本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2022.03.31
#シアターセブン#MOVIE#REPORT#TALK

REPORT|映画『街は誰のもの?』
2/13アフタートーク@シアターセブン
阿部航太 × 原田祐馬

編集: 多田智美、羽生千晶[MUESUM]

2022年2月13日(日)、十三のシアターセブンで、阿部航太による初監督映画『街は誰のもの?』の上映とアフタートークが開催された。雨が降りしきるなか会場に集まった老若男女約20名が、阿部監督と大阪を拠点に活動するデザイナー・原田祐馬(UMA/design farm)によるトークに耳を傾けた。

 

“存在したかったんだ。この街に存在したかったんだ。”

グラフィテイロ(グラフィティアーティストの現地での呼称)がつぶやく背景に広がるのは、南米一の大都市サン・パウロ。そこには多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジル特有の都市の姿があった。東京でグラフィックデザイナーとして活動する阿部航太が、2018—19のブラジル滞在で体感した「街」。そこには歪んだ社会に抗いながら、混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ、スケーター、そして街を歩き、座り込み、踊り明かす人々がいた。イリーガルな表現活動から日常生活まで、地続きに営まれるその風景は、私たちが知っている街の姿を痛快に批判しているように思えた。ブラジルの4都市を巡り、路上から投げかけられた一つの問いへの答えを追うストリート・ドキュメンタリー。(本作公式サイトより)

REPORT|映画『街は誰のもの?』2/13アフタートーク@シアターセブン 阿部航太 × 原田祐馬
左/阿部航太氏  右/原田祐馬氏

阿部:監督の阿部です。僕の本職はグラフィックデザインで、実はこの映画もデザインの視点で撮った映画とも言えるんですね。今日は、ゲストにUMA/design farmの原田祐馬さんをお迎えしました。同じくデザイナーとして活躍されている原田さんが、この映画、このブラジルの街をどう見たか、個人的にも興味がありまして。まずは、ざっくり感想から聞かせていただいてもいいでしょうか?

原田:映画の端々に「この街は、誰のものなのかな?」と考えさせられる場面があり、まさにタイトルが物語っているな、と思いながら拝見しました。グラフィティロも、スケーターも、そのあたりに座っている人たちでさえも「自分たちのストリートがどういうものか」をすごく考えてるんだなと。

阿部:そうですね。僕自身も「個々人が考え、行動することで、街ができている」ということが撮影のなかで一番衝撃的でした。僕たちはデザインを仕事にしていますが、すごく悪い言い方をしちゃうと、デザインってある種、何かをコントロールするために効果的に使うものでもある。

で、僕はやっぱりグラフィティと広告を対比的に見てしまうんです。サン・パウロでは2006年に屋外広告が禁止され、その代わりに大型のグラフィティが増えたという現状があるんですね。それを知って、結構ショックだったというか。自分の職業的なものを否定され、なおかつ、それにより街がめちゃくちゃ豊かになっているということに、「おおっと!」と思ったんですよね。

もちろん、サン・パウロの街でも何かしらのデザイン的な工夫はできると思うんだけど、本当にそれが必要であるのか、効果的なものとして受け取られるのかがちょっとわからなくて、いまだにモヤモヤ考えています。それについて、原田さんがデザイナーの視点から感じることがあったら。

原田:いわゆる商業デザインの終焉を見せてくれていて、清々しいなと思って観ていました。僕も少しブラジルの現状を調べてみて、あーなるほど、そういう背景からグラフィティみたいなものが街をあらためて豊かにしていくんだなと。

映画のなかで、グラフィティロである彼らが、そこに機能、ファンクションを感じてるところが非常に興味深かったんですね。「これがあるからこそ、ストリートが生きてくるんだ」というような話もありました。彼らが、その場所にあるからこそ生きてくるものとしてグラフィティを描いていると思うと、僕らが考えるデザインの視点とも、意外と遠くないんじゃないかと感じます。

REPORT|映画『街は誰のもの?』2/13アフタートーク@シアターセブン 阿部航太 × 原田祐馬

阿部:なるほど、面白いですね。彼らが「灰色の壁に色を与え、意思を与え、命を吹き込む」って言っていたことは、僕自身にとっても印象深かったです。しかも、それを個人が勝手にやっているという。デザイナーに依頼して契約を交わすという手続きを、全部すっ飛ばして、ひとりの判断で行っていく。そこに対しては、おそらくいろんな意見があると思うんですけど、僕自身は結構面白く見ています。

原田:この例えが合っているかわからないけど、なんか「お地蔵さん」みたいやなって思ったんです。

阿部:あはは。もっと詳しく教えてください(笑)。

原田:お地蔵さんって、それを崩してもいいのか、移動させてもいいのかがよくわからないものとして発生しているじゃないですか。お地蔵さんに対するアクションとして僕らができることって、前掛けをつくってつけるくらいで、思い切って動かすことは難しい。グラフィティロたちが個人的にその場所をリスペクトして何かを描くってことは、日本で言うと、お地蔵さんを置く、お地蔵さんが発生するみたいなことになるのかなって妄想しながら観てました。

阿部:なるほど。まったく新しい視点ですね。でもひとつ決定的に異なるのは、お地蔵さんって割と良いものとして扱われますよね。僕らにとって有り難い存在という共通認識がある。でも、グラフィティの場合はそのあたりが危うくて。ブラジルにグラフィティが多いのは、「街がカラフルになっていいじゃん」って思う人がたくさんいるからなんだけど、一方で、映画に登場したガソリンスタンドの店主のように、それを望まない人もやっぱりいる。自分の嫌いな絵が街にある可能性も十分にあるんですよ。僕もグラフィティには興味があるし、活動自体はものすごく好きだけど、なかには好みじゃない絵もたくさんあるというか。それもポイントなのかなと思うんですよね。

原田:僕らはお地蔵さんを有り難いものだと思い込んでいる。でも、だからこそ、不思議な存在だなと思っていて。何百年という時間をかけて、有り難いものに変わっていってるはずなんですよね。さきほど僕が「お地蔵さんの発生」と言ったのは、そこがポイントで。「お地蔵さん」になりうるものとして、グラフィティのようなものが残されていくのかなって想像したんです。岡本太郎の太陽の塔も最初はべらぼうなものだったけど、今やみんなが大切にするようになったなぁと。

阿部:面白いですね。だから、それを良いものだと思う人がだんだんと増えていけば、お地蔵さん的に街に残っていく可能性が出てくるわけですね。

原田:なので、個人の好き嫌いはたしかにあると思いますが、10年、20年、30年経つとそれを超越する瞬間が訪れて、グラフィティ自体も街のなかの存在として変わってくるのかなと。

阿部:なるほど。もうちょっと突っ込んでいくと、その好き嫌い以上に、グラフィティの良し悪しっていうものが本当にあるのか、僕にはわからなくて。それでアツオさんに質問したら、まあ、違う角度の答えが返ってきたんですけど(笑)。あのシーンでは、なんだろうな……。僕が重要だと思っているのは、「この絵は好みじゃない」と思う人がやっぱりいるってことですよね。それで自分と違う好みの人間が生きているんだってことがわかる。それが、「好き」っていう人が多いと「お地蔵さん」になっていくっていう。それは、僕がもともと感じていた面白さとはまた違うかな、うん。ちょっとあれですか? 抽象的な方向になってますか(笑)。

REPORT|映画『街は誰のもの?』2/13アフタートーク@シアターセブン 阿部航太 × 原田祐馬
画像提供:シアターセブン

原田:では、もうひとつ。1960〜1970年代前半、近代建築がある種の限界を迎えた頃に、建物を大胆な色彩で塗り分けるなど、グラフィックデザイナーが建築に介入していく「スーパーグラフィックス」って呼ばれる動きがあったんですけど。それとは圧倒的に違うなと思いながら拝見していたんですよ。巷から湧いてくる感じというか。もともとスーパーグラフィックス自体は、エリートたちの世界における批評的なスタンスとして現れてきたもの。そうではなく、映画のなかで描かれていたのは、巷がストリートをどう活用するか。大統領とか国とかっていう、ある種のものに対するクリティカルな態度だなって。より巷感があって面白いと僕は思いますね。

阿部:グラフィティって、かなり批評性があるものだと思うんですね。描かれる内容については、政治批評の類いの表現もたくさんあるんですけど、それだけじゃなくて、描くこと自体が批評的な行為になりうる。まあ、本人たちがどう思っているかはわからないけど、やっぱりどこに描かれたのかも結構重要だと思うんです。

ブラジルのサン・パウロに限った話ですが、サン・パウロって南米一の大都会なんですよ。だけど、街中にポコポコ廃墟があるなど、結構、街にほころびがあって、そこにグラフィティが発生するんですよね。だから、描かれる場所には何かしらの理由があって。何か見放されているような場所を、違う角度から可視化しちゃうというか、そういう効果をグラフィティにすごく感じて。さきほどのスーパーグラフィックスは前時代に対する批評でもあるけど、ブラジルもそのモダニズムによってつくられた街。だから、グラフィティを描くことが、そのシステムに対する批評的なアクションに勝手になっている、みたいな。

原田:それは現地に行ってみて、結構感じましたか?

阿部:感じましたね。モダニズム的な四角い建物がすごくたくさんあるので、めちゃくちゃ描きやすい街だと思います。でも、その平らな状態ではブラジルの人たちの街にはならなかった。結局、そこに何かを付与していくわけですが、そのひとつがグラフィティだったのかなって。

原田:なるほど、面白いです。例えば、僕たちはお互いサイングラフィックの仕事をしているじゃないですか。でも、そういうサインデザインのような仕事がブラジルの街では機能しなさそうだなって感じました。サインデザインは、いわゆる「制御」する仕事なんですよね。「こっちに行っちゃいけないよ」とか、「こっちに行った方がいいよ」ってことを指し示す仕事だと思うんですけど、ブラジルには混沌としたものがあって、サインさえも終いにはキャンバスになるんだなって。

阿部:面白いですよね。2日前に建築家の家成俊勝さんとお話ししたときに、街の人たちが、街を設計した人が想定していない動きをしているところがやっぱり面白いねって話をされていて。今の話と少し似ているのかなと思うんですけど。だから、街の風景自体が設計などの「制御」からは生まれていなくて、はみ出したものから生まれているということかな。でも、僕の視点が、わざとはみ出した人を追って撮っているっていうのもあると思うんですよ。たぶんサン・パウロにも、ガチガチに制御される部分もあるとは思うんですけど。でも、そのはみ出したものが何かひとつの状態として街にある。僕にはこれが豊かさみたいなものに見えたんですね。

原田:うん、うんうん。グラフィティロのなかに、もともと映画の技術職をしていた人もいらっしゃったじゃないですか。広告側の仕事をしていた人が、グラフティー側にスイッチしたってことですか? それとも、まだ両方?

阿部:いや。基本的にスイッチしてます、完全に。

原田:スイッチした場合、彼はどうやって生きていくことになるんですか? 今までの職業感が一気に崩れていくと思うんですけど、そのあたりで何か話したり聞いたりしたことがあればお伺いしたいなと思って。

阿部:それに対して直接的なことはお話ししていないんですけど、会話のなかで僕が感じたのは、例えば、グラフィックデザイン、現代アート、ストリートアートっていうジャンルがあったとするじゃないですか。それが向こうでは、ものすごくつながっている。ある意味、ぐだぐだに、曖昧に解釈されているところがあって。だから、たぶん彼のなかではスイッチしてるってあまり思ってないんじゃないかな。

でも、コマーシャルとそうじゃないものっていう違いはありますね。もしかしたらそこにはスイッチがあったかもしれない。彼らは、コマーシャルとアートっていうのをある種の対立構造として語っているけど、なんだろうな、うーん……。アートが指し示すものが、ものすごく広い。だから、もしかしたら彼にとっては映画もひとつのアートであり、そこで一致しているのかなって気もします。

REPORT|映画『街は誰のもの?』2/13アフタートーク@シアターセブン 阿部航太 × 原田祐馬
画像提供:シアターセブン

阿部:さきほど、商業的なデザインの終焉を見たという話もありましたが、僕はこの映画を街を考えるためにつくったんですね。そこで、街を考えるために、原田さんがデザイナーとしてどんな方法を持っているのか? もちろんデザインに限った話じゃなくてもいいんですけど、ちょっと聞いてみたいですね。

原田:そうですね、例えば、コロナ禍でタワーやビルをライトアップしたじゃないですか。赤色は何、青色は何、黄色は何、みたいなことをしちゃってるじゃないですか。あれは、プロジェクションマッピングに近いことだと思っていて。そういうことが、これから広告の世界でもっとスタンダードになっていくと思うと、結構ゾッとするなと思っていて。

公共的なものすべてが民営化されていくって言ったらいいんですかね……。そういう世界が怖いという感覚を、ブラジルの街と対比して思い出していて。そのとき、我々みたいなデザイナーが何をやっていかないといけないのかを、あらためて考えないといけないですよね。

例えば、小さなことですが、SNSみたいなものにも可能性があるかもしれないし、はたまた、紙に印刷することにも可能性があるかもしれない。今回、阿部さんがコミックス版をつくっていたじゃないですか。映画とは異なるメディアがあることによって、内容の理解の仕方も変わるわけですよね。そういうところまでデザイナーが介入して、あの手この手で情報発信していくっていうのは、やっぱり重要なことだなと思いました。

阿部:なるほど。それは「制御」とは真逆な態度ですよね。起こすというか、呼び覚ますというか。そういうことを僕も考えてはいるんですけど、歯痒いところもあって。それでまあ、映画をつくったりとか、なんかやってみようかなと思ってはいるんですけどね。

今日観ていただいて、各々が住んでいる街との差が結構あったと思うんですね。僕自身もその差にびっくりしてこういうものをつくってるんで。それが、誰かと話すきっかけになればいいなと思います。「これからどうしたらいいですか?」みたいな投げかけに対して、毎回こう、答えが弱っちくて申し訳ないんですけど、やっぱり話したり、とりあえず道に座ったり、何かそういうことからでしかはじめられないなと、一方では思っていて。

原田:ああ、(映画のなかで)ブラジルの街なかにパイプ椅子があって、座ってる人もいました。あれ、相当いい風景ですよね。そういうものがどうやったら自然発生的に生まれるのかっていうのは、パイプ椅子をそのへんに捨てておく、とかしかないんですかね(笑)。

阿部:最近よく、ストリートにデザイナーが家具を設置するってよくやられてるじゃないですか。でも、それとは決定的に何かが違う風景ですよね。そこが歯痒いところです。

原田:普通のオフィスチェアみたいにして座ってる人もいましたね。そうですよね、たしかにな。

阿部:うんうん。もちろんデザイナーがすべてやる必要はないので、やれる範囲で全然いいとは思うんだけど、「制御」する方向ではない街のつくり方。そういうのが増えればいいなとは思いますね。

原田:どんどん解放していくデザインっていうのを、デザイナー自身が考えていくと面白いんだろうなと思いましたね。

阿部:そうですよね。ところで、サン・パウロは大阪に似ているってよく言われるんですよ。僕もなんとなくわかる気がするんですね。大阪って、僕が一番アウェイに感じる場所でもあるんですが、それが逆に好きなんです。大阪の街の面白さというか。大阪を拠点にされている原田さんは、街をどういうふうに見てるんだろう?

原田:街自体の面白さっていうよりも、なんかまあ、人のコミュニケーションの面白さが大阪にはあるかなと思っていて。「こうやんな、ああやんな」って、どんだけ喋ってディスカッションしても、最終的には「しらんけど」で終わる。この文化は結構重要だなと思っています。一緒にキャッチボールしてたはずなのに、「しらんけど」によって、ボールはどこに飛んでいくんやろう?みたいな。伝える側にも受ける側にもボールが飛んでいく感覚、そういう世界観はあるかな。家成さんと話していてもそうなんですけど(笑)。もしかしたら、街の風景も「しらんけど」みたいな積み上げ方でつくられているので、いい意味で違和感みたいなものがあるのかなと。

阿部:めちゃくちゃ面白いですね。ブラジルの人たちの動きって、やっぱりコミュニケーションなんですよね。ただA地点からB地点に歩いて移動するんじゃなくて、その間にあるコミュニケーションの形が現れることで街ができてるんだと思います。そのコミュニケーションで何かを解決しようというよりは、ボールをやり取りし合うことが、むしろ目的になってるっていうか。うん、そこにはだいぶ可能性を感じますよね。だから、大阪でこの映画を上映させていただいたことは嬉しい限りなんですけど(笑)。

映画『街は誰のもの?』予告編

阿部航太 / Kota Abe
1986年生まれ、埼玉県出身。2009年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校卒業後、廣村デザイン事務所入社。2018年同社退社後、「デザイン・文化人類学」を指針にフリーランスとして活動をはじめる。2018年10月から2019年3月までブラジル・サンパウロに滞在し、現地のストリートカルチャーに関する複数のプロジェクトを実施。帰国後、阿部航太事務所を開設し、同年にストリートイノベーションチームTrash Talk Clubに参画。アーティストとデザイナーによる本のインディペンデントレーベルKite所属。一般上映としては本作が初の監督作品となる。

原田祐馬 / Yuma Harada
1979年大阪生まれ。UMA/design farm代表、どく社共同代表。名古屋芸術大学特別客員教授。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。

『街は誰のもの?』

監督・撮影・編集:阿部航太
配給・制作:Trash Talk Club
日本|2021年|98分 ©︎KOTA ABE

 

公式サイト https://www.machidare.com/

Twitter https://twitter.com/trash_talk_club

Instagram https://www.instagram.com/trashtalkclub/

Facebook https://www.facebook.com/machidare2021

 

photo:REVIEW|つかの間の「私らしさ」に向かって——後藤哲也とアジアのデザイナーの実践から
Must Reads
2022.09.30
REVIEW|つかの間の「私らしさ」に向かって——後藤哲也とアジアのデザイナーの実践から
仲村健太郎
TEXT: 仲村健太郎 [デザイナー]
MORE
photo:REPORT|黒瀬正剛個展「Lines」
Must Reads
2022.09.27
REPORT|黒瀬正剛個展「Lines」
MORE
photo:REVIEW|大阪をつくったもの、大阪がつくったもの——「みんなのまち 大阪の肖像 第2…
Must Reads
2022.09.26
REVIEW|大阪をつくったもの、大阪がつくったもの——「みんなのまち 大阪の肖像 第2…
岡田栄造
TEXT: 岡田栄造 [デザインディレクター/S&O DESIGN]
MORE
photo:REVIEW|WILD SIDE——「展覧会 岡本太郎」大阪中之島美術館
Must Reads
2022.09.26
REVIEW|WILD SIDE——「展覧会 岡本太郎」大阪中之島美術館
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REPORT|小俣裕祐 写真展「continue」
Must Reads
2022.09.14
REPORT|小俣裕祐 写真展「continue」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#+S Gallery#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#3U#71labo#A-Lab#a:)/2021#ABCホール#about her.#ACoA 2021#AFTER2025#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#Appleの発音#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BabaChisa#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Studio#blueover#BnA Alter Museum#BOOGIE MAN#bowlpond#Breaker Project#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#CASO WEDDING#Casper Sejersen#casual KAPPOU iida#CC:OLORS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#Coci la elle#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#DELI#delta#DEN#desktop#dessin#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dot to dot today#dracom#DRAWERS#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#fabricscape#FaceTime#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU#FON-SU bed&breakfast#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitofushi#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#HOTTA CARPET#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#IDEA FEVES#iei studio#iloilo#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JITSUZAISEI#JPN Kasai#kagoo#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#KEY-KILT#kiken#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#Laboratoryy#laji#LE PRIEURÉ#LEESAYA#Lettuce Warriors#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#MOMENT#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOON FACE BOYS#MOONSLANG#MUESUM#music#Music Bar HOKAGE#myong hwa#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#NOTA&design#ohiana#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Osaka Directory#Oギャラリーeyes#Page Gallery#Panoramatiks#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#Play Time#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RE:PUBLIC#RICE MEALS FOTAN#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SAN#Sayuri Murooka#SEASIDE STUDIO CASO#Seul#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#stillichimiya#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TALK TO ME#Tenon#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#the Farm UNIVERSAL#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TORI#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#Vitra#Void#VOYAGE KIDS#wa/ter#wad#WEBデザイン#Wine Shop SAPO#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YOU ARE WELCOM#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アーキフォーラム#アートエリアB1#アートコートギャラリー#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#あるゐは#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うっぽ#うめきたシップホール#ウンゲツィーファ#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#オソブランコ#オフショア#オル太#ガーデンズ#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#ギータ・クンチャナ#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーセージ#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グッドナイト#くふう#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#コシラエル#ごまのはえ#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#サインズシュウ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#シネマスコーレ#ジャグリング・ユニット・フラトレス#シャムキャッツ#しんご#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#トラべシア#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#にほん酒や#ニュースタアギャラリー大阪#ぬQ#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#はしもとなおこ#ハタノワタル#ひがしちか#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#みんなのうえん#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルース・ファン・ビーク#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#ワヤン・クリ#一般財団法人たんぽぽの家#一野篤#万博記念公園#三好工務店#三木学#三田村啓示#上林翼#上町荘#中之島#中尾微々#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上和也#井上嘉和#井上明彦#京都dddギャラリー#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#伊奈昌宏#佐伯慎亮#佐藤武紀#依田那美紀#依藤貴大#俚謡山脈#元山ツトム#光#八六八ビル#八田亨#内田ユッキ#出町座#前田健治#前田文化#前田瑠佳#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団子供鉅人#劇団態変#加藤智之#加藤正基#千島土地コレクション#千紗子と純太#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#南極ゴジラ#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#友川カズキ#古地図でたどる大阪24区の履歴書#台湾再現雑貨necco#吉本有輝子#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉行良平#吉開菜央#名前はまだなゐ#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#和田ながら#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂井遥香#坂口恭平#垣沼絢子#堀場英史#堀田裕介#堺FANDANGO#堺魚市場#塚原悠也#増田好郎#夏のホラー秘宝まつり#夏目知幸#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大石英史#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪城野外音楽堂#大阪大学#大阪大学総合学術博物館#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立自然史博物館#大阪市立芸術創造館#大阪広告美術協同組合#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#安藤智#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#小俣裕祐#小坂浩之#小松理虔#小林一毅#小海途銀次郎#小竹立原#山下あかり#山下壮起#山下雅己#山城大督#山本佳奈子#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡本太郎#岡田蕗子#岡部太郎#岸本昌也#川上幸之介#布施琳太郎#平山ゆず子#平山昌尚#平野愛#平野舞#廻飛呂男#影絵人形芝居#後藤哲也#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#折口信夫#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#木村和平#末澤寧史#本の人#本橋龍#本渡章#杉田雷麟#村上周#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東郷清丸#東野祥子#東風#松本久木#松本直也#松永理央#松見拓也#林勇気#林慎一郎#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#梅田英春#梶谷いこ#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#極東退屈道場#横山拓也#檜山真有#權田直博#民藝#水沢そら#水野勝仁#江村仁太#汽水空港#沢村さくら#河井朗#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#海野康志#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#淡水#深澤孝史#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#澁谷浩次#濱口竜介#猪子大地#生活の批評誌#生駒山#田中輝美#田原 奈央子#田原奈央子#畑中良太#白波瀬達也#的形#真山隼人#矢萩多聞#石原菜々子#磯上竜也#神戸アートビレッジセンター(KAVC)#神戸映画資料館#福原悠介#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内優介#竹内厚#竹内紘三#竹田写真館#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#笹原晃平#筒井潤#筒井響子#紙器具#維新派#美術研究所#自泉会館#船場エクセルビル#芝野健太#花器工藝 汀#花見小路#茨木市立ギャラリー#菅田貴子#菊池和晃#菊池航#華雪#萩原健#藤井泰玄#藤井龍#藤原成史#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#蝦名宇摩#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#諸江翔大朗#谷内一光#谷内一光時代#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野中モモ#野原万里絵#野田#金子仁司#金明和#金氏徹平#金滿里#釜ヶ崎芸術大学#鈴木並木#鈴木裕之#鉄道芸術祭#長尾圭#長野大輔#間芝勇輔#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#阿倍野長屋#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#飯川雄大#飯田恭央#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山純#高嶋慈#高橋利明#髙島一精#鬼の右腕#鳥海修#黒瀬正剛