本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.12.14
#ごまのはえ#ニットキャップシアター#STAGE#REPORT#STAGE#枚方

REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』

文: 坂道干

2021年10月、枚方市総合文化芸術センターの開館記念公演としてニットキャップシアターの『ヒラカタ・ノート』が上演された。枚方市は京都と大阪の間に位置する衛星都市であり、枚方市総合文化芸術センターのある京阪電車・枚方市駅の周辺は近年著しく開発が進む。

本作品の舞台は枚方、否、架空のまち「ヒラカタ」にある団地である。劇中では住人たちのさまざまなエピソードが朗読され、なかでもA号棟1のaに住む高校生の中野信夫と、G号棟4のbに住む同級生の沢井かづえのふたりにスポットライトが当たる。信夫は団地内のベンチで、いつもかづえに恋愛相談をしていた。

だが、信夫が同級生と校庭で「甲子園出場おめでとう」の人文字に参加していた日に、かづえはトラックと正面衝突し、死んでしまう。それは、光化学スモッグ注意報が発令され、やる気なく人文字に取り組む信夫に同級生・勝頼が「どうせ死ぬから」と言い放ったのと同じ時刻だった。その後、信夫は大学受験に失敗し、アルバイトも辞めてしまい、そのうち家に引きこもるようになった。物語では、かづえが死んでから10年が経ち、信夫が部屋を出て、再びベンチへ向かうまでの出来事が描かれる。

『ヒラカタ・ノート』作・演出のごまのはえは枚方市出身で、本作品は彼が生まれ育った枚方を出ていった後、2004年に書かれた。玄田有史による『ニート――フリーターでもなく失業者でもなく』が刊行した年であり、当時の重い空気や虚しさが戯曲に漂う。暴力的と感じられる描写とともに、現実世界に存在したであろう若者の鬱屈が表れる。一方、かづえが即死後30分かけてベンチに向かって歩いた、という非現実的なエピソードも挿入される。舞台上で、痙攣しながら歩き続ける彼女の動作が反復され、コロスが歌い、楽器を奏で、ダンスを踊るのを見ると、当たり前かもしれないが、それまでのリアリティも相まって「そうだ、フィクションだったのだ」と強く意識する。

REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
コロスたちのダンス
撮影:井上大志(Leo Labo)

そして、団地の物語とは別の物語も交互に進行していく。こちらの物語では、「風」に吹かれることで命を絶たれてしまうという、ディストピア的な世界が描かれ、サカナという少女が登場する。あるとき、両親をはじめ多くの人間が死に、まちに居るおそらく最後の住民となってしまった彼女の家に、ひとりの男が訪れる。男は部屋に置かれたカセットテープを見つけ、ラジカセで再生した。すると、歯の磨き方など、日常を営むための細かな手順・動作について語る声が流れ出す。そこには、彼女の両親が残したたくさんの教えが吹き込まれていた。

男は、「風」に吹かれて命を絶たれることへの恐怖、切迫感から、生き延びた最後の者同士の連帯を少女に訴え、その手をつかんで「愛してる」と言う。少女はおびえ、家を飛び出す。男は追いかけるが、「風」に吹かれてその場に崩れ落ちてしまう。

REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
男が「愛してる」と少女の手をつかむ場面
撮影:井上大志(Leo Labo)
REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
「風」が吹き、男は「風」に翻弄され、やがて崩れ落ちる。「風」に吹かれると、大人で3分、子どもで1分、命を奪われる
撮影:井上大志(Leo Labo)

舞台はまた団地の物語に戻り、かづえを失い、深く悲しんだ母親・沢井良子のエピソードがはじまって、ディストピアの物語とシンクロしていく。

G号棟4のbに住む沢井良子はその後、家にこもりがちになった。ある日夫は熱帯魚を買ってきた。ペットの飼えないこの団地では熱帯魚を飼う人は多かった。

(『ヒラカタ・ノート』戯曲より引用。虚空文庫Webサイトからダウンロード)

熱帯魚がやってきて、わずかな言葉を夫と交わした次の日、良子は家を出て行った。やがて、夫も家を出た。かづえが死に、両親が去り、部屋に最後に残っていたのが、サカナなのだ。ごまのはえは本作品の上演前に、枚方市の広報誌で次のように語っている。

今も両親が暮らす枚方は、18歳のときに町を出てからも何かと気にかかる町です。10年ほど経って帰省した際に、町の印象がずいぶん変わったように感じました。私の親の世代が定年を迎える頃で、これから先どんどん町が老いてゆくのではないかと感じたことから「ヒラカタ・ノート」は生まれました。そんな町に総合文化芸術センターが誕生しました。以前の市民会館ホールにはたくさんの思い出があり、特に先代の桂春団治さんを観られたのは一生の宝物。新しい劇場で皆さんにもすてきな出会いがあることを願っています。

『広報ひらかた』No.1298、2021年10月号より引用)

『ヒラカタ・ノート』は、架空のまち・ヒラカタの老いを、人の老いからではなく、若者の喪失とそこから派生するディストピアの物語から描いてみせたことで、時代を映した演劇であったと言える。また、ごまのはえは、枚方を舞台にした劇作について、ロングインタビュー 「記憶の伝承について演劇でできること」ではこう語っている。

(前略)
——この街はぼろ雑巾の上にある。
ごま 枚方が開かれるためには、大量の砂利が運ばれていって、無数の猫が死体になって、手向けの花がそこかしこに転がっていって。でも、夜に団地を見ると、それが灯す全ての明かりの下に家庭があるのかと思うとほっとするし、途方もないような気になるんですよ。明りの一つ一つに家庭があって、苦しみや悩みがあって。それはなかなか説明出来ないんだけど、直観的に響く光景なんですよ。キャンドルイベントかというような光景で、その膨大さを全部飲み込んでしまいたいというか、同一化したいというか……
(略)
——ごまさんが、ご自身の枚方観を物語にしたいというのは、いつから発生したのでしょうか。
ごま 旗揚げして2年目か、3年目ぐらいからそういう事を考えていたかな。
——なぜ物語にしたいと?
ごま 中上健次だったり、ガルシア=マルケスが好きな作家なんですが、その著作に自分の生まれた土地を描いた作品があるんですよ。そういうこといつかはやりたいなぁと思ってました。でも全然スケールが違う。どうすればいいんだろうって悩んでたんですけど、他に、島田雅彦の『忘れられた帝国』、小林恭二の「ゼウスガーデン衰亡史」を読んで、これなら糸口がつかめそうだなと思いました。実際の土地の歴史にフィクションを入れ込む「偽史」という語り方、僕の物語を作る手つきはその影響を受けていると思います。

(第31回公演『ピラカタ・ノート』公演関連企画 ロングインタビュー 「記憶の伝承について演劇でできること」

架空のまち「ヒラカタ」、あるいは「ピラカタ」(『ヒラカタ・ノート』のアナザーストーリーとしてつくられた『ピラカタ・ノート』の舞台)は終末に向かう一方、実際の土地・枚方は新しく生まれ変わろうともしている。その枚方で17年後に再演されたことで、まちの変容が逆説的に示され、まるでパラレルワールドを見るようでもあり感慨深かった。

劇中、壁のくぼみに手のひらサイズの明かりをたくさん置いていき、また取り去るシーンがあった。団地の明かりを表現したであろうその演出は、悲しい出来事が積み重なっていくなかでも家々に暮らす人の営為がよどみなく継続し、多くの人生があることを表象する。そして、ニットキャップシアターは、さまざまな土地の物語を掘り起こしながら演劇をつくり続けてきた。土地に根ざした演劇は、救いのない感情にも光を灯していく営みなのかもしれない。

ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』

期間:2021年10月8日(金)~10日(日)

会場:枚方市総合文化芸術センター(本館)ひらしんイベントホール

作・演出:ごまのはえ

出演:池川タカキヨ、黒木夏海、佐藤健大郎、高田晴菜、仲谷萌、西村貴治、益田萠、山谷一也、山本魚

photo:REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
Must Reads
2022.01.21
REPORT|CON・CERT walking from +1art to +2
MORE
photo:REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
Must Reads
2022.01.13
REPORT|スキンケアブランド「D.W.M.」リリース
MORE
photo:INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
Must Reads
2021.12.27
INTERVIEW:hyslom/ヒスロム|この質感のまま生きていく 1/3
MORE
photo:REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
Must Reads
2021.12.24
REPORT|ヘアサロン「tuuli」オープン
MORE
photo:REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
Must Reads
2021.12.14
REPORT|ニットキャップシアター『ヒラカタ・ノート』
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#a:)/2021#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DELI#delta#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#in→dependent theatre#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MALL#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#ジャグリング・ユニット・フラトレス#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#万博記念公園#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#孤独の練習#宝龍会#宮前良平#宮田直人#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平山昌尚#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本直也#松永理央#松見拓也#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明#髙島一精