「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2021.06.10
#FOLK old book store#BOOK#SHOP#大阪市#北浜

What's up?|最近どうですか?
第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)

構成・文: 竹内厚[編集者]

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな~」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況が気になるあの人に声をかけていく本企画。第6回は、大阪・東横堀川に面した本屋「FOLK old book store」の吉村祥(よしむら・しょう)さんです。

散らかり気味の書店、10年目の本気モード

2010年9月に大阪・天神橋で開店。2012年1月からは今の東横堀川で営業を続けるFOLK old book store(以下、FOLK)は、本屋という枠組みだけで紹介しようと思うと、いろんなものがこぼれ落ちてすぎてしまう店。イラストレーターや絵描きによる展覧会、作家ものの作品や雑貨の販売、店内でのライブ企画、各種イベントへの出店に、昼は行列のできるスパイスカレー「谷口カレー」の間借り営業……と、FOLKを語る切り口は本当にさまざま。この間口の広さ、本屋+αな店舗であることが、ときとしてFOLKの本屋としての顔を見えづらくしていたかもしれない。

ところが近年、FOLKは本屋濃度をぐっと高めている。それも+αな要素は残したままで。そして、この5月にはFOLK初の出版物、『肝腎』の刊行も実現。いつもにこにこと朗らかな人柄の吉村祥さん、その本屋店主としてのマジ顔に迫った。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
FOLK old book storeの店構え。店頭に並ぶチャリンコもおなじみの光景。店内は1階と地階の2フロア

――この数年で扱っている新刊本の量がすごく増えていますよね。

吉村:そうなんですよ。もともとは古本だけで店をはじめて、こっち(東横堀の現店舗)に移ってきたときも10分の1もなかったです、新刊本は。今はもう半々くらい。新刊ってやっぱり自分の欲しい本を能動的に仕入れられるのが楽しくって。基本、受け身で待ってる古本業の喜びもあったんですけど、新刊本の楽しさに目覚めてしまいました。きっかけのひとつは、京都の誠光社さんの影響ですね。取次は「子どもの文化普及協会」を使ってます、とか、小さな店でも新刊を扱えるやり方を誠光社の堀部さんが公開されていて、うちのような弱小店でもやる気になればできるんやって気づきました。僕は、すぐに影響を受けちゃうタイプなので。

――京都の恵文社にいた堀部篤史さんが独立して、2015年に開店した個人書店が「誠光社」。けど、実は、店の規模は誠光社よりもFOLKの方がかなり広いですね。

吉村:とにかく、これまでぼやっと営業してたんです(笑)。とくに考えもなく、受け身で、なにかお話をいただいたら「じゃあやりましょう!」って感じで。今は、もう真逆ですね。積極的に自分で新刊を仕入れて、店内でやってる展覧会も年内のスケジュールはもうすべて決めちゃいましたし。めっちゃやる気なんですよ。

――過去のFOLKを知ってる人からすれば大きな変化です。攻めのFOLK!?

吉村:ずっと手探りでやってきたなか、だんだんやり方がわかってきたという理由と、もうひとつは、少し前までプライベートで大事なことがあって、店に集中するのが難しい時期が続いて。でもこれ、僕だけのことじゃなくて、世の社会人もそうじゃないですか? だんだん仕事に慣れてくるタイミングと、結婚や出産といったあれこれが30代くらいに集中するのが難しいな……なんて思ってます。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
FOLKの地階。整理の行き届かない感じも魅力のひとつ

――FOLKの新刊棚は、最新刊に特化してないのも特徴的かなと思ってます。

吉村:そこは昔から気にしてない。誰かが言ってたけど、「出会ったときが新刊」なので。みなさん、どうなんでしょう。出たばかりの本かどうかって気にするものですか。うちの地下は、新刊本だけじゃなくて、古本も雑貨も収拾がつかない宝探し状態になってしまっているので、そっちの問題の方が大きいかも(笑)。でも、あれを片付けるのは難しいので……。理想は、「本屋やのにこんなこともやってるんや」と思ってもらうこと。店をはじめた頃は神戸のトンカ書店(現・花森書林)や京都のガケ書房(現・ホホホ座)に憧れました。自由に楽しくやってるように見えて、不思議と調和がとれているという。僕は型にとらわれてしまうタイプなので、本屋でそこまでやっていいんやという姿勢を勝手にお手本にしてました。なので、FOLKでも本だけじゃなくて、食器、置物、CDを売ったり、服をつくったりもしてきたんです。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
1階は、平日昼に谷口カレーが間借り営業する喫茶スペース。食器や雑貨の販売も。コピー機の看板は閉業した隣りの印刷屋からのもらいもの
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
1階カウンターに並ぶのは谷口カレー店主、谷口智康さんの私物。1階だけを見れば書店感は乏しい

――100人にオススメ本を2冊ずつ教えてもらう企画「肝腎」を2019年からはじめて、今年5月にはついにFOLK初の書籍として刊行しました。

吉村:FOLKとして新刊本に力を入れていく上で、いろんな人の選書を仕入れることでうちの新刊本の厚みを出せるかなという目論見もありました。「肝腎」は「内臓のように血肉になっている本」という依頼の仕方で、岩波書店とちくま文庫の率が高かったことが印象深かったです。この企画を通して、100人×2冊=200冊の推薦図書を仕入れるために取次を増やしたり、出版社に直接声をかけたりしなきゃいけなかったので、FOLKとしてもすごく鍛えられました。文藝春秋や新潮社といった大手出版社とも直でやり取りしていただいて自信がつきました(笑)。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
選書企画「肝腎」は店内の一角で2年がかりで進めてきた

――本づくりも『肝腎』が初体験ですよね。

吉村:そうなんです。店のフリーペーパーさえもつくってこなかったので、びっくりするほど大変でしたけど、デザイナーのタナカ(タツヤ)さんにも助けてもらいながら、手探りでなんとか。できれば、次は絵本をつくってみたいなという気持ちがあります。「あの人、絵本描いたら面白いんちゃうかな」という作家さんが結構いて、出版に合わせて原画展も自分のところでできるし……って。絵本は関連の雑貨もよく動くんですよ。ゆくゆくは絵本のお店をできたらいいななんて妄想しています。

――勢いでほんとに絵本FOLKを開店しちゃいそうですね(笑)。

吉村:ノリと勢いでやっちゃうところがあるから怖いんですよ。あかんあかん、ちゃんと考えな(笑)。

――絵本に惹かれるのも、吉村さんが多くの作家とのつながりがあるからですよね。店外企画として、約100人のアーティストが架空の書店のブックカバーをつくる「約100人のブックカバー展」を企画しています。「肝腎」もそうでしたけど、100人に声をかけるのは大変でしょう。

吉村:ずっと連絡とってばかりで大変な部分もあるんですが、100人くらいいたほうが楽しいから。いろんな人のいろんな考え方があるよなと思っていて、だから、僕もいろんなことが気になるし、好きな人もすごく多い。とっちらかってるんです(笑)。声をかける人のうち8割くらいは知り合いで、残りは、この機会に勇気を出して気になってた人に声をかけてみたりして。たまたま店に来てくれたり、飲み屋で一緒になったりというタイミングで声をかけることも多いです。その方が言いやすいので。言いやすいというのは大事です(笑)。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
「約100人のブックカバー展」は2020年10月・梅田ロフト、2021年5月・渋谷ロフトで開催。旬の作家カタログともいえる、この参加作家ラインナップを見よ!

――店内の展覧会企画はすでに年内のスケジュールを確定させたということでしたが、どうやって作家を選んでいますか。

吉村:基本的に自分が好きやなと思ってる人です。もともと絵本や漫画、イラストレーションが好きなので、その方面の作家さんが多いかもしれません。現代アートも見るけど、わかりやすい側面のある方がぼくは好きで、本屋との相性もいいと思ってます。いい展示を組むことができたら、いろんなお客さんが集まって、結果的に本も売れてという、いいスパイラルが生まれている気がします。展覧会は3週間ごとに入れて、月1、2本のペース。張り切って年内すべて決めちゃいましたけど、そうすると、「こんな話があるんですけど……」って話が持ち込まれたときに困ることに後から気付きました(笑)。そういうときは新しくはじめたPOLでやれないかと検討したりしています。

What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
取材時に開催されていた、みなはむ個展「白いシャツ」の様子

――2020年4月にできた大阪・谷町6丁目の「POL」は、吉村さんを含む3人で共同運営するギャラリー兼本屋、CDショップですね。よくよく考えると、セレクト系個人書店としてかなり大きなFOLKを経営しながら、3週間ごとの展覧会を企画して、100人のクリエイターに声をかけた企画をロフトで回しつつ、本づくりをはじめて、もう1軒「POL」も共同運営。吉村さんのやり手ぶり、もっと注目されるべきですね。

吉村:ぜんぶ成りゆきで、手探りですけどね(笑)。ただ、ちゃんとやってるように見えるのが恥ずかしいと思ってた時期もあったけど、今はめっちゃやる気です。もうやるっきゃないので、がんばります!

2021年5月18日(火)、FOLK old book storeにて収録

吉村さんの「最近気になる◯◯」

 

①お店=そば丸平

FOLKから1本南の通りにある蕎麦屋さん。ここの出汁カラ定食にはまってます。唐揚げがめっちゃうまい。うちの店よりずっと前からある、家族経営のいい雰囲気の店ですけど、最近やっと気づきました。

 

②体のメンテナンス=荒藤接骨院

こちらもFOLKの近所、うちよりも昔からある店で、教えてもらってはじめて行ったのは冬。石油ストーブの匂いとともに、AMラジオから関西弁の会話がうっすら聞こえてきて最高でした。しかも先生がゴッドハンドなのですっかりハマって、多いときは週2回ペースで通ってます。

photo:REVIEW|今、富岡多惠子を読むということ。詩人、小説家、批評家という3つの顔を持つ…
Must Reads
2021.09.14
REVIEW|今、富岡多惠子を読むということ。詩人、小説家、批評家という3つの顔を持つ…
MORE
photo:REPORT|ゼネラル・ストア「THOUS」オープン
Must Reads
2021.09.01
REPORT|ゼネラル・ストア「THOUS」オープン
MORE
photo:REPORT|中村一般画集発売記念個展「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」
Must Reads
2021.08.11
REPORT|中村一般画集発売記念個展「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
Must Reads
2021.08.01
What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
MORE
photo:REPORT | coeur ya.作品展「次元」
Must Reads
2021.07.05
REPORT | coeur ya.作品展「次元」
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#YUGO.#SkiiMa#SkiiMa Gallery#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#Lil Soft Tennis#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#二艘木洋行#劇団壱劇屋#香港インディペンデント映画祭#ROCKET#coeur ya.#大阪くらしの今昔館#fuk 48#Namba Bears#HMP Theater Company#テアトル梅田#G&S 根雨#本渡章#古地図でたどる大阪24区の履歴書#140B#豊田道倫 & His Band#坂口恭平#衝突と恍惚#芝野健太#松見拓也#仲村健太郎#井上嘉和#藤本玲奈#LIGHT YEARS OSAKA#野田#NOTA_SHOP#ATAKA#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#夏のホラー秘宝まつり#ルチオ・フルチ#マリオ・ヴァーバ#滋賀県立美術館#朝野ペコ#喫茶路地#小松理虔#田中輝美#白波瀬達也#VOYAGE KIDS#サイノツノ#SOCIALDIA#山下壮起#日本キリスト教団阿倍野教会#hanamikoji#花見小路#法華寺#socket#暮らしと民藝#暮らし#民藝#so objects#桜川#THOUS#ももちの世界#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#ART OSAKA#Yoshiaki lnoue Gallery#studio J#+1 art#Nii Fine Arts#KAZE ART PLANNING#カペイシャス#SpinniNG MiLL#71labo#SAKAINOMA café熊#八六八ビル#dracom#大阪中之島美術館#ビッグ・アイ#梅田Lateral#吉開菜央#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#カイ・T・エリクソン#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#そこにすべてがあった#夕書房#宮前良平#大門大朗#高原耕平#大阪高島屋