本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
特集no.02
石をなぞる石をなぞる
2021.09.30
#ANTHROPOLOGY#MOVIE#DIALOGUE
Editor’s Letter
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香

DIALOGUE:小田香×磯野真穂
私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)3/3

構成・文: MUESUM

食、身体、医療などのテーマから人間の生に焦点を当てる人類学者・磯野真穂を迎え、本特集の共同編集者・小田香との対談を収録した。これまで、他者の言葉や行為と向き合い、人類学の間口を拡げてきた磯野は、小田の映画になにを見たのか。互いに異なる世界の触知を確かめながら、視座を通じ合わせていく。

収録:2021年8月9日(月)ZOOMにて

DIALOGUE:小田香×磯野真穂|私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)

1 「誰かを殴ったことがありますか?」
2 「物語のほうがよっぽどノンフィクション」
>>記事を読む

3 「言葉にすると陳腐だけど、いかに知らないかをわかること」
4 「それって、聞くことの本質的な業だと思う」
5 「傷つけ合ったっていいやん」
>>記事を読む

6 「絶望しか感じられないですよね」
7 「お互い変わらないんじゃないかな」
>>記事を読む

特集一覧をみる

6 「絶望しか感じられないですよね」

磯野:『ノイズが言うには』と『あの優しさへ』を観たときに、「これを撮った小田さんは生きることそのものに苦しんでいるんじゃないか?」という気がしたんですけど、そういう感覚はありますか? 美しいものが苦しさから生まれる感じ。もがいているというか、届きたいものを探しているというか。

小田:なにかを探求したい、近づきたいという気持ちがありますよね。その方法として、『ノイズが言うには』は間違っているのかもしれないと感じていました。「映画をつくること」は「誰かを傷つけることなのかな」という疑問が、特に大きかった時期のことです。

磯野:葛藤をもちながら、傷つけているんだろうなと思いながら、あの作品を撮った?

小田:そういうリスクを背負ってしか映画をつくれないという気持ちになりましたね。

磯野:あれは、絶対そうなりますよね。私が感じた苦しさって、映画を撮ることに対しての苦しさというよりは、小田香さんご自身の人生に流れる苦しさだと思うんですよ。

小田:あー、いや、全然。そう見えますか(笑)。でも、生きづらさで言えば人並みに生きづらいとは思います。自分は同性愛者だし、性自認も曖昧なので、はっきり生きられないというか、なかなか面倒臭いこともあるんですけど。それが理解してほしいという気持ちにつながっていくし、一方で、理解されることは無理だろうということもわかっていて。そういう、人間としての気持ちみたいなのは根底にあるとは思いますよ。

DIALOGUE:小田香×磯野真穂|私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)3/3
小田香『鉱 ARAGANE』(2017)

磯野:私、最近「生きることは絶望に抗うことだ」と思ったんですよ。

小田:絶望だらけですもんね。

磯野:根底は、絶望なんだろうと思って。「あなたらしく生きれば、キラキラできます」なんて、全然心が動かされないタイプなんですけど。でもその「絶望」をほぼないことにして生きることもできる気がするんです。小田さんは、そこにしっかり触れちゃう人に見えたというか。セクシャリティ云々やカテゴリーに分類されるような生きづらさではなく、深層にある絶望感に触れているように見えたんですよね。

小田:私の師匠である映画監督のタル・ベーラは、チャーミングな人なんですけど、全世界の絶望を背負ったような背中をしているんですよ。ものすごく強くて、ものすごく弱い人間だなと、3年間一緒にいて感じました。今、お話を聞いていて、彼の背中をふっと思い出しました。

磯野:勝手な想像ですけど、小田さんは絶望に触れながら足掻いている感じ。しかもその絶望は、人間が生まれた以上背負ってしまうようなもので。そこでどう生きるのかに触れる仕草は、全世界の絶望を背負った人に師事したことに由来している(笑)。私はそれを『ノイズが言うには』と『あの優しさへ』から感じたのでしょうか。今聞いたらそうでもないな、と思ったけど(笑)。

小田:自身と絶望をどれくらいリンクできているか……。絶望の世界で生きているなとは思いますけど。

磯野:それは思われるんですね?

小田:はい、一応、端っこですが社会生活をしているので。絶望しか感じられないですよね。ただそんなこと、はじめて言われました(笑)。

DIALOGUE:小田香×磯野真穂|私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)3/3
小田香『セノーテ』(2020)

磯野:両作品とも、それがすごく刺さってくる感じがあったんですよね。でもそこからしか出ない光もあって。そういう作品に見えました。『セノーテ』は撮りたいっていう気持ち、それを浴びるということが前面に出ているんだと思いますが。ものを書き、撮る上での身構え、誠実さがあり、他方には技術がある。そのバランスはどうしていますか? 書いているとそこそこ技法でできちゃうところが気持ち悪いんですけど。人がそこそこ喜んでくれる画が決められているとか。技法と身構えの間で悩むことはありますか?

小田:技法はあったほうがいいとは思いますが、勉強はしなくていいと思うんですよ。身構えてちゃんとやっていたら、あとからついてくる。本質が技法を生むと思うんです。でも、技法は本質を生まない。

磯野:文章なら使える言葉が増えることで、世界の粒度が上がる。でもそれは技法が本質を生んでいることとは違う?

小田:それはすごくわかります。技法は技法として成り立つのかもしれませんが、技法が本質を表しているかは疑問だなと思います。

磯野:たしかに、結局、つくり手の身構えがそこにないと見えてこないですよね。

小田:はい。そこにある技法も、技法として成り立たないと思います。

磯野:研究でも、売れた人が空疎になっていくように見えるときって、全部技法になっちゃったとき。文章もうまいし、知性も感じられるけど、それでも空疎に見えるのは、どこかにある本質に手を届かせたいという身構えがかけていたりするときなのかもしれません。

小田:小手先でやっているってことですか?

磯野:うん。でも小田さんがもし小手先でやっちゃったら、小田さんは死んじゃいそうですよね。「私は生きる価値がない」とか(笑)。そのぐらい、この人から映画を取ったら死んじゃうのでは、と思ったんですよね。

小田:私、ずっとバスケットボールをやっていたんです。結構、真面目に。靭帯を何回か切って辞めちゃったんですけど。ひとつやることがないと怖いんですよね。すがってると言ってもいいかもしれないですよね。

磯野:ある種、世界と自分の媒介として、カメラやバスケなどが必要なんですね。だからやっぱり、映画が無くなったら危ない(笑)。

小田:やめてください(笑)。磯野さんはどうですか? 研究が無くなったら。

磯野:今、研究してるのかな、私。そこもよくわからないんですよね。なにしているんだろうと思いますけど(笑)。

DIALOGUE:小田香×磯野真穂|私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)3/3
左/磯野真穂  右/小田香

7 「お互い変わらないんじゃないかな」

小田:今日対談させてもらっていて、学問とアートのような対義語がいくつか出てきたけど、お話を伺っているなかでは、勝手にですけど、やっていることは変わらないんじゃないかなって気がしてるんですよ。

磯野:でも作品だけ見たら全然違いますよね。この違いはなんなんでしょうか? たしかに、身構えや対象に対する葛藤はものすごく似てるなと思います。人類学者の友人であるキム・セッピョルさんが『葬いとカメラ』という本を書いた際、映画も撮られている地主麻衣子さんとの共作だったんですけど、1冊の本をつくる過程でバチバチになったそうなんです。キムさんは地主さんのアーティストの考え、地主さんはキムさんの学者としての考えが相容れない。本を読んでいるとそれが生々しく描かれていて、真剣で切り合って血が見えるかのごとくでした。もしかしたら今日もそうなったりして……と思ったけどならなかったですね(笑)。

小田:人類学と近い分野に、映像人類学ってあるじゃないですか。この間、マンチェスターで映像人類学を勉強した人と対談したんですけど、映像人類学と映画との境界は今はまだすごく曖昧で。学校から求められたのは役割のある映像だったとおっしゃっていたことが興味深かったですね。なにが映っていて、そのショットがなにを伝えているのかが明確でないといけない。

磯野:でもそれは、小田さんの撮りたいものではなかった?

小田:映画は、それだけで構成されるものではないのかもしれないって話にはなりました。映像人類学における、はっきりとした積み重ねがあるもの、というか。

磯野:そこで、映画とはなにかという話にはならないんですか? 映画をつくっている仲間たちと。

小田:あー、私は逃げます。「映画とはなにか」ってみんな違いますし、わからないですし、私も。「なんやろな〜」って飲みながら話すことはありますけど、懐の深いものだといいなあという結論で終わります(笑)。

磯野:まあ、本質的な話って大体そこで終わりますよね。意外と抽象度上げた議論って大した話にならないっていう。だから細部をしっかり描いていったほうが、映画とはなにかを描くことができる。ただ、『セノーテ』を見たときに、「映画ってなんだろうな」とは思いましたね……。映画と似たものとしてよく例にあがるのが演劇だと思いますが、演劇は一回性が強いので見るたびに少し違うということがある。でも映画って見るたびに内容が違うということはないじゃないですか。それが面白いですよね。

小田:映画は複製芸術、まあ芸術かどうかは置いておいても、複製できるものだというのはすごく面白いところ。一方で、上映される劇場とか、隣に座っている人がうるさいとか、映画館まで行く道とかも含めて、結構一回性も出てくるものなんです。

磯野:なるほど。ヴォルフガング・イーザー「本は書いただけで完結しない、永遠に開かれている」と述べていたのを思い出しました。読者が新しい世界を開き続ける、常に未完結であり続けるって言ってるんですけど、映画も同じなのかもしれない。私は、今日のために『セノーテ』を自宅で拝見したんですけど、映画館で見たら全然違うだろうと思ったんですよね。映画館で見たほうが絶対いい映像なんだろうなと。大きな画面で音響の良いところで見たら、きっと泳いでる感じになっちゃいますよね。

小田:自分の映画は、国内では映画館でしか上映していないんです。『セノーテ』を映画館で見るほうがいいかどうかはわからないですが、複数の人と見ているっていうのは面白い共有体験になる。それが劇場体験かなとは思いますね。

磯野:たしかに、著者として読書会をやると、それまで会ったこともないバックグラウンドの違う人たちが、その体験だけは共有しているんですよね。本も複製できるから、映画も本も同じか。

小田:面白いですよね。本を読んだという体験を他者が共有していて。

磯野:でも、その体験が同じかどうかも、もうわかりえないじゃないですか。中身は違うんだけど、一応は読んだという奇妙な共有体験がひとつの場を生むということはあって。体験ってなんなんでしょうね。あ、こうやって抽象度上げると、また面白くなくなっちゃうんですけど(笑)。

DIALOGUE:小田香×磯野真穂|私は理解したいし、理解されたい(理解できないけれど)3/3
小田香『セノーテ』(2020)

小田香 / Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。
2016年タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。
2019年『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。
2020年​第1回大島渚賞受賞。
2021年第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

https://www.fieldrain.net/

twitter https://twitter.com/_kaori_oda

 

磯野真穂 / Maho Isono

独立人類学者。専門は文化人類学・医療人類学。博士(文学)。早稲田大学文化構想学部助教、国際医療福祉大学大学院准教授を経て2020年より独立。身体と社会の繋がりを考えるメディア「からだのシューレ」にてワークショップ、読書会、新しい学びの可能性を探るメディア「FILTR」にて人類学のオンライン講座を開講。著書に『なぜふつうに食べられないのか——拒食と過食の文化人類学』(春秋社)、『医療者が語る答えなき世界——「いのちの守り人」の人類学』(ちくま新書)、『ダイエット幻想——やせること、愛されること』(ちくまプリマ―新書)、宮野真生子との共著に『急に具合が悪くなる』(晶文社)などがある。

https://www.mahoisono.com/

http://blog.mahoisono.com/

——この記事で紹介した磯野真穂の本
『なぜふつうに食べられないのか 拒食と過食の文化人類学』(春秋社、2015)
『急に具合が悪くなる』(晶文社、2019)

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明