「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
Original Research
2021.03.31
#art#music#植松琢麿#COLUMN

左手のピアノという想像の装置

植松琢麿
文: 植松琢麿 [アーティスト]
左手のピアノという想像の装置
「左手のピアノ」の楽曲を弾く、智内威雄さんの左手

いろんな縁が重なって、数年前に「左手のピアノ」というクラシック音楽のジャンルに出会った。「左手のピアノ」は、文字通り左手だけで演奏するピアノ曲だ。

2001年に国立国際美術館で行われたフルクサスのパフォーマンス。学生時代、サックスをやっていた僕は、アルトサックス片手にオーディションに挑戦した。懐かしくも瑞々しい思い出だ。以来フルクサスのメンバー、塩見允枝子さんと親しくさせてもらい、パフォーマンスに参加したり、一緒に作品を制作したりと、楽しい時間を過ごしている。そんななか、作曲家でもある塩見さんの作品に、左手だけで弾くピアノ曲があることを知り、そこから大阪・箕面市に住んでいる左手のピアニスト智内威雄さんに出会うに至る。ちなみに、僕と塩見さん、智内さんは、自転車で10分圏内のご近所さんだ。そうした縁あって、今では箕面で開催されている世界でもめずらしい左手のピアノ国際コンクールの実行委員となり、「左手のピアノ」に触れている。

左手のピアノという想像の装置
左手のピアノという想像の装置
上/2013年に行われた国立国際美術館でのパフォーマンス「Music Today on Fluxus」の様子 ©︎国立国際美術館 photo:舘かほる   下/オルゴールを使った塩見允枝子さんとの共作 coutesy of Yumiko Chiba Associates

ところで、僕は今、美術活動をはじめて20年ほどが経ち、週一くらいのペースで大学で教鞭をとらせてもらっている。多事多端な日々のなか、立ち止まって物事を考えるのに、大学での授業はいい機会になる。

昨年度は、美術の方法、それ自体を材料として扱う現代美術を紹介する講義のなかで、学生たちに筒井康隆の代表作「残像に口紅を」についてのレポートを書いてもらった。学期末の課題で、文中にルネマグリットの言葉「これはパイプではない」を用いるというルール付き。

「残像に口紅を」は、筒井康隆の作品のなかでも著者の力量が存分に発揮された名著だ。簡単に説明すると、文中で使われる文字が順番に消え、消える文字と連動して、その文字が表していた存在も小説内の世界から消えていくというもの。さらに、小説を書く著者自身が主人公という設定も面白い。前半は、使われる文字が減っても、小説として何の違和感も感じることなく読むことができ、筒井の凄みが伝わってくる。対して後半は、使用される文字が減っていくことで新たな文体を獲得し、少ない音だからこそ、より豊かな印象を与えてくれる。1010を表現することから離れ、110にも、100にもする表現を可能とした、その手腕には感服だ。

一方、美術にも欠如の美が存在する。古代の彫刻には、一部が欠損したり、あるいは、断片しか残されていないものが多数ある。誰しもが知るところの《ミロのヴィーナス》も、顔と手があれば、ここまで有名になっていなかっただろう。彫刻の欠損が、ありうる姿への想像をかきたてるのだ。

左手のピアノという想像の装置
智内威雄さん所蔵の左手の楽譜

さて、話を戻すと、「左手のピアノ」には、これらに似た、限定された手法だからこそ想像力を増幅させる豊かな世界がある。行間を読ませるような独特の響きと多彩な音色は、新たなクラシックジャンルと言えるのかもしれない。

はじめてコンサートホールで智内さんの演奏を聞いたとき、僕は演奏が終わった瞬間に、「このピアニストの両手が聞きたい」と素直にこぼした。それは、今思うと両手の音を聞きたいという渇望ではなく、想像の境界を越えて広がる世界と左手が紡ぎ出す音の関係が、これまでに経験したことのない体験であったが故の、いい意味での違和感の表れだったのではないかと考えている。

左手のピアノという想像の装置
ヴィトケンシュタインハウス外観。箕面のコンクールにパウル・ヴィトケンシュタインの名前を冠しているのは、彼の思いを受け継ぎ、次世代に届けたいという想いから。

「左手のピアノ」は、戦後、片腕となった兵士らのために書かれ、多くの楽曲が残された。その演奏家の一人が、第1次世界大戦への従軍で右手を失ったオーストリア生まれのピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインだ。自身での編曲はもちろん、多くの有名な作曲家に左手だけで演奏可能な作品を委嘱し、それらは今日でも多くのピアニストによって演奏されている。ちなみに彼は美術関係者が思い浮かべる哲学者ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの兄にあたる。幼少の頃過ごした、ヴィトゲンシュタイン家には、ブラームスなどの作曲家をはじめ、ロダンやクリムトなど、多くの芸術家が出入りしていた。

クリムト没後100年を迎えた2018年、僕はウィーンに渡り、現在ブルガリア文化研究所として利用されているヴィトケンシュタインハウスを訪れた。音楽とは聞く街によってまったく異なる印象を与えるものだと常々思う。いつか、ヴィトケンシュタインが演奏した街で「左手のピアノ」に出会い、引き算の美がもたらす想像の果てに浸ってみたいと思うのだ。

左手を主とする片手演奏の認知向上と普及振興を目的に智内威雄さんがはじめた「左手のアーカイブ」プロジェクトより レオポルド・ドフスキー(1870-1938没)「ワルツポエム全6曲」(1929)  演奏:智内威雄  録音:君島結  映像:藤井光  2012年3月21日秋田県大仙市中仙市民会館Don-Palにて  ©︎左手のアーカイブ

ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール
http://lefthandpianocompetition.com/

「左手のアーカイブ」
http://www.lefthandpianomusic.jp/

植松琢麿 / Takuma UEMATSU

1977年石川県金沢市生まれ。2000年関西大学卒業。2001年以降、国内外の美術館やギャラリーで作品を発表。自然科学や哲学における興味から、生命や社会への新たな視点をさまざまなメディアと手法で表現する。

 

instagram
takumauematsu_studio
https://www.instagram.com/takumauematsu_studio/

FB
https://www.facebook.com/takuma.uematsu

HP
http://takumauematsu.com/

photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
Must Reads
2021.03.30
What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
MORE
photo:INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
Must Reads
2021.03.27
INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹