本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
Original Research
2023.04.21
#ARCHITECTURE#PHOTO

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて

大竹央祐
文: 大竹央祐 [写真家]
編集: 鈴木瑠理子[MUESUM]
Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

気がついたらモンゴルの雄大な草原に立っていた。

と書きはじめるととてもドラマチックに聞こえるが、実際はそんな映画のような話ではなく、ただ急に思い立ってモンゴル行きのチケットを取ってしまい、親切な人たちに助けられたり迷惑をかけたりしながら、なんとかたどり着くことができただけだ。

そもそもなぜモンゴルなのか。2022年3月に、国立民族学博物館で、日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち——モンゴルの100年前と今」が開催された。そのレポートをpaperCで書かせてもらったことがきっかけだった。

展示では、100年前に草原で遊牧生活をしていた人々の姿と、時代の変遷により遊牧をやめ、現代の都市で問題を抱えながらも、独自の文化のなかで生きるモンゴルの人々の生活が対比されていた。僕自身も、建築の内と外の関係性をテーマに写真集をつくったことがある。だからこそ、その手法と過去と今がつながっていく構成に共感するとともに、それまで知らなかったモンゴルの今への理解が深められる感覚があった。普段から、建築に関係するまちや人の生活などにも興味があったので、展示を振り返りつつも、さらに自分なりに調べながら記事をまとめた。

しかしモンゴルについて、さもわかったかのように書いて終わらせてもいいのだろうか。この気持ちや考えていることが身に残っている間に、モンゴルの実際の風景を見てもう少し自分事にしなければと、書き終わってすぐに、現地へ行くことを決めたのだった。

と言っても、無計画なもので、その時点でモンゴルへ発つまであと1週間。正直どうしたらいいかわからなかった。観光したいわけではなく、今の自然なモンゴルの風景に出会いたい。

そんな状態で途方に暮れていたとき、僕と同世代の人がモンゴルで会社を運営しているという記事を見つけた。川田さんという方で、モンゴルの環境問題について情報を発信したり、職人の仕事をつくる取り組みなどをしているようだ。「この人なら」と思い切ってSNSで連絡を取ってみると、快く相談に乗ってくださった。これは一番大きな出来事かもしれない。聞くと、“モンゴルに来た日本人に嫌な思いをしてほしくない”という想いから、よく旅行者のアテンドをしていたらしいのだが、ちょうど日本に帰国する直前だった。タイミングとしても奇跡的に、僕のわがままな無理難題にご協力いただけたわけだ。日本語を話せる従業員の方を紹介してくださるなど、今回の旅はこの方がいなければ成り立たなかったであろう。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

まず空港に着くと、紹介してもらったモンゴル人のメグさんが迎えてくれた。一緒に車で草原の一本道を走り、首都のウランバートルへ向かう。都市に近づくにつれ、秋の緑が褪せてきた大地を歩む動物たちは、徐々に建物や車へと変わっていった。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

そしてさっそく、展示でも見た、モンゴルの社会問題にもなっている渋滞に遭遇した。クラクションが鳴り響くなか、どの車の窓にも何か数字が書かれたメモが貼ってあることに気がついた。メグさんに尋ねると、車の数が多く駐車場がうまく整備されておらず、どこでも覆い被さるように駐車されているため、いつでも運転手を呼び出して車が出せるように電話番号を貼っているらしい。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake
Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

目的の中心地に到着して、初日はメグさんのこれまでや、モンゴルの気になるあれこれを聞きながらまちを少し歩いた。案内をしてくれたメグさんは20代の女性で、日本への留学経験から、若い人への教育や文化の見直しが経済成長に必要だと考えていて、これからのモンゴルについてとても意識が高い方だった。

はがれた壁や穴の空いた道路、即席の露天商。バスケコートで試合をしている子どもたちの背景には、社会主義時代に建てられた集合住宅群がある。はじめてのモンゴルの風景は、メグさんの話とともに自然と入ってきて、展示物でしかなかったものごとが目の前で現実となった。

2日目は、気のいい日本語の上手なラブジャさんに「ゲル地区」を案内してもらうことになった。川田さんの所属する会社を辞め、今はモンゴルで日本語学校を経営している。

ゲル地区とは、多くの遊牧民が都市に移住したものの、社会主義時代に建てられた集合住宅では足りず、都市周辺に1区画平均500㎡の土地が与えられたことでできた、簡易的な母屋とゲル(移動式住居)による居住区だ。冬のモンゴルは氷点下40度を下回る寒さで、耐えきれずに多くが遊牧をやめ、便利で暖かい都市生活に移行しているのだという。展示を通して、水やガスなどのインフラがないなど多くの問題があることは知っていたが、日本でもこういったゆるやかな敷地の使い方が参考にならないかと思い、一番訪ねてみたかった場所だった。

現地に着いて驚いたのは、このゲル地区が都市の中心部から距離が近かったことと、想像以上に広大だったことだ。展示を観たときは、貧困地域の印象があったが、ラブジャさん曰く、一概にゲル地区の人のすべてが貧困というわけではなく、日本で言う郊外の住宅地に近い感覚もあるそうだ。とはいえ、よそ者が勝手にうろうろしていれば、不快に思われることもあるとのことで、気をつけながら区域を歩かせてもらった。

敷地や家の様子も気になり、ラブジャさんに拝見できないか相談したところ、お知り合いの家にお邪魔させていただけることになった。実際に敷地内に入ってみると、やはり余裕を感じる広さがある。お知り合いの方は区画を借り、ゲルを家の離れとして寝泊まりに使っていて、お子さんも公園で過ごすかのように遊んでいた。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

家のなかには水道インフラがないこともあって、水回りがないシンプルな間取りだった。キッチンに蛇口やシンクはない。昔の日本の家のような汲取式便所も離れにあり、基本はくつろぐスペースと寝室の構成で、人が増えればゲルや母屋を拡張して調整する。また、どう効率よく部屋を暖めるかは各々の家で試行錯誤しているそうだ。

ちょうどお邪魔したお宅も、これからの冬支度で家の中心に暖炉を設置するため、DIYで壁を抜く準備をしているところだった。自分たちで自由に考えながら暮らしている姿は、遊牧時代から続く生活の姿勢にも感じた。

しかし、インフラがないという問題は大きい。今ではだいぶ改善されてきているが、寒さを凌ぐためにタイヤや石炭などさまざまな物を燃やした結果、都市が大気汚染で覆われて数メートル先が見えなくなるほどだそうだ。その灰やゴミが堆積して文字どおり山となって、そこに住む人もいる。都市単位で取り組むべき課題が続いているのだ。

その日の夜に、はじめて川田さんとお会いできた。一緒に馬肉鍋を食べながら次の日の計画を立てていると、「草原でゲルキャンプに泊まらないか」と提案された。

展示で見た現代の草原は観光地化されたイメージだったので、今回はまちなかだけを散策しようと思っていた。しかし川田さんから、ゲルキャンプはレジャーの側面だけではなく、残り少ない遊牧民の人たちの安全を守る役割をもっていて、現代の遊牧スタイルのひとつとなっている、と教えてもらった。確かにモンゴルにまで来て、目の前にある草原を体験しないのももったいないなと思い、1日だけ泊まることにした。

そして翌日、川田さんと、日本語が上手で物腰の柔らかいハリナさんと3人で、首都から比較的近くにあるオユンさんのキャンプ場に宿泊することになった。オユンさんは社会主義体制下にあった1990年代、国から役職を与えられたことを機に来日して日本語を学び、退職後に日本人向けのゲルキャンプ場を設立した。都会の喧噪からまわりに何もない草原に着くと、静けさや自然の強さをより感じることができた。

まずは遊牧をしているところへ。羊や山羊の群れに入り、写真を撮らせてもらった。「はじめてで群れに警戒されずに入れる人はいない」とオユンさんに驚かれた。普段から存在感を消して撮影していることが生きたのだろうか……。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

日中は動物が逃げてしまうため、日が出ている間は常に遊牧をしているのだそうだ。朝日とともに動き出し、日が沈むと帰路に着きゲルでの作業に移る。かつては馬に乗って遊牧をしていたが、馬は気分次第で走ってくれないこともあり、今では気分で走らないということがない、いつでも乗せてくれるバイクが重宝されている。

遊牧民のゲルにも赴いた。お邪魔できる時間は必然的にゲルに帰ってくる夜になった。ゲルのなかは自家発電によるテレビはあるが、基本的に暗かった。自家製の酸っぱい干したヨーグルトのようなお菓子をいただき、もてなしを受けた。暗くなって遊牧が終わってからも牛の乳を搾り、その乳を煮詰めて保存食をつくり夜の12時まで働き続け、また朝日とともに遊牧をはじめる。それを働く、仕事と呼んでいいのか。生きると働くがイコールであり、それはただすべきことをしているという切実さがあった。

夜はゲルで川田さんたちと火を囲み、お酒を飲みながら快晴の星空を眺めた。草原に来られて、まちだけでは知ることできなかったモンゴルの原点に少し触れられた気がした。当初、斜に構えてここに来ないつもりでいた自分が恥ずかしい。

昼間に川田さんに教えてもらったことで面白い話があった。モンゴルの人が草原に来て、レジャーとして何をするのかというと、遠近感がなく山なのか丘なのかもわからないが、数百メートル先の高いところをただ目指して行ってみよう、ということをするらしい。最初、それの何が面白いのだろう?と思ってしまった。しかし、レジャー(余暇)の本質はそういうことなのかもしれない、とも思った。自分もこの何もない草原で1日“何もしない”をしたらどうなるか試したくなり、もう1泊ゲルに泊まることにした。まちの喧噪に戻ることを考えたとき、草原の魅力に負けてしまった。そもそも来るつもりがなかった草原に、2泊することになるとは思いもよらなかった。

翌朝、川田さんたちを見送りひとり草原に残った。昨日遊牧をしているときに動物の骨が落ちているのが気になり、そのことをオユンさんに伝えると、「いい場所がある」と近くの高台にミゼットで連れて行ってくれた。そこは、一番大事にしていた馬が亡くなったときに、頭だけを持ってきて風葬する墓碑だった。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

この高台があることで見えていなかったが、キャンプ場の先には草原がさらに続いていた。そして、草原に来て、はじめて池らしきものを見た。聞いてみると、地下の岩塩から吹き出した水で、動物たちを肥やすために摂取させる大事な塩分なのだそう。周辺に対象物がないので、どのくらいの大きさで、ここからどのくらいの距離があるのかわからなかったが、モンゴルの人の余暇の過ごし方に倣い、そこを目指すことにした。

しかし、上から見たときはすぐそこにあると思ったが、1時間ほど歩いても一向に池が現れる気配はない。何より、地平で見ると草が目隠しとなって、方角すらも合っているのか不安になってくる。

たびたび目にする山羊の骨や現代のゴミ。普段自分たちが生活している環境でこれらが見えなくなるのは、建物が覆い見えなくするからだ。一方で、ここには建物がないことで、距離が物を見えなくもさせる。歩いても変わらない景色が時間の感覚をも奪う。

日差しと風を受けながらさらに歩き続けていると、地面が柔らかくなる感触があった。そして、歩みを進めるうちに、光るものが見えた。ようやく池が姿を現したのだ。風になびく水面を眺めていると、後ろから牛の群れが列をなして近づいてきた。ぞろぞろと池に入っていき、塩水を飲むと脱糞をして通り過ぎていった。

また時間をかけてキャンプ場まで戻り、日が暮れるまで近くの草原の真ん中でビールを飲みながら時間が経つのを待った。

だが、その日の夜は、前日と打って変わって雨風が強く冷え込み、段々と気分が悪くなっていった。寒さと風で揺られるゲルの音で夜中に目覚め、寒気と吐き気に襲われた。朝まで嘔吐を繰り返しつつ、なんとか都心のホテルまで戻ったが、結局残りのモンゴル滞在をホテルで過ごすことになってしまった。

何か食べたものがあたったのかといろいろ思い返していると、ひとつ思い当たることがあった。草原でオユンさんが話した、「遊牧民は、日中遊牧をしている間は水すら摂らず、ゲルでのみ食事する」という言葉だ。おそらく、夕方に草原でビールを飲んだときに、何かしらの菌が入ってしまったのかもしれない。習慣一つひとつに意味があるのだと体で実感できた。この言葉はもう忘れることはないだろう。

Beyond Inn Out ——モンゴルに共有地をもとめて
photo: Yosuke Ohtake

今回行動した範囲は、モンゴルのなかでもほんのごく一部で、数日居たくらいでは、長く大きな歴史をもつモンゴルを知るには時間が足りなかったであろう。それでも、実際に来たからこそ見られた景色や現状は確かにあった。

滞在の後半は体調を崩してしまい、現地の力強さを感じると同時に、自分の繊細さや弱さも痛感した。予定していたけれどできなかったことも多く、悔しさの残る旅ではあったが、そんななかでも土地のスケール感に圧倒されたり、人々の強さを感じられる大きな体験となった。引き続き、まだ見ぬ地域や季節、これからの変化を追っていきたいと思う。今一度、川田さんをはじめ、モンゴルを案内してくださったみなさんに感謝の意を伝えたい。

大竹央祐 / Yosuke Ohtake

建築写真家。1989年大阪府豊中市生まれ。2013年京都工芸繊維大学を卒業。まちや文化、人の営みのなかに建築とのつながりを見出すために、写真を通して幅広い活動を模索している。
http://yosukeohtake.com/

photo:REVIEW|飯島暉子「藪」
Must Reads
2024.04.20
REVIEW|飯島暉子「藪」
大島賛都
TEXT: 大島賛都 [アーツサポート関西 チーフプロデューサー/学芸員]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第27回:石﨑史子さん(アトリエひこ)
Must Reads
2024.04.15
What’s up?|最近どうですか? 第27回:石﨑史子さん(アトリエひこ)
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第25回:安宅洋輝さん(ATAKA)
Must Reads
2024.03.30
What’s up?|最近どうですか? 第25回:安宅洋輝さん(ATAKA)
MORE
photo:REVIEW|谷澤紗和子「矯めを解す」
Must Reads
2024.03.26
REVIEW|谷澤紗和子「矯めを解す」
大島賛都
TEXT: 大島賛都 [アーツサポート関西 チーフプロデューサー/学芸員]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第24回:リム・カーワイさん(映画監督)
Must Reads
2024.03.12
What’s up?|最近どうですか? 第24回:リム・カーワイさん(映画監督)
MORE
おおさか創造千島財団
Instagram
Twitter
#『有頂天家族 二代目の帰朝』##apina#+1 art#+1art#+CEL#+S Gallery#101010#12/12 unbeautiful end.#140B#1729#1970年大阪万博#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#3U#45#71labo#7FO#A-Lab#a:)/2021#abcde#ABCホール#about#about her.#ACoA 2021#ACTIVE LINKS#adachiyukari.#AFTER2025#AHMED MANNAN#Ai Hirano#Ai Ono#ai2 gallery#AiR#Aki Yamamoto#Alchemyverse#Alffo Records#ALIEN PARADE#ALNLM#Andrea Galano Toro#ANIMA#ANTIBODIES Collective#ANTORA#AOKI LUCAS#Appleの発音#Arata Osumi#archipelago#architecture#art#Art Beat Cafe NAKANOSHIMA#ART OSAKA#ARTCOURT Gallery#artgallery opaltimes#aryy#AsahiNa#Ascalypso#ASITA_ROOM#asuka ando dub u set#ATAKA#ataW#Atelier Tuareg#Attitude#AURORA BOOKS#AZUMI#BabaChisa#BABY-Q#bamulet#BBF#BEPPU PROJECT#Billboard Live OSAKA#Birdfriend#BIRDS’ WORDS#blackbird books#BLANC IRIS#Blend Living#Blend Studio#BLOOM GALLERY#blueover#BnA Alter Museum#BOOGIE MAN#BOOKS+コトバノイエ#bowlpond#Breaker Project#Bridge#brk collective#BROOK FURNITURE CENTER#BRUTUS#bulbus#buttah#Buylocal#BYTHREE inc.#c’è c’è#Calo Bookshop & Cafe#CAP48#CÀRRY HOUSE#CAS#CASICA#CASO WEDDING#Casper Sejersen#casual KAPPOU iida#CBX KATANA#CC:OLORS#CCBT#cheren-bel#chignitta space#Chiharu Oguro#Chokett#CHOVE CHUVA#CIRCUS#CIRCUS OSAKA#Classical photograph®#Club Daphnia#Club Stomp#CM SMOOTH#Coci la elle#coeur ya.#Colloid#Compufunk#conatala#CONPASS#contact Gonzo#CONTENASTORE#credenza#cumonos#D.W.M.#Dai Fujimura#DanieLonely#danny#DDAA#DELI#delta#DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Space#DEN#Dept.#Design Journal #0#desktop#dessin#dieci#DJ ENELOOP#DJ HONEYPANTS#DJ カレー#DJ-AK#DJのこぎり火星#DJ紫式部#DJ紫式部 & MC横揺れけんけん#DJ薬師丸#DMOARTS#dot architects#dot architects + iei studio#dot to dot today#dracom#DRAWERS#E&Y#EDANE#edition.nord#Eihi Go#EIKO#elements#EMMA COFFEE#Endurance#enoco#environment 0g#Enya Nukaga#Etsuji Noguchi#Ett#excube#F. アツミ#F.ジャパン#FabCafe kyoto#fabricscape#FaceTime#FAKE DUB BAND#FANTASTIC MARKET#FIGYA#FIRMUM#FLAT(髙田織物)#FLOOAT#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FON-SU#FON-SU bed&breakfast#FOOD ORCHESTRA#FREITAG#Fujimura Family#FUJITA KINZOKU#fuk#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#FULL VIBES SHOP#Fumika Akahira#futatsukukuri#G&S 根雨#GAISEN#Galerie de RIVIERE#gallery#GALLERY 04街区#gallery 176#Gallery Blau Katze#gallery nomart#GALLERY URO#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GalleryAmi-KANOKO#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#graf kitchen#graf porch#Graphpaper#GULIGULI#Hacoa#haec#hanamikoji#happy freak#HEAVEN#Hei Tanaka#Hender Scheme#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#HIDA#hidesumix#Hiroaki Ooka#Hironobu Ishikawa#hitofushi#hitoto#HMP Theater Company#HOP KEN#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#HOTTA CARPET#howse#HR-STICKO#Hyper Ambient Club#hyslom#I SEE ALL#iaku#ICE-K#ICE-UP#IDEA FEVES#iei studio#IFUJI#IIKINGZ#Ilmm#Ilmm #0#iloilo#in MUSEUM SHOP#IN/SECTS#in→dependent theatre#indian no echo sign bine no!#INNK#ISHIDASEIBOU#iTohen#iwase to midi#JAM#Jap Kasai#JIKAN<space>#Jinta Emura#JIRO NAGASE#JITSUZAISEI#JOJO広重#JOZE+#JPN Kasai#JUPITER & OKWESS#JUU#JUU arts&stay#kagoo#Kaoru Yoshida#KARINOMA 旧武石商店#KAYA#KAZE ART PLANNING#Kees van Leeuwen#keisuke terada#KEN FINE ART#keshik.jp#KEY-KILT#kiken#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET#KK manga#KOICHI TSUTAKI#kondaba#Koo*nee#KUNIO TERAMOTO aka MOPPY#KYOTO EXPERIMENT#Laboratoryy#laji#LE PRIEURÉ#LEESAYA#Lettuce Warriors#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#LIMINAL PRAXIS#Live Bar FANDANGO#LUCKY SHOP#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#M1997#MagaYura#Mai Akashi#majikick#makes no sense#makiko&TAKKUN#makomo#Makoto Saito#MALL#Marco Gallery#MARU TO#MASAGON PARK#MASK#matoya#MAXIMSAW#mém#Merry Ghosts#MI Gallery#midi#MiKan屋#Minami Samejima#MINE#Minimum Theater#mizutama#MMM#Moe Watanabe#MOMENT#Monaural mini plug#MONKEYKING420#Monochrome Circus#monotrum#MOON FACE BOYS#MOONSLANG#moving days#MUESUM#mur#music#Music Bar HOKAGE#Muzan Editions#myong hwa#N project#NAKAM#NAKANOSHIMA ZINE’S FAIR#Namba Bears#NANEI ART PROJECT#Naotsugu Yoshida#NASUギャラリー#NAWA#NAZE#neco眠る#NEST#neuthings#neutral#NEUTRAL COLORS#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NO ARCHTECTS#NO CONTROL AIR#NOISE VIBEZ#NOON + CAFE#NOON+CAFE#norm#NOTA_SHOP#NOTA&design#NOWHAW#Nowhere Hajinosato#nuxyotaurus#o+h#oboco#ohiana#OIGEN#OKJ#OLEO#OLGA-goosecandle-#OluNoA#ondo tosabori#ONI#opal time time#opaltimes#Open Storage#Osaka Art & Design 2023#Osaka Directory#OVRSCN#Oギャラリーeyes#Page Gallery#Pangea#Panoramatiks#PANTALOON#paragram#PEDESTAL#peel#photo gallery Sai#pianola records#PINE BROOKLYN#PLANET+1#PLANT#PLANTATION#Play Time#pocopen#POL#poly#PONY PONY HUNGRY#popo#Pora#Pulp#PUNK! The Revolution of Everyday Life#RAURAUJI#RE:PUBLIC#remo#RICE MEALS FOTAN#RICH & BUSY#Richard James Dunn#RISE UP#Riva Christophe#ROCK DESIRE#ROCK WAVE#ROCKET#rofmia#ROKUROSHA#room 209 by silta#RY0N4#Ryota Nishimoto#SAA#SAKAINOMA café熊#SAN#SASAKI#SaToA#Satomi Ando#SAU#Sayuri Murooka#SEASIDE STUDIO CASO#Seul#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#Sghr#SHAN-T#SHAQUDA#SHELF#Shigehiro Kadena#Shinjimasuko#Ship of Fools#SHOKKI#Shuhei Narita#Shuji Codama#Shuo Iwakiri#silta#simple wood product#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#SKUNA#so objects#SOCIALDIA#Socio-1#socket#SOCKS FACTORY SOUKI#SOCORE FACTORY#Soi48#SŌK#solaris#Sophie Cruzel#SOUND MAFIA#Spatial composition#speedometer.#SpinniNG MiLL#SR-ONE#ssud#stillichimiya#STRING#studio coote gallery#studio J#Studio Kentaro Nakamura#STUDIO713#studiocloud#su#SUCHSIZE#SUGAI KEN#SUKIYAKI MEETS THE WORLD#SUNABAギャラリー#SUPER FUNKASTIC MARKET#SUPER SKUNK#Super Studio Kitakagaya#SUPER-B#Table#TACO studio & office#Takuya Yamamoto#TALK TO ME#Talk with _#tamari architects#TANYE#TANYE Gallery#TAO XIANG UOO#Taro Tanaka#TEN'S UNIQUE#Tenon#Tenshin Juba#TERROIR#Teruhiro Yanagihara studio#Tetsuya Kobayashi#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE COPY TRAVELERS#the Farm UNIVERSAL#THE FLOW#THE ROB CARLTON#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THE TORONTO INK COMPANY#THEATRE E9 KYOTO#THOUS#TKD SOUND#Tobira Records#toe#toi books#TOOTARD#TOPOLOGY#TORI#TOTOギャラリー・間#TRA-TRAVEL#TSURUMIこどもホスピス#Tsutomu Takeshita#TUAREG#tuuli#tuuli FARM#Tyrni#TYS#UMA#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#UNITE#unpis#UPPALACE#VAGUE EYE#VAGUE KOBE#vis#VISUAL ARTS GALLERY#Vitra#Void#VOYAGE KIDS#wa/ter#waccara#wad#WATARU TANABE STUDIO#WAZAO-IPPON feat.江戸和竿#WEBデザイン#WI'RE#wine no ten#Wine Shop SAPO#WONDER FOREST#WOODMAN#WORM#YARD#YARD Coffee & Craft Chocolate#YARD Coffee House#YCAM#YEANAY#YEANAY OSAKA#YELLOW#YMP#YOD Gallery#Yohei Kunitomo#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshihiro Mikami#Yoshimi Arts#Yoshio Sakai#YOSK#YOU ARE WELCOM#Young-G#YPY#YTAMO#Yu Umemoto#YUGO.#YUI•STEPHANIE#Yuji Murakami#Yukawa-Nakayasu#Yuki Hatano#ZINE#ZOO ANIMALS#β本町橋#アーキフォーラム#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アイイロ画廊#あかたちかこ#アサノヤ#アサノヤブックス#あさぼらけの朝ごはん#アシタノシカク#あしたのベストバイ#あしたのベストバイマーケット#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエひこ#アトリエ三月#アフリーダ・オー・プラート#あべのま#アラヨッツ#アリスセイラー#アルテマイスター#あるゐは#イエナイ#イガキアキコ#いくのパーク#イチノジュウニのヨン#イトヘン#イラストレーター#イル・ソッフィオーネ#イロリムラ#インゲヤード・ローマン#インディペンデントシアター#インディペンデントシアター2nd#ウイングフィールド#ヴェネチア・ビエンナーレ#うさぎの喘ギ#うだつ上がる#うっぽ#うめきたシップホール#ウンゲツィーファ#エコノレッグ#エスパス ルイ・ヴィトン大阪#エディション・ノルト#エム・レコード#エル・おおさか#エル・ライブラリー#オーガニック連売所#おおさか創造千島財団#オオルタイチ#おお企画室#オシリペンペンズ#オソブランコ#オパールタイムス#オフショア#おみごとスナック御美娘#オリナスジカン#オル太#ガーデンズ#カール・テオドア・ドライヤー#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#かえる科#カジワラトシオ#カペイシャス#カメイナホコ#かもしか道具店#カモメ・ラボ#ギータ・クンチャナ#キッチンにて#キッチンにて2#キム・ミョンファ#きむらとしろうじんじん#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーササキ商店#ギャラリーセージ#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#ギャラリーミヤコ#ギャラリーヨルチャ#ぎゃらりい ホンダ#ギャルリ・ド・リヴィエール#キュートネス#くさかんむり#グッチのにがお切り絵屋さん#グッドナイト#グッドラックヘイワ#くふう#クモノス#クラフトフェア#グランキューブ大阪#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#クリエイトセンター#クレハフーズ#げいまきまき#ゲリラガールズ研究会#ケンエレブックス#ケンジルビエン#コーポ北加賀屋#ココルーム#コシラエル#コトリ会議#こまぐむ#ごまのはえ#コムウト#コルネッツwith西村哲也・夏秋文尚#こんがりおんがく#コンタクト・ゴンゾ#ザ・フロー#サイケアウツG#サイノツノ#サインズシュウ#サカイヒロト#さかい利晶の杜#サカナズキ#サファリ・P#サリngROCK#サロンモザイク#シーサイドスタジオCASO#シアターセブン#シカク#シタンダリンタ#シチニア⾷堂#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#シネマート心斎橋#シネマスコーレ#シバスパイス#ジャグリング・ユニット・フラトレス#シャムキャッツ#ジャン・ユスターシュ#ジュエリー#ジュリエット・礼子・ナップ#しんご#スキマ#スキマ 大阪#スケラッコ#スズキ ユウリ#スズキナオ#すずもの提灯#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#スタンド プチ#スタンド・ブックス#スチャダラパー#スノーピーク#すみのえアート・ビート#せんだいメディアテーク#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#タカハシ ‘タカカーン’ セイジ#タグボート大正#タナカタツヤ#たなべたたらの里#ダニエル・アビー#ダムタイプ#タラウマラ#チェジェチョル#チグニッタ#チャルカ#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#ティティ#デカメロン#デザイン#テニスコーツ#てぬぐいCHILL#デラハジリ#トウヤマタケオ#ときめきのテレパシー#どく社#トヨクニハウス#とよなかアーツプロジェクト#トラべシア#トリコ・A/サファリ・P#トンチ#ナイスショップスー#なべたん#なんば#ニシジマ・アツシ#ニットキャップシアター#にぼしいわしのにぼし#にほん酒や#ニュースタアギャラリー大阪#ぬQ#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ノックの帽⼦屋#バイローカル#ハウススタジオ#はがみちこ#はしもとなおこ#ハタノワタル#パックインタカギ#はっち#ハッピー商会#ハニービー#パブロ・ラ・ポルタ#ひがしちか#ビッグ・アイ#ピンク地底人/ももちの世界#ピンク地底人3号#ビンビール#ピンポン食堂#フェスティバルゲート#フタツククリ#ブブ・ド・ラ・マドレーヌ#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルータス#ブルームギャラリー#ブレーカープロジェクト#プレスアルト#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#ボタ#ぽてと#マーケット#マーヤン#マエムキスーツ#まがり書房#まくらのキタムラ#マチソワ#マックス・ラム#マヅラ#ままごと#マリー・ルー・ダヴィド#マリオ・ヴァーバ#マリヲ#マルシェ#マンションみどり#みくり食堂#ミヤザキ#みるば#みんなのうえん#みんぱくゼミナー#みんぱくゼミナール#ムジカジャポニカ#めぐる八百屋オガクロ#モトタバコヤ#ものづくりのしごとを知る#ももちの世界#モモモグラ#モロ師岡#ヤノベケンジ#ヤマチク#ヤン・ジョンフン#ラララチャイナ#ランドセル#リヴァ・クリストフ#リム・カーワイ#ルース・ファン・ビーク#ルサンチカ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#レンバイ#ロームシアター京都#ロフトプラスワンウエスト#ロフトワーク#ワタンベ#ワヤン・クリ#ゑでぃまぁこん#一心寺シアター倶楽#一般財団法人たんぽぽの家#一野篤#七尾旅人#万博記念公園#三ヶ尻敬悟#三好工務店#三宅右記#三木学#三橋琢#三津寺#三浦崇志#三田周#三田村啓示#上手工作所#上本町#上林絵里奈#上林翼#上町荘#下村よう子#中之島#中之島香雪美術館#中井産業#中原みお#中国山地#中尾微々#中山佳保子#中島麦#中崎町#中川和彦#中川政七商店#中川裕貴#中村悠介#中田由美#中脇健児#中谷奨太#中辻󠄀悦子#中野一夫#丸山僚介#丸山真輝#丹波篠山市#丼池繊維会館#亀の子束子西尾商店#二俣 公一#二艘木洋行#五ふしの草#五十嵐製紙#井上亜美#井上和也#井上和哉#井上嘉和#井上明彦#井口直人#京都dddギャラリー#京都シネマ#京都国際舞台芸術祭#人形劇#人形劇団クラルテ#今井祝雄#今村謙人#今村達紀#仏教#仲村健太郎#仲谷萌#伊吹拓#伊奈昌宏#伊藤祐紀#伊藤隆之#佃七緒#佐々木ヤス子#佐伯慎亮#佐倉仁#佐藤武紀#佐藤真#佛願忠洋#作業場#依田那美紀#依藤貴大#俚謡山脈#保坂和志#倉橋健一#健康#元山ツトム#元木大輔#元永定正#光#光と音の専門店ハオハオハオ#光永これゆき#児玉房子#入船#八六八ビル#八田亨#公益財団法人大阪労働協会#具体#内橋和久#内田ユッキ#写真館ごっこ#出町座#前川強#前田健治#前田剛史#前田文化#前田瑠佳#創作カレーツキノワ#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団子供鉅人#劇団態変#劇団衛星#加納大輔#加納良英#加藤・デヴィッド・ホプキンズ#加藤博久#加藤智之#加藤智之(DanieLonely)#加藤暁#加藤正基#加藤直徳#加藤駿介#北加賀屋#北岡本店#北浜蚤の市#北浜蚤の市×ほんのもりピクニック#北脇勇人#北航平(coconoe / studio guzli)#北里暢彦#匿名劇壇#十方衆生(わたし)をほっとけない話#千島土地コレクション#千紗子と純太#千鳥文化#千鳥温泉#升田学#半田慈登#南極ゴジラ#南海電気鉄道株式会社#南貴之#占星術#原久子#原田祐馬#原田裕規#又吉重太#友川カズキ#古地図でたどる大阪24区の履歴書#古市邦人#古橋悌二#古物#古舘健#古谷宣幸#古谷野慶輔#台湾再現雑貨necco#吉増剛造#吉岡千尋#吉川和弥#吉本有輝子#吉本有輝子(真昼)#吉村祥#吉田凪詐#吉田裕美佳#吉行良平#吉行良平と仕事#吉開菜央#吉阪隆正#吉鶴かのこ#名前はまだなゐ#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#味果丹#和ろうそくkobe松本商店#和泉侃#和泉木綿#和田ながら#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#国際障害者交流センタービッグ・アイ#園田源二郎#土井政司#土方巽#土田有里奈#土田貴宏#坂井遥香#坂内拓#坂口恭平#垣沼絢子#堀場英史#堀田裕介#堺#堺FANDANGO#堺一文字光秀#堺魚市場#塚原悠也#塩田千春#増田好郎#増田桐箱店#増田真結#増田薫#壱劇屋#壺屋焼窯元育陶園#夏のホラー秘宝まつり#夏目知幸#夏秋文尚#夕暮れ社 弱男ユニット#夕書房#多賀盛剛#多賀結いの森#夜長堂#大仙公園#大力拓哉#大和工房#大国町#大坪晶#大坪良樹#大宜見由布#大島賛都#大川家具製作所#大成紙器製作所#大木衛#大森一樹#大槻能楽堂#大正#大正るつぼん#大正区#大江正彦#大淀#大熊隆太郎#大田和司#大石英史#大竹央祐#大西伸明#大西麻貴#大谷賢治郎#大野雅彦#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪コリアタウン歴史資料館#大阪中之島美術館#大阪城野外音楽堂#大阪大学#大阪大学中之島センター#大阪大学中之島芸術センター#大阪大学出版会#大阪大学総合学術博物館#大阪市中央公会堂#大阪市立東洋陶磁美術館#大阪市立美術館#大阪市立自然史博物館#大阪市立芸術創造館#大阪広告美術協同組合#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪文学学校#大阪日本民芸館#大阪歴史博物館#大阪芸術大学#大阪農林会館#大阪高島屋#大阪髙島屋#大館工芸社#天国注射#天満橋#太田翔#妄想インドカレーネグラ#子どもの本屋ぽてと#孤独の練習#宇津木千穂#守屋友樹#安宅洋輝#安田よーこ#安藤明子#安藤智#安達綾子#宗久典高#宝龍会#室岡小百合#宮前良平#宮崎貴生#宮本章太郎#宮田直人#家入健生#密#寺内玲#寺尾紗穂#寺田英史#小俣裕祐#小倉ちあき#小倉寛之#小坂浩之#小山泰介#小川拓史#小川美陽#小松理虔#小林一毅#小林円#小池アイ子#小海途銀次郎#小田香#小竹立原#小骨座#屋台の学校#山下あかり#山下壮起#山下雅己#山中suplex#山中透#山内弘太#山口良太(slowcamp)#山口茜#山城大督#山崎幹夫#山崎春美#山崎紀子#山月智浩#山本佳奈子#山本理恵子#山本紀代彦#山本紗佑里#山本考志#山本能楽堂#山本製菓#山本貴大#山本魚#山次製紙所#山田繁#山田蟲男#山田輝#山田麻理子#山納洋#山谷一也#山﨑愛彦#岡啓輔#岡山健二#岡本太郎#岡田蕗子#岡部太郎#岩中可南子#岩崎裕樹#岩崎龍二#岩瀬ゆか#岸和田市立自泉会館#岸政彦#岸本昌也#島之内教会#島田芽依#島田芽生#嶋田翔伍#川上幸之介#川崎美智代#川幡祐子#川西まり#工藤冬里#布施琳太郎#平山ゆず子#平山昌尚#平田オリザ#平田剛志#平野愛#平野舞#平野隼也#幸小菜#廣田碧#廻飛呂男#弁弾萬最強#弘前こぎん研究所#影絵人形芝居#後々田寿徳#後藤哲也#御殿山生涯学習美術センター#徳田健#心の傷を癒すということ#心斎橋CONPASS#心斎橋PARCO#志賀理江子#想い出波止場#慈愛#扇町ミュージアムキューブ#折口信夫#拉黒子・達立夫#指勘#放課後手芸クラブ#敷地理#文房具#日ポリ化工#日ポリ化工株式会社#日下慶太#日本キリスト教団阿倍野教会#日本のまちで屋台が踊る#日本工芸産地博覧会#日本橋の家#日野浩志郎#日野浩志郎(YPY)#旧名村造船所跡地#旭堂南龍#旭堂小南陵#明るい部屋#暮chic#暮らし#暮らしと民藝#曹舒怡#有限会社りす#服部滋樹#朝田直子#朝野ペコ#朝陽会館#木下理子#木下菜穂子#木村和平#木村耕太郎#木村達也#末澤寧史#本の人#本岡一秀#本庄西の現場#本庄西施工地区#本橋龍#本渡章#杉原永純#杉田雷麟#村上周#村角太洋#東京#東大阪市文化創造館#東大阪市民美術センター#東影智裕#東智恵#東瀬戸悟#東郷清丸#東野祥子#東風#松尾優太朗#松尾真由子#松岡大雅#松島組紐#松本セイジ#松本久木#松本直也#松永理央#松田壯統#松田康平#松見拓也#松谷武判#板橋留五#林勇気#林慎一郎#林慶一#枚方市総合文化芸術センター#柚木沙弥郎#柳原照弘#柳家喬太郎#柴原直哉#柴幸男#柴田英昭#株式会社Bond#株式会社ここにある#株式会社ロフトワーク#桂九ノ一#桂文五郎#桂雀太#桃谷#桑折現#桜川#梅本敏明#梅田#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ハードレイン#梅田ムジカジャポニカ#梅田ロフト#梅田哲也#梅田英春#梅田蔦屋書店#梅香堂#梶谷いこ#森善之#森山茜#森本凌司#森村泰昌#森栄喜#森裕子#森見登美彦#植木歩生子#植松琢麿#植物屋fytó#極東退屈道場#横山大介#横山拓也#横沢俊一郎#橋ノ上ノ屋台#橋本浩明#檜山真有#權田直博#正直者の会#死後くん#民藝#民謡クルセイダーズ#水沢そら#水田雅也#水野勝仁#水野太史#水鳥川岳良#永井秀樹#永吉 佑吏子#永田賢司#江口琴理#江崎將史#江村仁太#江村幸紀#池川タカキヨ#池田 慎#池田剛介#汽水空港#沢村さくら#沢田眉香子#河井朗#河内崇#河村都(華裏)#沼#泉宗良#泉州音頭#法華寺#注染手ぬぐい にじゆら#津田和俊#津田祐果#浄土宗應典院#浅川マキ#浅野隆昌#浜口標本#浦田友博#浪曲#海野康志#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#淀川蘭子#淡水#淡路島#深澤孝史#清原織物#清原遥#清川敦子(atm)#清流劇場#清澤暁子#渡辺橋#渡辺綾子#渡邉朋也#渡部睦子#湯浅春枝#溝口紘美#滋賀県立美術館#漆琳堂#演劇#澁谷浩次#澄毅#澤村喜一郎#濱口竜介#灯しびとの集い#焙煎と珈琲織の花。#熊取町#犬と街灯#犬丸暁#犬吉#狂言#猪子大地#玉住聖#玉川堂#玉田和平#琉球びんがた普及伝承コンソーシアム#生活の批評誌#生活史#生駒山#田中輝美#田中遊#田原 奈央子#田原奈央子#畑中良太#番長シャーク#疋田実#白井瞭#白波多カミン#白波瀬達也#白目#白石悠#白石晃一#白紙#百万年書房#百田有希#的場愛美#的形#看太郎#真山隼人#矢萩多聞#石すもう#石原菜々子#石原菜々子(kondaba)#石川琢也#石野田輝旭#石﨑史子#磯上竜也#神戸アートビレッジセンター(KAVC)#神戸映画資料館#神谷紀子#福井洋傘#福原悠介#福岡伸一#福岡市美術館#福田春美#福谷圭祐#私見感#秋山ブク#秘部痺れ#秦雅則#移動するハーブ#稲井亮太#稲森明日香#稲田誠#稲福孝信#空き家#空族#突劇金魚#立石雷#竹下世那#竹内まりの#竹内優介#竹内厚#竹内紘三#竹尾#竹島瑠唯#竹平洋基#竹田俊吾#竹田写真館#竹花藍子#竹虎#竹重みゆき#笠置シヅ子#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#笹原晃平#笹尾和宏#笹岡 敬#筒井潤#筒井響子#管弘志#箸蔵まつかん#米子凪里#米子匡司#純浦彩#紙器具#細川裕之#細野ビルヂング#維新派#縄文祭り#織田桃子#置田陽介#美術研究所#肥後橋#能#能作#能楽若手研究会#自主上映団体Calling#自泉会館#自炊#舩橋耕太郎#船場エクセルビル#船川翔司#芝田一絵#芝野健太#芦川いづみ#芦田晴香#芦谷康介#花器工藝 汀#花見小路#若林久未来#茨木市市民総合センター#茨木市民総合センター#茨木市立ギャラリー#草枕#荒木弘美#菅原広司#菅田貴子#菊井鋏製作所#菊池和晃#菊池航#菓宵#華雪#萩原健#葛西健一#薬師丸カエ#藤井慎二#藤井泰玄#藤井龍#藤原成史#藤本巧#藤本智士#藤本玲奈#藤本由紀夫#藤本遼#藤田正嘉#藤田紗衣#藤谷商店#蝦名宇摩#行先OMIYAGE#衝突と恍惚#衣笠名津美#西尾孔志#西山広志#西山萌#西川文章#西成・子どもオーケストラ#西村貴治#西淀川アートターミナル#角木正樹#角田波健太#誠光社#諸江翔大朗#谷井聖#谷内一光#谷内一光時代#谷原菜摘子#谷口カレー#谷口かんな#谷口眼鏡#谷合佳代子#谷川嘉浩#谷澤紗和子#谷美幸#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#豊能町#赤井祐輔#赤松美佐紀#赤犬#赤鹿麻耶#辺口芳典#近藤組#近鉄アート館#透視図#達矢#遠藤倫数#遠藤薫#都島#酒航太#里づと#重田美月#野となり、山となる#野中モモ#野原万里絵#野村恭代#野田#野田雅子#金子仁司#金明和#金時鐘#金氏徹平#金滿里#金澤韻#釜ヶ崎芸術大学#鈴木並木#鈴木多依子#鈴木紀#鈴木裕之#鉄道芸術祭#鉢マニア#銭屋本舗#鍋島虎仙窯#鍬田大鳳#鎮座DOPENESS#長尾圭#長野大輔#門脇俊輔#間芝勇輔#関西・大阪21世紀協会#阪急うめだ本店#阪急メンズ大阪#阪神梅田本店#阿倍野区民センター#阿倍野長屋#陳寅迪#障害者運動#雑波#難波ベアーズ#雲州堂#青い芝の会#青山メリヤス#青年団#青星#音ビル#音凪#音遊びの会#飯島暉子#飯川雄大#飯沼洋子#飯田将平#飯田恭央#香港インディペンデント映画祭#馬喰町バンド#駿府の工房匠宿#高原耕平#高山奈帆子(coconoe)#高山純#高島屋史料館#高嶋慈#高槻城公園芸術文化劇場#高槻現代劇場市民会館#高橋利明#高橋幾郎#高橋真之#高田晴菜#高野竹工#髙安美帆#髙安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)#髙島一精#髙島屋史料館#髙島屋大阪店ギャラリーNEXT#鬼の右腕#鮫島ゆい#鳥海修#麓健一#黒瀬正剛#黒田健太#鼓童#齊藤あかね#𠮷迫綺音