本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。小田香 Kaori Oda ー 1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
特集no.02
石をなぞる石をなぞる
2021.09.30
#STAGE#COLUMN
Editor’s Letter
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
本特集では、ドキュメンタリーとフィクションの関係やその境界について向き合いました。それは、「事実」「作為」「理解」というような言葉の定義や、それらに付随する葛藤の輪郭をなぞっていくような作業であり、あらためてドキュメンタリーとフィクションの境界というものがいかに流動的で、相互的関係にあるかを感じています。

人が食べるという行為をインタビューを通して観察・分析してきた独立人類学者の磯野真穂さんとの対談では、他者を理解することについて言葉を交わしました。また、現代フランス哲学、芸術学、映像論をフィールドに文筆業を行う福尾匠さん、同じく、映画や文芸を中心とした評論・文筆活動を行う五所純子さん、そして、劇団「ゆうめい」を主宰し、自身の体験を二次創作的に作品化する脚本&演出家・池田亮さんの寄稿では、立場の異なる三者の視点からドキュメンタリーとフィクションの地平の先になにを見るのかを言葉にしていただきました。

対岸の風景を可視化していくこと、まだ見ぬ世界を知覚すること、その先に結ばれた像が唯一絶対の真実から開放してくれることを信じて。そして、今日もわたしは石をなぞる。


小田香 Kaori Oda

1987年大阪生まれ。フィルムメーカー。2016年、タル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factoryを修了。第一長編作『鉱 ARAGANE』が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門にて特別賞受賞。2019年、『セノーテ』がロッテルダム国際映画祭などを巡回。2020年、第1回大島渚賞受賞。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香
paperC 特集02「石をなぞる」
2021年9月発行
企画・編集:MUESUM
アートディレクション・デザイン:UMA/design farm
WEBデザイン:FROTSQUARNEL
イラスト:丹野杏香

INSIGHT:語り直しの効用
——本人が本人を演じること。そして、その後

文: 池田亮[ゆうめい / 脚本家 / 演出家]

本特集の対談で、磯野真穂は「人類学は、その人の生きてきた風景を見えるようにする」と語った。続く福尾匠五所純子は、“ある風景”を可視化するときに言語が、そして映画が、自己と他者を越境していく過程を明らかにしてきた。

本稿では、脚本家・演出家の池田亮が自身や両親の体験を語り直した舞台作品『姿』の舞台裏を言葉にしていくことで、私たちが他者との対話の先で自己さえも語り直し、ユーモラスに、力強く、新たな風景へと開放されてる様を描いていく。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
ゆうめい『姿』再演(2021年)より。以下写真も同作のもの photo: Keita Sasaki

ゆうめいでは、過去に経験した出来事や事実をもとに、現在の身体や声を脚本に織りまぜ、物語を構築していく創作をします。その理由のひとつにあるのが、自身や題材のもととなる本人たちの現実への視点の変化を与えるためのアプローチです。これは正直、おこがましくもあるような、当の本人にとって、実は必要なかったと感じることもあるのではないかと度々考えてきました。その上で、両親の離婚をモチーフとした『姿』(2019年初演、2021年再演)という舞台作品では、家族という仕組みに対する意識の変化を、本人と親子関係である作・演出の筆者が第一に望んだことで、創作がはじまりました。

変化を望んだ理由として、相互に大きな影響を与える家族の仕組みによって苦しいと感じた経験があります。国家公務員として激務だった母が、深夜に酔っ払って帰ってきて父や自分を叩き起こし、怒鳴り散らしては勝手に爆睡し、次の日スッキリした気分で「おはよう!」と何事もなかったかのように出社していく。父は「しょうがないから」と朝なのに疲れた顔で申し訳なさそうにする。当時の自分にとって母は嵐のような存在かつ最上級と言えるような恐怖だったので、次第に母から距離を置くようになりました。

しかし現在は、なにがどうして「しょうがないから」なのか、母が家に帰るまでになにがあったのか、どういう仕事だったのか、母として見ていたが家の外ではどう見えるのか、子から見た母、父から見た妻、祖父母から見た娘、仕事仲間から見た仕事仲間、本人から見た本人と、多岐にわたる視点を知っていくことが、自分の受けた恐怖と理不尽の理由を分析できるかもしれないという考えに至るようになりました。話が少し逸れるかもしれませんが、それにはインターネットの影響も大きいかと思います。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
photo: Keita Sasaki

家庭にインターネットが普及され、2000年代から特に発展・流行した「2ちゃんねる」をはじめとする匿名掲示板。当時小学生だった自分は、ネットユーザーがメタバース的に「名無しさん」を名乗りながら、さまざまな視点や意見を話していく様子を見て、「良くも悪くも多様な視点」という観点に影響を受けました。たとえば「既婚女性板」という掲示板には、既婚女性以外が書き込みをしてはいけないというルールがありますが、書き込むまでの手順は厳密ではなく、かつ匿名であるということもあり、既婚女性を偽って書き込むことも当然可能です。そのなかで、目の前に書かれているものは嘘でフィクションなのか、それとも実話でノンフィクションなのかと疑問を抱きます。ただ、内容の正誤はあれど、書き込んだという事実は残されていました。「名無しさん」である共働きの女性が、深夜3時に耐えられない仕事や生まれたばかりの子どもへのストレス、夫への不満を吐き出すように書き込んでいる。それは嘘で創作かもしれないけれど、書き込みを誰かがしたということは事実であり、その「名無しさん」本人の様子をどこか自分なりに想像することはできる。「名無しさん」の人となりをイメージしつつ、匿名だからこそ書きたかっただろう言葉を読み、なぜ書いたか、「名無しさん」の生きている現実を想像し続ける。それを繰り返すうちに、真偽も含めて他人を想像していくためには、文字や情報だけでなく、声を交わし、お互いを認識した上で、目の前で人と話してみなければわからないこともあると感じるようになりました。母にもそんな背景があったのかもしれない。逆に、文字にできないような現実でしか言えない声もあるかもしれない。人の話を読み聞いていくなかで、ネットと現実の両方を行き来しながら真実を探っていくことに興味をもった瞬間でした。そういったネットでの体験などをもとに、実際の人々に取材する仕事や、ドラマやアニメといった、現実を比較し非現実への想像を広げるフィクション作品を描いていくなかでたどり着いたのが、本人が本人を演じるということでした。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
脚本家の父親役を本人=五島ケンノ介が演じる(写真左) photo: Keita Sasaki

舞台に本人が出演するという表現方法には、前述したように、現在において過去を語り直しながら演じることによって、その場で生まれるフィクションと今は「演じている」という新たな事実の境界が次第に溶けてゆく効果がある。そして、その瞬間の劇場でしか体験しえない「役割」が演者と観客双方にあると感じます。過去を語る現在の本人にとって、当時の制度や仕組みによってもたらされた出来事も語り直すわけですから、本人にも過去と現在、両方の視点が何度も発生しています。父は『姿』にて全16ステージ、16回分の離婚届を記入しました。書き上げる数を重ねるごとに「そうかあのとき、こうしていれば……」という感情とともに、「……これ、観てる人にもっと上手く伝えた方がいいよなぁ」という、今俳優として舞台に立っている表現者としての感情がより芽生えていったと言っていました。また、そのさまざまな感情が芽生えている本人を見つめる観客にとっても、一方的な物語ではなく個々の立場の考え方や体験を照らし合わせ、日常での関係において役割を演じている自身を想起させるのではないかとも思いました。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
photo: Keita Sasaki

観客は今まさにその場で演じている本人を目撃する当事者になりえることもあり、本作の観劇後には、さまざまな視点からの意見を幅広い年代の方々からいただきました。ある方々からは「実話と作品を切り離しており、昭和から平成における夫婦間の時代背景をモチーフとした優れた作品として観れた」「実話と公表する必要も、実父が出演しているということも言う必要はないのではないか。それよりもフィクションとして提示することがよりリアルを想像できるのではないか」と、またある方々からは「実の父が出演していることに、物語として観れなかった」「母の背景は理解できたが、作品にしたと言えど、過去の暴力はどうしても許されないと思う」「自分の家の家庭環境に似ているとともに、家族でこんなことができて羨ましい」「自分だったら本人を演じたくない」と。これらの言葉には、作品の内容だけではなく、自身や家族、さらには創作や表現を行うことに対しての視点も含まれており、父が「しょうがないから」と言った言葉の裏側や背景に存在していたものを、より深く探る手がかりにもなる気がしています。

現実とフィクションを同時に含んだ視点が存在できるという状態を保ちつつ、それが決められた事実を事実としてだけではない、個々の記憶や想像に基づく感触の体験であること。そして、つくるものとつくるに至った環境を見据えた上でイメージを拡大していくこと。このふたつが、自分たちが舞台にて探し続ける表現でもあります。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
photo: Keita Sasaki

2021年の5月31日(月)に再演を終え、実際にその後の自分たちの関係はどう変わったのかというと、大きくは、創作を通して仕事の関係者同士の会話をするようになりました。作品化によって家族が共同制作者になったという感覚があります。日常会話をしていたと思ったら作品の話になったりして、ずっと行き来する。現実と地続きの舞台をつくることで、それを物語として楽しむ面と、作品を通して今までの関係を考えるふたつの面が生まれました。家族としては遠くなったかもしれないけど、人として近くなったみたいな感覚があります。

ただ、きっとこれは自分の主観もあるので、最後に、公演を終えた父へのインタビューを掲載します。インタビューしたのは2021年の9月7日(火)で、ちなみに父の芸名は「五島ケンノ介」さんです。

 

──公演を終えて3カ月経ちましたが、振り返っていかがでしょうか?

五島:まぁ、自分の役を演じるんじゃなくて、この脚本に書かれている父役を演じるというつもりでやりましたね。そうしないといろんな部分で舞台に立って動けなくなるかもしれないと思っていて。

──動けなくなるというのはどんな感じ?

五島:真実の部分とそうじゃない部分があったときに、人間は気持ち良くその間を歩いていくことは難しいような気がしていて。これは作品でもあるから、父役を演じるということを重視した感じかな。ある感情を俳優として出さなければならないけど、実在する出来事について感情はもう出せないと思っていても、出すことが表現する上で必要だと思ったなら、出さなければと思ったね。あるシーンで、本人としてはこの場から消え失せたいんだけど、役としてはその場に居なくちゃならないと思うし、そういうときに、脚本に書かれた父役を演じるということを客観的に考えたことによって、その場に居られたりとかできたなって気がするね。

──ありがとうございますと同時に、少し、申し訳ございません。それは俳優としての立場を重視してでしょうか?

五島:ですね。「ああ、このシーンのときは、酒飲んで酔っ払ってどっか行っちゃいたいなーと思ってて、実際どっか行っちゃおうとしてたなー」とか思い返して。その場所に自分がいない場所を選びたい瞬間ってあるから。でも脚本読んでて、これはやはり、居続けることが父役だから居続けたかな。

──俳優として「これはできない」ということをお父さん側・五島さん側から出したいとなったことはあったということでしょうか。

五島:それは本を読んだときに、本人としては悩んだけど、俳優としてはできると思ったかな。

──俳優としての目線に五島さん自身が重きを置いていたのは、自分も演出しながらとても信頼していました。五島さんは自分でも小説を執筆するし、大学の頃に私小説に関しての卒論を出して教授からものすごい評価をもらったと聞かされて育ったので。父親の目線としてはどうでしたか?

五島:今回は、妻との話が中心だから、特に意識はしなかったな。一緒にソファーに座って、テレビを見ているときに、ああ、息子が横に居るって感じてましたね。息子役の中村君(俳優:中村亮太)が、自分に向ける表情や言葉を受け止めて、返す。それが今回の芝居における父親からの目線ですね。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
photo: Keita Sasaki

──ナレーターとして出演してくれた実母こと「小谷浜ルナ」さんには、事前に脚本を読んでもらったときには「ここは違う!」としっかり検閲をいただき改稿していきました。小谷浜さんからは物語の完成度についてと、個人としての視点両方を言葉としていただき、反映させて本番に臨みました。本人たちとともになにかをつくるということについて、どう思いますか?

五島:これは、つくるのは楽しいよね、非常にね。だからやっているんであって。はっきり言って、毎回毎回父親としてやりたくない役ばかりくるので、それは辛いんですが。でも自分の子どもが表現としてやりたいっていうんだったらやりたいかなって。家族じゃなかったら、やらない。それはやっぱり、作品のことも含めて家族だからってことも考えたかな。そんな気がします。

──家族ということと、そしてそれはもともとお父さん自身がつくることや表現することに興味があるということも関係してるのですか?

五島:それはあるね。クリエイションに参加できたら嬉しいし、演劇はその場その場でつくっていくと思っているから、そういったものに関われるのが嬉しかった。それを偉そうにする父側じゃなくて、子側から描く家族というのも面白いと思ったな。なかなか経験できないしね。こういうつくることに興味をもったのは大学の友だちからの影響も大きかった。文学が好きな人と集まって同人誌をつくるとかっていうことを大学時代にやっていて、それをまったく知らない人とやるようになって、知らない人とつながっていって、また同人誌つくったりとか。そういう文章や表現でつながっていく面白さを経験したのが大きいかも。つくる物語は嘘なんだけど、嘘でも表現は自分を出すことだから。表現していく場所を見つけていきたいなと思ってたら、今回はたまたま演劇だったけど、小説や写真も、もちろん俳優もやりたいなって思うね。そういえばそういうのを家族でもやりたかったなって、今は思ってる。

──『姿』が終わった後に考えたこと、意識が変わったことはありましたか?

五島:緊急事態宣言のなかで舞台ができたことは嬉しかったけども、同時に、今までは観る側と演じる側がそこまで規制されていなかったのに、規制が強くなったなって。でも密度が上がる気はした。自分の健康管理は徹底的にやったし、舞台から捌けた後はもう一度登場するまでに何度もうがいとアルコール消毒をしていた。さっきまでは自身が揺れ動く父役を演じてたのに、さっさと消毒しなきゃって。お客さんも、劇場にいる自分たちも、人によってはどこか恐怖に怯えながらも表現するっていうことが前提にある気がして。その状況で過去を演じるのは、今思い返せば何重にも不思議な感覚だった。

INSIGHT:語り直しの効用——本人が本人を演じること。そして、その後
photo: Keita Sasaki

──五島さんの対策の徹底さに自分も影響されたし、俳優としてもさまざまな知らない姿を魅せていただきました。お父さんにとって、フィクションとノンフィクションの違いとはなんでしょうか?

五島:自分にとって、その境界線はあまりないかもね。ほぼ同じかなって。回転ドアっていうか、クルって変わっちゃう部分があって。事実だけども、その事実って本当にそうなのかなっていうか、目に見えた事実と裏側にある本心は別だから。本心は別っていうか、友人の結婚式に行って「おめでとー」って言うけど、心のなかではいろいろ思う部分がある、みたいな。そういった部分はフィクションとノンフィクションに通ずるものがあるなって自分は思ってて。その境界線を行き来しながら、自分の思ってる真実みたいなのを追求できるんじゃないかなと。出来事によってはフィクションとノンフィクションは違うとも思うけど、ノンフィクションとして描いた方が伝わるものも存在するかもなっていうのは考える。

──『姿』はどちらだと思いましたか?

五島:自分はフィクションと思ってやってる。だからこそやれたんだけど、お客さまにはノンフィクションとして伝わってしまうシーンがある。それは本人としては悩むところなんだけれど、俳優としてはちょっと面白く感じてしまう部分もあって、それが舞台で自分を冷静にさせてくれたな。

──最後に、小谷浜ルナさんこと、お母さんとの関係はどう変わりましたか?

五島:変わってないな、特になにも。相変わらず、彼女は、絶好調だし、言うことはビシバシ、言ってくるし。

──変わらないのはちょっと残念な気もしますが、でも、自分も母とは作品についての話が増えた気がします。僭越ながら、自分から見たふたりは変わったような気も少ししますが……どうも、ありがとうございました。

池田亮 / Ryo Ikeda

脚本家・演出家。1992年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻卒業。

舞台・美術・映像をつくる団体「ゆうめい」代表。舞台作品『姿』 がTV Bros.ステージ・オブ・ザ・イヤー2019、テアトロ2019年舞台ベストワンに選出、2021年芸劇eyesに選出され東京芸術劇場にて再演。2021年12月22日〜29日に下北沢スズナリにて新作『娘』を上演予定。

https://www.yu-mei.com/

photo:PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
Must Reads
2021.10.04
PHOTO REPORT|劇団kondaba 生駒縦走リサーチ道中
MORE
photo:REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|Wo-Man with a 3rd eye ——The Third Gallery Aya 25周年記念「山沢栄子、岡…
檜山真有
TEXT: 檜山真有 [キュレーター]
MORE
photo:REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
Must Reads
2021.09.30
REVIEW|劇団態変主宰・金滿里へのインタビュー、2時間33分。当事者としての障碍者者…
MORE
photo:REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
Must Reads
2021.09.27
REPORT | ジュエリーレーベル「ATAKA」リニューアルオープン
MORE
photo:REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
Must Reads
2021.09.22
REPORT|森栄喜個展「シボレス|破れたカーディガンの穴から海原を覗く」
MORE
#『有頂天家族 二代目の帰朝』#+1 art#+1art#140B#1970年日本万国博覧会#2025年日本万国博覧会#25時#71labo#ABCホール#Alffo Records#ALNLM#ANIMA#architecture#art#ART OSAKA#artgallery opaltimes#ATAKA#blackbird books#Blend Studio#Calo Bookshop & Cafe#CÀRRY HOUSE#CAS#chignitta space#CHOVE CHUVA#CIRCUS OSAKA#Club Daphnia#Club Stomp#coeur ya.#Compufunk#CONPASS#contact Gonzo#cumonos#DELI#DEN#dieci#DMOARTS#dracom#EDANE#enoco#excube#FIGYA#FM COCOLO#FM802#FOLK old book store#FREITAG#fuk 48#FUKUGAN GALLERY#G&S 根雨#Galerie de RIVIERE#gallery nomart#GALLERY wks.#gallery yolcha#gallery,あるゐは#GAMOYON Gallery#gekilin.#gekillin#GLAN FABRIQUE#Gqom#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#graf#graf awa#GULIGULI#hanamikoji#HENE#HEP FIVE#HEP HALL#hitoto#HMP Theater Company#HOPKEN#Hotel Noum OSAKA#howse#I SEE ALL#in→dependent theatre#iTohen#JAM#JIKAN<space>#JITSUZAISEI#KAZE ART PLANNING#keshik.jp#kioku手芸館「たんす」#KITAHAMA N Gallery#LIGHT YEARS OSAKA#Lil Soft Tennis#Live Bar FANDANGO#LUCUA 1100#LUCUA osaka#LVDB BOOKS#M@M#MASAGON PARK#MASK#MI Gallery#MOONSLANG#MUESUM#music#Namba Bears#New Life Collection#NEW PURE +#Nii Fine Arts#ninkipen!#NISHIGUCHI KUTSUSHITA STORE OSAKA#NOON + CAFE#NOTA_SHOP#OLGA-goosecandle-#ondo tosabori#Open Storage#Oギャラリーeyes#photo gallery Sai#PINE BROOKLYN#PLANET+1#POL#PONY PONY HUNGRY#Pulp#RAURAUJI#ROCKET#room 209 by silta#SAA#SAKAINOMA café熊#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#silta#SkiiMa#SkiiMa Gallery#SkiiMa SHINSAIBASHI#SkiiMa Talk#so objects#SOCIALDIA#socket#SOCORE FACTORY#solaris#SpinniNG MiLL#ssud#studio J#SUNABAギャラリー#Super Studio Kitakagaya#TEZUKAYAMA GALLERY#The Blend Apartments#The Blend Inn#THE BOLY OSAKA#The Branch#THE STORIES#The Third Gallery Aya#the three konohana#THOUS#Tobira Records#toe#toi books#TOPOLOGY#TRA-TRAVEL#Tyrni#UMA/design farm#umao#umeda TRAD#VOYAGE KIDS#wad#WEBデザイン#YARD Coffee & Craft Chocolate#YCAM#YOD Gallery#Yoshiaki Inoue Gallery#Yoshiaki lnoue Gallery#Yoshimi Arts#YPY#YUGO.#アートエリアB1#アートコートギャラリー#アシタノシカク#アップリンク京都#アトリエS-pace#アトリエ三月#あべのま#イチノジュウニのヨン#イロリムラ#インディペンデントシアター#ウイングフィールド#うだつ上がる#うめきたシップホール#カール・ハンセン&サン#カイ・T・エリクソン#カペイシャス#キッチンにて#キッチンにて2#キヤノンギャラリー S#ギャラリー オソブランコ#ギャラリー・ソラリス#ギャラリーノマル#ギャラリーほそかわ#グランフロント大阪#クリエイティブセンター大阪#コーポ北加賀屋#ココルーム#コンタクト・ゴンゾ#サイノツノ#シアターセブン#シカク#シネ・ヌーヴォ#シネ・ヌーヴォX#シネ・リーブル梅田#スターバックス LINKSUMEDA#スタンダードブックストア#すみのえアート・ビート#そこにすべてがあった#そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的トラウマの社会学#テアトル梅田#ディエゴ・テオ#デザイン#デラハジリ#ときめきのテレパシー#どく社#ナイスショップスー#なべたん#ノートギャラリー#のせでん#のせでんアートライン#ハタノワタル#ビッグ・アイ#ビンビール#ピンポン食堂#フライターグ#フラッグスタジオ#ブルームギャラリー#プロダクトデザイン#ペーパーアイテム#ペーパーボイス大阪#ペフ#まがり書房#マヅラ#マリオ・ヴァーバ#ムジカジャポニカ#ももちの世界#モモモグラ#ルチオ・フルチ#レトロ印刷JAM#ロフトプラスワンウエスト#三木学#上林翼#中崎町#中田由美#丼池繊維会館#二艘木洋行#井上亜美#井上嘉和#京都シネマ#人形劇#人形劇団クラルテ#仲村健太郎#依藤貴大#光#八六八ビル#出町座#前田文化#劇団kondaba#劇団壱劇屋#劇団態変#千鳥文化#占星術#原久子#原田祐馬#古地図でたどる大阪24区の履歴書#吉行良平#吉開菜央#吹田市文化会館(メイシアター)#味園ユニバース#喫茶アオツキ#喫茶路地#国立国際美術館#国立民族学博物館#坂口恭平#塚原悠也#夏のホラー秘宝まつり#夕書房#多賀結いの森#夜長堂#大成紙器製作所#大谷賢治郎#大門大朗#大阪ガスビル#大阪くらしの今昔館#大阪中之島美術館#大阪大学#大阪市中央公会堂#大阪府建築士会#大阪府立中央図書館#大阪建築コンクール#大阪日本民芸館#大阪高島屋#大阪髙島屋#宮前良平#小松理虔#山下壮起#山城大督#山本理恵子#山本製菓#岡啓輔#岡部太郎#布施琳太郎#平野愛#御殿山生涯学習美術センター#心の傷を癒すということ#心斎橋PARCO#志賀理江子#拉黒子・達立夫#文房具#日本キリスト教団阿倍野教会#日本橋の家#日野浩志郎#暮らし#暮らしと民藝#服部滋樹#朝野ペコ#本の人#本渡章#東大阪市民美術センター#松本直也#松見拓也#柴田英昭#桜川#梅田Lateral#梅田クラブクアトロ#梅田シャングリラ#梅田ロフト#梅田哲也#森栄喜#森見登美彦#植松琢麿#檜山真有#民藝#水野勝仁#沢村さくら#法華寺#浄土宗應典院#浪曲#淀屋橋見本帖#淀川テクニック#深澤孝史#渡邉朋也#渡部睦子#滋賀県立美術館#演劇#生駒山#田中輝美#白波瀬達也#真山隼人#石原菜々子#神戸映画資料館#福岡市美術館#稲井亮太#第8回 夏のホラー秘宝まつり 2021#第七藝術劇場#笹久保伸#紙器具#維新派#芝野健太#花見小路#茨木市立ギャラリー#藤井泰玄#藤本玲奈#藤谷商店#衝突と恍惚#西淀川アートターミナル#角木正樹#谷口カレー#豊中市立市民ギャラリー#豊中市立文化芸術センター#豊田道倫#豊田道倫 & His Band#赤鹿麻耶#辺口芳典#透視図#里づと#野原万里絵#野田#金子仁司#金氏徹平#金滿里#阪急うめだ本店#阪神梅田本店#障害者運動#難波ベアーズ#青い芝の会#音ビル#音凪#香港インディペンデント映画祭#高原耕平#高橋利明