本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2022.03.30
#エル・おおさか#梶谷いこ#ART#FASHION#GRAPHIC#MOVIE#MUSIC#PHILOSOPHY#PHOTO#POETRY#PRODUCT#EXHIBITION#REVIEW#TALK

REVIEW|
PUNK! The Revolution of Everyday Life OSAKA

梶谷いこ
文: 梶谷いこ [文筆家]
撮影: 倉科直弘[写真家]

「いいかい? “パンク”っていうのは、メロコアとは違うんだよ。“パンク”は音楽やファッションのことじゃなくて、精神の持ちようなんだからね。それを間違えてもらっちゃあ困るよ」

よっぽど私と“パンク”とが頭のなかで結びつかなかったのだろう。「今から大阪へパンクの展示に行ってくる」と告げた私に、夫はそう言って聞かせた。夫とパンクに一体どのような関わりがあったのかは知らないが、私が“お粗末”なパンク観に毒されやしないかと案じたのだと思う。唐突な、まるで古い映画のセリフのような口調に、私はつい笑ってしまったのだった。

2022年3月6日(日)、倉敷芸術科学大学の川上幸之介研究室がキュレーションをし、岩橋直哉と和倉孝会が主催した「PUNK! The Revolution of Everyday Life」展に行った。会場の大阪府立労働センター「エル・おおさか」は、「表現の不自由展かんさい」の会場にもなったらしい。そしてそれが、本展の関西での開催地を探していた主催者のひとり、和倉にとって選定の決め手になったとのことだった。ここ大阪は、倉敷、東京、長崎、福岡と巡回した本展最後の開催地だそうだ。

展示では、1932年のカール・クラウスによる「永遠の平和のために」の朗読にはじまり、1968年にフランスで起きた五月革命前後の前衛芸術・反体制運動を眺めつつ、イギリスにおけるパンクムーブメントの萌芽から興隆、そしてセクシュアリティや人種を超えた世界規模での展開が、川上研究室が1年かけて集めた、たくさんの映像と資料とともに紹介されていた。

会場入って正面には、カール・クラウス(1874-1936)による《永遠の平和のために》(1932)の映像がプロジェクションされている ※以降のキャプションは、本展ハンドアウトおよびカタログ『PUNK! The Revolution of Everyday Life』を参考に作成
小説家/劇作家のアルフレッド・ジャリ(1873-1907)の代表作、戯曲『ユビュ王』(1896)。フランスのビデオアーティストであるジャン=クリストフ・アヴェルティ(1928-2017)が、ジャリへのオマージュとしてテレビ用に制作した映像作品(1964)=写真右
現代アートの源流のひとつであり、パンクにも多くの影響を与えた「ダダ」。世界に伝播するきっかけとなった初動『ダダ宣言1918』『気取りのない声明』収録、ダダ創始者のトリスタン・ツァラ(1896-1963)編集によるジャーナル『DADA3』(1918)=写真左。ほか、ドイツのアーティスト、ジョン・ハートフィールド(1891-1968)による《Never Again!》(1932)=写真中央
フランスのアーティストであり、「レトリスム(文字主義)」発案・創始者でもあるイジドール・イズー(1925-2007)の実験映画《涎と永遠についての概論》と、詩人フランソワ・デュフレーン(1930-1982)による《叫びのリズム》のレコード(1975)=写真下
レトリスムから分裂したレトリスム・インターナショナルを経て、結成された「シチュアシオニスト・インターナショナル」。急進的な社会革命を志向する組織が発行したジャーナル《International Times, February 16-29, 1968. Situationist poster cover》(原作 アンドレ・バートランド、英訳 キング・モブ)
シチュアシオニスト・インターナショナルと並び、都市や政治へのさまざまな介入を実践する運動体である「ブラック・マスク&アップ・アゲインスト・ザ・ウォール・マザーファッカー」。彼らが発行したジャーナル《Black Mask Issue 1-10》(1966-1968)=写真中央、《UAW/MF Leaflets & Articles》=写真右、映像記録《We Propose a Cultual Exchange》(1968)=写真左
ブラック・マスクによるジャーナル《Black Mask Issue 1-10》(1966-1968)
ロンドン・スクール・オブ・エコノミーの占拠運動(1967)、ノッティング・ヒルのパウィ広場解放(1968)、オックスフォード・ストリートのデパートでクリスマスに行ったゲリラ・ハプニング(1968)など、都市へのゲリラ的な介入を組織した「キング・モブ」。ジャーナル《King Mob Echo 1-6》(1968-1970)=写真左 ほか、ポスター、アートワークなどが展示された
「セックス・ピストルズがSI(シチュアシオニスト・インターナショナル)に端を発しているのであれば、ラディカルな閃光とバーレスクな怒りという彼ら特有のひねりは、ロンドンのノッティング・ヒルを拠点とするごろつき衒学者によってもたらされた」ことを(中略)検証し、現代アートからパンクへのファースト・コンタクトを明らかにします(本展ハンドアウトより抜粋)
キング・モブ《z》(1975)Composite image by Roger Perry, Ellen Nail and Pearce Marchbank, running alongside the tube line between Ladbroke Grove and Wesbourne Park station ©︎Roger Perry, Ellen Nail and Pearce Marchbank
1977年、イギリスはイングランド東部のエセックス州エッピン近郊にあるアナキスト・コミューンを拠点に結成された「クラス」。ギャラリー正面奥の壁には、彼らの《Crass Zine》《Crass Album LPs》(1977-1984)ほか、アレクサンダー・エイ(1960-)監督の記録映像《There Is No Authority But Yourself》(2006)も上映
G.B.ジョーンズ(1965-)とブルース・ラブルース(1964-)により1985年に創刊された《J.D.s》。このZINEからはじまったクィアのためのムーブメント「クィアコア」。ZINEの展示に加え、ヨニー・レイザー(1985-)による《Queercore: How To Punk A Revolution》を上映
アメリカ・ワシントン州オリンピア出身のパンク・バンド、ビキニ・キルを出発点とする「ライオット・ガール」。ジェンダー平等を軸としながら、虐待・差別などさまざまな抑圧、社会問題に向き合うべく団結し、ZINEやグッズ、アートなどを通して波及していったムーブメント。ここでは、ケリー・コーチ監督の映画《Don’t Need You: the Herstory of Riot Girl》(2006)と、ライオット・ガールによるZINEが展示された
ジェームス・スプーナー監督のドキュメンタリー映画『アフロパンク』(2003)から生まれた「アフロ・パンク」シーンを、ミュージシャンであるラムダシャ・ビクシームのZINE《GUNK #4, Ramdasha Bikceem》(1994)とともに紹介
世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシアにおけるパンクシーン。彼らの社会変革のための活動を、記録映像、ZINEとともに紹介・展示。Noisey - Music by VICE《Punk Rock vs Sharia Law - Music World - Episode 5》(2014)=写真中央
  1. thumbnail
  2. thumbnail
  3. thumbnail
  4. thumbnail
  5. thumbnail
  6. thumbnail
  7. thumbnail
  8. thumbnail
  9. thumbnail
  10. thumbnail
  11. thumbnail
  12. thumbnail
  13. thumbnail
  14. thumbnail
  15. thumbnail

爆音のパンク音楽が場内に流れるのでもなく、鋲が打たれた革ジャン、破れたTシャツやジーンズなどのパンクファッションが展示されるのでもない。それはまさしく「精神の持ちよう」としてのパンクを総覧するものだった。

当日は、訳書『女パンクの逆襲──フェミニスト音楽史(​原題:Revenge of The She-Punk)』(ヴィヴィエン・ゴールドマン著、P-VINE、2021年)を刊行したばかりの野中モモを東京から招き、「パンク・ガールズ」と題してのトークイベントも開催された。

REVIEW|PUNK! The Revolution of Everyday Life OSAKA
2022年3月6日(日)に同ギャラリーで開催されたトークイベント「パンクガールズ」

野中はこう語る。

「これでいいんだ!じゃあ自分はどうしよう?と思えるのがZINEのいいところだと思う」

ZINEカルチャーやフェミニズムの話題も織り交ぜたトークに興味深く聞き入りつつも、私はどうしても、ある店のハンバーグに想いを馳せずにはいられなかった。

京都で「ハンバーグ」といえば、必ず名前が挙がる店がある。7、8年ほど前、「コーヒー&グリル」と付くその店の創業者に、私は差し向かいで話を聞くことになった。当時まだ20代の私に、この道半世紀という店の主人は懇切丁寧に、自らの仕事について話してくれた。テレビの料理番組で店のハンバーグのレシピを紹介した際には、“洋食のプロ”を名乗る人物からテレビ局へ苦情が入ったそうだ。

「そんなめちゃくちゃなハンバーグのつくり方を広めてもらっては困る」

そのレシピは、洋食のセオリーからは大きく外れたものだった。今ではすっかり笑い話だというそのエピソードに続けて、店の主人は「せやけど」と言葉をつないだ。

「本当に大切なのは、きちんとしたつくり方をすることよりも、おいしいものを食べてもらうことやからね」

南向きの窓から差し込む光が、彼の真っ白なまつ毛を透かしていた。瞳は真っ直ぐこちらを見ていた。

「自分の五感すべてを使ってね」 

聞けば、店内に飾られた大きな絵や木製のメニューボード、そして食器も自作したものだそうだ。

「できることは全部自分でやってきたというかね。よその人の真似をするのではなくて、なんでも自分のやり方でお客さんに喜んでもらうほうが面白いと思いますね」

柔らかい笑顔で語られたその言葉は、繁盛店の自慢話などではなく、ましてや年寄りの説教でもなかった。私にとって、大いなる励ましであり、甘やかな誘いだった。より広く、より自由な世界への誘いだった。私は見事にアジテートされた。

それからしばらくして、私は1冊のZINEをつくった。『家庭料理とわたし』とタイトルをつけ、普段つくって家族に食べさせている自分の手料理のレシピをまとめた。ほとんど自己流で、“料理のプロ”からしたら眉をひそめたくなる内容もあったと思う。それでも、あの店のハンバーグのおいしさを思い出すと「大丈夫」と思えた。

料理の世界は少なからず権威主義的なところがある。それは師弟関係を結ぶ料理人の道だけでなく、家のなかで食べられる“家庭料理”であっても同じかもしれない。

料理名の前に「◯◯先生の」がつくレシピは、味の保証であり、料理の上達のよすがになる。ときには、つくり手の自意識に関わることも。しかし私の料理は、そういった保証とは無縁のものが多かった。有名な先生方のレシピは、試しに色々つくってみたものの、どうしても我が家の生活に馴染まずそのまま忘れてしまう。結局、自分で編み出した料理ばかりが手元に残った。

だからといって我が家の料理が、料理と呼べないほどとは思えなかった。この料理をつくって、食べて、私は暮らしてきた。それをただ形にしようと思った。

レシピには、その料理にまつわるエピソードをエッセイにして添えた。有象無象のうちのひとりの自分語りなど、誰が読みたがるか皆目検討もつかなかったが、そのエピソード一つひとつが、私にとっては料理そのものと切っても切り離せないものだった。

あとから思い返せば、これが私の文筆活動のはじまりになった。「PUNK! The Revolution of Everyday Life」展のトークで、「パンクにおけるDIYの実践と、その魅力」を訊かれた野中は、「魅力というより、そうするしかないからしてるということですよね」と断りながらも、次のように答えた。

「物事を大きくしていくことや、育てていくことに面白さを感じる人もいるけど、個人的には、アイデアを出すことや、それが形になることに面白さを感じる。その一番最小の単位として、自分の手を動かしてみたり、人に伝えてみたりということがDIYと呼べるのかもしれない。一番原初の、思いがけないものが出てきたり、ただ受け身な消費者でいるのではない、自分が主体になりうると感じることがパンクであり、DIYのいいところだと思う」

REVIEW|PUNK! The Revolution of Everyday Life OSAKA
翻訳家・ライターの野中モモ

きっと私は、あの店のハンバーグの味から、店主の柔らかな眼差しから、DIYの実践の可能性がなんたるかを教えてもらっていたのだと思う。本展やこのトークイベントが、誰かにとっての励ましや、より広く自由な世界への誘いになることを願ってやまない。

梶谷いこ / Iqco Kajitani

1985年鳥取県米子市生まれ、京都市在住。文字組みへの興味が高じて、会社勤めの傍ら2015年頃より文筆活動を開始。2020年、誠光社より『恥ずかしい料理』(写真:平野愛)を刊行。雑誌『群像』(講談社)、『Meets Regional』(京阪神エルマガジン社)等にエッセイを寄稿。誠光社 編集室「和田夏十の言葉」、AVE | CORNER PRINTING Reviewにて連載中。

“PUNK! The Revolution of Everyday Life ” OSAKA

会期:2022年3月4日(金)〜8日(火)
会場:エル・おおさか 第一ギャラリー
企画(キュレーション):川上幸之介
主催:岩橋直哉 和倉孝会
協賛:モトヤユナイテッド株式会社
協力:ゲリラガールズ研究会

“パンクガールズ”
日時:3月6日(日)19:00~20:30
会場:エル・おおさか 第一ギャラリー(定員30名)、Online ZOOM Meeting(定員50名)
登壇:野中モモ

photo:REPORT | Sayuri Murooka solo exhibition
Must Reads
2022.06.20
REPORT | Sayuri Murooka solo exhibition
MORE
photo:REPORT|「casual kappou iida//02」オープン
Must Reads
2022.06.16
REPORT|「casual kappou iida//02」オープン
谷町6丁目の酒場「casual kappou iida//01」の新店舗「casual kappou iida//02」が2022年4月1日(金)にiida//01のあ…
MORE
photo:REPORT|金滿里ソロ公演『漆黒の赤』
Must Reads
2022.06.09
REPORT|金滿里ソロ公演『漆黒の赤』
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第15回:磯上竜也さん(toi books) 
Must Reads
2022.05.31
What’s up?|最近どうですか? 第15回:磯上竜也さん(toi books) 
MORE
photo:REPORT|大阪中之島美術館ミュージアムショップ「dot to dot today」オープン
Must Reads
2022.05.28
REPORT|大阪中之島美術館ミュージアムショップ「dot to dot today」オープン
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#+S Gallery#12/12 unbeautiful end.#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#A-Lab#a:)/2021#ABCホール#about her.#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#Appleの発音#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#BEPPU PROJECT#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#Blend Studio#BnA Alter Museum#BOOGIE MAN#bowlpond#Breaker Project#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#Casper Sejersen#casual KAPPOU iida#CC:OLORS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#cumonos#D.W.M.#DanieLonely#DELI#delta#DEN#desktop#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dot architects#dot to dot today#dracom#EDANE#edition.nord#EIKO#enoco#excube#fabricscape#FaceTime#FIGYA#FIRMUM#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU bed&breakfast#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#hyslom#I SEE ALL#iaku#iei studio#iloilo#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JITSUZAISEI#JPN Kasai#kagoo#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#kondaba#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#laji#LE PRIEURÉ#LEESAYA#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MALL#Marco Gallery#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#myong hwa#Namba Bears#neuthings#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO CONTROL AIR#NOON + CAFE#norm#NOTA_SHOP#NOTA&design#ohiana#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#Sayuri Murooka#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#SHOKKI#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#stillichimiya#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TALK TO ME#Tenon#Teruhiro Yanagihara studio#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#the Farm UNIVERSAL#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#Void#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YEANAY#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アーキフォーラム#アートエリアB1#アートコートギャラリー#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うっぽ#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーセージ#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グッドナイト#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#ごまのはえ#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#サインズシュウ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#ジャグリング・ユニット・フラトレス#しんご#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#タラウマラ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ニットキャップシアター#にほん酒や#ニュースタアギャラリー大阪#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#ままごと#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#一般財団法人たんぽぽの家#万博記念公園#三好工務店#三木学#上林翼#上町荘#中之島#中尾微々#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上和也#井上嘉和#井上明彦#京都dddギャラリー#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#伊奈昌宏#佐伯慎亮#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#八田亨#内田ユッキ#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#加藤智之#加藤正基#千紗子と純太#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂井遥香#坂口恭平#堀場英史#堺魚市場#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大竹央祐#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪城野外音楽堂#大阪大学#大阪大学総合学術博物館#大阪市中央公会堂#大阪市立美術館#大阪市立自然史博物館#大阪市立芸術創造館#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮田直人#小坂浩之#小松理虔#小海途銀次郎#小竹立原#山下あかり#山下壮起#山下雅己#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#川上幸之介#布施琳太郎#平山ゆず子#平山昌尚#平野愛#平野舞#廻飛呂男#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#折口信夫#拉黒子・達立夫#放課後手芸クラブ#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#木村和平#末澤寧史#本の人#本渡章#杉田雷麟#村上周#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本久木#松本直也#松永理央#松見拓也#林慎一郎#柳原照弘#柴幸男#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#梶谷いこ#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#極東退屈道場#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#汽水空港#沢村さくら#河井朗#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#海野康志#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#濱口竜介#生駒山#田中輝美#畑中良太#白波瀬達也#的形#真山隼人#石原菜々子#磯上竜也#神戸映画資料館#福岡市美術館#秋山ブク#稲井亮太#空族#竹内紘三#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#美術研究所#船場エクセルビル#芝野健太#花器工藝 汀#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#華雪#萩原健#藤井泰玄#藤井龍#藤本玲奈#藤田紗衣#藤谷商店#蝦名宇摩#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#諸江翔大朗#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野中モモ#野原万里絵#野田#金子仁司#金明和#金氏徹平#金滿里#釜ヶ崎芸術大学#鈴木裕之#鉄道芸術祭#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#飯田恭央#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高山純#高橋利明#髙島一精