芸術や芸能と呼ばれる、ある種“役に立たない”とされるものが、端に追いやられてしまう場面が最近よく見かけられます。実際的な利益や数値で文化を測るなんてナンセンスとスルーするだけでなく、そんな事態になっている現在において、私たちが生きるインフラとしての“芸術文化”をもう一度タフに考え、議論することは、これまで芸術文化によって何かしら影響を受け、いろんなかたちで救われた者として積極的にやっていきたいことです。さて、2012年から発行してきたおおさか創造千島財団のフリーペーパー『paperC』が、紙からWebへと移行しました。イベント・展示情報から地域の文化を担う店舗・スポット、活動するつくり手やアーティスト、研究者などなど、大阪の状況を紹介していくWebメディアとして、これからも活動していきます。大阪の芸術文化のいまを考える特集コンテンツもじっくり仕込み中。お楽しみに。
On Site
2020.03.03
#吉行良平#FREITAG#フライターグ#デザイン#DESIGN#PRODUCT#INTERVIEW

STUDIO VISIT
FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、
吉行良平さんの仕事の現場 2/3

構成・文: 羽生千晶[MUESUM] / 撮影: 植松琢麿 / コーディネート: 小泉智子 / 通訳: Ryo[FREITAG STORE OSAKA]

スイスを代表するバッグブランド「FREITAG」。1993年、フライターグ兄弟により創設されたFREITAGは、トラックの幌を再利用したメッセンジャーバッグで一躍有名になった。使い古された素材を創造的に再利用する「アップサイクル」のパイオニア的存在として、これまでにバッグ、アパレル、アクセサリーなど、約90ものシリーズを発表している。

2019年12月20日、FREITAGの関西2店舗目となる直営店が京都にオープン。今回paperCでは、来日したFREITAG創設者のマーカス・フライターグ(Markus Freitag)さんとともに、大阪のプロダクトデザイナー・吉行良平さんのスタジオを訪れた。

前回に続き、その様子をレポートしたい。

マーカスさんお気に入りのFREITAGのプロジェクト
ー FREITAG AD ABSURDUM FEAT. FRANK & PATRIK RIKLIN ー

STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3

マーカス:吉行さんが一番気に入っている自身のプロジェクトはどれですか?

吉行:一番と言われると難しいですね(笑)。年末に向けて忙しくて最近は仕事の整理もままならなくて。なんだろうな?

マーカス:じゃあ、まずは僕からプレゼンしてもいいかな?

吉行:え、本当ですか?  ぜひお伺いしたいです!

STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3
© Peter Hauser

マーカス:僕のお気に入りは2016年に行った展覧会「FREITAG AD ABSURDUM」のためのプロジェクト。ローザンヌにあるMUDAC(現代デザイン&応用美術博物館)がきっかけをくれて、コンセプチュアルアートを手がけるフランク&パトリック・リクリン(Frank & Patrik Riklin)兄弟とともに、FREITAGの思想をおもしろおかしく可視化していったんだ。展覧会タイトルの“Ad Absurdum”は、ラテン語で“滑稽なまでに”という意味。

吉行:プロダクトの制作や販売だけでなく、展覧会のような活動もされているんですね。具体的にはどんなことをしたんですか?

マーカス:最初は使い古されたFREITAGのバッグを集めて、解体、洗浄、縫製というFREITAGの製造プロセスを再現していった。僕たちのバッグはトラックの幌を再利用しているよね?  そこで今度はボロボロのバッグをつなぎ合わせて幌をつくることで、トラックからバッグへ、バッグからトラックへと素材を循環させた。つまり、FREITAGのバッグがアップサイクルという単一方向の再利用から循環型のリサイクルになっていくというストーリーなんだ。

STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3
© Friklin
STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3
© Peter Hauser

吉行:バッグをつなぎ合わせたトラックの幌は、プロダクトとしてもかっこいいですね!  ここからまたバッグをつくって、トラック、バッグ、トラックと循環させていくこともできたりして……。

マーカス:そうそう、実はやってみたんだ!  FREITAG定番のメッセンジャーバッグはもちろん、スイスの大手スーパーマーケットの紙製ショッパーに装着して使うバッグもつくったよ。トラックを解体した生地で、底面を補強するカバーと長い持ち手をつくることで紙袋の機能を拡張したんだ。これなら、雨の日でも地面に置けるし、重い紙袋を肩にかけて持つこともできる。使い捨て紙袋を繰り返し使えるようにすることが目的だけど、実は以前、この大手チェーンが僕たちのバッグにそっくりな製品を販売したことがあった。“thursday”って名前だったんだけど(笑)。だから、今度は彼らのショッパーをハックしてみようという、ちょっとした皮肉も込めてね。

吉行:なるほど、だから内側の紙袋のロゴがしっかり見えるデザインなんですね(笑)。

STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3
「FREITAG AD ABSURDUM」展に並ぶプロジェクトから生まれたリサイクル製品。手前に置かれているのはスーパーマーケットの紙製ショッパーに装着するカバー型のバッグ  © Friklin
STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 2/3
プロジェクトを旅したトラックの幌をリサイクルしたメッセンジャーバッグ  © Friklin

吉行:トラックは実際に使ったんですか?

マーカス:もちろん。僕たち4人はこのトラックでスイス国内を巡るツアーに出かけたんだけど、その旅先でトラックは移動手段にも、制作スタジオにも、プロジェクトの広告塔にもなったよ。

吉行:ツアーではどんなことをしたんですか?

マーカス:たとえば、滞在したある街では、「食べ残りの食品をください」っていう大きな看板を立てて、集まった食品でディナーをした。残りものも集まればご馳走になるっていう食品ロスに対するメッセージとしてね。それから、一家に一台ある芝刈り機を地域でシェアをしたらどうかという提案をして、共用の芝刈り機を置いておくためのテントを設置したり、家庭で出たゴミを屋外のゴミ箱へ投げ入れるためのカタパルト(投石器)をつくったりもした。もちろんどれもトラックの幌を再再再利用したし、それらの提案はマニフェストとして滞在した街の自治体に提出したよ。

吉行:メッセージ性が高いのに、プロジェクトの記録動画を見るとどれも笑えてしまいますね。

マーカス:そう、このプロジェクトは、現代の消費行動や社会システムに対するFREITAGの考えをおもしろおかしく再現して、たくさんの人たちに伝えていくためのツアーだったんだ。僕たちのマニフェストはいまもWebサイトで読むことができるし、展覧会のためにつくったポスターや写真、プレスリリースなどのテンプレートも公開してる。だから、プロジェクトに共感してくれた人は自由に展示を再現することができる。世界の色々な場所で僕たちの展示が再現され、マニフェストが発展していく仕組みをつくること、それがこのプロジェクトの最終的なアウトプットだったんだ。

1. We keep stuff in closed cycles

2. We own objects that last

3. We repair

4. We believe in systems designed for compatibility

5. We prefer access over ownership

6. We pay for results not resources

7. We lose speed to win time

P.S. Happiness is cyclical

「FREITAG AD ABSURDUM」プロジェクトページより抜粋
https://www.freitag.ch/ja/adabsurdum

「FREITAG AD ABSURDUM」プロジェクト動画
FREITAG公式サイトではプロジェクトの概要のほか、“カタパルト”や“芝刈り機用テント”などを街に設置していく動画も視聴することができる。

記事 03へつづく|STUDIO VISIT|FREITAG創設者マーカス・フライターグさんと行く、吉行良平さんの仕事の現場 3/3

HOST

吉行良平 / Ryohei Yoshiyuki[プロダクトデザイナー]

オランダへ渡り、Design Academy Eindhoven 卒業、Arnout Visser のもとで研修を積み、「吉行良平と仕事」設立。国内外のクライアント、製造会社、職人と協働で家具やマスプロダクトの設計を中心に行う。手を動かし実験、検証を繰り返しながら、あるべき色、形を探る。

吉行良平と仕事 http://www.ry-to-job.com/
Oy
 http://oy-objects.com/

VISITOR

マーカス・フライターグ / Markus Freitag[FREITAG創設者]

1970年生まれ。スイス・チューリッヒ郊外に生まれ育ち、空間デザインのデザイナーとして活動する。1993年、自身と同じくデザイナーをしていた弟のダニエル・フライターグとともにFREITAGを設立。自分たちがデザインのラフを持ち運ぶためのバッグとして、トラックの幌、自転車のタイヤチューブ、車のシートベルトをアップサイクルしたメッセンジャーバッグを考案。現在、世界11カ国で26店舗の直営店を展開。年間約70万点の商品が世界中のユーザーたちを魅了している。

FREITAG  https://www.freitag.ch/ja

FREITAG STORE KYOTO  https://www.freitag.ch/ja/store/freitag-store-kyoto
〒604-8113 京都市中京区井筒屋町400-1
075-708-3693
kyoto@freitag.ch
営業時間:11:00 – 20:00
定休日:不定

photo:建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
Must Reads
2020.08.18
建築設計:MARU。architecture+鴻池組「読書の森(松原図書館)」
MORE
photo:地下芸人の写真的観察
Must Reads
2020.07.19
地下芸人の写真的観察
衣笠名津美
TEXT: 衣笠名津美 [写真家]
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
MORE
photo:ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
Must Reads
2020.06.26
ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#ギャルリ・ド・リヴィエール#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI