「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
Original Research
2020.03.14
#ART#COLUMN

ネオダサという提案

淀川テクニック(柴田英昭)
文: 淀川テクニック(柴田英昭) [portrait by 藤田和俊]

自然界は弱肉強食と言われるが本当にそうなのだろうか。

カマキリのお尻からニョロニョロ出てくるハリガネムシは、食べられることで宿主に寄生し、最後は特殊なタンパク質で宿主の脳を操作して川に飛び込ませる。

筋力があってサイズの大きい生物がひ弱で小さな生物を食べる、というのはわかりやすいが、自然界はそんなにシンプルではない。ハリガネムシだけでなく、菌類やウイルスなんかも含めると生命力という面では一筋縄ではいかない奥深いものがある。

現代アートの世界で20年くらい活動している。こちらもハリガネムシや菌類のように美しさや力強さだけでは語りきれない生命力を持ったアーティストや作品があり、今回は3つほど紹介したい。

 

1つ目は佐川好弘【1】という、1983年生まれ、大阪在住のアーティストが2010年に制作した《Live more, Love more》という作品。

ネオダサという提案

ニューヨーク・マンハッタンに設置してあるロバート・インディアナ作の《LOVE》の横に、ゲリラで設置されたバルーン製の「愛」。

とても図々しく、いい意味での駄作感が漂っている。最近の現代アートはクールで切れ味の良い作品が求められるのだが、それに対抗するかのように、モワモワしていて垢抜けない。

そして一番のポイントは自ら“負け”にいっていることだ。愛という漢字は作家の自国語なので周囲のアメリカ人にこの作品の意味が分かってもらえることはほとんどない。また作家も読まれることを狙っているわけではない。

にもかかわらず、作家は《LOVE》の隣に偽物を並べることで、あえて自分が憧れているかのようなハプニングを起こしたかったのではなかろうか。

 

2つ目は、でのゆうじ【2】という1990年生まれのペインターによる最終回シリーズ《俺たちの戦いはこれからだ!!》(2017年)。

ネオダサという提案

『週間少年ジャンプ』の人気のない漫画が強制的に終了することをヒントにした作品で、この世にない妄想漫画の最後の1コマをモチーフとしている。

この作品も“負けている”というか“完”という文字の通り、終わっている。ジャンプを読んだ世代でなければ文脈が通用しないこともさることながら、売れている漫画へのオマージュではなく、敗者のパロディとなっている。

しかし、それが作家にとってはアイデンティティであり、等身大のモチーフなのだろう。「出野先生」とあるようにジャンプという競争漫画社会を脱落した架空の漫画家を作者自身が背負い込み、無名の主人公はドリル状の何かに「どるるるるるる」と顔を潰されながらも「俺たちの戦いはこれからだ!!」と、何重にも重ねられた負けから物語がはじまる。

実はこの最終回シリーズ、この調子で少女漫画でも出野先生のイバラの道は続いている。

ネオダサという提案

そして、最後に紹介する作品は高橋由一の《豆腐》【3】【4】。

ネオダサという提案
金刀比羅宮 所蔵

まな板の色の濃い部分は豆腐から垂れた水だろうか? 包丁の刃の跡にカビが生えているし、全体的にとても湿気の多い絵画だ。

見ての通りモサっとした豆腐製品を描いているのだが、それは私たちがアジア人だからわかることで、19世紀ヨーロッパ画壇の人間で豆腐を知っている者が何人いるだろう? という点がこの絵画の最骨頂だ。技術は欧米から最新のものを輸入しながらも自分たちの湿っぽいリアルな日常を淡々と描くところが本当の表現であり、武器である。

先日、香川県の高橋由一館に実物の《豆腐》を見に行ったのだが、本やネットで見るそれよりもトーンが暗く、思った以上に重い絵面なので、是非とも一度見に行って欲しい。

まとめ

今回紹介した作品たちは本来避けるべき“かっこ悪さ”や“滑稽さ”をあえて表に出している。

俗語で“ダサい”という言葉があるが、Wikipediaによると「恰好悪い」「野暮ったい」「垢抜けない」などといった意味をもつ。

まさしく今回紹介した作品たちは “ダサい”のではないだろうか、ポイントは無意識ではなく意図的にダサく振る舞ってしまう感覚だ。たとえば、オヤジギャグやダジャレ、幼い子どものような振る舞いも無意識ならダサいが、適材適所で使い分けることで人間関係のハードルを下げたり、潤滑油的役割を果たす。

最後に、そういった感覚を積極的に取り入れた表現をザクッとひとまとめにして名前をつけることで、ひとつの提案をしたい。

19世紀初頭に“ダダイズム”と呼ばれたアート運動があった。アートの歴史の教科書には必ず出てくる、まさしく現代アートの出発点ともいえる運動になぞらえ、“新しいダサさ”つまり「ネオダサ」と名付ける。

「ネオダサ」を武器に世のカッコイイ現代アートの腹のなかに潜り込み、内部から特殊なタンパク質を出してみたい。

【1】佐川好弘  1983年大阪生まれ。メッセージを漫画の飛び出す文字のように立体化した作品やパフォーマンス、コミュニケーションにまつわる事象など、さまざまな表現に取り組む。主に立体作品として、思春期や人生におけるセンシティブでイノセンスな感情に働きかける作品を発表している。

【2】でのゆうじ  1990年生まれの美術家。架空の打ち切り漫画の最終ページのみを描く、『俺たちの戦いはこれからだ!!』シリーズや少年漫画雑誌のページの上に歪めた自画像を描く『あいあむじゃぱにーずぼーい』シリーズなど、「漫画」をモチーフとした作品を制作している。

【3】高橋由一(1828-94年)  幕末から明治期にかけて活躍した日本の洋画家。「近代洋画の父」と称され、画塾や展覧会の開催、美術雑誌の刊行など、国内での洋画の普及に尽力した。代表作に《鮭》《花魁》《豆腐》《山形市街図》などがあり、その写実性は、以降の留学経験のある日本人画家たちが確立した日本洋画の流れと一線を画し、日本的な表現といわれる。

【4】高橋由一作《豆腐》1877年、油彩・キャンバス、32.8×45.2cm  金刀比羅宮 所蔵

淀川テクニック / Yodogawa technique[アーティスト]

柴田英昭のアーティスト名。2003年、大阪・淀川の河川敷を拠点に活動開始。ゴミや漂流物から造形作品をつくる。赴いた土地ならではのゴミを使い、人との交流のなかで行う滞在制作を得意とし、代表作に岡山県・宇野港の常設展示作品《宇野のチヌ》《宇野の子チヌ》などがある。近年は、全国各地でのワークショップ開催などフィールドを広げ、2018年には「ゴミハンタープロジェクト」をスタート。自身が旅して世界中で目撃したゴミ問題を作品化している。

twitter @shibatahideaki
ブログ https://yukari-art.jp/jp//blog/blog-yodogawa-technique-jp

ユカリアート https://yukari-art.jp/jp/

photo:What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
Must Reads
2021.08.01
What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
MORE
photo:REPORT | coeur ya.作品展「次元」
Must Reads
2021.07.05
REPORT | coeur ya.作品展「次元」
MORE
photo:REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
Must Reads
2021.06.19
REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#Lil Soft Tennis#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#二艘木洋行#劇団壱劇屋#香港インディペンデント映画祭#ROCKET#coeur ya.#大阪くらしの今昔館#fuk 48#Namba Bears#HMP Theater Company#テアトル梅田#G&S 根雨#本渡章#古地図でたどる大阪24区の履歴書#140B