本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.12.27
#hyslom#ART#INTERVIEW

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|
この質感のまま生きていく 1/3

聞き手: 本間智希[北山舎、RAD] / 構成・文: 鈴木瑠理子・永江大[MUESUM] / 撮影: 成田舞[Neki inc.]

加藤至、星野文紀、吉田祐によるアートコレクティブ、hyslom/ヒスロム。劇作家のカゲヤマ気象台による戯曲をもとに、大阪の川を舞台に制作した2020年の『シティⅡ』公演や、梅田哲也がナイトクルージング作品として展開した2015年の「5つの船(夜行編)」と2016年の「7つの船」、そしてそれら船に関わるプロジェクトから派生したマガジン「入船」への参加。また、京都・綾部の窯/工房をめぐる2021年のオンラインバスツアー「窯について」、2020年から改修休館中の広島市現代美術館でのプロジェクト演習など、常に揺れ動く現場を持ち続けてきた。

2021年秋、ヒスロムは拠点とする作業場の解体と、その過程を撮影し映画を制作していた。彼らは現場へと身体ひとつで飛び込み、触り、時に壊し、運んでいく。そのような、ものや場に自らを寄せて知っていくためのプロセスを、フィールドワークならぬ「フィールドプレイ」だと松本雄吉(劇団維新派主宰)は称した。まさに遊ぶように対象と戯れるヒスロムは、解体と制作という一見相反するベクトルをどう作品化するのだろうか。

インタビューの聞き手は、建築史を専門とする本間智希。京都・北山地域の景観や文化を継承すべく活動する一般社団法人北山舎の代表でもある。建築物のつくられ方、保存や解体をめぐる記録と制作に関わる観点から、ヒスロムの活動を掘り下げていく。

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3

取材前日、メンバーの加藤至から「もし時間があれば、旧作業場をご案内できます」と連絡があり、お願いすることにした。12月初旬の冬らしい冷え込みを感じる夜の京都。聞き手の本間、そして写真家の成田舞とともに南山王町へ向かう。住宅地を進んでいくと、ぽっかりと開けた空間が現れた。

電話で到着を知らせて間もなく、敷地横の通りから加藤が歩いてやってきた。8月末まで、この場所には彼らが作業場として活用していた長屋と、その隣に暮らす老夫婦の住宅があったという。「築100年くらいは経ってたんじゃないですかね。このあたりに居間があって」「箕原さんの家(隣家)の後ろにもブロック塀があったんですけど、解体のときにぶち抜いたんです。今タイベックシートが張られているところ」と加藤。

新しい作業場は戒光寺町にあるそうで、続きは移動して、記録写真を見ながら話すことに。資材が山積みになった玄関口からなかへ入る。しばらくして吉田祐も合流した。星野文紀は映画のデータ書き出し作業のため、のちほど駆けつけることとなった。

つくることで、生きる営み方を示す

――作業場は、もともと住居だったんですか?

加藤そうですね。

――梁や柱は、当時の方が住まわれていたときからこんなふうに白かった?

加藤元の躯体を全部白く塗ったんです。新しく自分たちでつくったものは塗らなかった。基本的には部材をそのまま生かして、あんまり材料を買わずに改装していましたね。解体で出てきた木材も、保管しておくものと、薪にするものとで分けて。

吉田梁や柱など大きな材は残しておいて、ゆくゆくはまた作業場をつくりたいなと。あと、これはいずれやれたらという想像なんですけど、材を薪にして、揚げ物いっぱいしようって(笑)。それで出た廃油を石鹸にする。そうしたら、この作業場が石鹸になる。そういう感じで、映画とは別のものとして残していきたいっていう気持ちもあります。

――解体されても作業場がかたちを変えて循環していくわけですね。建物自体は築100年くらいとおっしゃっていました。

加藤実際の築年数はわからないんですけど、隣に住んでいた箕原さんは、住まわれて約60年と言っていました。旦那さんのご両親も住んではったので、おそらくそのくらいになるのかなと。

――そもそも、どういう経緯で解体することになったんですか?

吉田遡って説明すると、僕らはもともと、2015年までは大阪の桜川に作業場を借りていたんです。でも、そこを出ていかなきゃいけなくなって。たくさんの作品をトラックに積み込み、全国各地に赴いて制作や展示、パフォーマンスをする「ヒスロムツアー2015『まちをみてきくー総重量3トンの道中伝記』」を行ったんです。それから、半年ぐらいは商業ビルの貸しスペースをレンタルしていましたが、とにかく使い勝手が悪かった。

加藤その頃に、京都市若手アーティスト支援を行っているHAPSさんに物件を紹介してもらったんです。2016年の年明けぐらいから工事をはじめたのかな。そこからずっと作業場として使っていました。

吉田ところが、2020年の11月に取り壊すことを告げられて。そのときはまだ「出て行ってほしい」とは言われていなかったけど、不動産屋さんから作業場の土地を買ったと聞いたんです。だから、おそらく出て行かなあかんやろうと。そうしたら、今年の2月に、あらためて不動産屋さんが挨拶に来られて。

加藤大家さんが変わったことや、家賃・建物の維持管理などについていろいろ話してくださって、結論としては建物を解体したいという意向でした。作業場にも来てもらったんですよ。僕たちもこんなふうに使っていて、20年ほど空き家だったところを、自分たちで改装してきたということをお話しして。だから、「解体工事に関わらせていただきたい」と。僕らは表現活動をしているので、その過程を映画というかたちで記録に残したいとお願いしたんです。

――その時点で映画にしたいと考えていたんですね。

加藤パフォーマンスや舞台を行うことも考えていたのですが、やっぱり残すことを考えると映画がいいかなと。

吉田最初は、出て行かなくて済む方法はないかと考えていたんです。でも、不動産屋さんの話を聞いていくなかで、それもやっぱり無理なんやなと。実際、「裁判になっても……」みたいな話もされて、労力が無駄になってしまうとわかった。とはいえ、頑なに「納得いかへん!」という態度をとるのもよくないよなあと。

加藤担当してくれた不動産屋さん、もう本当にプロなんですよ。関西圏の「出て行ってもらって」という案件ばかりやってきたような方で、話がすごく上手。まずちゃんと人の話を聞く。それで、相手と話すなかで、段階を踏みながら一緒に方向性を見出していくんです。

吉田前の大家さんも僕らの状況を気にかけてくれていたので、おそらくですけど、「出て行かなあかんけど、あの子らに負担かけないようにお願いします」みたいなことを話してくれたんだと思います。それもあって、不動産屋さんも僕らの話を聞いてくれたんじゃないかな。

加藤解体業者も手配して、「ヒスロムさんと業者さんとで一緒に解体するかたちだったら大丈夫です」って。撮影も行うので、期間も通常より長く確保してもらいました。それで話がついて、夏頃から防音シートが張られ、解体がはじまったという流れですね。

吉田こうなった根っこの部分には、やっぱりこれまでの造成地での活動【1】があると思います。山だった場所にどんどん家ができていく様子を、ずっと見てきているんですよ。東九条地域もここ3、4年でホテルや民宿ができて、まちが変わりつつあって。僕らも「出て行かなあかん」という流れに乗りました。造成地の場合は、山を崩した土地に家が建って、そこから新たにまちの歴史がはじまる。でも、ここは逆に、蓄積されてきたまちの歴史がすごくあるんですよね。そんな土地が新たに変わろうとしていることに、やっぱり僕らなりに関わっていかなければいけないなって。

――映画をつくる上では、そうした状況をどのようにとらえようとしたんでしょう?

加藤いわゆる立ち退きがテーマの映画だと、敵とそれに立ち向かう弱者という対立構造がありますよね。でも、不動産屋さんも丁寧に僕らの想いや提案を聞いてくれましたし、解体屋さんも撮影に協力してくれ、解体中は前の大家さんも来てくれた。絶対的な権力に抗って映画をつくるのではなく、みんなに観てもらえるものになったらいいなとは考えていましたね。

吉田それぞれにいろんな想いをもつ人たちみんなが、映画館に一堂に会して、1、2時間ひとつの画面を一緒に観ているという状況をつくりたかった。さっき、至くんから抗うという言葉も出たけど、これも僕らなりの抗い方というか。ネガティブにではなく、「こうしたいんだ」と表明する。そうやって生きる営み方のようなものを示さないといけないと思いました。

【1】造成地での活動

ヒスロムは活動初期から、山林が都市に移り変わろうとする造成地に通い続けている。土管やパイプ、木、生物など、現地にあるものと自身の身体との関わりから、その変化の過程を体感・模索し、映像作品などに記録してきた。

変化の過程のなかで、アクションを見出していく

――制作はどんなチーム編成で?

加藤まず、以前から美術展やパフォーマンスの記録撮影をしてくれている内堀義之くんには、映画のスチールカメラマンとして入ってもらいました。

吉田チーム編成の裏テーマとしては、この作業場に関わってくれた人たちをもう一度呼び寄せて、みんなで解体したいというのがあって。内堀くんもよく来てくれていたんですよ。あと、美術スタッフの西村立志さん。作業場の建具をつくってくれた方です。

加藤制作の人員には結構悩みましたね。ちゃんとプロの映像カメラマンに入ってもらうかどうかとか。最初は、僕らがずっと使ってきた家庭用の一眼ビデオカメラで、モノクロ撮影していく予定だったんです。でも、制作のなかで、スタッフに「カラーのほうが絶対いい」と意見をもらって。途中から、カラーでも撮るようになりました。あと、今までは音声も自分たちで担っていたのですが、今回は整音のために、松野泉さんという音響の技術者に関わってもらったんです。録音機材を貸していただきましたね。

吉田野崎将太くんが主宰する建築集団 々(ノマ)のメンバーも加わってくれた。ちょうど同時期に、彼らの仕事が急に飛んで、時間ができたこともあって。々メンバーの上ちゃん(上村一暁)がごはん担当。作業場の屋根や壁がどんどんなくなっていくなか、ごはんはぎりぎりまで現場でつくり続けてもらいました。埃がかぶらないように(笑)

加藤解体はするけれど、そこで自分たちはなにかをつくり続けていくっていう。

吉田制作中は新しい作業場で寝泊まりをして。みんなでごはんを食べながら、「こんなん撮りたい」と撮影プランを考えることがほとんどでした。シナリオをつくれていなかったので、その時々の解体状況から、次のシーンを決めていくような感じ。

――“ここまでにこれをやる”という大枠もなかったんですか?

吉田決めたかったんですけど、計画が立てられず。いついつまでに更地にするという縛りがあるにもかかわらず、僕らがスケジュール表をつくらないから、解体屋さんも僕らのケツを叩くという。

加藤でも、一応大きく3つの工程はあったんですよ。敷地の真ん中は最後まで残して、東側か西側を片方ずつ解体していこうと。細かいアクションは決まっていないけど、撮影プランとしては、最後に真ん中の大きい家を宙に浮かせた画を撮りたいというアイデアもありました。

吉田本来やったら、こういうシーンををいつまでにどう撮るかという計画があると思うんです。でも、それをしたくないわけではなかったんですけど、できなくて。いつどうなっていくかもわからん状況で、やっぱりそういうことを決めていくのはストレスになる。最初はSFにしたいというイメージがあったし(笑)。

――屋根に穴があいていて、その下の地面には掘られた丸穴に水が溜まっていますね。これはなにをやってるんですか?(笑)。

加藤瓦の葺き土を、下の穴に落とすんです。

――やばいですね(笑)。この時点でSFじみてる。

吉田そうそう。穴が時空を行き来するきっかけになるんじゃないかなと。あと、土壁とか屋根の葺き土って、水に入れたら発酵しているみたいに泡がプクプク出てくるんですよ。それが面白くて、さらに演出でバブをいっぱい入れて。そういうことも、事前に計画を立てていればどう撮るかを考えられるけど、僕らはやりながら発見していくことのほうが圧倒的に多いんです。

ものや場と関わりを築くこと、つなげること

吉田あと、僕が昔働いていたペンキ屋の親方も、作業場には何度も来てくれていて。アルミボートに乗って、ひとりで釣りに出かけるような方で、「5つの船」【2】に参加してもらったことをきっかけに、僕らも船に乗るようになりました。それで、親方にもなんらか関わってほしいなと考えていたら、自分ですっぽんを獲って捌いていると聞いたんです。そしてそのときに、写真家の石川竜一さんが「どんな鍋よりミドリガメで炊いた鍋が一番うまい」と話していたのを思い出して。親方には、亀担当としてミドリガメの獲り方や捕獲ポイントを教えてもらいました。仕掛けには鯖の切り身がいいらしいです。解体中、川に行ったんですけど、わんさか獲れましたね。

――どれぐらいの時間、罠を仕掛けているんですか?

加藤半日ですね。

吉田6時間以上放置しておくと、亀も息が吸えなくて仮死状態になるみたいで。

加藤あとこれ。作業場の居間はそのまま残して、プールにしようというアイデアが当初からありました。

(玄関の戸が開く音が聞こえ、星野さんが合流)

星野こんばんは。遅くなりました。このあと試写があって、映像をBlu-rayに書き出しつつですが。すみません、話の途中で。

――プールをつくろうとしたのは、なにか理由があったんですか?

吉田前に解体の作品【3】をつくったとき、瓦をそのまま落とすと割れるから、ドラム缶サイズのプールを設置して、瓦を抱いて落ちるというのをやったんです。その延長で、もっとでかいプールにしようと。 

加藤大阪の桜川で作業場を借りていたときの大家さんが、屋上で飼っていたレース鳩も借りてきました

――すごい。何羽ぐらい? めっちゃいますね(笑)。

吉田50羽だっけ?

星野60羽かな選手小屋にいるやつ全部連れてきたから。鳩小屋には800羽くらいいるんです。

――かなり不思議な光景。ここから飛ばして大阪まで戻っていくっていうことですよね。どれくらいで到着するんですか?

星野早かったら1時間。天井にあけた丸穴を通って帰ってもらおうとしたんですけど、最初は気づいてくれなかったんですよ。普通は集団で帰るところを、1羽1羽飛んで行きました。まあいい訓練にはなるんですけど

――プールの水は?

加藤水道水です。作業場とすぐ近くの僕の家から引っ張ってきて、全部で4系統ぐらいで入れました

吉田友だちの息子が「亀がいるプールで一緒に泳ぎたい」って言うから、「じゃあ今日何時頃にやるから」って約束したんですよ。それで、学校終わりにお母さんと来てくれたんですけど、プールが決壊して泳げへんくて(笑)

加藤リベンジで床を補強しまくりました。ビニールは暖房の空気が逃げないように、作業場でカーテンとして使っていたもの。ビニールの強度というというよりは、構造面で決壊するんですよね。

【2】5つの船

2015年11月に行われた梅田哲也によるナイト・クルーズ作品《5つの船(夜行編)》。中之島から船に乗り、道頓堀など大阪市内の水路、大阪湾をめぐりながら、出演者の梅田と松井美耶子、加藤デビットホプキンスがパフォーマンスを行った。ゲストアーティストとしてアキビンオオケストラやヒスロムらが参加。

【3】解体の作品

ヒスロムは2014年に、アメリカのナショナル・パフォーマンス・ネットワークと京都芸術センターが共同で行う「日米ニュー・コネクション・プロジェクト」に参加し、展覧会「美整院ー〈例えば〉を巡る」を実施。友人宅の解体と施工を軸に、古民家の移築・解体業者や廃村、「美整院」と名を掲げる散髪屋など、さまざまな人々や場所と関わりながら土地と風景・建築を咀嚼した。

記事02へ続く

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 2/3

INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3

hyslom/ヒスロム

加藤至、星野文紀、吉田祐からなるアーティストグループ。2009年より活動をはじめる。身体を用いて土地を体験的に知るための遊び「フィールドプレイ*」を各地で実践し、映画、展覧会、パフォーマンス作品として発表。近年の展覧会に「hyslom itte kaette.Back and Forth」(Ujazdowski Castle Centre for Contemporary Art、2019)、「ヒスロム 仮設するヒト」(せんだいメディアテーク、 2018)。2015年より、爆音上映の企画や配給を行うboidのWebマガジンにて記事連載。おもな映画監督作品として、2014年「My cap My mud My handkerchief」、2021年「シティII」。出演作品に2014年「新しき民」(監督:山崎樹一郎)、2017「ギ・あいうえおス 他山の石を 以って己の玉を磨くべし」(監督:柴田剛)がある。
 *劇団維新派 故松本雄吉がそう呼んだことによる

  • image

hyslom/ヒスロム新作映画「美整物 輝かせる時間の黄金」公開試写会

日時:2021年12月28日(火)16:05開映(上映時間77分)
会場:シネ・ヌーヴォ
料金:1,200円(一般・会員・シニア)
問合:06-6582-1416(シネ・ヌーヴォ)
*一般予約は受付終了。映画は2022年以降も上映予定(時期未定)

出演:加藤至、吉田祐、星野文紀 ほか
プロデューサー:向井麻理
撮影 :内堀義之、宇治茶、斎藤玲児 ほか
録音・整音:松野泉
美術:西村立志
装置:建築集団 々(野崎将太、樋口侑美、上村一暁)
火術:てっせい(AbRabbi 油火)

挿入歌「pool」
作詞・作曲:zzzpeaker(ex.グルパリ)

エンディング曲「コンテンポラリー・サーカス」
トラック制作:瀧口翔
作詞:hyslom/ヒスロム、マイアミ
歌:MCいちねんにくみむかいしょうま、MC極刹那

企画協力:株式会社ナポリビルディング、b.k.b、一般社団法人HAPS
補助:文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
配給 :hyslomフィルム
企画・監督・撮影・編集・制作:hyslom
主催:hyslom/ヒスロム

関連イベント
アフタートーク

日時:2021年12月28日(火)上映後開始、18:30終了予定
ゲスト :梅田哲也(アーティスト)
登壇者 :hyslom/ヒスロム(加藤至、星野文紀、吉田祐)
聞き手 :山﨑紀子(シネ・ヌーヴォ支配人)

photo:REPORT|小俣裕祐 写真展「continue」
Must Reads
2022.09.14
REPORT|小俣裕祐 写真展「continue」
MORE
photo:REPORT|孤独の練習『モンタージュ』
Must Reads
2022.09.09
REPORT|孤独の練習『モンタージュ』
MORE
photo:REPORT|小林一毅個展「Play Time」
Must Reads
2022.09.07
REPORT|小林一毅個展「Play Time」
グラフィックデザイナー・小林一毅の個展「Play Time」が、2022年8月6日(土)から14日(日)までATAKAにて開催され…
MORE
photo:REPORT|音凪11周年記念企画特別興行 澁谷浩次『Lots of Birds』発売記念コンサート
Must Reads
2022.08.29
REPORT|音凪11周年記念企画特別興行 澁谷浩次『Lots of Birds』発売記念コンサート
MORE
photo:REPORT|「コシラエルとはなんだったのか」展
Must Reads
2022.08.27
REPORT|「コシラエルとはなんだったのか」展
アーティスト・ひがしちかが主宰する傘ブランド「コシラエル」が、2022年8月28日(日)にブランドをクローズすること…
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#+S Gallery#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#3U#71labo#A-Lab#a:)/2021#ABCホール#about her.#ACoA 2021#AFTER2025#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#Appleの発音#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BabaChisa#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Studio#blueover#BnA Alter Museum#BOOGIE MAN#bowlpond#Breaker Project#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#CASO WEDDING#Casper Sejersen#casual KAPPOU iida#CC:OLORS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#Coci la elle#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#DELI#delta#DEN#desktop#dessin#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dot to dot today#dracom#DRAWERS#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#fabricscape#FaceTime#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU#FON-SU bed&breakfast#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitofushi#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#HOTTA CARPET#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#IDEA FEVES#iei studio#iloilo#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JITSUZAISEI#JPN Kasai#kagoo#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#KEY-KILT#kiken#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#Laboratoryy#laji#LE PRIEURÉ#LEESAYA#Lettuce Warriors#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#MOMENT#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOON FACE BOYS#MOONSLANG#MUESUM#music#Music Bar HOKAGE#myong hwa#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#NOTA&design#ohiana#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Osaka Directory#Oギャラリーeyes#Page Gallery#Panoramatiks#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#Play Time#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RE:PUBLIC#RICE MEALS FOTAN#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SAN#Sayuri Murooka#SEASIDE STUDIO CASO#Seul#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#stillichimiya#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TALK TO ME#Tenon#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#the Farm UNIVERSAL#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TORI#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#Vitra#Void#VOYAGE KIDS#wa/ter#wad#WEBデザイン#Wine Shop SAPO#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YOU ARE WELCOM#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アーキフォーラム#アートエリアB1#アートコートギャラリー#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#あるゐは#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うっぽ#うめきたシップホール#ウンゲツィーファ#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#オソブランコ#オフショア#オル太#ガーデンズ#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#ギータ・クンチャナ#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーセージ#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グッドナイト#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#コシラエル#ごまのはえ#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#サインズシュウ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#シネマスコーレ#ジャグリング・ユニット・フラトレス#シャムキャッツ#しんご#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#トラべシア#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#にほん酒や#ニュースタアギャラリー大阪#ぬQ#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#はしもとなおこ#ハタノワタル#ひがしちか#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#みんなのうえん#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルース・ファン・ビーク#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#ワヤン・クリ#一般財団法人たんぽぽの家#一野篤#万博記念公園#三好工務店#三木学#三田村啓示#上林翼#上町荘#中之島#中尾微々#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上和也#井上嘉和#井上明彦#京都dddギャラリー#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#伊奈昌宏#佐伯慎亮#佐藤武紀#依田那美紀#依藤貴大#俚謡山脈#元山ツトム#光#八六八ビル#八田亨#内田ユッキ#出町座#前田健治#前田文化#前田瑠佳#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団子供鉅人#劇団態変#加藤智之#加藤正基#千島土地コレクション#千紗子と純太#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#南極ゴジラ#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#友川カズキ#古地図でたどる大阪24区の履歴書#台湾再現雑貨necco#吉本有輝子#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉行良平#吉開菜央#名前はまだなゐ#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#和田ながら#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂井遥香#坂口恭平#垣沼絢子#堀場英史#堀田裕介#堺FANDANGO#堺魚市場#塚原悠也#増田好郎#夏のホラー秘宝まつり#夏目知幸#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大石英史#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪城野外音楽堂#大阪大学#大阪大学総合学術博物館#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立自然史博物館#大阪市立芸術創造館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#安藤智#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#小俣裕祐#小坂浩之#小松理虔#小林一毅#小海途銀次郎#小竹立原#山下あかり#山下壮起#山下雅己#山城大督#山本佳奈子#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡田蕗子#岡部太郎#岸本昌也#川上幸之介#布施琳太郎#平山ゆず子#平山昌尚#平野愛#平野舞#廻飛呂男#影絵人形芝居#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#折口信夫#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#木村和平#末澤寧史#本の人#本橋龍#本渡章#杉田雷麟#村上周#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東郷清丸#東野祥子#東風#松本久木#松本直也#松永理央#松見拓也#林勇気#林慎一郎#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#梅田英春#梶谷いこ#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#極東退屈道場#横山拓也#檜山真有#權田直博#民藝#水沢そら#水野勝仁#江村仁太#汽水空港#沢村さくら#河井朗#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#海野康志#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#淡水#深澤孝史#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#澁谷浩次#濱口竜介#猪子大地#生活の批評誌#生駒山#田中輝美#田原 奈央子#田原奈央子#畑中良太#白波瀬達也#的形#真山隼人#矢萩多聞#石原菜々子#磯上竜也#神戸アートビレッジセンター(KAVC)#神戸映画資料館#福原悠介#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内優介#竹内厚#竹内紘三#竹田写真館#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#笹原晃平#筒井潤#筒井響子#紙器具#維新派#美術研究所#自泉会館#船場エクセルビル#芝野健太#花器工藝 汀#花見小路#茨木市立ギャラリー#菅田貴子#菊池和晃#菊池航#華雪#萩原健#藤井泰玄#藤井龍#藤原成史#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#蝦名宇摩#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#諸江翔大朗#谷内一光#谷内一光時代#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野中モモ#野原万里絵#野田#金子仁司#金明和#金氏徹平#金滿里#釜ヶ崎芸術大学#鈴木並木#鈴木裕之#鉄道芸術祭#長尾圭#長野大輔#間芝勇輔#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#阿倍野長屋#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#飯川雄大#飯田恭央#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山純#高嶋慈#高橋利明#髙島一精#鬼の右腕