「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2021.05.31
#シネ・ヌーヴォ#MOVIE#SCREENING#大阪市#九条

REPORT|「おちょやん」公開記念
浪花の名女優 浪花千栄子

文: 鈴木瑠理子[MUESUM]

朝の連続テレビ小説「おちょやん」。タイトルバックの絵を犬ん子とチャンキー松本が描き、ロゴやポスターデザインを廣田碧看太郎が、宣材写真およびスピンオフ写真展『おちょやん、道頓堀いるってよ』(NHK公式Webサイトにてオンライン写真展が開催中)を濱田英明が手がけるなど、大阪ゆかりのクリエイターが携わったことでも話題を呼んだ本番組が、先日最終回を迎えた。

ヒロイン・竹井千代のモデルとなったのは、1950〜1970年代にかけて喜劇やホームドラマ、文芸映画で活躍した女優・浪花千栄子。母との死別、幼い頃からの女中奉公、松竹新喜劇の旗揚げ人である夫・渋谷天外との離婚と、苦労に苦労を重ねる人生を辿ったが、大阪言葉で演じられるやわらかな女性像は多くの人々を惹きつけたという。そんな彼女の仕事を振り返る特集上映「『おちょやん』公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子」がシネ・ヌーヴォ(以下、ヌーヴォ)で開催されると知り、どんな人なのだろう?と興味が湧いて、足を運んでみた。

2021年5月9日(日)。家を出遅れて急いでヌーヴォに向かうと、同じようにいそいそと入り口の階段を降りる年配男性の姿があった。「『浪花さんをスクリーンで観たい』というお客さまからのリクエストが多かった」と支配人の山崎紀子さんが語るように、“待っていた”という雰囲気は会場の盛況ぶりからもうかがえる。

筆者が鑑賞したのは、本特集の期間前半にラインナップされた花登筺原作、坂井欣也監督のコメディ『番頭はんと丁稚どん』。1958年からテレビで公開生放送していた、同名の人気番組の映画化第1作だ。大阪・船場の薬問屋「七ふく堂」に丁稚奉公に出た崑太(若かりし大村崑が演じる。丁稚は名前に「松」をつけるならいがあり、劇中では崑松と呼ばれた)を取り巻く人々の人間模様が面白く、彼をはじめ、不器用な登場人物たちを包み込むご隠居はん(浪花)の佇まいには、しばしば「大阪のお母さん」とうたわれる彼女の器量を垣間見ることができる。

REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
(C)1960 松竹株式会社|前列中央で微笑む女性が、ご隠居はんを演じた浪花。その右横には崑松(大村崑)

崑松は、愚鈍ながらも憎めない、心根のやさしい少年だ。七ふく堂の次女・かな子(九条映子)が、ご隠居はんのすすめで嫌がっていたお見合いをすることになった日。美容院に出かける彼女の付き添い役を担った崑松は、途中で見事に撒かれてしまった。店では、家族たちが気が気でない様子であちこちに電話をかけている。そんな姿を見た崑松は、ふらふらとひとり店を出て行く。そして、かな子に付き添った道を辿り直し、ふとしたきっかけから、彼女が道中で電話ボックスに入り「別府」と口にしていたことを思い出す。

身ひとつで街をさまよい、立ち寄った屋台の隅で拾った子犬と野宿しながら、かな子の消息を気にかける崑松は切なく映る。物語のなかでは、故郷の母の病気の知らせを受けたり、店の金を盗ったと濡れ衣を着せられたりと、彼にも不憫な出来事が降りかかるのだが、こうした場面にこそ物言わぬ姿は、あたたかな人間味を感じさせるのだ。また、崑松の素っ頓狂な言動や、小番頭・雁七(芦屋雁之助)が片想いするかな子に舞い上がる様子など、癖のある登場人物たちのコメディタッチな演技に目を奪われてしまうが、浪花演じるきりっとして懐深いご隠居はんの立ち振る舞いは、物語のなかに現実味を吹き込む。たとえば、崑松が金を盗んだと疑われる先の場面で、ご隠居はんは真実がわかるまで彼のお金を預かると言う。やみくもに犯人だと決めつけて叱るでもなく、商売人として簡単に見過ごすこともしない。そうした生身の人間らしいありようは、観る者と映画の世界をゆるやかに結びつけてくれているようにも思う。

ヌーヴォの山崎さんは、浪花の魅力をこう語る。「台詞であっても、まるでそのままの会話のように、言葉がなめらかで耳触りがいいんですよね。それから、嫁をいびるお母さんなど意地悪な役を演じることもありますが、どこかユーモアがある。浪花さんが登場すると、舞台がふわっとするんです。生きるなかで怒りや憎しみもたくさん味わってきた方だと思いますが、同時に救いを大事に抱えながら、受け入れてきた苦難をまた違うかたちで昇華させていたのかなって。スクリーンには、役柄はもちろん、ひとりの人としての浪花さんの姿が表れているような気がします」

REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
(C)1960 松竹株式会社

上映中は会場のそこかしこで笑い声が起こり、筆者の近くに座っていた女性は、崑松に抱えられた子犬を見て「かわいいね」と漏らしていた。普段映画館で映画を観るときは、物音に配慮して、黙って作品に集中することがほとんどだが、ゆるやかに他者と場を共有するような感覚が自然と湧くのは、娯楽映画ならではの鑑賞体験だろう。そして、そうした互いへの許容が生まれるのは、映画のなかに表れる人情やおかしみに、心がほぐされるからではないかとも思う。本特集は好評を呼び、アンコール上映も開催されるそうだ。劇場の空気感も味わいながら、浪花千栄子という存在をまなざしてみてほしい。

特集上映「『おちょやん』公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子」は2021年5月8日(土)〜28日(金)にかけて開催し、現在は終了

「浪花の名女優 浪花千栄子」アンコール

期間:2021年7月31日(土)〜8月6日(金)

上映作品:
『お父さんはお人好し 花嫁善哉』(青柳信雄監督/1958年)
『続・番頭はんと丁稚どん』(的井邦雄監督/1960年)
『世にも面白い男の一生 桂春団治』(木村恵吾監督/1956年)
『アチャコ青春手帖 大阪篇』(野村浩将監督/1952年) ほか

会場:シネ・ヌーヴォ

料金:一般1,500円、学生・シニア1,100円、会員1,000円

問合:06-6582-1416

シネ・ヌーヴォ

大阪市西区九条1-20-24

photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
photo:REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
Must Reads
2021.05.31
REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
MORE
photo:INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
Must Reads
2021.04.30
INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
MORE
photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#香港インディペンデント映画祭