本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.06.19
#ROCKET#どく社#三木学#BOOK#EDUCATION#REVIEW

REVIEW
枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録

三木学
文: 三木学 [文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナー]

友人の編集者・ノンフィクションライターの末澤寧史さんと後輩のデザイナーの原田祐馬UMA/design farmさん、編集者の多田智美MUESUMさんの3人が出版社をつくったと言う。この出版不況でコロナ禍というご時世に、その話だけでもかなり驚いたが、第1弾が、東京大学で実施されていた「異才発掘プロジェクト ROCKET」のドキュメントブックということで2度驚いた。

REVIEW|枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録

『学校の枠をはずした: 東京大学「異才発掘プロジェクト」の実験、 凸凹な子どもたちへの50のミッション』

初版第1刷発行 2021年4月30日

編者:東京大学先端科学技術研究センター 中邑研究室

発行:株式会社 どく社

編集・制作:MUESUM(多田智美・永江大・鈴木瑠理子)、どく社(末澤寧史)

ブックデザイン:UMA/design farm(原田祐馬・岸木麻理子・西野亮介)

「異才発掘プロジェクトROCKET」は、NHKのドキュメンタリーでたまたま少し拝見したこともあり、面白い取り組みだなと思っていたのだ。正確には、「異才発掘プロジェクト ROCKET」と言って、東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍研究室と日本財団のプロジェクトであり、いわゆるProject Based LearningPBL)のプログラムである。ROCKETとは「Room of Children Kokorozashi and Extra-ordinary Talents(志と変な才能をもつ子どもたちの集まる場所)」の略であり、プロジェクトルームのある東京大学先端科学技術研究センターの1号館が、かつて東京帝国大学航空研究所であり、航空宇宙研究の発祥の地であることにちなみ、地球を飛び出すような推進力のある子どもを育てたいという想いから付けられたという。

「学校の枠をはずした」とタイトルに付けられているが、東京大学で実施されているので、もっとも「枠内」のプロジェクトだと思うかもしれない。学校とはすなわち、フーコーが指摘するように、近代においてつくられ、工場や軍隊のような規律的な労働や役務に適合するように、教育する予備課程としてできているところがある。実際、日本の小学校や中学校の校舎は、ドイツの陸軍宿舎をモデルにしたと聞いたことがある。その頂点に、東京帝国大学、現在の東京大学があるので、「学校中の学校」と言えなくもない。その「学校の学校」がなぜ枠を外す必要があるのか?

近代の軍隊と重工業主体の富国強兵にも、戦後の製造業主体の経済成長にも、規律的な教育は求められていたし、勤勉な国民性もあって、戦前は軍事強国、戦後はGDP2位の経済大国にまで成長した。そのような画一的な教育がまったく通用しなくなったのは、冷戦終結後、グローバリズムの時代が訪れ、旧東側諸国や共産圏の国々の市場が開け、低賃金の労働市場が飛躍的に広がったことと無縁ではない。代わりに、先進国は新たなサービス産業や90年代以降に発達するインターネット産業などに移行しなくてはいけなくなった。そこにおいて、規律的な教育はほとんど通用しない。求められるのは新たな発想と、多様性を抱擁するコミュニケーション能力である。

REVIEW|枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録

新たな発想をする子どもたちは、近代的で画一的な教育システムからは落ちこぼれることが多い。しかし、むしろ落ちこぼれた子どもたちの方が、これからの社会で役に立つ可能性はあり、みすみすそういう人材を見逃しているのではないか、という反省がある。かといって、そのような人材をどうやって育てればいいのか? それはまだ確立されておらず、世界的にも模索されている段階である。注目されている例でいえば、イタリア発のモンテッソーリ教育で、棋士の藤井聡太やGoogle創業者のサーゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスなどが学んだことでも知られている。簡単に言えば、規律よりも、子どもの自発性や創造性を重んじる教育方法といえるだろう。日本は、そのような逸脱した子どもたちや突出した子どもたちへの教育は極めて遅れているといってよいだろう。

そのような背景のなかで、「異才発掘プロジェクトROCKET」は、「エジソンのような天才を生み出すプロジェクトをつくれないか?」という日本財団のオファーを受けて、特異な才能を持ちながら、義務教育になじめない子どもたちを集って、新たな可能性を探るプロジェクトとして発足された。実際、ディレクターとなった中邑も、「学校に行っている子どもには突き抜けた教育を行いにくい」「学校をつくれば法律の縛りで突き抜けた教育を行いにくい」「学校に行かない子どもには学校を飛び出した意思と学びへの想いがある」「学校に行かない子どもには目的も教科書も時間割もない自由な学びがある」「英才教育から持続的イノベーションを生み出すことができるかもしれないが、破壊的イノベーションはもっと自由な学びからしか起きない」と考えていたという。そこで、学校のカリキュラムではない、プロジェクトベースの教育プログラムを組み、ギフテッドと言われる、特別な才能を持つケースも含めて、広く凸凹(得意・不得意)のあるユニークな子どもたちを集った。

50のミッションというのは、2014年から2019年まで、総勢128名の子どもたちに実施したプロジェクトのなかから抜粋したものだ。ミッションとあるように、何かを実施する指令となっており、「イカの墨袋を破らずに取り出し、パエリアをつくれ!」や「北海道の原野で鹿の角を探して、カトラリーをつくれ!」「6日間の過酷な漁師生活を耐え抜け!」「障害者スポーツの祭典とナチスドイツの共通点を探れ!」「山手線の長さを計れ!」などといったユニークなものが並ぶ。基本的には職業体験のような体験学習をより抽象的、哲学的にした内容が多い。なかでも「つくれ」というミッションが目立つのが興味深い。背景にある思想はよくわからないが、社会を自分達の頭と体を使って調べ、つくることが念頭に置かれているように思える。実際、子どもたちは、そのような経験を経て、義務教育とは異なる今までにはない角度の学びの可能性感じているコメントが並ぶ。

REVIEW|枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録
REVIEW|枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録

一方で、これは別の意味での命令形の教育で、自発性は養われないのではないか、あるいは、非常に特別に優遇されたプログラムで、万人に開かれないのではないか、という疑問もわく。最初の疑問については、最初はテーマを与えることからはじめ、その次の段階として、自分の研究をするために、申請が可能のようになっているという。確かに最初に出会いがなければ、意思も生まれない。次の疑問については、確かにそうだろう。海外も含めた旅や、猪子寿之(チームラボ代表)、山崎直子(宇宙飛行士)、平田オリザ(劇作家・演出家)、養老孟司(解剖学者)などの豪華なゲストの講演や共同プロジェクトなどは、潤沢な予算があるから可能なことである。だから、必ずしも開かれたメソッドということではないが、豊富な体験や先人の声を聞く機会を与えるということは参考になるだろう。

また、ミッションに何らかの一貫性や思想があるのか疑問に感じていたら、最後のミッションに、「この本のカバーをはずせ!」、とある。外してみたら表紙には、「ミッションなんて思いつき!」と書いてある。そのような読者の疑問を想定してのことだろう。末澤さんが本のカバーをとり、表紙のデザインとの差を愉しむ「本のヌード」展というプロジェクトを行っていることもあって、著者、多田さん、原田さんと相談して装丁したと言う。このような細かい仕掛けがなされているところも、この本のユニークさである。

REVIEW|枠から外れた子どもたちの、枠を超えた冒険の記録

とはいえ、このミッションは単なる思いつきと鵜呑みにするのも早計だろう。先に書いたように、子どもの職業体験のような具体性のあるものではなく、かなり抽象的なテーマを基にした体験になっている。これを体験したからといって、何かに習熟したり、すぐ社会に役立つわけではない。もっと社会全体を成り立たせている仕組みや関係にいて、哲学的に深く学ぶことが求められおり、「明確な目的や短期的な成果」は注意深く排除され、「予期せぬ出会いや場」が提供されている。新しい何かを生み出すためには、「よくわからないけど、面白い!」と思えることが重要だからだ。

特に、あとがきに「ROCKETはた、子どものユニークさを尊重し自由に進ませる場所のように見えるが、間違った方向に進みそうなら立ちはだかることをポリシーとした」とあり、凸凹のある子どもの才能をそのまま伸ばすということではなく、壁となるようなミッション、ディレクターが壁となって、ぶつかりながら議論をし、互いの凸凹を認め合うような場になるよう心がけているのではないか。それは義務教育よりも、より効率的となってきた才能教育とは異なる方向性であろう。才能教育が進化すると、反対に義務教育しか受けられない子どもたちはみんな落ちこぼれとなり、格差はさらに広がる。本当に必要なのは、凸凹がある子どもたちも凸凹のない子たちも、みんなが生きられる目的のない余白や許容性を持つ社会だろう。

このプロジェクトがこの後どのように波及するかわからないが、東京大学の研究室が、規範的ではない子どもたちの教育プログラムを実施するというのは画期的であるし、ここで得られた知見が、時間をかけて多くの教育に伝播することで、より多様性のある社会になることを期待したい。

デザインに関しては、タイトルの金字や見返しの銀、開きやすいように無線綴じながら、表紙に折れ目が入れてあったり、細かいところがふんだん工夫されている。原田さんや多田さんのような、「異才」が参加していることも、この本を豊かにしていることがよくわかる。3人とも現在は関西を拠点にしており、原田さんと多田さんは、長年コンビを組み、日本各地の地域と連携したデザインや編集を手がけ、ユニークな提言や媒体を使った展開を行うことで評価が高い。また、末澤さんはかつて出版社に勤務しており、地域活性化のさまざまな取り組みを書籍化してきた。さらに、トルコに留学経験があり、異文化共生のノンフィクションでも質の高い仕事をしている。その意味からすれば、東京大学の「異才発掘プロジェクト ROCKET」も彼らにとっては、多様性と創造性のある社会をつくる試みのひとつということなのかもしれない。どく社と名づけられた出版社の第2弾にも期待したい。

追記

本書には、関わった制作者のクレジットのほかに、カバーや帯、表紙、本文に使われた紙の種類も記されている。これは原田祐馬(UMA/design farm)が手がけるデザインのすべてに見られることだが、紙もひとつのプロダクトとして敬意を払い、記載するという姿勢は素晴らしい。私も編集を手がけることもあるが、不勉強ながら細かく紙を見てないので、このようなクレジットがあると勉強になるし、読者が気にかけるきっかけにもなるだろう。電子書籍が普及した現在、「紙の本」はこのような読みやすさの背景にある造本デザインにこそ価値があると思う。

※本記事は、2021年6月に始動したアート&ブックを絵解きするレビューサイト「etoki.art」とのコラボレーション企画です。

三木学 / MIKI Manabu

文筆家、編集者、色彩研究者、ソフトウェアプランナーほか。

独自のイメージ研究を基に、現代アート・建築・写真・色彩・音楽などのジャンル、書籍・空間・ソフトウェアなどメディアを横断した著述・編集を行っている。

共編著に『大大阪モダン建築』(2007)『フランスの色景』(2014)、『新・大阪モダン建築』(2019、すべて青幻舎)、『キュラトリアル・ターン』(昭和堂、2020)など。展示・キュレーションに「アーティストの虹-色景」『あいちトリエンナーレ2016』(愛知県美術館、2016)、「ニュー・ファンタスマゴリア」(京都芸術センター、2017)など。ソフトウェア企画に、『Feelimage Analyzer』(ビバコンピュータ株式会社、マイクロソフト・イノベーションアワード2008、IPAソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009受賞)、『PhotoMusic』(クラウド・テン株式会社)、『mupic』(株式会社ディーバ)など。

http://geishikiken.info/

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明