「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2020.10.01
#The Blend Apartments#The Blend Inn#ART#POETRY#BOOK#大阪市#此花#千鳥橋

What’s up?|最近どうですか?
第3回:辺口芳典さん(詩人/The Blend Inn)

構成・文: 永江大[MUESUM]

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな〜」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況が気になるあの人に声をかけていく本企画。第3回は、大阪・西九条のホテル「The Blend Inn」のプロデュースに関わる、詩人の辺口芳典(へんぐち・よしのり)さんです。

カトーマサカーと豚玉と淀川

2020年8月19日(水)夜、筆者の友人・宮崎岳史くん(渋谷7th Floor)にオンラインイベントの配信サポートを頼まれて、大阪・西九条にあるThe Blend Innへと向かった。「K/A/T/O MASSACRE」という、毎週水曜日に幡ヶ谷Forestlimitで行われるライブイベントのラジオ編にて、宮崎くんがホストとなって1時間ほどトークを行う。そのゲストが辺口芳典さんだった。

宮崎くんの「最近どうですか?」の質問に、辺口さんが答える。この新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて4、5月はホテルを完全休業。最近は営業再開したが宿泊だけで回すのは難しい状況もあり、場所を生かす試みとして、撮影スタジオの貸し出しをはじめたのだとか。The Blend Innは、母屋を建築家の島田陽、離れをdot architectsが設計しており、照明はNEW LIGHT POTTERY、音響がsonihouse、カーテンなどのファブリックをfabricscapeが担当している。空間として細部まで気を配っており、この場所を見て何かしたい・使いたいと相談しに来る人たちの要望に合わせて貸し出している。宿泊は、現在週末のみ予約を取っての営業を継続。

宮崎くんと辺口さんのトークアーカイブは、「homeaway channel」のInstagramアカウントにて。@homeaway.channel

1時間の配信が終わり、機材を片づけながら世間話をしていると、「毎週水曜の夜にこのあたりを歩いていて。それがけっこういいねんな〜」と辺口さんがぽろっと言うので、それは面白そうだと同行させてもらうことに。詩人がまちを歩き、それがどんな感情、言葉へとつながっていくのだろう。

What’s up?|最近どうですか? 第3回:辺口芳典さん(詩人/The Blend Inn)

ーー(The Blend Innをスタートして、阪神なんば線・千鳥橋駅の高架をくぐり、正蓮寺川方面へと歩く)辺口さんは、六軒家川沿いで観光案内所兼休憩スペースを運営していたOtonari時代(2012年)から、此花区のガイドやまち歩きをしていましたよね。

辺口そうそう。今回はまち歩きというより、ほんまにただ歩いてみるってことが面白いなと思ってはじめたんよね。詩人として、過去には1年ぶっ通しで毎日トークもやってきたし、パフォーマンスや音楽、しゃべりながらのまちガイドも。いろいろやって、もう何もしたくないなと思って(笑)。でも何もせず家にいることもしたくなかった。そんなときに、「ただ、歩いてみる」。音もなんかいい感じやしね。

ーーいつからはじめたんですか?

辺口経緯としては、2018年あたりからThe Blend Innで毎週金曜に朗読会を開催したり、水曜には「エキスポ」をテーマにThe Blend Innのスタッフやご近所のキーパーソンたち(観光協会の方や区民ホールの館長、地域のご意見番たち)、ゲストを交えたミーティングもやっててん。2020年になって、もう少し動きがほしいなと、新型コロナウイルスの影響が広がる前からただ歩くことをはじめた。屋外やし、基本的にしゃべらないから、こんな状況でも歩いてみるって普通にできていて、改めて歩くって強いと思ったな。

ーー知り合いが遊びに来たときとか、まちを案内しながら歩いていましたよね。僕もお好み焼き屋さんの「森」に連れてってもらいました。

辺口うん、その延長やねんな。このあたり(此花区)は、海や淀川が近かったり、漁港もあったり。水辺のまちのつくりっていうのが面白い。歩いていると、川の堤防へと上がっていくような急な階段や思いもよらない道がよく現れる。この正蓮寺川は、埋め立てて芝生の公園をつくるために整備中。けっこう異様な光景やろ。埋め立てたところは水はけが悪くて、雨の日の翌日は、でかい池みたいな水溜りができていたりする。その感じもいいねんな。

ーー(正蓮寺川を渡って、淀川方面へと北上)このあたりは、わりとひっそりとした住宅地ですね。ただ、川の流れに合わせて道ができていたりするから、だいぶ入り組んでいる印象。

辺口おれと溝辺直人(The Blend Innスタッフ)のふたりで2012年に立ち上げた地域の案内所・Otonariをやっていた頃、地元のおっちゃんたちに「下町の雰囲気やトタンの感じがいいとか言うんやったら、(正蓮寺)川を越えてあっちのほうを見てらっしゃい」と言われたことがあって。それがいま歩いているエリア。ここではリアルに貧困というキーワードが浮かび上がってくる。つまり、直接的な言葉ではないけれど「お前はいいって言うけど、さて、見てみて、本当にいいと思いますか?」ってニュアンスもおっちゃんたちの言葉に含まれててん。「そんな気軽なもんかねぇ」って。実際見に行ったら、もちろん貧困を感じないわけではないけれど、いい店がたくさんあったり、めちゃ好きになったお好み焼き屋の「森」があったり。リアルな人がおるなと思った。

What’s up?|最近どうですか? 第3回:辺口芳典さん(詩人/The Blend Inn)

ーー「森」は特にそうでしたね。集合住宅の向かいにあって、入り口は開きっぱなし、店内は油っぽい茶色のシミに覆われていて、人だけでなく、たまにハトやスズメ、猫も入ってくる。1枚300円の豚玉を焼いてもらってるあいだに、道路をぼーっと眺めてチューハイをすする感じ。リアルな人たちがその場にただただいる。

辺口森さんが引退して、このエリアもおれのなかで引力が弱まって。あの場がすごい魅力やったんやって改めて思ったな。でも、歩くのをはじめてから、またこのエリアにも戻ってきた。会いたい人や特定の場所がなくなっても、人がつくったものは感じられるなって。

ーー(淀川の堤防に沿って歩き、堤防を越えて、河川敷を西へ)人がつくったものを感じられるって、どういうことですか?

辺口例えば、あの店へ行くって決めて歩き出したときに、意外と周りを見られない。目的があると、ここに階段があるとか、こっちの道に行きたいなっていうような気持ちがカットされてしまう。ただ歩いてみることでいろんな道が開けていく感覚、人がつくったものを感じられる瞬間がある。人の意思に直接触れてるって感じかな。ドアが一つひとつ開けていくようなね。いつもの道にあった階段がパッと目に映り込んできて、はじめてそこを降りてみたら、その先がまたいい感じの道だったり、その道が新しい風景にいざなってくれたりとか。

ーーその感覚は、詩をつくることともつながっていますか?

辺口詩は、本当に単純作業。それだけをしていると飽きてしまう。飽きは、バンバン書き続けてもなかなか突破できへんくって、道が開けていくような新しい体験があれば次に行きやすい。新しい体験をしようとすると、はじめは激しいこと・ちょっと怖そうなこととかに挑戦するやん。それはそれで自分のなかになんとなく限界があるなって思ってきて、今はただ歩くとかのほうが新鮮。そう考えると、エクストリームって本当はこういうことなのかもしれんね。おれ自身、いっつもドキドキしながら歩いてる。

2020年9月9日(水)、大阪市此花区にて収録(取材:永江大、鈴木瑠理子)

What’s up?|最近どうですか? 第3回:辺口芳典さん(詩人/The Blend Inn)

辺口さんの「最近気になる○○」

 

①遊び=囲碁

今年で5才の娘・一絵(いちえ)と、日本棋院監修の『囲碁入門ドリル ステップ1』を片手に学びはじめました。囲碁を考えた人はめちゃいけてるわ。碁盤と碁石があるだけで、すごくシンプル。使い方を変えたらオセロと一緒なんやけど、圧倒的にオセロよりも豊か。ドリルのほかに、小説みたいに読める趙治勲著『ひと目の詰碁』もおすすめやね。詰将棋みたいに小問題がたくさんあって、一つひとつのコメントが「へなちょこですが、これが堅実です」「黒はシャレた活き方」「この一手で白はおだぶつです」と秀逸。あと、囲碁って「詰む」ではなくて「死に」「活き」って言うねんな。「こうしたら死にます」「殺せましたか?」とか、「死」が普通に出てくる。これが読んでいてなんかいい。

 

②活動=小さなお地蔵さんをボミングする

水曜の夜以外は一絵とも一緒に歩いているんやけど、道中で石を見つけて……というより石に選ばれるような感覚があって。それを拾ってはお地蔵さんとして見立てて、歩道橋の手すりや縁石とか要所要所、いろんなところにボミングする活動をしています。

 

③夏の思い出=一絵(娘)との虫採り

今年は一絵と虫採りサマーやってんけど、はじめて網と虫かごを買って、どこへ行くにも持って行ってたな。セミを採れるだけ採って、カマキリも採ってたなぁ。あと一歩のところでアゲハ蝶は捕まえられず。父は、今年さまざまな昆虫を捕まえましたね。蝶もトンボもカナブンもセミもね。蝶はやっぱり難しかったな。あんまり見かけへんし、けっこう急に来る。生息地がわからへんやん。トンボとかはまだこのへんかなとかわかるけど。蝶は急に「えっ」ていう感じで現れる。ずっとそこにおってくれへんからね。一絵に捕まえてほしかったな。虫採りしていたら、近所のおばちゃんとかも集まってきて、「おしい!」って声援をくれました(笑)。

 

④作品=詩集『水の家』

2020年は詩集を出す予定で、デザイナー&編集者の庄野祐輔さんと一緒につくっています。作品のセレクトは決まったので、あとはレイアウトのみ。いま猛烈に進めてる。『水の家』は、水で建てた家という意味でもあるけど、人間のことを差した言葉として閃いたとき「おっ」て思ってタイトルにしました。

INFORMATION

10月17日(土)〜18日(日)に開催される、IN/SECTS主催・KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET「オンラインわいわいまつり」にて、paperCの「What’s up?|最近どうですか? 番外編」が番組出演。本記事にひきつづき、詩人・辺口芳典さんがゲスト参加します。詳細はイベントサイトにて。

The Blend Inn

大阪市此花区梅香1−24−21

Tel 070-1745-1250(受付時間 8時〜11時、15時〜22時)

photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
Must Reads
2021.03.30
What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
MORE
photo:INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
Must Reads
2021.03.27
INTERVIEW:日野浩志郎|「らしさ」を解体し、新たな響きをつくり出す
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 1/3
MORE
photo:INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
Must Reads
2021.03.01
INTERVIEW:赤鹿麻耶|写真と大阪の15年 3/3
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿