本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
特集no.01
トシ・ロジ・キノ・コトシ・ロジ・キノ・コ
2021.02.03
#ARCHITECTURE#OTHER#COLUMN#INTERVIEW#北加賀屋#大阪市
Editor’s Letter
 「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。
 今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めてわたしたちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、わたしたちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。


家成俊勝 Toshikatsu Ienari

建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。



 「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。
 今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかにわたしたちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、わたしたちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。


家成俊勝 Toshikatsu Ienari

建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。



paperC 特集01「トシ・ロジ・キノ・コ」
2021年2月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香
paperC 特集01「トシ・ロジ・キノ・コ」
2021年2月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香

REPORT:大阪のロジスティクスを歩く

写真: 櫻田和也[remo] / 写真: 家成俊勝[dot architects] / 構成・文: 羽生千晶[MUESUM]
REPORT:大阪のロジスティクスを歩く

都市の内外では、いつも大量の物資が動き続けている。隈なくめぐる道路や鉄道の交通網、24時間稼働する船舶・航空機のターミナル、隣接する巨大倉庫、それらを稼働させるパイプラインや送電線。効率的な物流のための大規模な開発を重ね、都市はより継ぎ目のないロジスティクスを発達させてきた。

本特集の対談で北川眞也さんが「都市は流通のハブになりつつある」と語っていたが、大阪の街はどうなのだろうか。今回は、都市文化や労働史を研究する櫻田和也さんとともに、大阪の一大物流拠点である大正区と住之江区でフィールドワークを行った。この記事では、櫻田さんと本特集の共同編集者である家成俊勝さんが記録した写真をもとに、大阪の港湾部にみられる都市景観を紹介していく。

REPORT:大阪のロジスティクスを歩く
赤いラインが今回歩いた全長約6キロのコース。IKEA鶴浜店をスタートし、船町渡船場、新木津川大橋を経由し、家成さんと櫻田さんのスタジオがあるコーポ北加賀屋へ向かった

IKEAの屋上から港湾の景観を眺める

REPORT:大阪のロジスティクスを歩く

スタート地点となったIKEA鶴浜の屋上駐車場。IKEAの家具や日用雑貨の数々は、外国の生産地から直接この広大な店舗に運び込まれ、スムーズに消費者の手にわたる。これも、世界規格のインターモーダルな輸送網が構築されてこそ。

大正区鶴町の渡船場を行く

IKEAを後にし、大正区鶴町の海岸通りを歩く。団地や一戸建ての住宅、飲食店もちらほら見かけられたが、何より大きな道路とトラックの姿が印象的。

「この辺りは江戸時代の新田開発のあと、明治期の築港事業で生まれた地域。元は水辺だったところが埋め立てられ、大正末に大阪市域に編入されて昭和初期に市街地としての利用がはじまりました。港湾部にはエネルギー産業の拠点が多く、それに付随して資材をつくる工場も集積しました」と、櫻田さん。路肩でよく見かけた運搬用パレットもこの街の景観のひとつ。

住宅街を抜けて南福橋を渡り、大正内港の端を眺める。かつてこの一帯には立売堀や長堀から移転した貯木場や材木市場が集積していたが、高潮や空襲の被害を受け、戦後、内港として整備されたという。工事の際に、貯木場は住之江区平林に移されることとなり、現在は金属・化学系の工場が集中している。資材運搬のための船舶や艀、漁師や個人の持ちものと思われる釣船も多く見られた。

大阪市内には、市営の渡船場が8つあり、そのうち7つは大正区に位置する。今回は、そのひとつである「船町渡船場」を利用し、木津川運河を渡った。市営渡船は橋と同じ扱いで、利用料は無料。ピーク時の昭和10年頃には、市内に31か所の渡船場があり、手漕ぎも含め69隻が運行していた。年間利用者数は、歩行者が約5,752万人、自転車等が約1,442万台にのぼったという。8箇所に減った現在も年間約162万人の利用があり、地域の人の足として通勤・通学などに使われている。

大正区船町を歩くーーものづくりの街から物流の街へ

REPORT:大阪のロジスティクスを歩く
西船町バス停付近のバス転回地(西船町操車場)

木津川運河を渡り大正区船町に入ると、バスが方向転換するための小さなロータリーがあった。大阪市電の廃止以来、近隣に鉄道が走っていないこの地域では、渡船やバスが連絡し、人を運んでいる。

大正区船町は、町全体が巨大な工場の集積でできている。広い道の左右に、造船場、製鉄所、肥料・農資材や化学薬品を製造する工場が並んでいた。

工場を抜けていくと、大正区と住之江区を結ぶ巨大橋「新木津川大橋」がある。総延長2,400メートル、高さ50メートルのアーチ橋で、1994年の落成当時は日本最長を誇った。橋の大正区側は三重の螺旋を描いていて、今回はここを歩いて登る。

橋の下には「木津川飛行場」の史跡があった。櫻田さんによると、これまで歩いてきた工業地帯は、大正時代には陸軍用地で倉庫が点在する程度だったそうだ。そこに飛行場ができたのが1929年(昭和4年)。物資や郵便の輸送需要の高まりを背景に、逓信省航空局が開設した。日本航空輸送により東京便や福岡便が運航されたが、現・伊丹空港の開設で、わずか10年で閉鎖されることとなる。広大な跡地には、高度経済成長期を支えるものづくりの工場が立ち並んだ。

一説には、周辺が工業地帯となり、煙突などの障害物が増えたこと、煤煙で視界がわるくなったことが飛行場閉鎖の理由のひとつとされる。いずれにしろ、この一帯は旅客・物流の拠点からものづくりの街になり、そして今また、物流の拠点へと変容していこうとしている。史跡の向かいには「ロジポート 大阪大正」というビルのような超巨大物流倉庫があった。中山製鋼所の転炉工場跡だそうだ。

新木津川大橋を渡る

橋の上から住之江区側を眺めると物流倉庫が目立った。橋を渡る車輌の大半も物流のためのトラックで、材木、金属、液体、ガス、食品、重機などあらゆるものが運ばれている。

「海が遠いですね」と家成さん。「埋め立てによりどんどん遠くなっていったんですね。ここも100年前には砂州が広がっていました。この辺りの千本松という地名からもわかるように、砂州には松林があり、先端に灯台があったという記録が残されています」と櫻田さんが語る。橋のすぐ下では、広大な土地の造成工事が行われていて、驚くような都市の変貌も人の手で地道につくられていることがわかる。

物流倉庫を眺めながら家成さんは、「毎日手にとる食品やものがどこから運ばれてくるのかは、あの巨大な倉庫で日夜働く派遣やアルバイトの人たちだけが知っているんでしょうね」と言っていた。都市とともに、働く人の姿もまた変化を遂げていく。

住之江区平林を歩く

橋を渡り地上に降りると、敷津運河が流れていて、漁師さんたちの船が停泊していた。昭和の時代には、大阪市湾岸部には水上生活を送る人の船が数多くあったと櫻田さんが教えてくれた。彼らは海から陸への荷揚げや運搬を生業としていたが、規格化されたコンテナによる輸送技術が発達すると、その役目を終えた。

REPORT:大阪のロジスティクスを歩く
新木津川大橋の橋脚越しに、敷津運河に停泊する漁船を見下ろす。対岸には材木倉庫がある

橋の上から眺めると巨大な物流倉庫が目立ったが、地上を歩くと材木店の小規模な倉庫が多いことに気づく。ここ住之江区平林は、戦前に大正区側にあった貯木場と材木店が、戦災や水害を経て移動してきた地域。水上で製材前の丸太を保管する貯木池は、現在では見かけることが少なくなったが、平林には5つほど残っている。そのひとつを見に行ったところ、残念ながら丸太が水に浮かぶ貯木場らしい姿は見られなかった。

「海外で製材して運んだ安い材木が主流になっているから、手間のかかる丸太での管理がいらなくなっているんですよ」と家成さん。「この辺りにももっと貯木池がありましたが、埋め立てられました。製材所も少なくなりましたし、ものづくりを行う町工場も減りましたね。代わりに建てられた大規模な建物のほとんどが物流倉庫です。理由としては、大阪市内には工場の立地規制がかかり、公害迷惑施設を建てられなくなったことが挙げられます。だから、重工業は堺市などに移転しました。生産の拠点が離れることで、市内へ大量の物資を運び込み市外へ送り出す物流拠点がこうした立地に必要となるのですね」と櫻田さんが応じる。

ロジスティクスの垣間を抜けて北加賀屋へ

遠くから見えた巨大倉庫も近くでは全容が見えず、大きさを体感できない不思議な感覚に陥った。地上では、行き来する労働者や交通整理の係員、倉庫周辺に意外と豊富な植栽の緑が無機質には見えない景観をつくっている。

木津川の上流方向へ足を進めると、河口部に群を成していた巨大倉庫は減り、町工場が増えていく。昔、造船所があった場所には入り江状のドック跡もあった。大規模な輸送を可能にするタンカーが主流になったことで、小さなドックが不要になったのだという。戦後、大工場は市外へ移転。オイルショックまでは釜ヶ崎の日雇労働者も相当部分が港湾荷役や製造業で働いた記録があるが、大正区や住之江区の中堅企業も新たに開発された南港へ移動した。跡地は堤外地のため宅地利用が難しく、長らく空き地だったが、1980年にナニワ企業団地協同組合が組織されると、騒音や振動問題により都心で行き場をなくしていた小規模製造業の受け皿になる。この企業団地は民間主導による自主団地という点がおもしろい。

企業団地から見える大きな煙突が何か櫻田さんに尋ねると、「元・大阪市環境事業局(大阪市・八尾市・松原市環境施設組合に守口市が加わり現在は大阪広域環境施設組合)住之江工場。つまりゴミ処理場ですよ」と教えてくれた。敷津運河のつきあたりには河内平野を内水氾濫からまもる「なにわ大放水路」のポンプ場(住之江抽水所)もある。大阪の港湾部には、ものの生産・運搬・処分のための施設が渾然一体となっていた。

フィールドワークの最後に、家成さんがこう語っていた。

「産業構造の転換が都市空間の変化として現れているのがよくわかりますね。これだけ多くのものが流通する時代だからこそ、運搬コストをどれだけ削減できるのかが重要になってくるわけです。だから、外国や他都市から運び入れた荷物をすぐに仕分けし、流通させるための巨大な倉庫が海に迫り出していっている。そこから大きな橋が伸び、高速道路で都心と結ばれているのが現在の最上部にあるレイヤー。でも、その下には、渡船場や貯木池、町工場といった少し前の時代のレイヤーが見て取れます。複層的な都市の様相を丁寧に観察し、人の活動を見ていくのが大切だと、あらためてわかりますね。」

本特集の対談で北川眞也さんは、「都市が流通のハブになりつつある」ことと同時に、そのスムースな流れにある「亀裂」への視点を与えてくれた。今回、櫻田さんと歩いたことで、大阪の港湾部にそのどちらをも観察できたように思える。ロジスティクスのための巨大装置の陰で、土地が記憶してきたものと人の営みを見つけていくこと。そこに、自分が住んでいる都市について考え、分解していくためのヒントが眠っている。

櫻田和也 / Kazuya Sakurada
大阪市立大学 都市研究プラザ 特任講師。1978年生まれ、2000年頃からフリーランスの情報システム管理人、2003年から記録と表現とメディアのための組織 [remo] に参加。現在、復刻資料集『昭和期の都市労働者 [2] 大阪:釜ケ崎・日雇』近現代資料刊行会(2021年3月刊行予定)戦後篇を監修。


こちらもおすすめ >>

『プレカリアートの詩 記号資本主義の精神病理学』
フランコ・ベラルディ(ビフォ) 著、櫻田和也 訳  河出書房新社(2009)
70年代アウトノミア運動の中心で活動した思想家・フランコ・ベラルディ(ビフォ)による一冊。ネグリとともに闘い、ガタリとともに歩んだ思想家が、現在を総括し、自傷・鬱・ひきこもりの果ての未来なき現在を問うーー。本記事で一緒にフィールドワークを行った櫻田和也さんによる翻訳です。10年以上前に著者のお話を大阪で直接聞く機会がありました。その会を締め括ったビフォの「引きこもりよ、団結せよ」という言葉は、今も忘れられません。当時のインタビュー動画はコネクタテレビで視聴できます。https://connectortv.net/libraries/095.php(家成俊勝)

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明