「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
Event
2020.10.12
#TRA-TRAVEL#ART#WORKSHOP#INTERVIEW

「旅」をテーマに海外と日本の子どもたちをつなぐ
オンラインワークショップ「Travellin' @rt School」、
第2回はインド人アーティストと絵本を制作。

構成・文: 北村智子[paperC運営事務局]

2020年8月からはじまった、親子参加のインターナショナル・アート・ワークショップ「Travellin’ @rt School(=T@S/たす)」の第2回目が、インドと日本をオンラインでつないで開催される。インド人アーティストのRuchika Wason Singhを講師に迎え、日本・インドの子どもと保護者がオリジナルの絵本をつくる。

「旅」をテーマに海外と日本の子どもたちをつなぐオンラインワークショップ「Travellin’ @rt School」、第2回はインド人アーティストと絵本を制作。

企画したのは、大阪を拠点に活動するアートハブ「TRA-TRAVEL」のメンバーでアーティストのQenji Yoshida山本聖子だ。2020年4月のCOVID-19感染拡大防止のための緊急事態宣言を受け、学びの場が減ってしまった子どもたちに創作や学習のきっかけをつくり、また、展覧会の中止や延期などで生活に影響を受けたアーティストに、創作や仕事の機会を提供したいという動機から、2020年4月27日(月)から7回にわたり、「オンライン・こどもアートスクール」を開催。毎回異なるアーティストが先生となり、絵画や造形、身体表現、対話形式など、多様なワークショップを展開した。

「オンライン・こどもアートスクール」は、社会状況の変化を受け6月末で終了したが、場所や距離を超えるオンラインに可能性を感じたYoshidaと山本は、新たなアートスクールとしてT@Sの立ち上げを決意。海外と日本をつなぎ、英語ができない子どもたちでも相互に学べるような、国際交流の新しい方法や可能性を探るプロジェクトを開始した。

ともに海外での滞在経験が豊富な彼らが挑戦する、オンラインという新たな環境での国際交流とはどのようなものだろうか。これまでの経緯や企画にかける想いなどについて、Yoshidaと山本に話を聞いた。

ーーTRA-TRAVELについて、メンバーやこれまでの活動を教えてください。

 Yoshida:僕とYukawa-Nakayasuさんが立ち上げて、現在はアーティストの山本聖子さんとリサーチャーのRosaline Luさんの4名がメンバーです。訪日外国人アーティストのトークイベント「Art Traveller」や、アジア圏のアーティストを招いた展覧会「ポストLCC時代の  」、オンラインのプロジェクトなどを行ってきました。

山本:ひとつプロジェクトを決めてメンバーみんなで行うというよりも、誰かが自発的にはじめたプロジェクトを、タイミングや好奇心が重なるメンバーでつくっていく感じです。ただ、これまでいろいろな国や地域で活動を行ってきたという背景は、メンバーに共通してあるので、国境を超えた視点から地域や現象を考えたいという気持ちは、プロジェクトに表れていると思います。

 

ーー緊急事態宣言を受けて、すぐに「オンライン・こどもアートスクール」を企画されましたが、立ち上げの経緯や、実施してみた感想をお聞かせください。

Yoshida:僕自身は今年の2月から台湾にいるのですが、緊急事態宣言が出たときは、離れて日本に暮らす自分の子どもの幼稚園入園が延期、周りの子どもたちも突然教育がストップした状態に。「オンライン・こどもアートスクール」は、そのような状況もあって、今すぐできることをしようと集まった有志によりスタートしました。オンラインで何かをするのはみんな初めてで、決まった方法論もなかった。ひとまずワークショップを試してみて、やりながら良い形を探りました。内容自体もひとつのアイデアを続けるのではなく、毎回異なるアーティストを先生として招待し、さまざまなワークショップを行ったので、毎回が挑戦と調整の連続でしたね。当初決めていた全7回を迎える頃になると、緊急事態宣言も解除されていましたし、一般に教育や習いごとのリモート化も進んでいたので、このプロジェクトは一旦終了させました。

「旅」をテーマに海外と日本の子どもたちをつなぐオンラインワークショップ「Travellin’ @rt School」、第2回はインド人アーティストと絵本を制作。

ーー今回のT@Sは、どんな想いで企画されたのですか?

山本:新型コロナウイルスの影響により、さまざまな分野でオンライン化が急激に進み、アートの分野でも展覧会やライブ、演劇などがオンラインで開催されるようになりました。コロナと共存する新しい生活様式を受け入れていくしかないという気持ちもありつつ、これまで作家として、素材の特性を読み込んで作品をつくってきた立場としては、大きな戸惑いがありました。

そのなかで、ほんの少しでしたが「オンライン・こどもアートスクール」を手伝いながら、関東、関西、四国や中国地方、北海道や離島など国内の至る地域、また海外からも参加者があったのを見て、オンラインの一番の魅力である「距離を超える」という視点からであれば、私もこの流れに前向きに取り組めるのではないかと思ったんです。私自身、海外に出ることで世界の見え方が大きく変わり、人生が豊かになりました。特にいろいろな土地に住む人たちの宝物のような文化や誇り、譲れない価値観があるのを見たことで、人間って面白いと思うようになって。そこで、Yoshidaくんと話し合い、これまでにお互いがアーティストとして活動するなかで紡いできた人間関係と、オンラインの特性を掛け合わせ、国を超えて交流するT@Sという新しいアートスクールを立ち上げました。

先日、第1回目のオンラインワークショップが終わったばかりですが、そこでは台湾は屏東(ヘイトウ)の泰美(タイメイ)親子図書館と協働し、日本から8名、台湾から8名の子どもたちのワークショップを行いました。1時間で、台湾と日本の位置関係を知り、各文化を紹介し、日本語・中国語の挨拶の練習をし、アートをし、質問コーナーを設けて、と盛りだくさんの内容でしたが、初回としてはまあまあの出来だったように思います。

はじめる前に心配していたのは、通訳にかかる時間。私と台湾側の先生のやりとりは英語で、子どもたちは日本語と中国語です。それを私たちが通訳するので、必然的に子どもたちの待ち時間が長くなってしまうのですが、思っていた以上に集中力も続いていたように感じましたね。また、先生たちがたどたどしい英語で進めていく姿は、英語をすでに学んでいる子どもからは滑稽だったかもしれません。でも、「こんな下手な英語でもなんとかやっている!」というふうにとらえてもらえたらと思い、あえて通訳は入れませんでした。まだまだ課題はありますが、より良いプログラムを目指していきたいと思います。

 

ーーコロナの影響はまだしばらく続きそうですが、アーティストとして今考えていること、これからやってみたいと思っていることがあれば教えてください。

Yoshida:一個人のアーティストとしては、社会や自分の状況から作品の種が生まれ、制作につながっていくので、コロナ禍だから特別に何かをしよう、したいとはあまり考えていません。ただ、この8月に台北で展覧会があったのですが、それはコロナの影響が色濃く出たものになりました。言っていること、考えていることと、実際に形になるものがちぐはぐなんです。でも、そのちぐはぐさを自覚して進むことがいいんじゃないかなと感じていますね。 

山本:コロナの影響が出はじめてから今まで、正直なところ、毎日が戸惑いの連続です。展覧会をするにも人を招いていいのかわかりませんし、制作においても、コロナ禍の社会について考えること抜きに進めるのが難しくなっているのは確かです。とはいえ、初めての状況にいるのだから、この戸惑いは仕方がないし、むしろ大切なものだと思うので、この感覚を整理しすぎずに持ち続け、答えが自然と出るのを待ちつつ、活動を続けたいと思います。

「旅」をテーマに海外と日本の子どもたちをつなぐオンラインワークショップ「Travellin’ @rt School」、第2回はインド人アーティストと絵本を制作。
T@S第1回ワークショップでの両国文化紹介の様子

親子参加インターナショナル・アート・ワークショップ T@S vol.2
「Drawing Journey/ドローイング・ジャーニー」

日時:2020年11月1日(日)日本時間14:30〜(インド時間11:30〜)※所要時間は60〜90分

場所:オンライン

講師:Ruchika Wason Singh(インド人アーティスト、リサーチャー、アートスペース運営者、学者)

対象年齢:6〜10才前後

定員:日本3組、インド3組(保護者と子どもでの参加必須・予約先着順)

参加費:無料

参加方法:travellinartschool@gmail.com(担当:山本、吉田)宛に保護者の氏名、参加者の氏名(ふりがな)と年齢、電話番号、参加地域を記入の上、10月29日(木)までメールにて申し込み。

photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
photo:REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
Must Reads
2021.05.31
REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
MORE
photo:INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
Must Reads
2021.04.30
INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
MORE
photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#香港インディペンデント映画祭