「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
Event
2021.07.01
#wad#CRAFT#EXHIBITION#大阪市#心斎橋#南船場

wadにて、台湾人作家のHan Yun Liangによる展示
「the lake, the seed and the bonfire」開催。
土と一緒に紙や動物の骨を用いて作られる作品を展示。

wadにて、台湾人作家のHan Yun Liangによる展示「the lake, the seed and the bonfire」開催。土と一緒に紙や動物の骨を用いて作られる作品を展示。

昨年、彼女の初個展となる -the end and the beginning- 展を当ギャラリーにて開催しました。
土と一緒に紙や動物の骨を用いて作られる作品は儚く脆く、それらから重ねて見えてくるのは彼女の「生死観」でした。

Han Yun Liangは台湾人の作家です。世界中を転々とし様々な活動をしていましたが、数年前より高知県の谷相で作陶されている小野哲平氏の元で制作をはじめました。谷相の森で木の実や動物の骨、虫の抜け殻などを採集し、いつしか骨と土を合わせた作品を作り出すようになります。
彼女は今、しばし谷相を離れ信楽『陶芸の森』のレジデンスに入り活動しています。
自然と共に暮らす中で感じてきたこと、そして記憶の中にある感覚から名付けられた -the lake, the seed and the bonfire- 展。
変わらずに彼女が見つめ続ける「いのち」の姿をご覧いただければと思います。

wad 小林剛人

 

“the lake, the seed and the bonfire”

子どもの頃は都市からすこし離れた所で育ちました。
歩いて3分近くに丘があります。
週末に両親が姉と私をそこへ遊びに連れて行きました。
自然との繋がりはその時からの事です。
秋にはすすきが山を覆いました。
今でもすすきが風になびく様子が昨日の事のように思い出せます。
これは私が自然を近くに感じれた大切な思い出の一つです。

日本に来て、高知の山にすんで、秋から冬を通して、あちこちですすきも見れました。すすきのある風景が幼い頃の気持ちを思い出させてくれました。

そして今信楽に来て、すすきもたくさんある自然の中で、故郷や高知で感じた自然との繋がりも生まれました。

自然と一緒に生きていく中で、生命を肌で感じている一方で、生きていることや死んでいることはどういう事なのか考えさせられます。
もしかしてずっと夢の中?身体を通して感じることは現実なのか夢なのか、生や死、夢や現実の境目はあるのかなど、日々沢山の問いが生まれます。
そして、少しだけわかってきた事は生命は触れることが出来ないということです。身体は、実体のない、儚い、目にみえないけど感じることが出来るものを宿している器だと思います。
記憶や夢、魂とか色々な事を、私はこの身体に生きてもっと知る。
ある意味では、私にとって作る事は生命の存在の証みたいな事です。

今回の展覧会 “the lake, the seed and the bonfire” では、さまざまな生命の存在という概念に対する私の理解を表現しています。

私は子供の頃に湖で溺れそうになったことがあり、“the lake” はその時私が死を間近に感じた体験を象徴しています。この体験は私の記憶に刻まれ、それが後に生と死というものについて自分自身に問いかけるきっかけとなりました。

“The Seed “は、宇宙は種の中にあると理解した私の啓示の瞬間です。ある日、自然の中で一粒の種を拾ったとき、私はまるで宇宙全体を拾ったような気がしました。それは私にとって、生命がどこで始まりどこで終わるのかを証明するものであり、すべての生命の輪でもあり、それ以上でもあります。

“the bonfire” という言葉は、私がフィンランドで覚えた事です。私は当時経験出来ませんでしたが、夏至祭というものを教えてもらいました。この人間の集合的な行動から私が学んだことは、未知のもの、私たちよりもはるかに大きなものの存在です。

身体という器を通して生きることで、生命のカタチや存在のカタチに制限などなく寛大であることに少しずつ気づきました。

Han Yun Liang

Webサイトより)

Han Yun Liang -the lake, the seed and the bonfire-展

会期:2021年7月3日(土)〜11日(日)

会場:wad+

時間:12:00〜19:00 ※最終日は18:00まで

問合:06-4708-3616

wad

大阪市中央区南船場4-9-3 東新ビル 2・3 F

photo:What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
Must Reads
2021.08.01
What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
MORE
photo:REPORT | coeur ya.作品展「次元」
Must Reads
2021.07.05
REPORT | coeur ya.作品展「次元」
MORE
photo:REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
Must Reads
2021.06.19
REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#Lil Soft Tennis#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#二艘木洋行#劇団壱劇屋#香港インディペンデント映画祭#ROCKET#coeur ya.#大阪くらしの今昔館#fuk 48#Namba Bears#HMP Theater Company#テアトル梅田#G&S 根雨#本渡章#古地図でたどる大阪24区の履歴書#140B