本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2022.03.31
#仲村健太郎#松見拓也#芝野健太#ART#CRAFT#DANCE#DESIGN#GRAPHIC#MUSIC#STAGE#CONVERSATION

CONVERSATION:関西若手デザイナーによる
フライヤーハント&レビュー放談

構成・文: 永江大[MUESUM] / 撮影: 松見拓也

2021年12月半ば、関西を拠点に活動するデザイナーの芝野健太・仲村健太郎・松見拓也とともに、自転車で大阪のまちへと繰り出した。年々少なくなりつつある、フライヤーが設置されたラックやスペースをまわり、気になるものをピックアップ。訪れたのは、北浜FOLK old book store、なにわ橋アートエリアB1、心斎橋NEWTONE RECORDS、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)、そして九条シネ・ヌーヴォ。最後に3人それぞれ、お気に入りのフライヤーについてあれこれレビューしていった。ここでは、とどまることを知らない放談の一部を抜き出し。

「こしらえた」感じがする

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
六甲ミーツ・アート芸術散歩2021「ザ・ナイトミュージアム〜夜の芸術散歩〜」フライヤー サイズ:W210mm × H297mm(A4)

――今日は市内を駆けめぐりましたね。途中でなぜかはぐれたり、ドーナッツ買ってお茶したりと短い時間ながらも珍道中でした。気になるフライヤー、なにかありましたか?

仲村:僕はこれでしたね。六甲ミーツ・アート芸術散歩2021「ザ・ナイトミュージアム〜夜の芸術散歩〜」のフライヤー。アートエリアB1にあったやつかな。いいなと思ったポイントは、表面のビジュアルのつくり方ですね。写真が漫画のコマ割りみたいに配置されていて単純にすごく面白そうだなと。夜に開催するイベントのフライヤーって、どうしても全体的に真っ黒で暗いトーンになってしまうんです。以前自分がデザインしたときも、寂しくなるからどうしようかなっていうのを悩みました。このフライヤーは、写真の黒と背景の黒が使い分けられていて面白い。

松見:パッと見は、使い分けていないと思ったけど……?

仲村:でも、ここ。写真と背景色が分かれて見えるでしょ。同じ黒でも違うんですよ。

松見:ほんまや。すごい。

芝野:こういったフライヤーに印刷される写真って、基本は4色(CMYK)表現。墨ベタ(K100%のみ)の黒色とリッチブラック(K100%+CMY各40%ほど)の黒色ではインキ濃度が違うので差が出る。ちなみに、このフライヤーの場合、写真と開催日時のところにリッチブラックを使ってますね。

仲村:そうそう。さらにいいなと思ったのが、展覧会やイベントのフライヤーって、開催期間と時間だけ表記する場合が多いんですが、「週末だけ開催している」のをしっかり伝えるために、黒の背景とコントラストをつけてすべての開催日が表記されているんですよね。曜日ごとの開催時間まで細かく書いてある。

松見:おお〜、なるほど。

仲村:あと、裏面も相当凝っていて。「焚き火×映画」「焚き火×グルメ」とか、この日にどんな内容の催しが行われているかがパッと見てわかりやすいし、かつ楽しそう。四角と丸の形は、写真のなかに写っているものの形と関係していますよね。文字の色も、白と色があるところを使い分けている。最初そのルールがわからずに「ん?」って思ったけど、よくよく情報を見ていくと、とても丁寧に設計されていて「イベントに来てほしい」感じが伝わってきます。だからか「デザインした」というより、「こしらえた」感じがするんですよね。

松見:こしらえた!

仲村:そう。フライヤーをつくるために、事前に手でラフを描いたような。そんな痕を感じますね。

松見:それをフライヤーを手に取る一瞬で考えてたん!? めちゃめちゃ見てるやん!

仲村:ははは。このイベントのことをすごく好きな人が手をかけてつくった感じがしますね。

芝野:つくった人にも、この話聞いてほしいね。

仲村:たしかに(笑)。

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
第3回「気になる…玉手箱展」(ギャラリーいろはに、2022年1月10日〜26日開催)フライヤー サイズ:W210mm × H297mm(A4)

松見:あと、これもめっちゃいい。堺の商店街で開催される、第3回「気になる…玉手箱展」のフライヤー。これはenocoにあったやつかな。表面の見出しに、「3回目を迎え、『さわる』『うごかす』だけではなく『参加する』をコンセプトに展示の工夫をしてみました。多くの方々の参加協力、ご来場をお待ちしています。」って書かれていて。なんていうか……「つくったんで、ぜひ見に来てください!」って想いが確実にある。展覧会を企画するならフライヤーをつくって当たり前!という考え方ではなくて、ここからは想像だけど、どうやって人に周知するかを考えたときに、チラシをつくるのが一番いいと考えて、「わたし、つくれるわ!」みたいな人が頑張ってつくってる。写真を切り貼りして、写真の上にどうやって文字を載せるかとか、自分たちで試行錯誤しているんやろうね。

仲村:「『昆虫採集』をしよう! 3匹までお持ち帰りいただけます(アートの虫)」って書いてあるけど、これはなんだろう……。

松見:展示のタイトルどおり、めちゃくちゃ気になる……よね(笑)。デザインの仕事を受けている僕が言うのもあれなんだけど、「みんな自分でつくれるやん!」って思う。よく作家からフライヤーの制作依頼をされるけど、なんのために、どこの誰に見てほしくて、そのフライヤーが作品とどう関連しているのか、そういう根本的なことを踏まえていない場合が結構あって。当たり前のように印刷物をつくっちゃうのって、お金や資源の無駄なんじゃないかな。その点で、このフライヤーは必然性があるよね。このイベントが好きで、ちゃんと理解している人がつくっている。そういうのっていいなと思うんですよ。

白場が多くても「これでいきます!」

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
ミロコマチコ「いきものたちはわたしのかがみ」(神戸ゆかりの美術館、2021年10月2日〜12月19日開催)フライヤー サイズ:W210mm × H297mm(A4)

芝野:ミロコマチコ「いきものたちはわたしのかがみ」展は、いろんな場所を巡回していて、これは神戸ゆかりの美術館に来たときのフライヤーですね。巡回する地域ごとに全部組み方が変わっているけれど、基本的なデザインフォーマットは一緒。まず、タイトルの日本語書体が目について、いいな〜と思いました。ちゃんと、このためにつくったんだなとわかるというか。あと、文字や図版などの各領域を超えていくようなドローイングの感じとか、余白を上下でつくってキュッと情報を中央にシメる感じとかもいい。紙面に必要な情報を入れつつ、デザイン要素のひとつとして作品を参加させてんのがめっちゃうまい。裏面も手を抜いてないですね〜。

仲村:文字が「ある」って感じしません? 活版だと活字が物理的に存在していて、それが反転して紙に定着するじゃないですか。でもデジタルっていくらでも拡大縮小できるけど、このチラシの文字はこのサイズで、物理的に食い込んでいる感じがする。なんでそう感じられるんでしょうね。あと、作品をしっかり見せようと思ったら、横幅いっぱいに図版を使いそうなところを、タイトルに寄せてタイトルと作品図版が拮抗しているのもあるなぁ。

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
クリスチャン・マークレー「トランスレーティング[翻訳する]」(東京都現代美術館、2021年11月20日〜2022年2月23日開催)フライヤー サイズ:W210mm × H297mm(A4仕上がり)

松見:あと気になったのが、クリスチャン・マークレー「トランスレーティング[翻訳する]」のフライヤー。これも余白が印象的で、絵の強さを前面に出してる。裏面には図版がなくて、文字情報もあまり際立っては見えてこないけれど、「メインビジュアルがあるからいけるやろ」って判断してる(と想像する)。自信があっていいなって(笑)。あと、これは作品の余白なんかな?

芝野:展示を見たんだけど、全然ちゃいますね。作品は正方形だったかな。フライヤーのためにトリミングして、作品の上部が切れているのと、白場をわざわざつくっている状態ですね。

松見:なるほど。「これでいきます!」って印刷まで進めている、デザイナーと美術館、アーティストの関係性がいいなと思ったな〜。あと最近、裏面が白紙のフライヤーってないじゃないですか。なんでなんやろうね。「この情報だったら、片面に入るんじゃない?」みたいなものでも、あえて両面使ってデザインしているものが多い気がする。一時期、裏面が白いフライヤーっていいなと思っていたんですよ。僕がつくったなかだと、たとえば、KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭のルイス・ガレー「EL LUGAR IMPOSIBLE(不可能な場所)」公演フライヤーは、わざわざ仕上がりをA2サイズにして、そこにA4サイズで組んだ文字情報を入れて余白をつくり、裏面は印刷しなかったんです

仲村:それは、不在が欲しいみたいなこと?

松見:そうそう。フライヤーって、大体ひとつの世界が両面でつくられてる。裏面が真っ白って、ただの紙でめっちゃ現実。ここには「デザインされた世界はないです」って、突き放されてる感じがする一方で、完結していない良さがある。そういうの最近ないなと思うんですよ。

仲村:芝野さんもこのチラシを選んでいましたが、芝野さん的にはどうでした

芝野:僕はマークレーの作品を以前見たことがあったので、このメインビジュアルの作品を見て意外な感じがしました。でも展示を見てすごく納得した。コロナ禍というのもあって、作家がいろんな漫画における叫び声のシーンを切り取って、コラージュ作品として蓄えていたらしいんですね。この余白のあるデザインも含め、展覧会と合っていていいなって思った。

仲村:情報面の組み方、よく見ると不思議ですよね。英語と日本語で文字の天地が反転していたり。

松見:「翻訳する」っていう展覧会タイトルから、デザインの方針をとっているのかな? 日・英文が行き違っているレイアウトとか。だから表面の作品も改変していたのかも。

芝野:最近思うのが、フライヤーに対してわかりやすさを求めすぎちゃう?って。いいなと思えば行けばいいし、そうじゃなければ行かなきゃいい。デザイナーとしては、わかりやすい形で見せたいと思うけれど、その一方で、たかが印刷物でそこまで伝わらないっていう気持ちもある。そこの潔さを、このフライヤーにも感じますね。

松見:うんうん、作品そのものの図版でもないしね。

A4サイズ「じゃなくてもよくない?」

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
「TONE FLOAT」(Octavekyoto、2022年1月2日開催)フライヤー サイズ:W55mm × H85mm

芝野:美術館の展覧会なら、大体A4サイズで詳細に情報を載せるけど、クラブイベントは必要な情報のみ。これくらいでこと足りるんですよね。わかる人はわかるけど、知らない人は調べたらいいっていうスタンスで、それもいいなって思う。

仲村:これは、心斎橋のNEWTONE RECORDSに置いていたやつ。

芝野:うん、Octavekyotoで開催される「TONE FLOAT」ってパーティーのフライヤー

松見:載せる情報が少ないっていいよね(笑)。

芝野:ほんまに。見る側にとっては会期・時間・料金くらいあれば十分な気はするんですが、掲載しないといけない情報やロゴが多くなっている気がする。それがあまりに多いと極小の文字になってたり……これくらいの簡潔さでいいならいいよね。

松見:フライヤーにせず、シール印刷するとかね。仕様にお金をかけてる感じ。これみたいに透ける素材だと高価だし手もかかる。

芝野:そうそう。透ける素材だからインクジェット印刷だと、透けさせたくないところには最初に白ベタを入れる必要があって手がかかるんですよ。

松見:なるほど。イベントは1月2日に開催されるし、クラブの顔になる新年1発目って役割なのかもね。

芝野:あと、配る側もこれくらいのサイズが配りやすいのかも。

松見:大きめのフライヤーを渡されても、「カバン入らへんわ」ってなる。

仲村:NEWTONE RECORDSやFOLKにあった音楽イベント系のフライヤーは、全体的にサイズが小さかったですね。A5からカードサイズくらいが基本の感じだった。

松見:イベントの量が多いし、置く場所が限られるんやろうね。

芝野:僕がクラブイベントのフライヤーをつくっていた2010年前後は、A5サイズが基本でした。

松見:A3やA4サイズに面付けして、刷ってから切り離せば量産もできる。そうやって予算がないイベントは輪転機で刷って切っていましたね。

CONVERSATION:関西若手デザイナーによるフライヤーハント&レビュー放談
松見拓也と、写真中央下のカード:角木正樹 写真展「ピュア」フライヤー(オソブランコ、2019年10月3日〜22日開催) サイズ:W55mm × H85mm photo: Kentaro Nakamura

松見:これは、今日僕が1位だと思ったやつですね。難波のオソブランコで開催された角木正樹さんの写真展「ピュア」のフライヤー。お店のショップカードを兼ねているんだけど、表面の注釈が最高で、「※この写真が展示されるわけではありません」って(笑)。あ〜、わかる! まだ展示作品は撮れてなかったりするけど、今出せるなかで、これだと次の作品とも合うんやなって。裏面真っ白の話もそうだけど、情報を伝えられるならA4サイズじゃなくてもいい。そこを軸につくったのかはわからないけど、「ああ、これで足りるな」って感じがする。大きいからこそ、手に取られる、見られるというわけでもないしね。

芝野:フライヤーをつくるとき、とりあえずなぜかA4を前提にしているけど、その前提は果たして考え直さなくていいのか?というのはありますね。どちらかというと、ラック置き場も少なくなっていくだろうし。そう思うと、フライヤーの役割も変わっていくのかも。

松見:うん。これは真似しようと思ったな(笑)。

仲村:僕の場合はたくさん情報が載っていたら、つい読みたくなる。醤油瓶の裏を見ながらご飯を食べたりとか(笑)。話を聞いていて「少なくてもいい」っていう、その感覚は新鮮でしたね。それに、芝野さん普段のお仕事では多くの文字を整然とレイアウトているし、その整然さをデザインの一要素としても取り込んでいるイメージだったので、それを良しと思われているのも面白い。

芝野:僕もつくるときに、「これ(情報)は、本当にいるのかな?」って思ったりする。

松見:それについてクライアントと対話する?

芝野:話しますね。あと、フライヤーはつくるけれど、ポスターをつくるかどうかは「いらないんじゃないですか?」って言っちゃうことも。ものをつくる仕事をしている上で、それを前提とするんじゃなくて、つくらないという選択肢も常に持っておくことは大切だなって思います。

参加メンバー

芝野健太 / Kenta Shibano
1988年大阪生まれ。グラフィックデザイナー・印刷設計者。2010年立命館大学理工学部建築都市デザイン学科卒業。現在株式会社ライブアートブックスに所属。美術や建築にまつわる広報物や作品集・アートブックなど、印刷物のデザインから印刷設計・工程監理までを一貫して手がける。
http://www.kentashibano.com/

仲村健太郎 / Kentaro Nakamura
1990年福井県生まれ。2013年に京都造形芸術大学情報デザイン学科を卒業後、京都にてフリーランス。大学ではタイポグラフィを専攻。京阪神の芸術・文化施設の広報物や書籍のデザインを中心に取り組む。タイポグラフィや本のつくりを通して内容を隠喩し、読む人と見る人に内容の新しい解釈が生み出されることを目指している。
http://www.nakamurakentaro.com/

松見拓也 / Takuya Matsumi
1986年生まれ。写真家。京都精華大学デザイン学部グラフィックデザインコースを卒業。フリーランスのデザイナー・フォトグラファーとして活動している。2010年よりcontact Gonzo に加入。同年、NAZEとともに犯罪ボーイズを結成。2015年より紙片「bonna nezze kaartz」を毎月発行。
https://bonnanezzekaartz.tumblr.com/

photo:REPORT|クレハフーズ「100均商品だけで食品サンプルを作ってみた展」
Must Reads
2022.05.11
REPORT|クレハフーズ「100均商品だけで食品サンプルを作ってみた展」
MORE
photo:REVIEW|川田知志「彼方からの手紙」——ARTCOURT Gallery
Must Reads
2022.05.09
REVIEW|川田知志「彼方からの手紙」——ARTCOURT Gallery
はがみちこ
TEXT: はがみちこ [アートメディエーター(photo: Ai Nakagawa)]
MORE
photo:REPORT|fabricscape展「12/12 unbeautiful end.」
Must Reads
2022.04.07
REPORT|fabricscape展「12/12 unbeautiful end.」
MORE
photo:INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない
Must Reads
2022.03.28
INTERVIEW:江村幸紀(エム・レコード)|右に倣えじゃつまらない
MORE
photo:REVIEW|想像がもつれた書物たち:松本久木のブックデザイン
Must Reads
2022.03.25
REVIEW|想像がもつれた書物たち:松本久木のブックデザイン
仲村健太郎
TEXT: 仲村健太郎 [デザイナー]
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#A-Lab#a:)/2021#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Breaker Project#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#DELI#delta#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#fabricscape#FaceTime#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU bed&breakfast#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#iloilo#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JITSUZAISEI#JPN Kasai#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#myong hwa#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#stillichimiya#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TALK TO ME#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#the Farm UNIVERSAL#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#Void#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グッドナイト#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#ジャグリング・ユニット・フラトレス#しんご#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#にほん酒や#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#一般財団法人たんぽぽの家#万博記念公園#三木学#上林翼#中之島#中尾微々#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#井上明彦#京都dddギャラリー#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#伊奈昌宏#佐伯慎亮#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#八田亨#内田ユッキ#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#加藤智之#加藤正基#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#堺魚市場#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立芸術創造館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#小坂浩之#小松理虔#小竹立原#山下壮起#山下雅己#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#川上幸之介#布施琳太郎#平山昌尚#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#木村和平#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本久木#松本直也#松永理央#松見拓也#林慎一郎#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#梶谷いこ#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#極東退屈道場#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#汽水空港#沢村さくら#河井朗#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#畑中良太#白波瀬達也#的形#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#船場エクセルビル#芝野健太#花器工藝 汀#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤井龍#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#諸江翔大朗#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野中モモ#野原万里絵#野田#金子仁司#金明和#金氏徹平#金滿里#釜ヶ崎芸術大学#鈴木裕之#鉄道芸術祭#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山純#高橋利明#髙島一精