本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2023.02.08
#エム・レコード#サイケアウツG#中村悠介#ART#COMIC#DANCE#MUSIC#OTHER#PHILOSOPHY#INTERVIEW

INTERVIEW:サイケアウツ|
オリジナルのないコピー

構成・文: 中村悠介[編集者] / 編集: 永江大[MUESUM]

「日本のハードコアジャングルの草分けで、関西では避けて通れない定め。モンスター」。そう話すのは先日リリースされた『逆襲のサイケアウツ:ベスト・カッツ 1995-2000』の発売企画者である大阪のエム・レコードの江村幸紀さん。サイケアウツ(現在はサイケアウツG名義で活動)は、1994年に大阪で結成された、大橋アキラを中心とした音楽ユニット。目の前が霞むような激しいビートとMC、そして雑食型のサンプリングによる奇想天外なアートフォームで、フロアをいわば無我にさせてきたミュータントなリビング・レジェンドだ。サイケアウツはいったいどこからやってきたのか? 今回のリリースを機にあらためて、大橋アキラさんに話をお聞きしよう。

収録:2023年1月12日(木)

場所:COMPUFUNK RECORDS

 

――大橋さんは、サイケアウツをはじめる前にノイズを制作されていたんですよね?

大橋:そうそう。1980年代の終わりから。ライブは京都のどん底ハウスとかで。

――殺倶(サッグ)という名義で?

大橋:そう。その名前は、インドのヒンドゥー教の女神、カーリーを信仰してるタギーっていう秘密結社が由来。アメリカのヒップホップでよく言う、サグもそこから来てるんやけど。

――それは10代の終わり頃です?

大橋:高校の頃。ひとりで宇治の実家でテープ・コラージュをやってて。いろんな音を録ってゴチャゴチャにして混ぜるコラージュ・アート。テープで「TEMPLE OF S.D.A」というレーベル名をつけてリリースしてた。たしか、ソルマニアの大野(雅彦)さんとカップリングで出したこともあると思うけど、ちょっと忘れた(笑)。まぁ、1970年代後半のUKのアンダーグラウンドの流行りというか。表の流行りがパンクで、裏がインダストリアルみたいな。自分はスロッビング・グリッスルやナース・ウィズ・ウーンドに影響を受けて。

大橋アキラが1980年代にザ・クレイジーSKBらと結成していたノイズユニット「殺倶(サッグ)」。そこから派生したインダストリアル〜ブレイクビーツユニット・THUG SYSTEMより『THUG SYSTEM CONTROL』Terminal Explosion(2014)

――パンクの影響はそこまでない?

大橋:ファッションは好きやったけど、音はあんまりピンと来なかった。スカスカで低音が無い感じがして。パンクでも、ディスオーダーとかカオスUKは好きで。それはドリルを使ったりしてたから(笑)。その頃、ライブは非常階段とスターリンの(京大)西部講堂(1983年)とかいろいろ観に行ったけど。あれはフロアでは畳が飛び交ってるし恐ろしかった。ナイフとか鉄パイプとか持ってるやつもいて。こっちはそんな武闘派じゃないし(笑)。

――例えば、PIL(パブリック・イメージ・リミテッド)とかは?

大橋:聴いたけど、うまくでき過ぎてると感じたかな。良くできているのは好きじゃないから。

――完成度というよりは、“ほつれ”に魅力を?

大橋:そうそう。

――テープ・コラージュを始めたきっかけとは?

大橋:最初は、1970年代後半に映画の効果音、ドーン!とかガシャー!とか、あの音はどうやって出してるのか?っていうところから始まって。それからアナログのシンセサイザーを知って。バイトして買おう、と。最初は喜多郎とか冨田勲も聴いたりしてたけど。なにかの拍子でノイズのコラージュになって。高校の頃にOFF MASK 00を観に行ったりしてたことも大きいかな。

――必然的にノイズのコラージュに。

大橋:違うものを組み合わせて、目の前を非現実化するみたいな。コラージュはシュルレアリスムが好きだったことも関係していて。

――手術台の上のミシンとこうもり傘、ですね。

大橋:そう、ロートレアモン。マルドロールの歌も好きやった。コラージュをすることは、現実に対するアプローチで、その概念に慣れていたこともあって。オリジナルのないコピーというか、本質が存在しないようなもの。その後はサンプリングマシンを使ったり。最初は0.5秒とかしか(サンプリングが)できなかったけど。

――そういった機材が発達するなかで、より制作しやすい状況に?

大橋:いや、基本的にシーケンサーで打ち込むわけやから、コンピュータでも一緒。簡単になった、とか言うけど一緒。画面が見やすくなったとか、そういうことはあるけど。例えば、リズム隊の見本があって、それっぽく組み立てることはできるんやけど、結局は本人の感覚やから。スウィングの度合いとか。結局は昔のコラージュと一緒。

――なるほど。ヒップホップからの影響はあります?

大橋:もちろん。パブリック・エナミーとか。

――サイケアウツのステージにはブラックパンサーみたいなセキュリティがいたことも。そのままパブリック・エナミー。

大橋:そうそう(笑)。

――では、1994年にサイケアウツを結成された経緯は? 名前はミート・ビート・マニフェストの曲名「Psyche-Out」(アルバム『99%』収録)から、なんですよね。

大橋:(OFF MASK 00の)秋井(仁)さんにミート・ビートのパロディをやりませんか?と誘ったことが始まりで。当時、秋井さんは(アメリカ村の)カンテグランテでバイトしてて、そこでテープを渡して。秋井先生とはまだそんなに面識無かったから怖かったけど。歳上やし。

――ノイズのコラージュから、ダンス・ミュージックのフォーマットに移行されたのは興味深いところです。

大橋:でも、ミート・ビート(・マニフェスト)も、もともとノイズ畑で。例えば、Greater Than One~Technoheadとかも、もともとノイズのレーベルから出してたし。当時のUKでは、ノイズとダンスミュージックはつながってた。例えば、大阪の場合は阿木譲の『ロック・マガジン』がその流れを紹介してたと思う。途中でボディ・ミュージックとかもあるけど。あとノイズをやってた人はエレクトロニクスを使うのが得意ということもあったと思う。

――初期の頃、サイケアウツのライブはどんなところで?

大橋:京都のマッシュルームとか。それから(DJ)KURANAKAの「ZETTAI-MU」とか。あとはロケッツやベイサイドジェニーかな。

  1. thumbnail
  2. thumbnail
  3. thumbnail
  4. thumbnail
  5. thumbnail
  6. thumbnail
  7. thumbnail
  8. thumbnail
  9. thumbnail
  10. thumbnail
  11. thumbnail
  12. thumbnail
  13. thumbnail
  14. thumbnail
  15. thumbnail
  16. thumbnail
  17. thumbnail
  18. thumbnail
  19. thumbnail
  20. thumbnail
  21. thumbnail
  22. thumbnail
  23. thumbnail
  24. thumbnail
  25. thumbnail
  26. thumbnail
  27. thumbnail
  28. thumbnail
  29. thumbnail
  30. thumbnail
  31. thumbnail
  32. thumbnail
  33. thumbnail

――ちなみに、当時の大橋さんはどんなファッションでした?

大橋:めっちゃ変な格好してたと思う。1990年くらいからは黒い毛皮を着てたし。

――毛皮?

大橋:(日本橋の)五階百貨店に買いに行って。そこのおばあちゃんと仲よくなって2,000円くらいで毛皮を買って。

――当時、大橋さんが関わっていたプロジェクトはサイケアウツだけです?

大橋:いろいろやってると思うんやけど。忘れた。1回だけのライブとか。今になってほかの人から聞いて、そんなことやってたんや(笑)って。もう忘れてるわ。

――当時のサイケアウツのメンバーとはどんな関係性でした?

大橋:なんやろ? 飲み仲間やね。当時、堀江にサイケベースという場所をつくって住んでて。そこにみんなよく集まって飲んでたから。飲んでる時に、あれやろうぜ!みたいになって。そのアイデアを秋井先生とかたちにしていった感じかな。

――大橋さんはサイケアウツのなかでは、Mr.ディラックという名前ですが、これは?

大橋:量子力学の。

――理論物理学者のポール・ディラック。

大橋:そう。たまたまエヴァンゲリオンで「ディラックの海」って使われてたし、ちょうどいいかなと。量子力学的な考え方もさっきのコラージュ・アートの話と似てて。現実に対する多角的なものの見方で。オリジナルは存在しない、という考え方で。

――そういえば、クラブKARMAでPAを担当されているときは、卓の小さなライトで文庫本を読まれていましたよね。あんな騒がしいところで難しそうな本をよく読めるな、と。

大橋:(笑)量子力学の本。読書は今も好きやね。

――そのKARMAでレギュラーDJだった小西康陽さんもサイケアウツをプレイされていましたね。音源では近藤真彦の「スニーカーぶる~す」のリミックスを共作されたり。

大橋:あー、マッチ。小西さんはよくDJかけてくれたし、よく酔ってたね(笑)。いつもベロベロになりはるから、よくホテルまで送っていったり(笑)。

――大橋さんもよくベロベロになってましたよね。唇がワインで紫になってる大橋さんをよく覚えてます。

大橋:(笑)もうずっとベロベロ。だから、ここ30年くらいあんまり記憶がないわ。飲み過ぎ。人の三生分くらいは飲んでると思う。今は酒飲まへんけど。

――振り返ると、大阪のクラブシーンから影響はあります?

大橋:うーん、よくアメ村には行ってたけど。昔は新今宮にはよく行ってたかな。

――新今宮に? なぜです?

大橋:サイケアウツをやる前から広告代理店に勤めてて。そこが風俗の広告もやってて。夕刊のタブロイド紙に載せるスタッフ募集とかの広告。その文字を組んだり。だから、そのような世界にはどっぷり(笑)。1990年代の西成に珍しいジャージとか古着を買いに行ったり。おっさんが普通にその辺で100円とかで売ってて。

INTERVIEW:サイケアウツ|オリジナルのないコピー
サイケアウツ/サイケアウツG、トラフィックジャミーズ、ゴッドODなどの音楽配信プロジェクト「STEREO RECORDS」(bandcamp)にて、会員限定で配信している「TPV Presents」より。1997年当時のライブ映像。 https://stereorecords.bandcamp.com/album/tpv-presents

――そういえば修行もされていましたよね?

大橋:奈良の大峰山に山伏の修行に行ったり。修験道。そんな激しい修行はしてないけど、仏教系の大学だったこともあって。

――そこもサイケアウツの音楽に影響を与えていますよね。

大橋:そりゃ影響してるはず。聴こえへん音に入ってると思う。だからダンスミュージックをつくりたかったわけじゃなくて。結果としてダンスミュージック。音が好きなだけで。

――2004年からはサイケアウツGとしてリリースされます。ROMZからのリリース以降ですね。

大橋:たまたま(ROMZの)SHIRO(THE GOODMAN)に会って。リリースしてくださいよって言われてCD出すことになって。(リリースするのは)常にそんな感じ。“G”が付いたのは、車でもなんでも次に行く時に“G”がついたりするやん? 重力の“G”もあるし時計もあるし。「円盤皇女ワるきゅーレ」ってアニメがあって、表裏一体のやつでワルキューレGっていうやつがいて、そこから。

――アニメといえば、チラシやTシャツのビジュアル、そして今作『逆襲のサイケアウツ:ベスト・カッツ 1995-2000』にも『うる星やつら』の主題歌「ラムのラブソング」を使用した「Lum’n’Bass」が収録されています。サイケアウツといえば、アニメからの影響も大きいですよね。

大橋:1978年くらいからかな、ガンダムとか『うる星やつら』を観てるし。あと、1990年代の頭にジェルミ・クラインっていうスケーターの、「HOOKUPS」っていうブランドで、アニメの女の子のTシャツを発見したこともあって。こんなキモいの、誰も着いひんやろ?って思って、毛皮の下に着てた。そういえば、革ジャンの背中に『ストップ!! ひばりくん!』の絵を描いてる人もいたわ。自分としてはアニメからの影響もデカいと思う。

――最近もアニメを観ています?

大橋:最近はあんまりかな。テニプリ(『テニスの王子様』)と『夏目友人帳』くらい。

――サイケアウツのファンは、クラブミュージックのリスナーだったり、アニメのTシャツを着たテクノファンだったり、小西康陽さんだったり。いろんな文脈の人がいろんな視点でサイケアウツをとらえられていたところが特徴だなと思います。音の情報量は多いけれど、カテゴリは未確定というような。現在進行形のモダン・ジャングルと共振しても不思議じゃない。

大橋:今のジャングル、ドラムンベースもかなり面白いと思う。世の中の流れは変わるけど、その時代時代で聴いてくれる人がいるのはありがたいことで。(サイケアウツは)2ステップだったり、ダブステップだったり。単純にUKの音が好きで。でも、それをお手本につくっても、本物みたいにならない。だから続けてるところがある。

――その追求は終わらない?

大橋:かっこええなー、というお手本があって、それをつくろうと思ってやってみても、ヘボいものしかできひんし。あかんなぁ、と(笑)。音のバランス、周波数の帯域、リズム感とか、いろいろと違いがあるのはわかってるけれど、自分が思うようなものがつくれない。だからずっと続けてるだけ。昨日もつくってたけど、ヘボいなーって(笑)って。

――それができないからこそ独自の音楽となった側面も?

大橋:結局、世の中のものごとはそういうことやとも思う。

――もし理想の音楽が鳴らせたら?

大橋:すぐ即神仏になるわ。穴のなかに入ってミイラになる(笑)。

――では、今回リリースされた『逆襲のサイケアウツ:ベスト・カッツ 1995-2000』をご自身で聴かれた感想は?

大橋:懐かしいし、わりとうまいことつくってるな、と。もっとヘボいかなと思ってたけど、まあまあイケてると思う(笑)。

INTERVIEW:サイケアウツ|オリジナルのないコピー

サイケアウツ『逆襲のサイケアウツ:ベスト・カッツ 1995-2000』

レーベル:EM RECORDS

発売日:2023年1月27日(金)

定価(税別):CD版2,500円、LP版(2枚組)4,000円

 

収録曲 :

A1. Swampy Murder A2. Mujin O.B.

A3. Tong poo

B1. Lum’n’Bass

B2. Hellboro (Funky Hell Mix)

B3. Red Comet (Shining Cosmos Mix) B4. LPU vs. Cycheouts (DJ Horn Mix)

C1. I.G.T.F.

C2. 0083 Mantras (God-outs Mix)

C3. God Eater

C4. Beast 666 Step (Emperor Kumazawa Mix)

D1. Hit Man (Jungle Assassin Mix) D2. Dub Killer 91 (Minnie House Mix) D3. Solomon’s 2-step (Gato Mix)

D4. Cycheouts Live at Lubnology

※CD 版にはマル秘ボーナス曲収録

サンプリング・ダンスミュージックの扇動者、ダンスフロアの哲学者、日本のハードコア・ジャングルの開拓者――激動の90年代関西アンダーグラウンドに出現した化け物、サイケアウツの正統性を証明する永劫保存コンピレーション!!

80年代関西ノイズ/インダストリアル・シーンを出自とする大橋アキラが、UKのゲトーミュージック新種、ジャングルに同じ匂いを嗅ぎ付けそれを呑み込んで変態した伝説のユニット、それがサイケアウツだ。本作には、天才的かつ大胆なサンプリングとアーメン・ブレイクを駆使した、ナードコアやJ-Coreの先駆にもなるジャングルの突然変異体から、インダストリアル・ミュージックの質量感を伴ったブレイクビーツ、2ステップやブレイクスを独自解釈した未来のベース・トラックなど、多様なクラシック・チューンを息つく暇もなく収録。雑多な音楽ソースとサブカルチャーを傍若無人にちゃんぽんし、内外アーティストにショックを与えたサイケアウツの美学は(当時、小西康陽や久保憲司をも興奮させたように)21世紀音楽の先取りであり、現在、世界各国で盛り上がるモダン・ジャングルにも共鳴しフリークどもを狂わせる。

本コンピレーションの選曲と監修はMurder Channelの梅ヶ谷雄太と、『イアンのナードコア大百科』著者、Ian Willett-Jacobという二人のエキスパートが担当。12曲が初VINYL化、大半が初プレスCD化となり、彼らの代表曲、レア曲、ライブ音源を網羅してビギナーからマニアにまで対応する内容となっている。マスタリングとカッティングは独Dubplate & Mastering。梅ヶ谷によるマル秘解説も必読!

INTERVIEW:サイケアウツ|オリジナルのないコピー

SOI48 VOL.50 逆襲のサイケアウツ RELEASE PARTY

日時:2023年2月12日(日)18:00〜23:30

会場:space.tokyo

エントランス:2,800円

※来場時に要ドリンクオーダー、再入場可、出入り自由

 

SPECIAL DJ:サイケアウツG

 

LIVE:Monaural mini plug

 

DJ:

Young-G(stillichimiya)

MMM(stillichimiya)

俚謡山脈

NordOst

KOICHI TSUTAKI

KUNIO TERAMOTO aka MOPPY

AOKI LUCAS

RICH & BUSY

Soi48

 

SOUND SYSTEM:MMP220

photo:What’s up?|最近どうですか? 第22回:中尾眞佐子さん・微々さん(グッドナ…
Must Reads
2023.09.22
What’s up?|最近どうですか? 第22回:中尾眞佐子さん・微々さん(グッドナ…
MORE
photo:REVIEW|Fujimura Family 「Unclothed」
Must Reads
2023.09.15
REVIEW|Fujimura Family 「Unclothed」
大島賛都
TEXT: 大島賛都 [アーツサポート関西 チーフプロデューサー/学芸員]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第21回:山納洋さん(大阪ガスネットワーク都…
Must Reads
2023.09.09
What’s up?|最近どうですか? 第21回:山納洋さん(大阪ガスネットワーク都…
MORE
photo:REVIEW|山中suplex別棟MINE「溶ける岩、留まる風」
Must Reads
2023.09.07
REVIEW|山中suplex別棟MINE「溶ける岩、留まる風」
大島賛都
TEXT: 大島賛都 [アーツサポート関西 チーフプロデューサー/学芸員]
MORE
photo:REVIEW|井口直人・THE COPY TRAVELERS 「考える手、滞空する目」
Must Reads
2023.08.28
REVIEW|井口直人・THE COPY TRAVELERS 「考える手、滞空する目」
大島賛都
TEXT: 大島賛都 [アーツサポート関西 チーフプロデューサー/学芸員]
MORE
おおさか創造千島財団
Instagram
Twitter
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#+CEL#+S Gallery#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#3U#45#71labo#7FO#A-Lab#a:)/2021#abcde#ABCホール#about#about her.#ACoA 2021#ACTIVE LINKS#adachiyukari.#AFTER2025#Ai Hirano#Ai Ono#ai2 gallery#AiR#Alchemyverse#Alffo Records#ALIEN PARADE#ALNLM#Andrea Galano Toro#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#Appleの発音#Arata Osumi#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ASITA_ROOM#asuka ando dub u set#ATAKA#Attitude#AZUMI#BabaChisa#BABY-Q#bamulet#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Living#Blend Studio#BLOOM GALLERY#blueover#BnA Alter Museum#BOOGIE MAN#bowlpond#Breaker Project#bulbus#buttah#Buylocal#BYTHREE inc.#c’è c’è#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#CASO WEDDING#Casper Sejersen#casual KAPPOU iida#CBX KATANA#CC:OLORS#cheren-bel#chignitta space#Chiharu Oguro#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#Coci la elle#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#credenza#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#danny#DDAA#DELI#delta#DEN#desktop#dessin#dieci#DJ ENELOOP#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ-AK#DJ紫式部#DJ紫式部 & MC横揺れけんけん#DJ薬師丸#DMOARTS#dot architects#dot to dot today#dracom#DRAWERS#E&Y#EDANE#edition.nord#Eihi Go#EIKO#elements#EMMA COFFEE#Endurance#enoco#environment 0g#Enya Nukaga#Etsuji Noguchi#Ett#excube#F.ジャパン#FabCafe kyoto#fabricscape#FaceTime#FAKE DUB BAND#FANTASTIC MARKET#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU#FON-SU bed&breakfast#FOOD ORCHESTRA#FREITAG#Fujimura Family#fuk#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#FULL VIBES SHOP#Fumika Akahira#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery#GALLERY 04街区#gallery 176#Gallery Blau Katze#gallery nomart#GALLERY URO#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GalleryAmi-KANOKO#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#Graphpaper#GULIGULI#haec#hanamikoji#HEAVEN#Hender Scheme#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hidesumix#Hiroaki Ooka#Hironobu Ishikawa#hitofushi#hitoto#HMP Theater Company#HOP KEN#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#HOTTA CARPET#howse#HR-STICKO#Hyper Ambient Club#hyslom#I SEE ALL#iaku#ICE-K#IDEA FEVES#iei studio#IIKINGZ#iloilo#in MUSEUM SHOP#IN/SECTS#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#INNK#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JIRO NAGASE#JITSUZAISEI#JOJO広重#JPN Kasai#JUPITER & OKWESS#kagoo#Kaoru Yoshida#KAYA#KAZE ART PLANNING#Kees van Leeuwen#keshik.jp#KEY-KILT#kiken#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KK manga#KOICHI TSUTAKI#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#KYOTO EXPERIMENT#Laboratoryy#laji#LE PRIEURÉ#LEESAYA#Lettuce Warriors#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MagaYura#Mai Akashi#majikick#makes no sense#makomo#Makoto Saito#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#matoya#MAXIMSAW#mém#Merry Ghosts#MI Gallery#MiKan屋#Minami Samejima#MINE#Minimum Theater#mizutama#MMM#Moe Watanabe#MOMENT#Monaural mini plug#MONKEYKING420#Monochrome Circus#monotrum#MOON FACE BOYS#MOONSLANG#moving days#MUESUM#music#Music Bar HOKAGE#Muzan Editions#myong hwa#N project#NAKAM#Namba Bears#NANEI ART PROJECT#Naotsugu Yoshida#NASUギャラリー#neco眠る#NEST#neuthings#neutral#NEUTRAL COLORS#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO ARCHTECTS#NO CONTROL AIR#NOISE VIBEZ#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#NOTA&design#Nowhere Hajinosato#nuxyotaurus#ohiana#OKJ#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Osaka Art & Design 2023#Osaka Directory#OVRSCN#Oギャラリーeyes#Page Gallery#Panoramatiks#PANTALOON#paragram#PEDESTAL#peel#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#PLANTATION#Play Time#pocopen#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAURAUJI#RE:PUBLIC#RICE MEALS FOTAN#RICH & BUSY#RISE UP#Riva Christophe#ROCK DESIRE#ROCK WAVE#ROCKET#rofmia#ROKUROSHA#room 209 by silta#RY0N4#Ryota Nishimoto#SAA#SAKAINOMA café熊#SAN#SaToA#Satomi Ando#SAU#Sayuri Murooka#SEASIDE STUDIO CASO#Seul#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHAN-T#SHELF#Shigehiro Kadena#Shinjimasuko#Ship of Fools#SHOKKI#Shuhei Narita#Shuji Codama#Shuo Iwakiri#silta#simple wood product#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#SKUNA#so objects#SOCIALDIA#Socio-1#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#SŌK#solaris#SOUND MAFIA#Spatial composition#speedometer.#SpinniNG MiLL#SR-ONE#ssud#stillichimiya#STRING#studio coote gallery#studio J#Studio Kentaro Nakamura#STUDIO713#su#SUKIYAKI MEETS THE WORLD#SUNABAギャラリー#SUPER FUNKASTIC MARKET#SUPER SKUNK#Super Studio Kitakagaya#SUPER-B#Table#TACO studio & office#Takuya Yamamoto#TALK TO ME#Talk with _#tamari architects#TANYE#TANYE Gallery#TAO XIANG UOO#Taro Tanaka#TEN'S UNIQUE#Tenon#Tenshin Juba#Teruhiro Yanagihara studio#Tetsuya Kobayashi#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE COPY TRAVELERS#the Farm UNIVERSAL#THE ROB CARLTON#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THE TORONTO INK COMPANY#THOUS#TKD SOUND#Tobira Records#toe#toi books#TOOTARD#TOPOLOGY#TORI#TOTOギャラリー・間#TRA-TRAVEL#TSURUMIこどもホスピス#Tsutomu Takeshita#TUAREG#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#UNITE#unpis#UPPALACE#Vitra#Void#VOYAGE KIDS#wa/ter#wad#WATARU TANABE STUDIO#WEBデザイン#WI'RE#wine no ten#Wine Shop SAPO#WOODMAN#WORM#YARD#YARD Coffee & Craft Chocolate#YARD Coffee House#YCAM#YEANAY#YEANAY OSAKA#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshihiro Mikami#Yoshimi Arts#Yoshio Sakai#YOSK#YOU ARE WELCOM#Young-G#YPY#YTAMO#Yu Umemoto#YUGO.#Yuji Murakami#Yuki Hatano#ZOO ANIMALS#β本町橋#アーキフォーラム#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アイイロ画廊#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエひこ#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#アラヨッツ#アリスセイラー#あるゐは#イエナイ#いくのパーク#イチノジュウニのヨン#イル・ソッフィオーネ#イロリムラ#インディペンデントシアター#インディペンデントシアター2nd#ウイングフィールド#うさぎの喘ギ#うだつ上がる#うっぽ#うめきたシップホール#ウンゲツィーファ#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#エル・ライブラリー#オーガニック連売所#おおさか創造千島財団#オオルタイチ#オソブランコ#オフショア#おみごとスナック御美娘#オル太#ガーデンズ#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#かえる科#カジワラトシオ#カペイシャス#カメイナホコ#ギータ・クンチャナ#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーササキ商店#ギャラリーセージ#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#ギャラリーミヤコ#ぎゃらりい ホンダ#ギャルリ・ド・リヴィエール#キュートネス#グッチのにがお切り絵屋さん#グッドナイト#くふう#グランキューブ大阪#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンエレブックス#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#コシラエル#コトリ会議#ごまのはえ#コムウト#コルネッツwith西村哲也・夏秋文尚#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイケアウツG#サイノツノ#サインズシュウ#サカイヒロト#サファリ・P#サリngROCK#サロンモザイク#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#シネマスコーレ#ジャグリング・ユニット・フラトレス#シャムキャッツ#ジャン・ユスターシュ#ジュエリー#ジュリエット・礼子・ナップ#しんご#スキマ#スキマ 大阪#スケラッコ#スズキ ユウリ#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド プチ#スタンド・ブックス#スチャダラパー#すみのえアート・ビート#せんだいメディアテーク#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#タグボート大正#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#ティティ#デカメロン#デザイン#テニスコーツ#てぬぐいCHILL#デラハジリ#トウヤマタケオ#ときめきのテレパシー#どく社#トヨクニハウス#とよなかアーツプロジェクト#トラべシア#トリコ・A/サファリ・P#ナイスショップスー#なべたん#ニシジマ・アツシ#ニットキャップシアター#にぼしいわしのにぼし#にほん酒や#ニュースタアギャラリー大阪#ぬQ#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハウススタジオ#はがみちこ#はしもとなおこ#ハタノワタル#ハニービー#ひがしちか#ビッグ・アイ#ピンク地底人/ももちの世界#ピンク地底人3号#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#ボタ#ぽてと#マーケット#マーヤン#マエムキスーツ#まがり書房#マチソワ#マックス・ラム#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マリヲ#マルシェ#マンションみどり#みくり食堂#ミヤザキ#みるば#みんなのうえん#みんぱくゼミナー#ムジカジャポニカ#めぐる八百屋オガクロ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#ヤン・ジョンフン#ラララチャイナ#ランドセル#リヴァ・クリストフ#ルース・ファン・ビーク#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#レンバイ#ロームシアター京都#ロフトプラスワンウエスト#ロフトワーク#ワヤン・クリ#ゑでぃまぁこん#一心寺シアター倶楽#一般財団法人たんぽぽの家#一野篤#七尾旅人#万博記念公園#三好工務店#三木学#三橋琢#三浦崇志#三田村啓示#上本町#上林翼#上町荘#下村よう子#中之島#中之島香雪美術館#中国山地#中尾微々#中崎町#中川和彦#中村悠介#中田由美#中脇健児#中谷奨太#中辻󠄀悦子#丸山真輝#丼池繊維会館#二俣 公一#二艘木洋行#五ふしの草#井上亜美#井上和也#井上嘉和#井上明彦#井口直人#京都dddギャラリー#京都シネマ#京都国際舞台芸術祭#人形劇#人形劇団クラルテ#今井祝雄#今村謙人#今村達紀#仏教#仲村健太郎#仲谷萌#伊吹拓#伊奈昌宏#佐々木ヤス子#佐伯慎亮#佐倉仁#佐藤武紀#佛願忠洋#作業場#依田那美紀#依藤貴大#俚謡山脈#保坂和志#健康#元山ツトム#元木大輔#元永定正#光#光と音の専門店ハオハオハオ#光永これゆき#児玉房子#入船#八六八ビル#八田亨#公益財団法人大阪労働協会#具体#内田ユッキ#出町座#前川強#前田健治#前田剛史#前田文化#前田瑠佳#創作カレーツキノワ#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団子供鉅人#劇団態変#劇団衛星#加納良英#加藤・デヴィッド・ホプキンズ#加藤智之#加藤智之(DanieLonely)#加藤正基#加藤直徳#加藤駿介#北加賀屋#北浜蚤の市#北脇勇人#北航平(coconoe / studio guzli)#北里暢彦#匿名劇壇#十方衆生(わたし)をほっとけない話#千島土地コレクション#千紗子と純太#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#半田慈登#南極ゴジラ#南貴之#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#友川カズキ#古地図でたどる大阪24区の履歴書#古市邦人#古物#古舘健#古谷野慶輔#台湾再現雑貨necco#吉本有輝子#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉田凪詐#吉行良平#吉開菜央#名前はまだなゐ#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#和田ながら#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#国際障害者交流センタービッグ・アイ#土井政司#坂井遥香#坂口恭平#垣沼絢子#堀場英史#堀田裕介#堺FANDANGO#堺魚市場#塚原悠也#塩田千春#増田好郎#増田真結#増田薫#壱劇屋#夏のホラー秘宝まつり#夏目知幸#夏秋文尚#夕暮れ社 弱男ユニット#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大力拓哉#大国町#大島賛都#大川家具製作所#大成紙器製作所#大森一樹#大槻能楽堂#大正#大正るつぼん#大正区#大淀#大熊隆太郎#大田和司#大石英史#大竹央祐#大西伸明#大谷賢治郎#大野雅彦#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪コリアタウン歴史資料館#大阪中之島美術館#大阪城野外音楽堂#大阪大学#大阪大学総合学術博物館#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立自然史博物館#大阪市立芸術創造館#大阪広告美術協同組合#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪歴史博物館#大阪高島屋#大阪髙島屋#天国注射#妄想インドカレーネグラ#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#宇津木千穂#守屋友樹#安田よーこ#安藤明子#安藤智#安達綾子#宗久典高#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#家入健生#密#寺田英史#小俣裕祐#小倉ちあき#小坂浩之#小川拓史#小松理虔#小林一毅#小海途銀次郎#小田香#小竹立原#小骨座#山下あかり#山下壮起#山下雅己#山中suplex#山口良太(slowcamp)#山口茜#山城大督#山崎春美#山崎紀子#山本佳奈子#山本理恵子#山本紀代彦#山本紗佑里#山本能楽堂#山本製菓#山本貴大#山本魚#山田繁#山田蟲男#山田麻理子#山納洋#山谷一也#山﨑愛彦#岡啓輔#岡山健二#岡本太郎#岡田蕗子#岡部太郎#岸和田市立自泉会館#岸本昌也#川上幸之介#川崎美智代#川幡祐子#川西まり#工藤冬里#布施琳太郎#平山ゆず子#平山昌尚#平田オリザ#平田剛志#平野愛#平野舞#平野隼也#廣田碧#廻飛呂男#弁弾萬最強#影絵人形芝居#後藤哲也#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋CONPASS#心斎橋PARCO#志賀理江子#想い出波止場#扇町ミュージアムキューブ#折口信夫#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#敷地理#文房具#日ポリ化工株式会社#日下慶太#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#旭堂南龍#旭堂小南陵#明るい部屋#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#曹舒怡#服部滋樹#朝野ペコ#木下菜穂子#木村和平#木村耕太郎#末澤寧史#本の人#本庄西の現場#本橋龍#本渡章#杉原永純#杉田雷麟#村上周#村角太洋#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東智恵#東瀬戸悟#東郷清丸#東野祥子#東風#松本セイジ#松本久木#松本直也#松永理央#松田康平#松見拓也#松谷武判#林勇気#林慎一郎#枚方市総合文化芸術センター#柚木沙弥郎#柳原照弘#柳家喬太郎#柴幸男#柴田英昭#株式会社Bond#桃谷#桑折現#桜川#梅本敏明#梅田#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ハードレイン#梅田ロフト#梅田哲也#梅田英春#梅田蔦屋書店#梶谷いこ#森善之#森本凌司#森栄喜#森裕子#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#植物屋fytó#極東退屈道場#横山拓也#横沢俊一郎#橋ノ上ノ屋台#橋本浩明#檜山真有#權田直博#正直者の会#死後くん#民藝#民謡クルセイダーズ#水沢そら#水田雅也#水野勝仁#水鳥川岳良#永井秀樹#江崎將史#江村仁太#池川タカキヨ#池田 慎#池田剛介#汽水空港#沢村さくら#沢田眉香子#河井朗#河村都(華裏)#沼#泉宗良#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浜口標本#浦田友博#浪曲#海野康志#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#淡水#淡路島#深澤孝史#清原遥#清川敦子(atm)#清流劇場#渡辺橋#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#湯浅春枝#滋賀県立美術館#演劇#澁谷浩次#澄毅#澤村喜一郎#濱口竜介#犬丸暁#猪子大地#生活の批評誌#生活史#生駒山#田中輝美#田中遊#田原 奈央子#田原奈央子#畑中良太#番長シャーク#疋田実#白波多カミン#白波瀬達也#白目#白石悠#白石晃一#白紙#百万年書房#的形#看太郎#真山隼人#矢萩多聞#石原菜々子#石原菜々子(kondaba)#石川琢也#磯上竜也#神戸アートビレッジセンター(KAVC)#神戸映画資料館#神谷紀子#福原悠介#福岡市美術館#福田春美#福谷圭祐#私見感#秋山ブク#秘部痺れ#秦雅則#稲井亮太#稲森明日香#空き家#空族#突劇金魚#竹内まりの#竹内優介#竹内厚#竹内紘三#竹尾#竹平洋基#竹田写真館#竹花藍子#竹重みゆき#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#笹原晃平#笹尾和宏#笹岡 敬#筒井潤#筒井響子#管弘志#米子匡司#紙器具#細川裕之#維新派#織田桃子#置田陽介#美術研究所#肥後橋#自泉会館#舩橋耕太郎#船場エクセルビル#船川翔司#芝田一絵#芝野健太#芦谷康介#花器工藝 汀#花見小路#茨木市市民総合センター#茨木市民総合センター#茨木市立ギャラリー#菅原広司#菅田貴子#菊池和晃#菊池航#菓宵#華雪#萩原健#葛西健一#藤井慎二#藤井泰玄#藤井龍#藤原成史#藤本巧#藤本玲奈#藤本由紀夫#藤田正嘉#藤田紗衣#藤谷商店#蝦名宇摩#行先OMIYAGE#衝突と恍惚#衣笠名津美#西山広志#西川文章#西成・子どもオーケストラ#西村貴治#西淀川アートターミナル#角木正樹#角田波健太#誠光社#諸江翔大朗#谷井聖#谷内一光#谷内一光時代#谷口カレー#谷口かんな#谷合佳代子#谷川嘉浩#谷美幸#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤井祐輔#赤松美佐紀#赤犬#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#近鉄アート館#透視図#達矢#遠藤倫数#遠藤薫#都島#酒航太#里づと#重田美月#野となり、山となる#野中モモ#野原万里絵#野村恭代#野田#金子仁司#金明和#金時鐘#金氏徹平#金滿里#金澤韻#釜ヶ崎芸術大学#鈴木並木#鈴木紀#鈴木裕之#鉄道芸術祭#銭屋本舗#鍬田大鳳#長尾圭#長野大輔#門脇俊輔#間芝勇輔#関西・大阪21世紀協会#阪急うめだ本店#阪急メンズ大阪#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#阿倍野長屋#陳寅迪#障害者運動#雑波#難波ベアーズ#雲州堂#青い芝の会#青山メリヤス#青年団#青星#音ビル#音凪#音遊びの会#飯川雄大#飯沼洋子#飯田将平#飯田恭央#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山奈帆子(coconoe)#高山純#高嶋慈#高槻城公園芸術文化劇場#高橋利明#高橋真之#高田晴菜#髙安美帆#髙安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)#髙島一精#髙島屋史料館#髙島屋大阪店ギャラリーNEXT#鬼の右腕#鮫島ゆい#鳥海修#麓健一#黒瀬正剛#𠮷迫綺音