「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2021.06.19
#FOLK old book store#ILLUSTRATION#EXHIBITION#大阪市#北浜

REPORT|石井嗣也展「帰る場所」

文: 坂道干
REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
写真提供:FOLK(以下も同様)

私たちは口を閉ざして、どこへ帰るのか

FOLK old book storeにて2021年6月5日(土)~20日(日)まで開催の、石井嗣也展「帰る場所」。展覧会初日。FOLKの地下奥の展示スペースに用意された「帰る場所」、その静かな空間を訪れては静かに帰る人々を見ていた。

作品に描かれるのは、ひとりで佇む人。1点だけ、後ろを向き、ふたりで肩を並べ海を眺める人たちが描かれるが、どの人の間にも賑やかなやりとりはない。

たとえば、口を閉ざし窓の外を見る、それはこの1年で増えた行為かもしれない。ひとりで居て黙っているのは、当たり前のことかもしれないが、2020年以降の風景のなかにどれほど新たに追加されたか、そしてどれほど別の風景が消えていってしまったのかを考えると、象徴的な風景にも思える。作品が「いつ」を描いたのかと思いを馳せる。

FOLK店主の吉村さんの話によると、作家の石井さんは寡黙な方らしい。このコロナ禍において「帰る場所」とはなにか、また、描きたかったことはなにか、メールでいくつか質問をしてみることにした。

REPORT|石井嗣也展「帰る場所」

石井さんからのお返事には、まず、こう書かれていた。「現在の状況に対して描きたかったことについては感じておられたとおりです。描きはじめはあまりコロナ禍については念頭になく、自分の描く絵の帰り着く場所、集約が主なテーマでした。しかし現在の状況を鑑みてコロナ後に私たちがどこに帰り着くのか、といったことをメインに描いてみてもいいのではないかと思い、その景色を描いてみました」

2021年5月にFOLKから出版された、『肝腎』という100人が自分の血肉になった本を紹介する本がある。この本の中で、石井さんは深沢七郎、高田渡の本を紹介している。これまでに影響を受けた人や作品についても聞いてみた。「ビジュアル面で挙げますと、林静一さん、ロットリング(ドイツのロットリング社の製図用のペン)を使用している点などではひさうちみちおさんなどガロ系の画家、漫画家さんで、ストーリー面についてはほとんど誰かを意識したことがなく、古い映画や歌謡曲好きが影響しているかもしれません」

REPORT|石井嗣也展「帰る場所」

今回展示されていた作品は、最近よく耳にするジークレー印刷という手法(高精細なインクジェット式の印刷手法でデジタルデータの再現性が高いという)を使用しての一点物。ジークレー印刷ははじめての経験だそうだ。デジタルの発色の良さがそのまま定着しつつ、版画のような風合いもある。この印刷の質感に、ロットリングで描かれた、作者の性質をまっすぐに表現する線が加わって、80年代の空気感と今っぽさの融合した面白い効果を生み出している。深沢七郎、高田渡、林静一、ひさうちみちお……女性の横顔や、線の質感、乾いた優しさ、残酷さ、その悲喜こもごもの作品を想像して、石井さんの作品を見返すと、静かなだけではない別の物語が生まれるように思う。

一枚の作品の前には物語がはじまった地点があり、その地点から、この場所にたどり着いたのだと感じさせる。石井さんはひとりの時間があまり苦ではないという。むしろ、いろいろとくだらないことを考えたり、一旦ニュートラルになれたりする、とても大事な時間とのことである。「自分のパーソナリティーが絵に反映されているのかもしれない」と石井さんは言う。

一方で、一枚の作品の後にも物語は存在する。作品に描かれた人たちが向かった先に居る人を想像しながら、描かれたものについても聞いてみた。大きい窓のお店でウイスキーを飲む女性の前には、本にしては薄い冊子があるが、石井さんのイメージでは、これはどのような冊子なのか。また、バイクに乗っている女性はなにを運んでいるのか。見る人が想像するほうがよいのかなと思いつつ、どのようなものか、ヒントを教えていただけないでしょうか、と。

石井さんのお返事は、こういうものだった。「雑誌やzineのようなもので本を表現しても面白いと思ったためで、あまり深い意味はありません。学術雑誌のようなものやファッション誌、カタログなど、想像におまかせします。バイクの女性が運んでいるものは花で黄色いポピーだと思います」

REPORT|石井嗣也展「帰る場所」

ウイスキーの氷がからんと鳴って、女性はその「冊子体のなにか」をしまい、店を出る。バイクの女性がエンジンをかけ、動き出す。石井さんが教えてくれた、黄色いポピーが振動でふわっと出て、道路にこぼれ落ちていくイメージ。黄色いポピーは、その先に居る誰かへの贈りものかもしれないし、あるいは自分のための贈りものかもしれない。私はそれをただただ想像した。「帰る場所」に持ち帰る行為、それは、物語を目撃する人々を幸福にするのだと。

石井嗣也 個展「帰る場所」

会期:2021年6月5日(土)〜20日(日)

会場:FOLK old book store

時間:火〜金曜13:00~20:00、土・日曜13:00~18:00

定休:月曜日

問合:06-7172-5980

FOLK old book store

大阪市中央区平野町1-2-1

photo:What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
Must Reads
2021.08.01
What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
MORE
photo:REPORT | coeur ya.作品展「次元」
Must Reads
2021.07.05
REPORT | coeur ya.作品展「次元」
MORE
photo:REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
Must Reads
2021.06.19
REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#Lil Soft Tennis#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#二艘木洋行#劇団壱劇屋#香港インディペンデント映画祭#ROCKET#coeur ya.#大阪くらしの今昔館#fuk 48#Namba Bears#HMP Theater Company#テアトル梅田#G&S 根雨#本渡章#古地図でたどる大阪24区の履歴書#140B