本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.10.16
#山城大督#ART#EDUCATION#MOVIE#PHOTO#STAGE#What's up?

What's up?|最近どうですか?
第9回:山城大督さん(映像作家/美術家)

構成・文: 永江大[MUESUM]

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな~」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況が気になるあの人に声をかけていく本企画。第9回は、今年、大阪・豊中市立文化芸術センターのプログラムディレクターに就任した映像作家、山城大督(やましろ・だいすけ)さんです。

最近とホームムービーと乳酸菌

映像メディアに関わる表現や使いこなしの拡張という点で、映像作家・山城大督の活動は、この新型コロナウイルス感染拡大以前から変わらずその先端ーー新しい技術やメディアと人の接点で試行錯誤しているように見える。このコロナ禍でインターネットを介した映像によるコミュニケーションが盛んになったのはいわずもがなだが、それもあって彼の動きは水を得た魚のように映る。

山城は、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー [IAMAS]、京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)アートプロデュース学科学科、そして東京藝術大学大学院映像研究科で学びと研究を行い、山口情報芸術センター [YCAM] ではエデュケーターとして、オリジナルワークショップの開発・実施や、教育普及プログラムを多数プロデュース。また、2006年よりアーティスト・コレクティブ「Nadegata Instant Party(中﨑透+山城大督+野田智子)」を結成し、全国各地でその土地の人と関わりながら制作、展示を行ってきた。

それらの経歴と活動に表れているのは、学びへの貪欲さと、これまでにない価値観や表現が生まれ出てこようとする場に居合わせる嗅覚の鋭さだろう。2020年に名古屋から京都へと引っ越し、母校である京都芸術大学で教鞭をふるう山城に、近況を聞いてみた。取材はもちろんオンラインで。

What’s up?|最近どうですか? 第9回:山城大督さん(映像作家/美術家)

――京都に引っ越しされたのが2年ほど前ですかね。最近の動きや考えていることなど、今日はいろいろと聞かせてください。

山城:「最近」って人によってまちまちで、1週間とか2週間、もしくは半年の人もいますけど、僕は京都に引っ越したこの1年半くらいの期間に設定しようかなと思います。というのも、2019年の2月後半から3月上旬、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大していった前後で大きな線引きがあって。コロナ禍になって以降すべてが「最近」かもしれないです。それはある部分、止まってしまっているとも言えるし、もがきながらも前進したり、模索し続けていたりする時間がこの1年半だったなと。

――それは多くの人が抱えている感覚かもしれないですね。

山城:そうですね。その最近のことを話すと、僕はあらゆるメディアのなかでも「映像」が自分にとって一番身近な表現メディアだと思っているんですが、それがこの1年半、もうずっと発展し続けていて、とても面白い時間になっている。こうやって映像を通してインタビューを受ける、あるいは会議をする、コミュニケーションをとる機会が格段に増えましたよね。僕が映像に興味をもった小学校くらいのときの「映像」と比べると、2021年現在の映像は「おまえ、どうしちゃったんだ!」ってなるくらい、豹変し続けていますね。そう思いながら、ずっとそれに付き合っている感じ、その先端に自分が参加させてもらっている認識があって。これは、たとえばコンピュータが世に出て、デスクトップやキーボードの概念が生まれたときのプログラマーや開発者の興奮に近いのかなとか、技術の歴史を学びながら想像するんです。

――「発展し続けて」いるというと、どのあたりにそれを感じますか?

山城:基本的に映画やテレビなどのメディアは、記録されたものが未来に編集されて視聴されるものですよね。見る時間と、つくる時間と、撮る時間がが分断されている。加えて、ある大きな資本をもった人たちが映画をつくったり、それを上映できる環境をもった人たちが上映したり、テレビもマスメディアが放送権をもって企画を立て、広告収入を得ながら上映したりして。ある種、僕らはこれまで視聴者でしかなかったと思うんです。それがインターネットが発達していって、オンライン配信を誰もができるようになり、YouTuberが出てきたりしながら、徐々に誰もが映像を発信する側に立てるようになっていった。2019年頃の感覚だと、この先、いろんな人たちが映像を扱うんだろうなくらいに思っていたんですけど、それがこの1年半で、5年くらい先の未来がきちゃった。どういうことかというと、こうやってそれぞれの端末で発信してつながって、コミュニケーションの手段として、対面とオンラインが同等の状況になっていますよね。いまや映像を通したコミュニケーションがなければ僕たちの生活は成立しないといっても言い過ぎではないと思います。対面できない状況だからこそ、こういう映像の使われ方が自分たちを待っていた。これは、一番びっくりしたことです。

――これまでリテラシーや機材を所有する人による、ある種の特権的なものだった「映像」が、多くの人になじんでいった感覚があります。

山城:そうそう。映像人口が激増しましたよね。「映像」を、スマホやカメラ、PCで誰もが扱えるようになってきたから、いろんな伝える方法が生まれていて、それを見るのも面白いんですよね。普段は、映像ベースで考えていなかった人たちでさえ、映像に参加してくれている。それが興奮するところなのかもしれない。それに対して、僕は手助けをしたいというか、こちらがもっている技術や考え方を含め渡したいと思っていて。それが京都で会社「Twelve Inc.」を立ち上げたことや、大学で教えることにもつながっています。

――なるほど。最近の取り組みで印象深いものは?

山城:今年の夏に国立国際美術館で開催された久保田成子展の関連ワークショップは手応えありましたね。最初に教育普及担当の藤吉祐子さんから、展示に合わせて映像のワークショップをやりたいとご依頼があって。もともと対面で開催予定でしたが、実施できるか不安な状況に左右されるより、最初からオンラインにしてしまおうと切り替えました。ただ、授業はやったことあるけれど、手を動かしてなにかをつくるって、オンラインではほぼやったことなくて。頭抱えてどうしようってなっていたんです。最終的には「YOUR VIDEO」という、それぞれの家の記録を撮るオンライン映像ワークショップになりました。ファミリーと思える2名以上であれば誰でも参加できるんですが、募集人数は9組にしぼって。大阪府外、マレーシアや韓国からも応募がありましたね。ファミリーのかたちもそれぞれで、シェアハウスに住む女性3人組とか、自分と祖母とか。

What’s up?|最近どうですか? 第9回:山城大督さん(映像作家/美術家)

――こんな状況だからこそ、家やファミリーを撮る意味ってありそうですね。

山城:昨年のGW前後、みんながステイホームしていたときの家のなかでの記録って、当たり前すぎてあんまり残っていないんですよね。あの時のそれぞれの家のなかを記録を残しておくべきだったなと思うんです。考えようによっては、いまでも遅くないと思いました。内容としては、僕が42の撮影項目と撮影時間をあらかじめ決めて、ワークショップ1日目に参加者へ伝えました。たとえば、「2021年8月8日20時30分頃のテレビ画面を撮影する」「得意技を30秒間撮る」「誰かが日記を書き、その文章を音読するしている様子を70秒間撮る」とか。撮影する行為の振り幅を大きくとって、誰が撮影しても同じというカットもあれば、その人の個性が出まくるものも。1カ月間の撮影期間をおいて、2日目のワークショップでは、撮影したものを自分たちで編集して、パッケージするところまで行いました。これがすごくうまくいって。「自分たちの記録を撮影してください」っていうと難しいんですけど、「◯◯を撮りなさい」ってゲーム感覚で伝えると撮れる。そうやって撮られた映像のなかにも、個々人のらしさやセンスみたいなものが確かに入り込んでいて、これは面白いワークショップができたなと思いましたね。

――実際に参加した人の感想はどうでした?

山城:大好評でした。撮っている最中はあんまりイメージできていなかったみたいなんですが、出来上がった瞬間に、10年後の未来にこの時間=映像を見たとき、どんな気分になるんだろうって感想があって。あと、いまのこの時間を残せて良かったという反応も。

――私たち編集者がドキュメントブックをつくる感覚とも似ているなと思いました。現在進行形でプロジェクトをつくりながら、未来からドキュメンテーションを考える二重の視点が常にあって。

山城:あぁ、たしかに。本の編集と、僕が映像のなかでやっている編集って全然違うものだけど、でも編集しているときの視点って、複数の時間を身体のなかにもって見ないといけない。あのとき楽しかったからこれを入れようじゃなくて、明後日かもしれないし、10年後かもしれないし、昨日の自分かもしれない視点から素材を眺めること。だから、「YOUR VIDEO」は映像技術習得のワークショップじゃなかったんですよ。それを求めて参加した人もいましたけど、映像って単なる道具で、それをなぜ使うのか、使うとどうなるのかをイメージすることが主題でもあった。そういう意味ではすごくうまくいきましたね。

What’s up?|最近どうですか? 第9回:山城大督さん(映像作家/美術家)

――最近、編集者の仕事は乳酸菌の働きに似ているなと思っていて。素材がもつ本来の力を引き上げるような働きがあって、それは山城さんにも感じるところです。出会って間もない人のホームムービーだろうと、はじめて映像という道具を使った小学生の作品だろうと、山城さんは良さを見つけて面白がっていく。身のまわりにある小さな「面白い」をすくい上げるのがうまいんでしょうね。

山城:最近こうやって面白がっているだけじゃだめなのかなって思っていたので。勇気をもらいますね。

――自然と面白いことが生まれていく状況をつくっているというか。

山城:それが一番いいですよね。面白がれるということは、自分のほかに他者がいて、その人たちを信じることでもあるから。まわりの人たちを信じられていなかったら、面白がってる場合じゃない。状況を変えないといけない。

――山城さんが今年度からプログラムディレクターに就いた豊中市立芸術文化センターでも、同じように状況を面白がっていく、つくっていくのだろうなと期待しています。

山城:美術と音楽、映像とメディアアートなど、横断的に企画を設計できる人材として僕にプログラムディレクターの声がかかったのだろうと考えています。美術の文脈に沿ってビシッと展覧会を企画しキュレーションするような人も選べたと思うんですが、そうではない選択をしたのは、本センターの懐深いところ。これまでのセンターとの関わりーー日本センチュリー交響楽団の映像記録や1日だけのパフォーマンス形式の展覧会「 EXSCO – 拡張するスコア」の企画などを通して、可能性を感じてもらえたのだと思っています。

――今後どんな展開になっていくのでしょうか。

山城:山口情報芸術センター[YCAM]でエデュケーターをやっていたときにも感じていたんですが、アートのためのとか、表現者の人たちによる美術や作品だけを見せる場にはしたくないなと思っています。もちろん、そういう場も必要ですよね。むしろ「表現者のための場」は僕は大好きだし、それは美術館にくる人が美術大好きな人だけでも問題ないと思っているくらい。でも、そういう場所だけではよくない。目的をもたずに、市内外から豊中市立芸術文化センターに「なんか面白いもの見れるかな」くらいの気持ちでふらっときて欲しい。音楽や美術に限らず、いろんな世界と出会える場になるといいなと考えています。

2021年9月28日(火)、ZOOMにて収録(取材:多田智美・永江大[MUESUM]、北村智子[おおさか創造千島財団])

What’s up?|最近どうですか? 第9回:山城大督さん(映像作家/美術家)
photo: Takeshi Asano

山城さんの最近気になる◯◯

 

①香りと記憶=香水

香りについて関心が高まっています。マスクをする日常を過ごすようになって1年半。なにかを香るという行為をする機会が少なくなったのが関心をもった理由です。2020年の2月ごろに香水を生まれて初めて買ってみたのですが、その効果が非常に面白いんです。香水をつけた瞬間に、なんというか感情にダイレクトに響いてきます。自分という存在をホームポジションに戻す効果を香りはもっていると感じています。香りと記憶についても興味があります。いつか数年後、この香水をつけると2021年の日常を思い出す日がくるのだろうなと、いまから楽しみにしています。

⼭城⼤督 / Daisuke Yamashiro

1983年⼤阪府⽣まれ、京都市在住。美術家・映像作家。映像の時間概念を空間やプロジェクトへ応⽤し、その場でしか体験できない〈時間〉を作品として展開。 2006年よりアーティスト・コレクティブ「Nadegata Instant Party(中﨑透+山城大督+野田智子)」を結成し、市⺠参加型プロジェクトを全国各地の美術館、芸術祭で発表。また、⼭⼝情報芸術センター[YCAM]にてエデュケーターとして、オリジナルワークショップの開発・実施や、教育普及プログラムを多数プロデュース。2020年より京都芸術⼤学専任講師。第23回⽂化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品受賞。

http://the.yamashirostudio.jp/

photo:REPORT|「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」
Must Reads
2021.11.09
REPORT|「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」
MORE
photo:REPORT|ステーショナリーブランド「ANTORA」リリース
Must Reads
2021.11.07
REPORT|ステーショナリーブランド「ANTORA」リリース
MORE
photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#ACoA 2021#AiR#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#aryy#Ascalypso#ATAKA#BABY-Q#BBF#Birdfriend#blackbird books#Blend Studio#BOOGIE MAN#Buylocal#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#Casper Sejersen#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#D.W.M.#DELI#DEN#dieci#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ紫式部#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery 176#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HEAVEN#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#iaku#in→dependent theatre#iTohen#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#mém#MI Gallery#MMM#Monaural mini plug#MONKEYKING420#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLEO#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#opal time time#opaltimes#Open Storage#Oギャラリーeyes#Page Gallery#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAINBOW HOUSE#RAURAUJI#RICH & BUSY#Riva Christophe#ROCKET#room 209 by silta#RY0N4#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#Soi48#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#Table#TACO studio & office#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#Young-G#YPY#YUGO.#ZOO ANIMALS#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アサノヤブックス#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#オソブランコ#オル太#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カジワラトシオ#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スズキナオ#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド・ブックス#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#ダニエル・アビー#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デカメロン#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#バイローカル#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#マンションみどり#ムジカジャポニカ#モトタバコヤ#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#リヴァ・クリストフ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#万博記念公園#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#俚謡山脈#光#八六八ビル#出町座#前田健治#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉本有輝子(真昼)#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#和泉侃#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#堀場英史#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大田和司#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#孤独の練習#宝龍会#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#平野舞#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#杉田雷麟#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東野祥子#東風#松本直也#松永理央#松見拓也#柳原照弘#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#横山拓也#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#泉州音頭#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#空族#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#菊池航#萩原健#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤松美佐紀#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#透視図#酒航太#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#長尾圭#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明#髙島一精