本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
特集no.01
トシ・ロジ・キノ・コトシ・ロジ・キノ・コ
2021.02.03
#ARCHITECTURE#FOOD#COLUMN#INTERVIEW#大阪市
Editor’s Letter
 「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。
 今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めてわたしたちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、わたしたちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。


家成俊勝 Toshikatsu Ienari

建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。



 「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。
 今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかにわたしたちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、わたしたちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。


家成俊勝 Toshikatsu Ienari

建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。



paperC 特集01「トシ・ロジ・キノ・コ」
2021年2月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香
paperC 特集01「トシ・ロジ・キノ・コ」
2021年2月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

構成・文: 羽生千晶[MUESUM] / 写真: 松見拓也
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

ものの生産から消費の過程は、壮大な物流網で結ばれている。生活を構成する一つひとつがここに至った経緯を詳らかにするのは困難だと言えるほど、今、実際には多くのものと接続できなくなっているのかもしれない。この複雑に発達したロジスティクスとは別の手立てで、ものを調達し、つくり、人に届けることはできないだろうか。

新町にある異端派イタリア料理店「capitolo3:l’arca(キャピトロ・トレ:ラルカ)」。ここに足繁く通う美食家たちのお目当ては、オーナーシェフの有家俊之さんが自身の足で調達する天然きのこや山菜などの食材。有家さんは、自然の恩恵を最短距離で提供する料理人だ。今回は、その食材調達から料理するまでに同行させてもらった。

収録:2020年10月20日(火)、22日(木)

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで

1 山を歩き、きのこを採集する
2 きのこを同定し、料理する >>記事を読む

特集一覧をみる

1 山を歩き、きのこを採集する

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

山に入る前に

10月下旬、取材班は名神高速を北へ向かった。目的地は、滋賀県の琵琶湖周辺。

きのこを採る人の界隈には、次のような暗黙の掟があるともいう。

・人に教えてもらったポイント(きのこが生える場所)は、決して口外しないこと
・教えてくれた人と一緒に行く場合を除き、教えてもらったポイントに入らないこと
・次の世代のきのこを残すために、根こそぎ採ることはせず、幼菌と老菌は残すこと
・採集したきのこは、竹籠に入れて運ぶこと(かごの網目から胞子が飛ぶため、山を歩くことがきのこの繁殖の手伝いになる)
・ポイントが特定できる写真は撮らないこと
・写真はインターネットの記事やSNSなどで拡散しないこと

 *今回は有家さんの確認のもと、場所が特定できない写真を掲載させていただきました

 

有限の自然資源を守り、みんなでそのおいしい恩恵にあずかるための紳士協定。だから、この記事でも、場所は琵琶湖周辺とだけに留めておきたい。

 

山に着く前に、湖畔で少し寄り道をした。きのこといえば森に生えるものと思いがちだが、水辺や市街地にも生える。琵琶湖畔の砂地は、およそきのことは縁遠い場所に感じたが、駐車場の側の木にはちゃんとサルノコシカケが生えていた。大きくゴツゴツとして、幹の一部のように見える。なるほど、きのこはどこにでも生え、その姿形は多種多様だ。

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

いよいよ山に入る

取材に向かったのは、共同編集者の家成俊勝さんとカメラマン・松見拓也さん、そして、「capitolo3:l’arca」オーナーシェフの有家俊之さんと筆者の4人。

家成さんは自ら材を運ぶような肉体派の建築家。高校時代はラグビー近畿大会にも出場し、監督の目を盗んでグラウンドの泥水をすするようなハードな部活動に青春を捧げた。かなり久々の山行となるという今回は、エヴァンゲリオンさながらのヴィヴィッドなカラーリングでご登場。遭難してもすぐに見つかりそうだ。

松見さんは各国で作品を発表するアーティスト・コレクティヴ「contact Gonzo」のメンバーで、石を担いで登山するパフォーマンスを行うなど、わりと山籠りするタイプ。「いつもこれなので」と、地下足袋のこなれた出立ちでの参戦となった。どんな道でもみんなの前から後から縦横無尽に撮影してくれる稀有なカメラマン。

かく言う筆者は、高校時代に登山部に所属。一応、雪山経験もあるし、何の指標になるかわからないがインターハイ出場経験もある。でも、実はこの2年近く山に入っておらず体力面に不安あり。そのくせ、「いつもこれだった、よな……?」と、7kgの日帰りフル装備で挑むが、果たして吉と出るか凶と出るか。

そして、有家さんは、3日に1回は山へ食材調達に行くという手練れ。こんな4人で歩きはじめた。

 

登山口すぐの林道で、斜面にぼこぼこと生える30〜40センチの塊と出会った。予想もしなかったサイズに「これ、きのこなんすかー!!」と家成さんの歓声が上がる。サンゴのような形状で、でろんとした傘は意外と硬く、有家さんが食べられると教えてくれなければ、触るのを臆するような見た目。

「これは帰り道で採りましょう」と有家さん。その言葉の意味は下山時に知ることとなる。

有家さんは、これは不食(食べられない)、これは香りが特徴的、とレクチャーしながら落ち葉の陰のきのこも木の上のきのこも目敏く見つけていく。

「有家さん、きのこ全然見つけられません」

「キョロキョロしまくること、寄り道しまくることがコツですね。小学生の頃に先生にだめと言われたことをやるといいんですよ」

「なるほど〜」

と言いながらも、すごい速さで登っていく有家さんに着いていくのが精一杯。キョロキョロする余裕はない。このコースは序盤に約1.8kmの登りが続き、一気に500m上がる。急登とまでは言わないものの、粘りのある嫌な感じのコースで、単独行ならまだしもチームの後ろを歩くのは結構大変だ。「これ続いたら吐いちゃいますよ〜」と愚痴が吹き出すくらい、足に溜まり続ける乳酸がつらい。

序盤はあまり収穫のチャンスがなかった。不食きのこをスルーし、サクサクと足を進める有家さんに、筆者と家成さんが「これはどうですか!?」といちいち確認。万が一にも収穫することになれば休めるのだから……。そんな時も体力自慢のカメラマン・松見さんは涼しい顔でシャッターを切っていた。

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

こちらは、採ったきのこの香りを嗅ぐ有家さん。似た種類のきのこでも、ツンとした菌の香りだったり、甘い香りだったりした。カレーの香りのするきのこもあるという。

年間100日山を歩く有家さんでも簡単には種類を特定できないのが、きのこの世界。幼菌・成菌・老菌という生育度合いによっても形状や色が異なり、個体差もある。今回、シイタケを採集できたが、有家さんが教えてくれるまでは、まさかそれとは思わなかった。傘の大きさは10センチくらいあり、勢いよく生える姿はスーパーの陳列棚には似つかない。天然ものは顔つきが違う。

シイタケの栽培技術は江戸時代に生まれた。それ以前はマツタケと同等かそれ以上の値打ちがあったそうだ。古い記録によれば、1850年頃の産地価格はシイタケ十貫目が銀一貫目(約十六両)。米十石の金額に相当し、現在に換算するとキロ数万円になる。もっとも現在では、天然ものは流通していないため、その価値は計り知れない。有家さんによると「デパートのブランドものの原木栽培シイタケと何度食べ比べても、天然ものは旨味も香りも5倍くらい上」だという。

ちなみに、有家さんは「同定するのをお楽しみに」と、山中では種類を明かしてくれなかった。筆者と家成さんは、「やっと休憩〜、家成さんベスパ(エネルギー補給ゼリー)飲みます?」「いやいや、僕より羽生さんが補給してくださいよ〜」と、目の前にある自然の市場価値も知らずに、呑気に行楽気分を味わっていた。今思えばこの時、きのこレーダーと言わんばかりの有家さんの視線が、森をトレースするかのごとくグルグルとしていた気がするのである。

尾根に着き、一行はローラー作戦に出た。登山道から逸れて斜面を下り、横一列に広がって、また斜面を登る。開けたところでは暗黙のうちにほかの人と重ならない場所を歩く。細い道では左右の担当を決めて斜面に目を凝らした。

山を歩きながら、有家さんがこんなことを言っていた。

「千利休が詠んだとされる“人の行く裏に道あり花の山 いずれを行くも散らぬ間に行け”という歌があります。きのこ狩りも世界経済も、狙い目は同じ。タイミングも大事です。」

日々の経済動向もチェックしている有家さん。山中にいても午後3時までは時折スマホを開き、市場の動きに目を配る。経済は人の蠢きがつくり出すもの。森羅万象が蠢く山も経済も、どちらも自然であり、思いどおりにはいかないものだという。

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

これは、ローラー作戦中の家成さん。パンパンに膨らんだリュックの中身はほぼきのこ。実際に採ってみると、きのこは重い。崩れやすく、鮮度も落ちやすい。だから、有家さんはすごい速さで山を駆け抜け、見つけたポイントで採集しながら山を下る。相当な重量になったきのこは、木の養分を吸うかのように家成さんの体力をヘトヘトに奪っていった。

大量の収穫を前にして、「あのね…みなさんリュックが小さすぎます……(笑)」と有家さんが一喝。取材班は、まさかこんなに採れるものとは思っていなかったのだ。松見さんの荷物はほぼカメラ、筆者は登山装備でリュックの7割が埋まっていて、結果、有家さんと家成さんが大半のきのこを背負う。しまいには、収まりきらなくなったきのこを家成さんがリュックにくくりつけて歩く始末。大収穫で万々歳。有家さん、家成さん、ごめんなさい!

 

ここからは山で出会ったきのこの一部をご紹介。

注目してもらいたいのは、最初の3枚の写真。1枚目は、ふっくらと焼けたパンのような姿をしていて、かつてはヒラフスベと呼ばれたきのこ。実は、2枚目のアイカワタケの異形態で、全く同じDNAを持つことがわりと最近になって判明した。現在は呼称もアイカワタケに統合。

3枚目は、2枚目のアイカワタケとそっくりだが別物のマスタケ。有家さんも「個体差かと思った」というほどのわずかな違いしかなかった。山には似て非なるものがたくさんいて、森の摂理のなかで共生している。

REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2
アイカワタケ(ツガサルノコシカケ科アイカワタケ属/学名:Laetiporus sulphureus (Fr.) Murrill)。別名ヒラフスベ。下の写真のアイカワタケと同じきのこだが、形状は大きく異なる
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2
アイカワタケ(ツガサルノコシカケ科アイカワタケ属/学名:Laetiporus sulphureus (Fr.) Murrill)
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2
マスタケ(ツガサルノコシカケ科アイカワタケ属/学名:Laetiporus cremeiporus Y. Ota & T. Hatt.)。上の写真のアイカワタケとそっくりだったが、同定によって違いがはっきりと確認できた
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2
ブナハリタケ(エゾハリタケ科ブナハリタケ属/学名:Mycoleptodonoides aitchisonii (Berk.) Maas G.)。その名のとおりブナの枯れ木や倒木に生え、3〜5センチほどの傘の裏側が無数の針状になっている。今回採集した絶品きのこのひとつ
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2
カノシタ(カノシタ科カノシタ属/学名:Hydnum repandumL.: Fr.)。こちらも傘裏が針状になっているきのこだが、ブナハリタケとは異なり地面の枯れ葉の間に生えていた。フランスでは「ピエ・ド・ムートン」(羊の足)と呼ばれる高級食材
REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 1/2

約6時間の山行を終え、最後に、登山口で見つけておいたニンギョウタケを収穫。同時に日も暮れ、一行は大収穫を車に詰め込み、有家さんのレストランへ急いだ。車中には、嗅覚がおかしくなるくらい強烈なきのこの香りが充満していた。

 

*本記事で紹介したきのこの科・属・学名は更新される場合、または諸説ある場合があります

 

続きを読む
02 REPORT:有家シェフがきのこを採って料理するまで 2/2

有家俊之 / Toshiyuki Arike
1970年、香川県丸亀市生まれ。「capitolo3:l’arca」オーナー・シェフ。

 

capitolo3:l’arca(キャピトロ・トレ:ラルカ)
電話:06-6541-0800
住所:大阪府大阪市西区新町1-11-9 2F
open 18:00、おまかせコースのみ、ご予約制

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明