本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2022.03.28
#エム・レコード#MUSIC#INTERVIEW

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|
右に倣えじゃつまらない

構成・文: 中村悠介[編集者] / 写真: 赤鹿麻耶[写真家]

一筋縄ではいかない。とはまさにこのことで、大阪のエム・レコードは古今東西の知られざる名盤から特殊盤の検証復刻、だけでなく現在進行形の作品まで、縦横無尽にこれまで200タイトル以上をリリースしてきたレコードレーベル。その唯一無二っぷりからか、一部のリスナーには“レコードレーベルの最高裁”と呼ばれたりも。大阪が誇る、誇らなくてどうする? そんなエム・レコードの止まらない熱量のワケを知るべく、主宰の江村幸紀さんに話を聞く。段ボールだらけの事務所ではYabemilk『Sweet Flavor』が軽快に鳴っている。

収録:2022年3月4日(金)
場所:エム・レコード

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――このインタビューはエム・レコードをご紹介するもので、過去のリリース作品のすべてについてお伺い……

江村:えー、めんどくさいわ~(笑)。

――……することはできませんが、よろしくお願いします。まず、江村さんの最初の音楽体験を教えてください。

江村:4歳離れた兄が山下達郎の『For You』とか聴く人で、そんなのを小学校の頃に耳にしてました。それから貸しレコード屋に通ったりです。80年代に一度、再評価があったときははっぴいえんども聴いて、なんか暗いな〜と思ったり。最初に自分で買ったのは(大瀧詠一の)“ロンバケ”のカセットです。それが小6のとき、兄にそそのかされて。山下や大瀧が子供時代の自分のなかで一角を占めてました。ラジオやMTVで洋楽も聴いてて。

――物心ついてからはバイトしてレコードを買ったり?

江村:高校の頃は、校則でダメだったんだけど、夏休みとかの間に役所の建築課でバイトしたり。あとこっそり隠れてガソリンスタンドとか。あんまり覚えてないですが、とにかくバイト代でレコードや本を買っていました。

――ご出身は広島ですよね。大学を機に大阪にやってきた。

江村:あの頃はレコードマップが分厚くてね。いわゆる町のレコード屋さんが無くなりつつあった頃ですけど、西田辺のフォーエバー(レコード)とか、いい店はまだいっぱいあった。あり金ぜんぶ投入して買える限り買ってましたね。

――どんなレコードを買ってましたか?

江村:目の前にあるものと、それとメールオーダー。オルタナ、ヒップホップ、ポップス、ワールド、イギリスのインディーも好きで、日本の音楽ももちろん買ってました。スーパー雑食は当たり前、ってのは、自分だけの話じゃなくて、新人類世代のあとの僕らの頃には、特定の音楽へ結びつく必然性がもはやない。すべては偶発性で、ジャンルとかも関係なくなる。音楽が好きだから(ジャンルは)なんでもいいんですよ。先輩や友達が教えてくれたら買ってみる、みたいな。カウンターとしてロックやレゲエを聴くなんてことはない。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――四ツ橋にあったレコード店、ジェリービーンで働かれていましたよね。

江村:21、22の頃です。店に行ったら「働かない?」って声かけられて。ジェリービーンの元であるタイムボム(※第二清水町ビル時代)でセイント・エティエンヌとフガジと60年代ガレージパンクを一緒に買うとかしてたからかな。目を付けられていたみたいです。ここなら音楽が聴き放題だし働くことにしました。まぁ、なんにも考えてなかったです。当時は、まだレコードが売れてる時代だったから、小さい店だけどスタッフ5人いたし。今では考えられないくらい、年商もすごかった。心斎橋のパルコにも支店ができて、細かい仕入れもかなりしていたので、東京から来たお客さんが驚いて喜んでもらえてた。ジェリービーンには4年くらいいました。

――ジェリービーン時代の思い出は?

江村:音楽だけじゃなくファッションも含めて、その都度の流行りみたいなものを学んだというか。たとえば、店のモッズの同僚から毎日ファッションチェックされるわけ。「その服は無いんじゃないの?」とかって。ある日、礼服にナイキのジョーダン、っていう謎の格好して行ったら「イケてる」って褒められたり(笑)。無茶苦茶でした。

――DJしたりは?

江村:そんな面倒臭いことやらないですよ。オファーが来たら(現在NEWTONE RECORDSの)斉藤くんにお願いしてました。自分は世の中レイブで盛り上がってる時代に家でレコード聴いて本読んでたから。根暗ですよ。パーティーピープルにはなれなかったです。でもオタクとはちょっと違うのかもしれない。レゲエにハマってもドレッドにしたりするわけじゃなくて、音楽が好きだから聴いてるだけなんで、(ドレッドにしないと)リスペクトが足りない、って言われたらそれってどうなんって感じです。今、そもそもこれが正しい方法なのかわからんけど、なんとかやっていけているのは、そのときに将来への投資をしてたってことになるのかもしれません。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――では1998年にエム・レコードをはじめられたきっかけは?

江村:レコード店で働いていたので、売れるものがみえてたし、インディーの流通網もある程度はわかっていました。当時たくさんあった小規模のディストリビューターも知り合いだったんで、まず自分にとってはハードルが低かった。要はお金さえあればできた。

――レーベルの資金は測量のバイトで貯めたんですよね。

江村:そう。仕組みはわかってたから、とにかくセールスを上げないとレーベルをやる意味がないし、存在価値もないって信じ込んでました。でも、それが大きな間違いだったことに途中から気づく。理由は幾つかあって、交通事故の経験も作用してますが、実際にはこれを出せばいける、というのはなんとなくわかるんだけど、なんかしらけるのよ。あー、はいはい、でもやる気ね~って。1枚つくるには相当なエナジーと時間が要るんで、生半可なしらけた気持ちではできないという意味です。

――売れるものと自分がリリースしたいものは違った、と。

江村:そうとわかってるものを出すとやはりそれなりに動くんだわ、これが。でも、レコード店での仕入れ経験で気づいてましたが、自分が本当に好きなものは売れない。これが。悲しいことに(笑)。そういえば、60年代にフィル・スペクターが、フィレスってレーベルをやってたときに、ラヴィン・スプーンフルのプロデュースを頼まれて、スペクターは、売れるんだろうけど、やる気ね~って断る。歴史的人物と比べるのは気が引けますが、その感覚はシェアできる。

――江村スペクターとして共感?

江村:だってレーベル名も、フィル・スペクターがフィレスなら、江村幸紀ならエムだろ?って。

――シャレですね。

江村:そう。ジョークですよ。でもシャレのわからない人が増えたね~。7thコードから抜けられない方々も多いしね。名前なんて究極はどうでもいいんですよ。大切ではあるけど、絶対ではない。なら、シャレのほうが救いがあるでしょう。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――2021年の現時点で、200作品ほどリリースされていますね。

江村:非売品とかノベルティを入れたら250枚くらいつくってるかな。全部、本気でやってるからね。とにかく真面目なんですよ、私は(笑)。

――ずばり、エム・レコードでリリースする作品の基準とは?

江村:こんなCDやレコードを買いたい、ということ。だから自分のためにやってるようなところもちょっとある。インディーレーベルってそういうことじゃないの? 普段から研究の真似事をしてるし、知らない音楽を聴くことがもともと好きなんで、その文脈をたどりたい気持ちもある。そこにストーリーがあれば、なおさら興味をそそられる。でも真の奥底は霊験に近くて、私自身も把握できていないので「よくわからない非合理さ」ということにしておきます。曽我部(恵一)さんもレーベルやってるでしょ?

――ローズレコーズですね。

江村:たしか、曽我部さんも、レーベル運営がこんなにもしんどいとは……って言ってて、まったく同意します1998年が国内CDの製造枚数が一番多いピークの年で、うちはそのときにはじめた。一所懸命つくったものを提案すれば、それなりのレスポンスはあった。リスナーの自主性が活きていてリリースを通じて対話できたんです。当時は宣伝もしなかった。今は業界がマメに宣伝しないとダメっていう体質になっちゃって、リスナーの大切な部分を退行させてるかもしれない。まあ、この20年で多くの人の所得が落ちて、欲しいCDやレコードも存分に買えない事情はある。そこに付け込んだのが配信のような気もする。

――エム・レコードのコンセプトは、“聞いて楽しみ、見て楽しみ、読んで楽しむというエンターテイメントをひとつのソフトに封じ込める”ですが、設立されて24年、現在もそこに変化はありませんか?

江村:ありません。で、そこに付け加えるなら、アーカイブとエンターテイメントとアートの中間を打ちぬく第四項を狙う、っていうのがある。学術的なアーカイブにもなって、ワハハと笑えるエンターテイメントでもあり、飾ってみてもよい、その中間。長年リサーチしたり、いろいろ聴いてわかったことだけど、ものごとには概してはじまりがあって、そのはじまりの人が好きなんだよ。オリジネーターとも言うけど、音楽もたどっていくと必ずイノベーターがいる。それをリスペクトしている。はじめた人は周囲に理解されない場合が多いし、困難なわけ。そこをリサーチして、リリースに漕ぎ着けることはアーカイブを目指す場合は重要かな。新録に関してはまた別ですけど。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――現在進行形の音楽家の新作もリリースされています。最近ではタイのJUU & G.JEEに、日本人ではYPYやTakaoだったり。大阪ローカルで言えば、最初は2002年の一番星クルーの「かんにんして」ですね。丸腰のおっさんたちの本気の音楽に慄きました。

江村:一番星クルーはただ単純にいちファンの心意気です。あれはいい意味でアホの7乗というか(笑)。しかしこれが細々と売れ続け、昨年ついにストックが無くなった。あのB面は「交通事故」っていう曲だけど、あれを出した2日後に交通事故したから自分的には呪いのレコードでもあります(笑)。

――ライナーの丁寧な考察や解説、そして装丁など、エム・レコードがリリースするモノが持つ、いわば“念”は配信時代により際立ってくるように思えます。ご自身ではどう考えています?

江村:自分はレコード店の出身ということもあって、パッケージングが身に染みているのです。(音楽配信は)スーパーフラットでしょ。村上隆じゃないけど、すべて等価値で歴史も何も区分がない。その等価の感覚が本当にもたらすものについては、後の研究考証の話になるんで自分にはわからない。スーパーフラットの世界に起伏をつけるなら、自分で勉強して聞くしかないわけ。たとえば、CDのデザインやパッケージは見るだけでおおよそ年代はわかるけど、配信の端末ではできない。ところで、(エム・レコードの)初期作品を見ると粗だらけで我ながら死にそうになるよね(笑)。納品されてきた完成品を見たら突然、誤植が見えてくるみたいな、そういうことないですか? だから次にはベストなものをつくりたい、という想いで続けています。

――リサーチしながら自分がほしいと思うレコードをつくって発表していく。それは自分の頭のなかの、ひとり会議で決めていくわけです?

江村:今はありがたいことにアイデアを出し合ってくれる人たちがいるんですよ。俚謡山脈とかSoi48とかstillichimiyaとか、AVYSSの佐久間くんと話し合ったり。自分会議で決めるのは半分くらいかな。そこでもリリースに関して換金化の論理ではあまり考えないようにする。それを軸に考えると好きなことができなくなるからね。

――自身でエム・レコードはどんなレーベルだと考えます?

江村:もう無茶苦茶言われてます。“レコードレーベルの最高裁”(笑)とか。“日本一根性のあるレーベル”とか。海外の記事では“インサイダーズ・フェイバリット”って紹介されて、なんやそれ?って。

――ミュージシャンズ・ミュージシャンのような。

江村:それはわからない。もちろんヘイターもいるだろうし。まぁ、好きも嫌いも表裏一体だと思うので。

――まもなくリリースされるのは、94年に発表された銅金裕二/藤枝守『エコロジカル・プラントロン』のリイシューですが、植物の声を聴く、という作品でこれまたエム・レコードらしい? 不思議な問題作。

江村:銅金裕二さんは植物学者で、研究で植物に電極を付けてその電位変化を音や映像にするシステムを開発して、これがクソヤバかった。最先端サウンドアードなんですが、実はハイ・アートのふりをして「人間中心主義」を打ち抜こうとする装置であるというのが核心です。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

――この作品のように江村さんが発掘して再発するのではなく、ミュージシャンからの売り込みもあります?

江村:いっぱいありますよ。つい最近、ドイツでクラシックをやってる17歳のオーボエ奏者の子から連絡がきて。メールの書き出しが「人生の意味とはなんでしょうか? すべては幻想なのでしょうか?」って、すごくないですか?

――引き寄せてますね。

江村:「すべては幻想です。あなたがそう信じるなら」って返信したけど。聴かせてもらった音楽もちょっと普通じゃなかった。「でも、なんでこんな極東のしょぼいレーベルに連絡くれたの? ヨーロッパには有名な堅気のレーベルいっぱいあるでしょ?」って書いたら、有名とか無名が問題じゃない、自分のセンスにフィットしたから、っていうことで。それで、「実際、私はあなたをどうしたらいいのでしょう?(笑)」って今聞いてるところです。

――唯一無二のエム・レコードの魅力が世界に伝わってますね。では最後に、あらためてインディーレーベルを運営する魅力とは?

江村:今も変わらず、企画から販売まで自分でできるのがインディーの要所です。インディー魂ってのは時代に常に必要とされてて、かっこよく言えばDIY、かな。便利さとは反対の世界で生まれる創造性です。自分が考えるインディーっていうのはメジャーの下位でも亜流でもなく、合理組織化とはまた違う概念ということです。日本ではかつてパンクの人たちがそんなスピリットを広く保持してたとこもあるけど、今はその辺に転がっているようなものじゃないから、自分から向かっていかない限りは見つからないものになったと思う。最近出たレインコーツの評伝を読んで再確認できました。やっぱりパンクしかないなと。

――個の価値観を形にして世に問うていく、そんな痛快さがある、と。

江村:価値観っていうところでは、昔、ドラム&ベースレコードの林さんから聞いたんですが、昔のジャマイカのプロデューサーはレゲエの曲をホースレースに喩えていた。シングル盤は競馬の馬券と同じだと。要するに音楽自体の価値ではなくて、現金化できるかどうかという価値を中心にしている。昔から音楽の判断で主にセールス量にのみ関心がある人も一定数はいる。今だとフォロワー数が100万人だから、とかそういう価値観です。右に倣えというのは道徳ベースのことですけど、倫理感を育てる土壌がないので個人主義が根付かない日本では、それがより強いのかなあ。まぁ、みんなが良いって言ってるから聴く、っていうのはピュアな気持ちだとも思う。けど、それだけじゃつまらないでしょ?

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

エム・レコード

1998年に設立。大阪を拠点としたレコードレーベル。ポップス、ロック、レゲエ、タイのモーラム、電子音楽、ミュージックコンクレート、鳥の鳴き声による交響曲、ジョン・ケージなどなど、古今東西の知られざる名盤から特殊盤まで、主宰の江村氏のいちリスナーとしての視点で解釈、提示しパッケージングするレコード/CDレーベル。

INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない

銅金裕司/藤枝守『エコロジカル・プラントロン』
CD2枚組LP版 2022年4月8日(金)各発売予定

仕様:CD2枚組、デュオケース、28頁ブックレット封入
解説:銅金裕司、藤枝守、江村幸紀

トラック:
【DISC 1】
“Ecological Plantron”(The 1994 original recordings)
1.Evening
2.Night
3.Morning
4.Afternoon

【DISC 2】
1.Mangrove Plantron(1995, previously unreleased)
2.Pianola Plantron(1997, previously unreleased)

仕様:LP=12インチLP(初LP化)、3mm背スリーブ、6頁インサート封入
解説:銅金裕司、藤枝守、江村幸紀

トラック:
【Side A】Evening(from “Ecological Plantron”)
【Side B】Night(from “Ecological Plantron”)

※LP版は1994年録音の全4セッションから2セッションを抜粋収録。完全版はCD版のみの収録

「植物からみた生きものたちのインターフェイス」。植物の視点から我々の身体を包み込む生態系の連鎖を音によって体感させるインスタレーション、『エコロジカル・プラントロン』(1994年)を再検証復刻。

 植物学者の銅金裕司が、植物と話し、植物から話しかけてくるような装置を目指し、1987年から研究開発した画期的なシステムそれが「プラントロン」だ。マックPCがまだ「オカルト的な感じ」(銅金談)を漂わせ、一台の値段で軽トラが2台買えた時代、マックSEと脳波測定機材を使って独力で実験を続けシステムを考案。植物から電位変化を取り出して人間の知覚できる音や映像にかえるこの装置は、ソフト面でもハード面でもかつて遭遇したことのない世界を提出する。

「プラントロン」は90年代初期に研究の場から公の場に登場するや、マスコミで取りあげられ一種の<現象>となり、NHKの番組で特集され、2007年にはNTTインターコミュケーションで大規模展示を行っているが、この装置の原点的意味がどこまで浸透したかは不明だ。銅金のとなえる「植物中心主義」の態度は相当に挑戦的で過激であり理解者は少なかった。しかし、「プラントロン」最初のインスタレーションから30年経った2022年、脱炭素社会の構築を世界的な合意目標にあげた今、その先見性と実行に畏敬の念を表するよりほかはない。

『エコロジカル・プラントロン』(1994年)はこの「プラントロン」の最初のCD記録集である。銅金の「プラントロン」を作曲家の藤枝守のサポートで本格のインスタレーションに構築したもので、植物と人間環境の往信から生まれた電位変化がMIDI変換され、「MAX」プログラムを通して不定形かつ不規則なYAMAHAのFMシンセ音となって放出される。強引に例えれば、クセナキスやペンデレツキの図形楽譜曲にどこか似た雰囲気、あるいは予測不能な電子音を垂れ流すコンロン・ナンカロウといえるかもしれない。

 生態電気といえばヒトの脳波を使ったデヴィッド・ローゼンブームやアルヴィン・ルシエ、ヤン富田らの実験音楽が思い出されるが、本作は人間が主役ではなく徹底して植物中心主義で、そもそも近代的な意味の<音楽作品>として提示されていない。

 今回の復刻ではギャラリーで制作された自主盤音源をリマスターし、CD版には『エコロジカル・プラントロン』以降の二つの展示「マングローブ・プラントロン」(1995年)と「ピアノラ・プラントロン」(1997年)での未発表録音をボーナス・ディスクとして収録。初のLP版も発売となる。なお、本装置の1992年のインスタレーション公開以降、疑似類似の試みが出現しているが、そのオリジナルが「プラントロン」である。

 解説には銅金の最新寄稿と取材文を掲載し、この装置の開発秘話、本作の意図を改めて探る。

エム・レコードWebサイトより引用)

photo:REPORT|クレハフーズ「100均商品だけで食品サンプルを作ってみた展」
Must Reads
2022.05.11
REPORT|クレハフーズ「100均商品だけで食品サンプルを作ってみた展」
MORE
photo:REVIEW|川田知志「彼方からの手紙」——ARTCOURT Gallery
Must Reads
2022.05.09
REVIEW|川田知志「彼方からの手紙」——ARTCOURT Gallery
はがみちこ
TEXT: はがみちこ [アートメディエーター(photo: Ai Nakagawa)]
MORE
photo:REPORT|fabricscape展「12/12 unbeautiful end.」
Must Reads
2022.04.07
REPORT|fabricscape展「12/12 unbeautiful end.」
MORE
photo:INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない
Must Reads
2022.03.28
INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない
MORE
photo:REVIEW|想像がもつれた書物たち:松本久木のブックデザイン
Must Reads
2022.03.25
REVIEW|想像がもつれた書物たち:松本久木のブックデザイン
仲村健太郎
TEXT: 仲村健太郎 [デザイナー]
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#A-Lab#a:)/2021#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Breaker Project#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#DELI#delta#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#fabricscape#FaceTime#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU bed&breakfast#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#iloilo#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JITSUZAISEI#JPN Kasai#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#myong hwa#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#stillichimiya#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TALK TO ME#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#the Farm UNIVERSAL#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#Void#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グッドナイト#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#ジャグリング・ユニット・フラトレス#しんご#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#にほん酒や#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#一般財団法人たんぽぽの家#万博記念公園#三木学#上林翼#中之島#中尾微々#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#井上明彦#京都dddギャラリー#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#伊奈昌宏#佐伯慎亮#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#八田亨#内田ユッキ#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#加藤智之#加藤正基#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#堺魚市場#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立芸術創造館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#小坂浩之#小松理虔#小竹立原#山下壮起#山下雅己#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#川上幸之介#布施琳太郎#平山昌尚#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#木村和平#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本久木#松本直也#松永理央#松見拓也#林慎一郎#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#梶谷いこ#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#極東退屈道場#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#汽水空港#沢村さくら#河井朗#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#畑中良太#白波瀬達也#的形#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#船場エクセルビル#芝野健太#花器工藝 汀#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤井龍#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#諸江翔大朗#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野中モモ#野原万里絵#野田#金子仁司#金明和#金氏徹平#金滿里#釜ヶ崎芸術大学#鈴木裕之#鉄道芸術祭#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山純#高橋利明#髙島一精