芸術や芸能と呼ばれる、ある種“役に立たない”とされるものが、端に追いやられてしまう場面が最近よく見かけられます。実際的な利益や数値で文化を測るなんてナンセンスとスルーするだけでなく、そんな事態になっている現在において、私たちが生きるインフラとしての“芸術文化”をもう一度タフに考え、議論することは、これまで芸術文化によって何かしら影響を受け、いろんなかたちで救われた者として積極的にやっていきたいことです。さて、2012年から発行してきたおおさか創造千島財団のフリーペーパー『paperC』が、紙からWebへと移行しました。イベント・展示情報から地域の文化を担う店舗・スポット、活動するつくり手やアーティスト、研究者などなど、大阪の状況を紹介していくWebメディアとして、これからも活動していきます。大阪の芸術文化のいまを考える特集コンテンツもじっくり仕込み中。お楽しみに。
Event
2020.10.31
#ART#MUSIC#EXHIBITION#LIVE#EVENT#大阪府外

藤本由紀夫、林 勇気、米子匡司ら、大阪に拠点を持つアーティストが参加。
「美術と音楽の9日間『rooms』」、芦屋市立美術博物館にて。

藤本由紀夫、林 勇気、米子匡司ら、大阪に拠点を持つアーティストが参加。「美術と音楽の9日間『rooms』」、芦屋市立美術博物館にて。

アーティスト、音楽家、作曲家、映像作家ら11名が、9日間にわたってさまざまな空間で展示・演奏を行う「美術と音楽の9日間 『rooms』」が、兵庫県の芦屋市立美術博物館にて開催。大阪に拠点を持つサウンドアーティストの藤本由紀夫、映像作家の林 勇気、音楽家の米子匡司らが参加する。

同美術館では、2016年3月に1日限りのイベント「美術と音楽の一日『rooms』」を開催。音楽演奏や音を奏でる作品、映像作品などをタイムラインに沿って展開し、視覚や聴覚といった感覚の領域にとらわれない体験の場を創り出した。
その最終章と位置づけられる本企画は、2020年3月に開催が予定されていたが、COVID-19の感染拡大の影響により延期となり、11月の開催となった。

会期中の週末には、ライブ、展覧会に寄り添うBGM生演奏、アーティストと近隣をめぐるツアー、子ども合唱ワークショップなど、関連イベントを複数開催。時間の経過を強く感じる縦の時間軸と、多様な事柄が繋がり続ける横の時間軸を交差させ、美術館での新しい過ごし方を提示する。

美術と音楽の9日間 「rooms」

会期:2020年11月14日(土)~11月23日(月・祝)

会場:芦屋市立美術博物館

出品・出演:
藤本由紀夫(アーティスト)
原 摩利彦(音楽家・作曲家)
ASUNA(音楽家)
林 勇気(映像作家)
米子匡司(音楽家、トロンボーン・ピアノ奏者、プログラマ)
平井真美子(作曲家、ピアニスト)
宮内優里(作曲家・音楽家)
太田美帆(音楽家)

ゲスト:
坂本 美雨(ミュージシャン)
中田 粥
淸造 理英子(音楽家)

時間:展示 10:00〜17:00(入館は16:30まで)/ライブ 18:30〜19:30(入場は18:00〜)

料金:一般600円、大高生500円、中学生以下無料 *団体料金、高齢者等割引あり

問合:0797-38-5432

 

関連イベント

(1)子ども合唱ワークショップ
太田美帆と作詞家/コピーライターの大塚ミクが子どものために作った曲「このほしのたからもの」を練習、成果発表を行う。リハーサル、本番、裏で支えるスタッフの存在など、音楽が様々な過程を経て作られていることを体験するワークショップ。
日時:11月14日(土) 13:00〜15:30 *要事前申込
講師:太田美帆(歌)
会場:エントランスホールほか
対象:3歳~中学生 定員:15名 参加費無料 *保護者は要観覧料
注意事項:当日、ワークショップの様子の撮影(写真・動画)を行い、後日、美術館及び講師による広報活動の一環としてHP、SNS等で公開する可能性あり。ご了承の上、ご参加下さい。

(2)ライブ
宮内優里によるギターや電子音などの多重録音演奏によるソロでのライブパフォーマンス。
日時:11月14日(土)18:30〜19:30
出演:宮内優里(電子音楽)
会場:エントランスホール
定員:100名
料金:1,500円 中学生以下無料

(3)BGM演奏
宮内優里が展覧会に寄り添う「BGM」を生演奏。演奏場所は当日に決定。
日時:11月15日(日)13:00〜17:00
出演:宮内優里(電子音楽)
会場:館内随所
申込不要、聴講無料(ただし要観覧料)

(4)ライブ
太田美帆による「声を重ねる」ソロでのライブパフォーマンス。照明による空間演出も予定。
日時:11月15日(日)18:30〜19:30
出演:太田美帆(歌)
会場:エントランスホール
定員:100名
料金:1,500円 中学生以下無料
灯 : 篠原智之 衣装 : har

(5)それでも残ったもの/音を海にたどる
日時:11月21日(土) (1)11:00〜13:30 (2)16:00〜18:30 *どちらも要事前申込
出演:米子匡司
(1)それでも残ったもの
阪急芦屋川駅から高座の滝までの山側を辿り、そこで鳴る/鳴っていた音を聴くツアー。
対象:小学生以上(小学生は要保護者) 定員:20名 料金:参加無料
(2)音を海にたどる
アーティストたちとともに芦屋市立美術博物館から海側を巡り、街中でおこるツアーライブイベント。
対象:どなたでも 定員:20名 料金:1,500円 中学生以下無料
ゲスト:中田 粥(バグシンセ)、淸造理英子(トロンボーン)、林 勇気(案内人)

(6)ピアノでの対話「とあるひ」
平井真美子が”とあるひ” その時の館内の景色、観客の中で、即興でピアノを演奏しながら過ごし、ピアノを介してさまざな対話を試みる。
日時:11月22日(日)14:00〜15:30
出演:平井真美子(ピアノ)
会場:エントランスホールほか
申込不要、聴講無料(ただし要観覧料)

(7)ライブ
平井真美子がオリジナル曲をピアノ演奏。ゲストとしてシンガーの坂本美雨を迎える。
日時:11月23日(月・祝)18:30〜19:30
出演:平井真美子(ピアノ) ゲスト:坂本美雨(歌)
会場:エントランスホール
定員:100名
料金:1,500円 中学生以下無料

(2)(4)(7)ライブチケット購入方法
オンラインチケット「LivePocket」にてチケット販売
https://t.livepocket.jp/t/rooms2020 *ライブ配信(有料)を行う予定

(1)(5)申込方法
芦屋市立美術博物館へ電話(0797-38-5432)かEメール(ashiya-bihaku@shopro.co.jp)にて、イベント名、氏名、住所、年齢(子どものみ)、連絡先を連絡。
応募者多数の場合は抽選。締切は10月31日(土)17:00。(締切以降は要問合)

芦屋市立美術博物館

兵庫県芦屋市伊勢町12-25

photo:建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
Must Reads
2020.08.18
建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
MORE
photo:地下芸人の写真的観察
Must Reads
2020.07.19
地下芸人の写真的観察
衣笠名津美
TEXT: 衣笠名津美 [写真家]
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
MORE
photo:ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
Must Reads
2020.06.26
ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#ギャルリ・ド・リヴィエール#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI