本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
特集no.02
石をなぞる石をなぞる
2021.09.30
#ART#PHILOSOPHY#COLUMN
Editor’s Letter
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香

INSIGHT:スパムとミームの対話篇

文: 福尾匠[批評・哲学]

ドキュメンタリーとして描かれた他者は作者の想像の賜物であり、フレームの外側もまた見る者の内側に描かれたものでしかないことは、紛れもない事実だろう。本特集の小田香と磯野真穂による対談で語られたのは、どこまでもわかりえない他者に向かう震える身体と、どこまでもフィクションに内包されていくドキュメンタリーの姿だった。それは、対岸の世界を誰かに伝え、そこに真実を見出したいと願う私たちの敗北を意味するのだろうか。

本稿では批評家・福尾匠が、ある集団と外界の間に横たわる言語の境界と、その突破口を「スパム」と「ミーム」の関係から探っていく。

INSIGHT:スパムとミームの対話篇
筆者自作のポークたまごおにぎり

社会的分断というのは、言葉の面から見れば、あらゆる言葉がその集団の内部ではミームとなり、外部からの、あるいは外部の集団への言葉がスパムとなることを意味するだろう。これは標準語と方言のようないわゆる中心−周縁図式とは異なる社会言語学的な軸として考えることができるかもしれない。


というのも、ミームは特定の集団への帰属を指し示すものではあるが、「標準語」ないし「共通語」に見込まれるような正書法的な(orthographical)規範や由緒正しい歴史をもつものではないからだ。それはすでに何らかの外部性に晒されている、というか、外部性をユーモアで馴化するものがミームだと思う。

たとえば「草生える」というネットスラングの由来を考えてみよう【1】。まず(笑)という記号が日本語対応していないオンラインゲームのチャットで (warai) と表記され、それがネット掲示板や動画サイトのコメント欄へと場所を移しつつ短縮され w になり、さらに、www でその強調が表現されるようになった。この見た目が草が生えているようなので、www と書き込むことが「草を生やす」と呼ばれるようになり——重要なステップだ——最終的に笑うことそれ自体を「草生える」あるいはたんに「草」と言うようになった。

最初に目につくのは (warai) という表記の如何ともし難いぎこちなさだ。(笑)というそれ自体古いものではない、しかし少なくとも日本的な(?)語(?)と、欧米のプラットフォーム、QWERTY配列のキーボード、ローマ字入力という多重の異邦性との衝突が、そこにはあまりに明け透けに現れている【2】。w はたんに倹約的であるというだけでなく多少ともその衝突をマイルドにするものとして一般化したのではないだろうか。そしてこれが外国語の文字としてではなく絵として読み替えられ、草として日本語のエコシステムのなかに位置付けられる(しかしそこには親しい人の知らない表情を垣間見るような微かな違和が残存しており、そのことがミームをミームたらしめる。ryが(略)のミスタイプから生まれたように)。

そしてこの草が文字通り繁茂したのがゲイポルノを笑いのネタにしたいわゆる「淫夢ネタ」の動画コメントにおいてであったことは、見過ごすべきでない点だと思う【3】。異性愛規範に対する外部性を笑いによって馴化するためにこうした、それ自体外部性を隠蔽することで生まれたミームが多用されその外へと拡散された——いまとなっては「草生える」という言葉の使用からプロファイルされるのは30代以下の日本語話者で、ちょっとオタクっぽいというくらいの漠とした特徴だろう——ことは現代の情報技術環境と言語、そしてマクロまたはミクロな政治の絡み合いを考える上で非常に示唆的だ。われわれは異質なものに対して歴史的な正当性によってではなく、すでに成功した——ことすら忘却された、いや、忘却することで成功した——馴化によって他者化しながら包摂するのだ。

INSIGHT:スパムとミームの対話篇
「ニコニコ動画教科書STEP1ーコメント投稿編」より〈www〉の弾幕(コメントで画面が埋め尽くされる様子)【3】

私の知る限り唯一の、スパムを情報技術的−文化的現象として考察した文章は現代美術作家のヒト・シュタイエルによるものだ。彼女は2011年とその翌年に、それぞれ「デジタル・デブリ——スパムとスカム」、「地球のスパム——表象からの撤退」と題された論考を発表した【4】。もちろん、彼女がひとつめの文章でその歴史を概観するように、「スパム」は最初からわれわれの迷惑メールフォルダに振り分けられる、およそ誰にも省みられないような、しかしひたすら真顔で熱心な勧誘の報せを指していたのではない。はじめそれは今でもスーパーマーケットに必ずある、加工され調味された肉の塊を指していた(日本ではとりわけ沖縄でスパムが親しまれているが、これには戦争での牧畜資源の破壊とその後のアメリカによる統治が影響しているようだ【5】)。

シュタイエルによれば、モンティ・パイソンの1970年のコントでウェイトレスがこの肉の缶詰の名前を連呼し客を狼狽させ、インターネット文化の到来とともにスパムは掲示板やチャットを量的に制圧するための機械的に増幅された文字の洪水を意味するようになった【6】。その価値は内容にではなく言葉が占める面積に求められる。この段階から——考えようによってはそれが肉の缶詰しか意味していなかった頃から——スパムはマッシブであることによってスパムとなる。総務省の調査によれば2021年現在でも日本で流通しているメールの40%超がスパムである(2009–2011年は70%前後を推移している)【7】。スパムはデジタル世界のマジョリティ(=多数派)であり、マス(=大衆)なのだ。日の当たる世界ではハッシュタグ・デモに代表されるミーム政治が台頭していることと考え合わせるなら、スパムはまたサイレント・マジョリティであるとも言えるだろう。

いずれも著者ないし発信者の単一性に依らない、その本質からして集合的な言葉であるミームとスパムは、しかし前者はポピュラーであり後者はマッシブである点において、決定的に異なっている。

INSIGHT:スパムとミームの対話篇
MIT Pressで公開されているヒト・シュタイエル「デジタル・デブリ——スパムとスカム」よりp70, 71, 77 © 2011 by October Magazine, Ltd. and the Massachusetts Institute of Technology 【4】

ポピュラーなミームかマッシブなスパムか【8】そんなのは偽りの二者択一だ、われわれのコミュニケーションはそんなものでは尽くされないとおっしゃるだろうか? しかしわれわれが血の通った言葉だと思っているものは、結局のところ成功したミームやスパムなのであって、ミームやスパムが失敗した言葉なのではないということを、いったいどうやって反証するのか。つまり二者択一は二重になっている。スパム−ミームの複合体とそれに対置される意味での標準語的なもののいずれを取るか、前者を取る場合スパムとミームのどちらを選ぶのか、と。もしあなたが初手から標準語的なもの——文法的、論理的、歴史−政治的な規範であれ精神的で本源的な共同性であれ——を選ぶとしたら、この文章はあなたのような方にこそ宛てられている。もう少しお付き合いいただきたい。

役者が揃ったところで私としては心おきなくスパムの側にすべてのチップを置いて、あなたにもそうするようこっそり促したいのだが、それにはまだ話が図式的すぎるかもしれない。なぜスパムが擁護されるべきなのかということについて私なりに明確にしてみよう。

シュタイエルがスパムの最初の理論家かつ擁護者として指摘することのひとつは、スパム広告はそのありうべき購買層の「ネガ(negative image)」になっているということだ【9】。スパム広告の画像に登場する、歯列矯正され、脱毛され植毛され、贅肉を吸引され、クリックひとつで金を稼ぐ人間はたしかにフォトショップされた非現実であるだろう。それはわれわれが「そうでないもの」であるところのものだ。彼女がスパムを擁護するのはこのネガティビティにおいてであり、この幽霊的なサイレント・マジョリティが、この星から発せられる膨大な信号を10万光年先なら10万年後に受け取る宇宙人に〈人間〉の何たるかを教えてくれるヒエログリフとなるだろう(彼らには量的勾配以外に人間らしさの輪郭を描く手がかりがないはずだ)。

彼女にとってマッシブなスパムは、文字通りデータ的マイノリティであるわれわれ現実の人間が、われわれを表象し代理する “representation” のシステムから撤退するためのデコイなのであり、つまり見たり見られたりの欲望のゲームからわれわれを解放してくれるイコンなのだ。彼女はスパムを擬人化し次のように語らせる。

「画面から離れなさい」彼ら——スパムのことだ。引用者註——はそうささやく。「われわれがあなたの代わりになろう。その隙に彼ら——宇宙人のことであり、表象のシステムのことだろう。これも引用者註——にわれわれをタグづけさせてスキャンさせてしまおう。あなたは自分のなすべきことをしていればいい」。それが何であれ、彼らは決してわれわれを差し出したりはしないだろう。だからこそ彼らはわれわれの愛と賞賛に値するのだ【10】

INSIGHT:スパムとミームの対話篇
e-flux Journalで公開されているヒト・シュタイエル「地球のスパム——表象からの撤退」【4】

「自分のなすべきこと」というのは、人の目ばかり気にせずスマートフォンを捨てて本を読んだり野に出たり堅実な仕事をしたりせよ、ということだろうか。たしかにそれはスパム自体のイメージや彼らが表立って誘う行為の対極にあるだろうが、そんな誰でも言える良心的なことのためにスパムを擁護するのかと、手段の奇怪さと目的のあっけなさのギャップに戸惑ってしまう。あるいは、それはわれわれがスパムを「差し出す」ことではないか、はたしてそれでよいのか、とも。私が提案する方向修正はふたつだ。


1)彼女はスパム画像をデジタル世界のイコンとして、非現実的な理想を描くものと位置付けているが、少なくとも現代日本のネット環境で目にするスパム広告には、理想的なイメージで惹きつけるものと同じくらい、目を背けたくなる現実を突きつけるものがあるのではないだろうか。それはわれわれの歯がどれくらい汚れていて、鼻の毛穴からどれくらい汚い角栓が飛び出し、腸に詰まった便秘を排出するだけでたちどころに何kg痩せて、体毛が濃くて肥満で貧乏だとどれくらいモテないかということを説いている。シュタイエルの議論ではこうしたアブジェクション的なリアルを掬い取ることができない。それはその非現実性によってわれわれを匿うどころか、「これがお前だ」と詰め寄ってくる。そしてそれは理想的なスパムが実際には誰でもないのと反対に、誰にとってもある程度正しいのだ。

2)シュタイエルは一貫してスパムをイメージの問題として扱うが、私はそれを言語の問題として考えることを提案したい。奇しくも彼女はスパムをわれわれの目から遠ざける自動化された迷惑メールフォルダを「移民に対する防壁、バリア、フェンス」【11】と形容しているが、スパムの言葉はたしかに過度に逐語訳的であったり、あるいは「考えたやつ天才かよ… 神アプリ20選」のような構文もなにもないブロークンな日本語であったりする。言ってしまえばスパムの言葉は「カタコト」なのであり、われわれがスパムをスパムとして認識するとき、われわれの頭のなかには標準語が、正書法が、言語的国境がある。


さて、それでもスパムが「われわれの愛と賞賛に値する」とすれば、それはどのようにしてなのだろうか。
シュタイエルはわれわれ自身が、そしてわれわれ自身の言葉がスパムになってしまう可能性を考えていないのではないかしかし現実として、われわれは決して理想的でも清潔でもない肉塊を引きずって生きており、それがどんなスケールであれ自身の言語共同体の外では必死の呼びかけが「カタコト」呼ばわりされるのだ。

むしろわれわれは積極的に、つまりポジティブにスパムになるべきではないだろうか。スパムへの生成変化。それはミームがその境界の外側にあるもので拵えた入り組んだ防壁を突き破る唯一の可能性だ。われわれはあなたの現実でもある現実を携えて、マッシブな文字で、教科書の例文から取ってきたような見よう見まねの「標準語」で、あなたの半笑いをものともせずに真顔でドアに足を差し込み続ける。10万年後には10万光年先でも。

 

【1】以下の記述では川添愛「草が生えた瞬間」(『言語学バーリ・トゥード——Round 1  AIは「絶対に押すなよ」を理解できるか』、東京大学出版局、2021年)を参照した。

【2】トーマス・S・マラニーは中国語タイプライターの歴史を辿りつつ、QWERTY的なるものと非アルファベットの言語体系である中国語の間でどのような技術−政治的な葛藤があったかということを非常に鮮やかに描き出している(『チャイニーズ・タイプライター——漢字と技術の近代史』比護遥訳、中央公論新社、2021年)。中国語におけるキーボードへの適応と変換(入力されるキーと出力される文字の分割)という発想の誕生については第6章を参照。

【3】「ニコニコ大百科」の「草不可避」の項目(https://dic.nicovideo.jp/a/草不可避)、およびネットミームの由来を解説する個人サイト「文脈をつなぐ」の「草・草生える・草不可避の意味・元ネタを徹底的に調べてみた」のページ(https://kimu3.net/20170407/7351)を参照。いずれも最終閲覧は2021/09/18。

【4】Hito Steyerl, “Digital Debris: Spam and Scam”, October, no. 138, Fall 2011, MIT Press および “The Spam of the Earth: Withdrawal from Representation”, e-flux Journal, issue 32, February 2012, https://www.e-flux.com/journal/32/68260/the-spam-of-the-earth-withdrawal-from-representation/ (accessed 2021-09-18). 後者については「地球のスパムメール——表象からの撤退」というタイトルで近藤亮介による邦訳が『美術手帖』(2015年6月号、美術出版社)に収録されている。本文での訳出は邦訳を参考にしつつあらためて筆者が行った。

【5】Mire Koikari, “Love! Spam: Food, Military, and Empire in Post-World War II Okinawa”, Devouring Japan: Global Perspectives on Japanese Culinary Identity, edited by Nancy K. Stalker, Oxford University Press, 2018. 本論文では戦後の沖縄におけるスパム(ランチョンミート)の普及に米軍だけでなく、生産元であるホーメル社の世界戦略、アメリカによって設立された琉球大学の家政学教授の言説が関わっていたことがさまざまな資料をもとに論じられている。しかし重要なのは、たんに台所に滑り込み「母の味」となったスパムが統治を脱政治化し、体制を内面化させる権力の象徴であるということだけではない。そこにはいわば、スパムを「ポーク」と呼ぶミームの発生がある。ポークたまごおにぎりやスパムのゴーヤチャンプルーが土着の食文化との折衝のなかで編み出されたように、権力の内面化とそれを逆手に取った創造的なアプロプリエーションの実践は常に両義的な関係にあるだろう。仮にこれが前述の「草生える」に比して「良い」ミームだと言えるのだとしても、私が本稿で問うのははたしてそれだけでよいのかということだ。

【6】Steyerl, “Digital Debris”.

【7】総務省「電気通信事業者10社の全受信メール数と迷惑メール数の割合(2021年3月時点)」https://www.soumu.go.jp/main_content/000693529.pdf(最終閲覧2021/09/18)。

【8】 ドゥルーズ゠ガタリは言語は本質的に集合的なものであるとし、その作動を「言表行為の集合的アレンジメント」として概念化した。私がここで試みるのは、個人的−集合的ないしメジャー−マイナーという対立より深いところにある、ふたつの集合性の対立を取り出すことであり、それは彼らが「母語をどもらせること」と呼ぶ言語の脱中心的な使用の内部に質的な対立を見出すことでもある。彼らの言語論についてはジル・ドゥルーズ゠フェリックス・ガタリ『千のプラトー』(宇野邦一他訳、河出文庫、2010年)上巻に収録された第4プラトーを参照。

【9】 Steyerl, “The Spam of the Earth”.

【10】同前。

【11】同前。

福尾匠 / Takumi Fukuo

1992年生まれ。現代フランス哲学、批評。日本学術振興会特別研究員PD(立教大学)。著書に『眼がスクリーンになるとき:ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』』(フィルムアート社)、論文に「ポシブル、パサブル:ある空間とその言葉」(『群像』2020年7月号、講談社)、「ベルクソン『物質と記憶』の哲学的自我:イマージュと〈私〉」(『表象』第14号、表象文化論学会)等がある。メディア「ひるにおきるさる」を批評家・黒嵜想と共同企画。個人サイトtfukuo.comで日記を毎日更新中。

tfukuo.com http://tfukuo.com/

ひるにおきるさる https://note.com/kurosoo/

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明