山舎、RAD] / 構成・文: 鈴木瑠理子・永江大[MUESUM] / 撮影: 成田舞[Neki inc.]
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

インタビュー前編中編では、作業場解体の経緯とプロセス、新作映画の制作やもの・場への関わり方について掘り下げてきた。後編では、建築に関わる多様なコレクティブで保存・記録などに取り組む本間智希が、ヒスロムの表現活動の姿勢、そしてそのありようについて聞いていく。

収録:2021年12月1日(水)ヒスロム新作業場にて

ヒスロム的な身体で居続けること

――書籍『ヒスロム ヒステリシス』(2018年、T&M Projects)のなかで、写真家・志賀理江子さんのテキストにこう書かれていました。

彼らはどんなふうに生まれただろう。(中略)年をとったらどんなおじいさんになるんだろう。そして、どんなふうに人生を終えるだろう。
なぜそんなことが気になるのか。それは、彼ら自身と彼らの作品が等しいからだ。きっと1分1秒を、24時間、365日を、ヒスロムとして生きているからだ。

今からヒスロムとしてのパフォーマンスをするぞ!というスイッチがあるのか、それともそれぞれ個人が生活して生きているなかで感じていることの延長なのか。たとえば、僕もRADという建築リサーチのコレクティブで活動しているのですが、RADだからやるのか、個人だとしてもやるのか、常に問われている気がして。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

吉田:今まで、365日中300日くらい、もっとかな、ずっと3人一緒にいて。昨年はコロナでそれができなくなったんですね。だから春頃は、滋賀県にある友だちのお茶農家に期間限定で移住していたんです。ちょうど収穫期を迎えていて、ヒスロムの集まりもこれまでより激減していたこともあって。そしたらある時期、特になにかをつくらないといけないわけでもなかったんですが、ついついつくってしまっていた。それは、ヒスロムをやっているからではなくて。10年くらい活動してきてはじめて、つくることってなくなるものでも、やめるものでもないなと実感しました。癖みたいなもの。ヒスロムとしては、造成地に通うことがずっと大事で、今も行けるときは3人で通っています。

星野:あまり明確に分けられないんですけど、たとえば作業場の解体、せんだいメディアテークでの展示は、ヒスロムの時間。造成地やポーランドでの石の旅は、自由な時間があるときに各々の興味が出ますね。そういった時間に個々の状態を知ったり、問題意識を擦り合わせたりしていく。

加藤:答えになっているかわからないんですが、作業場にものをたくさん置いているから、ひとりでは物理的に運べないんですよね。3人やそれ以外の人の記憶が詰まったものでもあるので、ひとりで扱ってもどうしようもないものもある。

――特に今回の解体は、これまでのプロジェクトで3人が共通体験として得てきたものが交錯していますよね。集大成と言うとやや大げさですが、ものを常に引きずっているからこそ、今回の現場でも再登場してくる。丸太もそうですけど、アルミ缶や穴とか。生きものもそうで、鳩を放す、亀と一緒に泳ぐとか。人間と動物とものがない交ぜになっている感じがします。一方で、これまで場所へのいろんなアプローチをしてきたなかで、それが体系化してきたり、慣れてしまったり、関わり方に新鮮味がなくなったりすることはあるんですか? それをしないために、意識していることとか。

吉田:ここ数年思っているのは、とにかくなんでもやってみる、やってみようシリーズ。もっと知りたい、見たことないものを見たいという欲があるんです。飽きたし、これはやめようっていうこともたまにあります。でも、僕らよく穴を掘るんですけど、どこを掘るかで全然違っていて、それが穴掘りの魅力(笑)。スコップでざくざくいけないとか、ざくざくいけるとか、季節もあるし、同じ状況がなかなか生まれない。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

――掘り過ぎると水が出てくるとか。

加藤:そうそう。あと、さっきガラスを溶かしているって話しましたけど、ガラスの素材も珪石という砂じゃないですか。それを取り出すために地質のことを調べると、知らない名前の物質がたくさん出てくる。それも層によってはアルカリ性、中性、酸性と性質も異なっていて。そもそもアルカリ性だからなんなのかも、僕らはわかっていないんですけど。日本の土地土地によって、ここの土壌はこうだからこういうものがつくれるとか、だからこういう産業が盛んになっているとか。土壌調査ひとつとっても深い。足元を掘るだけで、これだけ違う。穴は飽きないですね。知らないことが知れるから。

吉田:昔の人のほうが飽きなかったんかもしれない。いろいろ今は調べやすくなって情報も公開されているから、飽きがくるんかな。さっき本間さんがおっしゃっていた、昔の人は村人みんなで家を建てていたという話。それもずっとやっていたんだと思うんですけど、嫌になったとしても飽きてはいないですよね。やめたら生きていけないし。昔はそういう感じやったんかな。今はお金があればいろんなことができるし、なくてもいろんなものが身近にあるから、その分忘れる速度も速くなっているのかも。

星野:新鮮味を保つコツとしては、たとえば『本のシティII』【1】。これは、『シティⅡ』という戯曲を舞台作品にする依頼からはじまっていて。この戯曲がまず謎で、指示書的な感じでもなく、いろんなものに置き換え可能というか。今この瞬間の興味、最近の出来事を盛り込むことも可能だったので、一度、実際に舞台をつくってみたんですね。それが今度は、二転三転して映画になって。とすると、その映画の本をつくろうと話が膨らんでいく。コロコロと違うものに転がっていくんです。作品で扱うものも、火や水、川の上を流れる船とか、定着し切らないものに沿ってみる。そうなると、穴を掘るじゃないですけど、逆に深めたいなという気持ちが出てくるんです。だから飽きることってあんまりない。

hyslom/ヒスロム「本のシティII 」ライブ配信・出版記念イベント 前編
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

――ヒスロムとして求められることも、増えていると思うんですね。その期待にどう応答していくか、超えていくか。お話を聞いたなかだと、自分たちが知りたい、残したいという根源的な力でそれを超えていこうとしている。だから、続いているし、常に新しいことを掘り下げているんでしょうね。

吉田:知り合いの大工さんに、「お前らはできるようになったらあかんねん!」って言われました(笑)。「大工の技術をあんまり教えたくないねん」って。昔RADの榊原充大くんにも同じようなことを言われて、「ヒスロムは、素人以上プロ未満」だったかな。その領域にずっと居続けるって、意外と難しい。なにかを極めないとなかなか生きていけなかったり。3人おるから、技術や専門性を深めるような鍛錬もできない。それがコンプレックスというか、嫌やなと思ったりもする。もっとできるようになりたいと思ってます。けれど、そこに居続けられるなら居続けてみたい。個人が専門性を目指しだすと、ヒスロムはたぶんバラバラになっていく。それは悪いことではないと思うんですけど、3人がこうやって居続けられているのは、そういうところもあるのかなと。

――重要ですね。専門性に振らない状態で居続ける忍耐というか。そこは羨ましい。

吉田:僕らは段取りもできなくて、ずっとごねごねしゃべっていて。みんなが専門的に動くと違うアプローチになるので、それはそれでいいなと思うんですよ。でも、そうやりたくてもできなかったりする。もう受け入れるしかない。

――ヒスロムが魅力的なのは、そういうごにょごにょしている部分があるからだと思いますよ。

吉田:特別このままずっと続けたいとも思っていないんですけど、仮にこのまま80歳になったら、やばいおじいさんになるなと(笑)。50年間くらいこのまま熟成させていくと、すごいパフォーマンスができるかもしれない。そういうことは考えたりします。この質感のまま生きて、想像できない化石みたいな状態までいく。80歳になって、今あるもので回顧展しますってなったら、自分らで運ぶんかなとか想像する。たとえば、彫刻をやっている人とか、偏見かもしれないけど、わりとごつい人が多い。その彫刻物をつくるからこそ、そういう身体になっている。今回の解体屋さんもそうで、専門性の高い分野の身体っていうのは、なんとなくわかるし想像できるんですよ。それがヒスロムの場合、どうなっていくんだろうとも思います。

――ヒスロムって、よく上半身裸になるじゃないですか。ヒスロム的な肉体が徐々に出来上がってきているのかなと。それが映像のなかで現れているのも面白い。不思議ですよね。なにかの専門ではないけれど、身体に蓄積されてくるものがある。

加藤:そうそう。なんて言葉にしたらいいか。僕もそういう言葉あるかなとずっと思っていて。

吉田:自分自身がメディアになっている感じですかね。将来を想像する自由を楽しむ気持ちはあるんですが、そのときに、今まわりにあるものも一緒に時間が経っていったほうが面白そう。変わっていくのではなくて、蓄積されていくみたいな。そうしたらめっちゃパンチきいたおじいさんになるやろな。

【1】『本のシティII』

2018年、京都芸術センターが開催するKAC Performing Arts Programのコンテンポラリーダンス部門で上演された、劇作家・カゲヤマ気象台による三部作戯曲「シティⅠ・Ⅱ・Ⅲ」。そのうち「シティII」はヒスロムが演出を手がけ、自身らも出演した。本作は、東京・中央線沿線地域で活動を展開するアートプロジェクト、TERATOTERAのイベントにて2020年に再演予定だったが、コロナ禍の状況を鑑みて映画作品制作へと転換。『本のシティII』はその制作記録をパンフレットとしてまとめた刊行物であり、南大輔がデザインを担い、ヒスロムがすべて手製本を行った。初版時には記念イベントとして、実際に印刷・制作する様子とともに本の内容を紹介するライブ配信も実施している。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 3/3

hyslom/ヒスロム

加藤至、星野文紀、吉田祐からなるアーティストグループ。2009年より活動をはじめる。身体を用いて土地を体験的に知るための遊び「フィールドプレイ*」を各地で実践し、映画、展覧会、パフォーマンス作品として発表。近年の展覧会に「hyslom itte kaette.Back and Forth」(Ujazdowski Castle Centre for Contemporary Art、2019)、「ヒスロム 仮設するヒト」(せんだいメディアテーク、 2018)。2015年より、爆音上映の企画や配給を行うboidのWebマガジンにて記事連載。おもな映画監督作品として、2014年「My cap My mud My handkerchief」、2021年「シティII」。出演作品に2014年「新しき民」(監督:山崎樹一郎)、2017「ギ・あいうえおス 他山の石を 以って己の玉を磨くべし」(監督:柴田剛)がある。

 *劇団維新派 故松本雄吉がそう呼んだことによる

本間智希(ほんま・ともき)

1986年静岡生まれ、東京郊外育ち。建築史家。2013年より京都を拠点とする建築リサーチ集団RADに参画。2016年から2019年まで奈良文化財研究所文化遺産部景観研究室に在籍し、北山杉の里・中川に文化的景観の調査研究で通いつめ、中川の空き家を購入。一般社団法人北山舎を共同設立し代表理事。その土地の風土に根付く生活や生業によって生み出された、在野の名もなき建築や風景をこよなく愛する。人知れず解体されゆく在野の建築をめぐる記録や救出・制作を行う風土公団というコレクティブも主宰。

hyslom/ヒスロム新作映画「美整物 輝かせる時間の黄金」公開試写会

日時:2021年12月28日(火)16:05開映(上映時間77分)
会場:シネ・ヌーヴォ
料金:1,200円(一般・会員・シニア)
問合:06-6582-1416(シネ・ヌーヴォ)
*一般予約は受付終了。映画は2022年以降も上映予定(時期未定)

出演:加藤至、吉田祐、星野文紀 ほか
プロデューサー:向井麻理
撮影 :内堀義之、宇治茶、斎藤玲児 ほか
録音・整音:松野泉
美術:西村立志
装置:建築集団 々(野崎将太、樋口侑美、上村一暁)
火術:てっせい(AbRabbi 油火)

挿入歌「pool」
作詞・作曲:zzzpeaker(ex.グルパリ)

エンディング曲「コンテンポラリー・サーカス」
トラック制作:瀧口翔
作詞:hyslom/ヒスロム、マイアミ
歌:MCいちねんにくみむかいしょうま、MC極刹那

企画協力:株式会社ナポリビルディング、b.k.b、一般社団法人HAPS
補助:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
配給 :hyslomフィルム
企画・監督・撮影・編集・制作:hyslom
主催:hyslom/ヒスロム

関連イベント
アフタートーク

日時:2021年12月28日(火)上映後開始、18:30終了予定
ゲスト :梅田哲也(アーティスト)
登壇者 :hyslom/ヒスロム(加藤至、星野文紀、吉田祐)
聞き手 :山﨑紀子(シネ・ヌーヴォ支配人)

photo:REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
Must Reads
2022.01.21
REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
MORE
photo:REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
Must Reads
2022.01.13
REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
MORE
photo:INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
Must Reads
2021.12.27
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
MORE
photo:REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
Must Reads
2021.12.24
REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
MORE
photo:REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
Must Reads
2021.12.14
REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#a:)/2021#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DELI#delta#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#in→dependent theatre#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MALL#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#ジャグリング・ユニット・フラトレス#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#万博記念公園#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#孤独の練習#宝龍会#宮前良平#宮田直人#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平山昌尚#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本直也#松永理央#松見拓也#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明#髙島一精