「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
On Site
2021.03.30
#国立国際美術館#ART#INTERVIEW#大阪市#渡辺橋

What's up?|最近どうですか?
第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)

構成・文: 鈴木瑠理子、羽生千晶[MUESUM]

「最近どう?」と切り出すことが、ここまでしっくりくる状況があったでしょうか。オンラインツールの恩恵を受けながらも、「話を聞く」行為を複雑に体験したいと願うのは、編集者やライターだけではないはずです。さて、「このタイミングでどうしてるかな〜」という軽い気持ちとソーシャルディスタンスを持って、近況が気になるあの人に声をかけていく本企画。第5回は、大阪・渡辺橋にある国立国際美術館にて、研究員を務める橋本梓(はしもと・あずさ)さんです。

所蔵品管理とアーカイブと久保田成子

現代美術を扱う美術館として、関西で唯一無二の規模を誇る国立国際美術館。ここに10年以上務めるキュレーター・橋本梓さんは、大阪を拠点に、日本の美術シーンが広く世界と接続するための言語を開拓するひとり。

2011年には、コンセプチュアリズムの定義の難しさを明らかにしながら、アジアにおける作品をもとに意味解釈を拡大する「風穴 もうひとつのコンセプチュアリズム、アジアから」展を企画。2015年には、シンガポール、オーストラリア、東京のキュレーターと「他人の時間 Time of others」展を企画し、現代社会において「他者」とのつながりを示唆する展示を行った。また、国立国際美術館40周年の2018年に担当した「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」展では、作品形態が加速的に多様化する背景から、コレクションの未来をまなざすセクションも設けた。

この10年、橋本さんの同時代への鋭い批評性は、私たちがアートを考えるための道標のひとつになってきた。コロナ禍で閉館が余儀なくされるなど、世界中の文化施設が存分には活動できない状況のなか、橋本さんはなにを見つめてきたのだろうか。

取材に赴いたのは、1月末まで開催していた「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が終わり、休館中の一日。夕方、渡辺橋のバス停に降り、美術館へと向かった。ひっそりとした館内に入れてもらうと、「実はこの後も会議があって!」と忙しそうな橋本さん。会議や研修の合間を縫って時間をつくってくれた彼女にしばしお話を伺った。

What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
インタビュー前の美術館エントランス。後ろには、開館を控える大阪中之島美術館

ーーコロナウイルスが流行しはじめてから、およそ1年が経とうとしています。昨年から美術館の運営はどのように変わりましたか? 

橋本:まず、展覧会のスケジュールが大幅に組み変わりました。予定していた企画がいくつか延期になり、2020年3月からまるまる3カ月の休館。みなさんもご存知のところかと思いますが、世界中の美術館がどこも同じように厳しい状況にありました。特に、昨年4月は、どうやって美術館をオープンさせるかを終始議論し、日博協(日本博物館協会)や美術館連絡協議会のガイドラインはどうかとか、公立館では各自治体の方針が決まるまで待たないといけないとか、右往左往したわけですが……。日本の美術館はコロナ禍の運営指針の決定までに、非常に時間を要したように感じます。一方、周辺諸国を見ると、シンガポールはガイドラインの発信が早かったですね。それを国内の美術館の横のつながりで情報共有して、研究員同士で話し合い、館内で提案したこともありました。

緊急事態に直面すると、国内の文化施設の予算がいかに限られたものであるか、文化施設の運営がいかに斜陽産業であるか、ということを痛感します。そういった意味で、居場所が小さくなっていくのを肌身で感じる一年でもありました。展示再開後のいまも、海外へのリサーチに行くことはもちろん、国内の美術館との行き来も難しい状況が続いていますし、海外の美術館や作家と行う展示作業にビデオ通話を用いるなど、まだまだ工夫が必要な状況は変わりません。なにより、美術館の展覧会は通常3〜4年かけてつくっていくので、いまリサーチに行けないということは、これから先の展覧会の準備が十分にできていないということ。それがもっとも危惧される点ですね。

What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
コロナ対策のためアクリル板で区切られたワークスペース

ーー長い目で見たときの難しさもあると……。そんななか、いまはどんなお仕事をされていますか?

橋本:目下の取り組みは、作品の収集と保管について。所蔵品の管理を担当するようになって、より長期的に見た美術館の仕事に注力しています。たとえば、作品の修復計画を立てたり、収蔵庫を整理したり、展示室を含めた館内の環境調査をしたり。昨日はさまざまなドア下に設置するブラシ(害虫の侵入を防ぐもの)を付け替えました。言葉で伝えるとすごく地味ですね(笑)。でも、文化財を将来に残していくためのとても重要な仕事なんです。

国立国際美術館は1977年の開館。この40年で美術作品の形態は多様化しました。インスタレーションやパフォーマンス、映像作品……なかには、形のない作品も。洋画や日本画の展示・保存方法が過去に確立されてきたように、現代美術では、これまでのセオリーでは管理できない作品の展示・保存方法を模索していく必要があります。多様な作品の展示記録をどのように作成し、貸し出していくのかといった作品ごとのガイドラインを、レジストラー(作品の出納係のようなスタッフ)とともに試行錯誤するのが、いま、もっとも力を入れている仕事ですね。

ーーそれがあって作品が残り、私たちが観る機会を維持できるわけですね。

橋本:そうですね。そのための環境づくりが大事だなと。コロナ禍で改めて感じましたが、莫大なお金や時間、人の労力をかけて作品を運んでこなくても、クリエイティブなことはできるわけです。国際美にも、8,000点におよぶ素晴らしい作品がありますし。いまの社会って、動員数とか、わかりやすい短期的な結果がないと評価してもらえないじゃないですか。でも、エンターテインメント的に展覧会をつくっていって、5年、10年、20年経った先になにが残っているんだろうと。長期的な視野を持っていかないと、先細りしそうだなとは思いますし、既にその綻びがあちこちに見えてきているのが、現在の日本の状況だと思います。

所蔵品をケアし、いまあるものでどう美術館を運営していくか。美術作品をどうやって将来に残していくのか。日本の美術館の場合は公的予算で運営されているので、非常事態になれば予算は削られていく一方です。アメリカの場合は、あのMoMAでさえ公民両方の資金で運営されていて、いいときはいいですが、たとえばコロナ禍では一部職員の一斉解雇などが行われました。どちらのシステムがよいという話ではないですが、緊急事態のアメリカでは、いま、所蔵品を手放す美術館も数多く見られます。そういう大きな決断をして、将来の道を開拓していこうとする美術館があること。それも事実なんですね。

ーー具体的には、多様化するコレクションをどのように残しているんですか?

橋本:作品の展示方法や必要機材の情報を記録し、長い目で展示していける環境を整えていくことも重要ですね。作品に使用されている消耗品、たとえば電球のメーカーや型番を記録し、必要に応じて予備を購入しておくなど。資材の在庫から計算して、この先何年に1回展示できるのか、スパンを割り出しています。あとは、ご存命の作家の場合は、機材や消耗品の都合で現在行っている展示が担保されなくなった場合を想定し、展示方法や素材をどこまで変えてもよくて、どこは変えてはいけないのかを相談するなど。収蔵作品やはり公的財産なので、次代の人のためにも、なにをもって判断したのかを明確に残さないといけません。

これは、館自体のアーカイブにも同じことが言えます。いまは美術館も業務委託運営が多いため、契約が切り替わるタイミングで、展覧会やコレクションがどのように組み立てられてきたのかといった情報が失われてしまうことがあります。そうしたなかで、キュレーターや研究者が情報を辿れるように、展示室の空の状態と作品が入った状態、作品をどんな経緯でいくらで買ったのかなどを、なるべく記録していけるように工夫しています。

What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
デスクにはたくさんの資料と文楽のカレンダー

ーーそうした所蔵品の管理を行いながら、企画にも携わっているわけですよね?

橋本:いまは、前衛芸術運動集団「フルクサス」に参加していた久保田成子さんの大規模個展「Viva Video! 久保田成子展」 を準備中です。2021年3月から新潟県立近代美術館、6月から国立国際美術館、その後11月に東京都現代美術館へ巡回する予定で、ニューヨーク、新潟、東京のキュレーターとともに企画を進めています。久保田成子さんは、ヴィデオ・アーティストですが、夫・ナムジュン・パイクの陰で、アーティストとしての認知度はあまり高くはならなかった。私自身、今回の展示にあたり、数年かけて調査を進めることで、その重要性に気づかされました。

これまで私は、作家の人生や人柄と、作品を同時に見せるような展示はできるだけしてこなかったのですが、今回はそうした手法を取り入れながら展示空間がつくられます。企画に携わっているキュレーターは、私も含め全員女性。企画中に世界でMeToo運動が起こったことも重なって、久保田成子さんが、女性として、しかも日本人として、ニューヨークで作家活動を続けたことの厳しさ、その背景を無視できないと感じたんですね。こうした想いは、ニューヨークにある久保田成子ヴィデオ・アート財団に通い、日記などの私的な資料を見させていただくことで強くなっていきました。

ーー久保田さんはどんな方だったんでしょう?

橋本:あまり知られていませんが、アーティストであると同時に、キュレーター業も担っていました。キュレーターは「cure」という言葉がもとにあるように、人やなにかのお世話をする仕事。彼女もとても愛情深い人だったんですね。1996年、パイクは脳梗塞で半身不随になってしまうのですが、そこから彼が亡くなるまでの10年、彼女は夫の看病を人生の中心に据える生活を選びました。当時50代くらいですかね、キャリアとしても大きな仕事を展開していたいい時期です。そして、その後ご自身も病気にかかってしまい、晩年は作家としての活動があまりできなかった。そういう歩みを辿っていくと、アーティストの姿とともに、ひとりの女性としてのいろんなレイヤーが見えてくるんですよね。今回は、そうしたひとりの女性が作家として歩んだ人生が見えてくるような展示になるのではないでしょうか。

個人的には、やっぱり、作家と作品を同一視するような展覧会のつくり方は好きじゃないんですけどね。作品は作家から自立しているものだと思いますし、作家から切り離されたものとして表現を受け取ることで、批評性やクリエイティビティも増幅すると思うので。もちろん、展覧会ごとになにを選択するかは、作家・作品によって変わるんですけど。そういった意味で、今回の展示は私にとっても新たな発見があるのではと期待しています。

What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
ワークスペースの一角に貼られた、久保田成子展のポスター色校正紙
What’s up?|最近どうですか? 第5回:橋本梓さん(国立国際美術館)
久保田成子展のリサーチ資料

ーー最後に、この1年を振り返って印象に残った出来事を教えてください。

橋本:先日まで、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展を開催していましたが、コロナ禍のこんな状況でも大阪だけで19万人以上の方が観覧してくださったんです。寄せられた感想のなかには、「いま観られて本当によかった」「この状況で開催してくれてありがとう」という声がたくさんあって、やっぱり美術を求めている人はいるんだなと。作品を残していくこと、展示していくことが、誰かに届くと、改めて実感しましたね。

2021年2月17日、国立国際美術館にて収録(取材:鈴木瑠理子、羽生千晶)

橋本さんの「最近気になる◯◯」

 

①芸能=文楽

浄瑠璃が好きなんですよね。義太夫と三味線の音と拍ーー。興味を持ったきっかけは覚えていないのですが、仕事柄、気になるものはなんでも見たい。そうやって足を運ぶうちに、自然とハマっていました。年に4回は国立文楽劇場に行きますし、2019年にニューヨークに滞在したときも、わざわざ杉本博司さんの『杉本文楽 曽根崎心中』を観に行ったほど。記憶に残る公演は、人間国宝の故・竹本住大夫さんの「寿式三番叟」。いまは住大夫さんの最後のお弟子さんだった竹本小住太夫さんの大ファンです(笑)。

 

②活動=中国茶

最近、玉造で中国茶を習っています。冬なので、体があたたまる黒茶など。みんなで同じお茶を同じように淹れるんですけど、びっくりするぐらい味が全然違うんですよ。紅茶はセオリーに準じれば、誰でもある程度おいしく淹れられるのですが、中国茶は幅が出る。人によって、草みたいな香りがしたり、卵のような香りがしたり。全然自分が淹れたい味に辿り着きません。つくりたい味を出せるようになるまで、30年近くかかるらしいです。そこまで極められるかは別として、お茶は好きですね。

Viva Video! 久保田成子展

会期:

新潟県立近代美術館 2021年3月20日(土・祝)〜6月6日(日)

国立国際美術館 2021年6月29日(火)〜9月23日(木・祝)

東京都現代美術館 2021年11月13日(土)〜2022年2月23日(水・祝)

国立国際美術館

大阪市北区中之島4-2-55

photo:What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
Must Reads
2021.08.01
What’s up?|最近どうですか? 第7回:たけしげみゆきさん(シカク)
MORE
photo:REPORT | coeur ya.作品展「次元」
Must Reads
2021.07.05
REPORT | coeur ya.作品展「次元」
MORE
photo:REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
Must Reads
2021.06.19
REPORT|石井嗣也展「帰る場所」
MORE
photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#Lil Soft Tennis#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#二艘木洋行#劇団壱劇屋#香港インディペンデント映画祭#ROCKET#coeur ya.#大阪くらしの今昔館#fuk 48#Namba Bears#HMP Theater Company#テアトル梅田#G&S 根雨#本渡章#古地図でたどる大阪24区の履歴書#140B