本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。 人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。 対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。 小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
On Site
2021.01.30
#Super Studio Kitakagaya#ART#INTERVIEW#北加賀屋#大阪市

What’s up?|最近どうですか?
第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)

構成・文: 永江大[MUESUM] / 通訳: 池田昇太郎[詩人/山本製菓]
What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな〜」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況が気になるあの人に声をかけていく本企画。第4回は、大阪・北加賀屋のレジデンス施設「Super Studio Kitakagaya」にて、滞在制作を行うアーティストのトラン・ミン・ドゥックさん。山本製菓・池田昇太郎さんと一緒に、話を聞きました。

パスポートと食品トレイと社会的距離

2020年11月、此花Figyaで手渡された地図を見ながらまちを歩いていると、民家の壁面に「Happiness To Everybody」と、大きくショッキングピンクで描かれたフラッグが見えた。トラン・ミン・ドゥックさんの個展「Where do we go from here -我々は何処へ向かうのか-」は、作家が滞在していた一軒家を会場に、このコロナ禍で日本にとどまり制作した作品と、過去作を展示。受付で預かった鍵で玄関を開け、靴を脱いでなかへと入る。1階台所・居間の壁面には、コラージュ作品《未知の風景たち》(2020年)とパフォーマンスビデオ《無題(我々は何処へ向かうのか)》(2020年)が展示されていた。

スーパーのお惣菜や肉類、魚介類などのパッケージとして使われている食品トレイに、小さな丸いシールを配置したコラージュ作品は、見知ったトレイのバリエーションの幅に気づかされると同時に、そこにかつて乗っていた食材や料理を想像させる。長細い和柄のトレイは寿司かおにぎりか、ベーシックな白トレイは生肉だろう、この窪み具合はみたらし団子かもしれない、というように。そこに乗っていたものがなくなり、新たに丸い無機的なシールを配された空の器の景色。自然釉がやきものに独特の景色を見せるさまを茶人が楽しむ、その見立ての力とユーモアを、茶や工芸といった文脈とは別のかたちで知っていく、体験していくような感覚が面白い。

この作品をつくったドゥックさんはどんな人なのだろうと、鍵を返すついでに、本展の企画者である山本製菓の池田昇太郎さんとFigyaのmizutamaさんに聞いてみた。2020年3月、山本製菓で開催された展示「Memorable Moments-記念する-Kỷ Niệm : ー故郷が異郷を巡って-May Homeland Flows Around Strangeland-Để Quê hương chảy quanh miền Đất lạー」からいままで、拠点であるベトナム・ホーチミンへも帰れず、日本にとどまるしかなかったことや、現在は北加賀屋にある共同スタジオ「Super Studio Kitakagaya(以下、SSK)」にて滞在制作を行っていること、池田さんとの共同プロジェクト「Between Lines」をこの8年ほど続けていること、などなど。

池田さんに仲介をお願いして、後日、北加賀屋・SSKにあるドゥックさんのスタジオを訪れた。2月4日(木)からはじまるオープンスタジオをひかえ、壁面には新しい作品のテストピースがかかっている。ドゥックさんが淹れてくれた美味しいコーヒーを飲みながら、池田さんの通訳に頼り切って、日本でのこれまでの生活、制作のプロセス、プロジェクトの発端について質問をぶつけてみた。

What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)

ーーこのコロナ禍で帰国できず、大変な状況はいまも続いていますね……。

ドゥック:本当に。2020年3月の展示終わりに帰国する予定が渡航できず、5月くらいには収束するだろうと思って様子を見ていたんですが。こんなに長引くとは思いませんでしたね。

池田:僕も今年の予定が総崩れ(笑)。2月に大阪の部屋を引き払って、海外でも活動しようとしていたんですが……。どうしようもないので、夏の手前くらいまでは、ドゥックと山本製菓に寝泊りしていました。

ドゥック:しかも、8月にはパスポートとクレジットカードが期限切れになるとわかって。あのときはどうなるかと……。

池田:ベトナム大使館に、パスポートやカードの事情を話して直談判したんです。向こうも毎日ドゥックが電話をかけてくるから、また文句を言われると思ってすぐに切ったり、どういうわけか最後には日本語のナビゲーションに自動切替されたりしたみたいです(苦笑)。

ドゥック:ベトナム政府による救済処置として帰国便の抽選枠もあったのですが、応募していくら待っても音沙汰なしで。8月くらいにやっと連絡がきて、もしかしたら乗れるかもというところまでいきましたが、結局無理だった。

池田:ただ、ベトナムへ帰れないとわかった4月頭から、ドゥックが手を休めずつくり続けてきたことは、ある意味、救いでしたね。ひとつは大阪市の助成金に応募して、此花での滞在制作とFigyaでの展示に。もうひとつは、おおさか創造千島財団の木坂さんに相談して、今回のSSKでのレジデンスプログラムへとつながっていきました。

ーー周囲の人たちと一緒にプロジェクトを立ち上げて、制作を進めていた。昨年11月にFigyaで展示を、そして今年2月にはこの場所(SSK)でオープンスタジオを行います。

池田:Figyaのmizutamaさんとは、3月の展示を企画する際に東南アジアのアーティストを呼ぶ際のビザ関係の相談に乗ってもらったり、会期中にトークゲストとして参加してもらったこともあって、一緒になにかできないかなと。あと、山本製菓に寝泊りしていたドゥックが、夏の暑さとひっ迫した状況に心身ともに限界が近づいていたので、此花で滞在できる場所もmizutamaさんが見つけてきてくれました。

ーー展示会場となっていた一軒家ですね。そこを拠点に、Figyaの制作スペースを毎日行ったり来たりしていたと展示のハンドアウトに書いてありました。此花ではどんなことを?

ドゥック:此花に滞在していたときは、《Where do we go from here – 我々は何処へ向かうのか》というタイトルで、此花の道にいろんな色のチョークで自分の影の輪郭を写すパフォーマンス映像をつくったんです。それは、2011年に東京で滞在制作を行った際のグループ展のタイトルを借りました。そのときは「境界を超える」ってどういうことかと考えていたんですが、当時の日本は大きな災害の後だったし、鑑賞者を勇気づける意味合いも強かったかな。2020年3月からの、この意図しない長期滞在では、自分自身で主体的になにかを決める、方向づけることがほぼできなかった。それもあって「Where do we go from here」という言葉の意味合いが2011年当時とは違ってきていると思います。今回は、作品のタイトルであり、2020年11月Figyaでの展示タイトルであり、自分の実存レベルで「わたしたちはどこにいるのか」という問いかけでもある。

池田:Figyaではこの間もアーティストの出入りがあったので、それぞれ交流できたりしたのもよかったかなと。

What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)
photo: Tran Minh Duc
What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)
photo: Tran Minh Duc

ーードゥックさんだけではない、“わたしたち”の問いでもあると。もともと池田さんとドゥックさんは、「Between Lines」というプロジェクトで活動していますよね。それはどんなきっかけで?

池田:僕が21歳のときだったか、ベトナムのホーチミンに1ヶ月ほど滞在した際、はじめは右も左もわからず、とりあえず市立美術館へ向かったんです。当時、ドゥックは「サンアート」というインディペンデントのアートオーガナイゼーションで仕事をしていて、たまたまその美術館の地下で企画展を開催していた。

ドゥック:受付をしていたら、なんかもごもご言ってくるやつが、片言の英語でいろいろ聞いてきた(笑)。

池田:そう、旅の指差し会話帳で(笑)。まだ英語もできず、でも面白い場所や出来事に触れたかったので、この人なら知ってるかもと思って。ドゥックは「ちょっといま忙しいから」って、なんだか煙たがっていたんですが、でも僕のほうは時間はあるから「仕事終わりまで待つよ」と近くのカフェで待っていました。2時間くらいしてドゥックが来てくれて、そこからは根掘り葉掘り。

ドゥック:好きなものや興味あることをお互い共有して、その後はほぼ毎日のように遊びに行ったり、飲みに行ったりしていましたね。

池田:そのとき、僕はまだ活動していたわけではなかったので。詩も書いていましたし、いろんなことに興味はあったんですが、まだ何がしたいのかまったくわかっていなかった。そういえば、そのときにホーチミンの単なる溜まり場のような、でもイベントとかパーティをしたら結構な人が来るみたいなスペースでよく遊んでいて、なぜかホーチミンを発つ直前に僕が巻き寿司をつくりながら、変な音楽をかけるっていう謎のイベントをすることになったり……。そういうアジアの空気みたいなのは、山本製菓をはじめる時に自然と影響を受けていたかもしれません。

ドゥック:ホテル代もったいないから彼は僕の家に泊まることになったんですが、家に来るなり、家のなかにあるものをずっと凝視して、一つひとつ「これなに?」って質問してきて。正直、やばい人を連れて来ちゃったなと(笑)。

池田:単語覚えたかったから……(笑)。いや、でもほんとに変なものがいっぱいあるんですよ。スタジオ見てもらったらわかると思うんですけど……。

ーードゥックさんが書いたキャプションにもありましたが、「ストレンジャー」の視点ですよね。

池田:そこからは毎年、お互いが日本やベトナムや他の国でもタイミングがあって会うことになって。2012年にドゥックが長崎・佐世保のレジデンスプログラムへ参加するときも、せっかくだし、関空経由で帰国するように調整したりして、まだ準備中だった山本製菓に10日間ほど泊まりに来たりしていました。

ドゥック:山本製菓のあたり、天下茶屋や阿倍野のまちの人間くさい感じにインスパイアされて、持ち歩いていたカメラでまちを記録したり、散歩の延長で彼のポエトリーリーディングを撮ったりしましたね。

池田:そのときに一緒につくった映像のデータフォルダを、なんの気なしに「Between Lines」って名づけたのがはじまりですね。ドゥックもその言葉が気に入って。

ーーそうやってお互いの国を行き来しつつ立場や視点を変えながら、ものやまちを一緒に見つめるようなことをしていたと。

池田:そうですね。「Between Lines」は、単に行間のことなんですが。そうやってふたつのものごと、あるいは線の間にある線について考えたり、越境したりってお互いに共通する関心でもあったので。

ドゥック:これまでそうやって、ベトナムと日本、わたしと他者、北と南のような境界について考えてきました。いまは、人と人として守らないといけない距離が世界基準で決まっている時代ですよね。人種とか、国籍・国境に関係なく、感染症は拡大しているし、それに対峙しないといけない。そうなったときにもう一度、境界ってなんだろうと考えはじめています。あと、僕の尊敬するアーティストとしてフェリックス・ゴンザレス=トレスをあげているんですが、彼の作品に《Untitled(Perfect Lovers)》という、ふたつの時計が並ぶ立体作品があります。作品が生まれた当時、 HIV感染症が流行っており、トレスとそのパートナーもHIV陽性になってしまった。並んだ時計の秒針が進んでいく、その一致や不一致も含め、いまの時代にインスパイアされることが多くあるんです。2月のオープンスタジオでは、そういった人と人の関係性のなかにある「距離」そして「境界」について、考えられたらいいなと思っています。

池田:ドゥック、オープンスタジオの内容、ちょっと話し過ぎじゃない?

ドゥック:あ!

ーー(ドアのノックがあり、mizutamaさんとそのご家族が登場)

mizutama:ちょっと挨拶だけ。取材中にすいません〜お邪魔しますね。

ドゥック:(差し入れの食糧を見て)ありがとうございます〜!

池田:発音めちゃよくなってる(笑)。

mizutama:前の展覧会でつくったフラッグの作品を運んできたんですけど。あと、これはお土産。(食品用のトレイを取り出して)「これレアじゃない?」って写真送ったら、「見たことない!」っていうから持ってきましたよ。元気?

ドゥック:はい!

ーーmizutamaさんも来ましたし、今後のこともちょっとお聞きできたら。

池田:今後もどうなるかわからないので、次の展開を模索してはいるんですけどね。

mizutama:去年は住居などこちらである程度用意できたんですけど、この先どうするか。なんかいい方法ないですかね。みんなから少しずつ支援をもらいつつ、SSKに滞在できるのも2月までなので、自活する道も考えないと。ドゥックはショッピング好きだから、そっちはどんどん詳しくなってるけど(笑)。

ドゥック:(保湿クリームを取り出して)これ、すごいしっとりするからいいよ。このスタジオはとっても乾燥するからね。しかもこのクリーム、ベトナム製。

mizutama:本当だ。あれ、これ販売元は大阪・此花区になってる(笑)。

ーー(笑)。

mizutama:此花は倉庫いっぱいあるんで。そんなことよりドゥック、オープンスタジオが終わった後の、ネクストプランってなにか考えてるの?

ドゥック:なんでも。なんでもできるよ。とりあえず、mizutamaさんが持ってきた食糧でパーティーしたいな。

2021年1月7日、Super Studio Kitakagayaにて収録(取材:永江大)

What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)

ドゥックさんの「最近気にしている◯◯」

 

①日常生活をしっかりおくること

寒いのが苦手なので、その日の気温をチェックして暖かそうだったら、スーパーで食べ物を買い溜め。そして料理をする。

 

②100円ショップ

東南アジアやブラジルにもダイソーがあって、とっても便利。ただ、ベトナムでは100円ではなく200円くらいします。お店に通っていると、季節ごとに品揃えが変わり、店舗ごとにも取り扱う商品が変わっていて、それをただただ見たり、作品の素材に使ったりしています。作品を見た人が「これ、俺も使ってる」と言ってくれる。誰にとっても身近な素材がある場所。

What’s up?|最近どうですか? 第4回:トラン・ミン・ドゥックさん(アーティスト)

トラン・ミン・ドゥック オープンスタジオ

Super Studio Kitakagayaアーティスト・イン・レジデンスプログラム初の滞在制作者として、2020年11月からSSKを拠点に活動してきたアーティスト、トラン・ミン・ドゥックが、3ヵ月の滞在制作期間終了を前に、オープンスタジオを開催。自身のスタジオを公開し、滞在制作中に制作した作品や旧作をスタジオ内に構成。

日時:2021年2月4日(木)〜 7日(日)13:00〜19:00

入場:SSK Webサイトにて、事前予約制

https://ssk-chishima.info/event/duc-openstudio/

Super Studio Kitakagaya

 

大阪市住之江区北加賀屋5-4-64

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
おおさか創造千島財団
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明