芸術や芸能と呼ばれる、ある種“役に立たない”とされるものが、端に追いやられてしまう場面が最近よく見かけられます。実際的な利益や数値で文化を測るなんてナンセンスとスルーするだけでなく、そんな事態になっている現在において、私たちが生きるインフラとしての“芸術文化”をもう一度タフに考え、議論することは、これまで芸術文化によって何かしら影響を受け、いろんなかたちで救われた者として積極的にやっていきたいことです。さて、2012年から発行してきたおおさか創造千島財団のフリーペーパー『paperC』が、紙からWebへと移行しました。イベント・展示情報から地域の文化を担う店舗・スポット、活動するつくり手やアーティスト、研究者などなど、大阪の状況を紹介していくWebメディアとして、これからも活動していきます。大阪の芸術文化のいまを考える特集コンテンツもじっくり仕込み中。お楽しみに。
Editors Memo
2020.04.27

創造活動に寄り添うメディアとして考えること

文: 北村智子[paperC運営事務局]

『paperC』は、おおさか創造千島財団の機関紙として、財団の設立年である2012年に創刊しました。財団自体の活動だけでなく、大阪・関西の創造活動を内外に向けて発信したいという想いを持って、当初から全国各地の関係者や文化施設などに配布。以後、Webへと切り替わる2019年までの間に17号+特別号を発行してきました(機関紙『paperC』はこちらからご覧いただけます)。

創造活動に寄り添うメディアとして考えること
2012年より発行のno.001〜016、Special Issue、paperCの宴(忘年会)のグッズとフライヤー。写真にはないno.017発行(2019年)後、2019年10月にWebサイトへと移行。 photo: Natsumi Kinugasa

大阪府下の創造活動支援を行っているうちに見えてきたのは、多くのアーティストや芸術文化の担い手が、自身の活動の広報に苦心している状況でした。いくらよい活動をしていても、その情報が行き渡らなければ見てもらうことができず、結果として金銭的にも苦しい状況に陥り、最悪の場合、活動が続けられなくなってしまいます。一方で、大阪の芸術文化シーンを伝える媒体は減少しており、外からは現状を知る手立てがほとんどなく(首都圏のある関係者から、「大阪ってアーティストいないですよね」と言われたときは本当にショックでした……)、また府内でも、関与している/興味があるジャンル以外の活動を知る機会が少ないという実態もあり、次第にこの状況を改善すべきではないかと考えるようになりました。

そこで、「創造活動のインフラ整備をミッションとしている我々がやらねば!」と決意。編集担当のMUESUMさん、デザイン担当のUMA/design farmさんと一緒に、paperCをWebへと移行することで、よりタイムリーに情報を発信し、大阪の創造活動の創客への貢献→活性化をはかろうと立ち上がったのです。紙媒体時代のコンセプトや方向性はそのまま引き継ぎ、大阪・関西を拠点に活動する人々の取り組みを、インタビューや寄稿などを通じて丁寧に伝えていくとともに、新たな機能として、府内で行われているアート・カルチャーにまつわるイベントやニュースをオールジャンルで収集・発信。目標は、大阪の芸術文化シーンのいまを俯瞰できるメディアをつくることです。

創造活動に寄り添うメディアとして考えること
紙媒体の『paperC』では、毎号CO-DIALOGUEと題した巻頭対談企画を展開。「寛容な場のあり方」「メディアと人の関わり、そこから生まれるもの」といったテーマを設け、アーティストやクリエイター、研究者など芸術文化に携わる人々による対話を収録した。 photo: Natsumi Kinugasa

いざ展示や公演、イベントなどの情報を収集しはじめると、予想以上にたくさんの多様な活動が行われていることを実感しました(2019年11月だけでも60件近い催しを記事にしました)。大阪は大きな公立文化施設が少ないですが、そのぶん、個人や小さなグループで運営している場の活動が際立ち、そうした個々の情報が一堂に会することで、大阪の躍動のようなものが感じられるのです。それをいろんな方に届けたい。paperCは広告掲載などの営利活動は行っていないので予算の制約もあり、集められる情報は限られていますが、全国的なメディアでは取り上げられない小規模なものでも、ピリッと刺激的で面白い活動は積極的に発信していきたいと思っています。

創造活動に寄り添うメディアとして考えること
2019年12月に行われた山本製菓でのプロジェクト「STUMP OF PROMETHEUS ー姿を聴くためのー」も、小規模ながら企画の豊かさが際立った。フィンランドの写真家と音楽家によるコラボレーション展示で、世界の稀少な木々の写真とその木が発する音像からなるインスタレーションが日替わりで繰り広げられた。元おかき工場の建物内に入ると、木の中にいるような不思議な感覚に。 photo:Tomoko Kitamura

Webメディアへ移行して約半年。うれしいことに、これまでご縁のなかった方からも、情報掲載依頼をいただくようになってきました。「paperCに載せておけば大丈夫(=情報が行き渡る)」と、大阪で芸術文化に携わる方々から思ってもらえるようなメディアになるためには、より多くの読者を獲得することが必須。魅力的な情報に出合えるサイトとして、また読み応えのある、大阪にいる私たちだからこそ書ける記事を届けるサイトとして信頼を得るべく、オフラインの活動(イベントなど)も含めて展開していく予定です。

現在(この記事を執筆したのは2020年4月上旬)はCOVID-19の影響によるイベント自粛で、大阪のライブハウスはもとより、劇場、イベントスペース、ギャラリーなどの施設や、アーティストやクリエイター、テクニカルや制作のスタッフなど、多くの関係者が大変な状況に置かれています。目の前の、そしてこれからやってくる危機を少しでも回避するために、有益な情報を提供するなど臨機応変に動いていきたい。今後も民間団体ならではの柔軟さを生かして、大阪で活動されている方々に寄り添うメディアを目指します。

創造活動に寄り添うメディアとして考えること
コロナ禍で活動自粛が求められる文化・芸術施設への助成を求める署名集めから始まった活動「#SaveOurSpace」のWebサイト。財政支援情報やさまざまな支援プロジェクトをまとめて紹介するなど、情報のハブとしても機能している。

(#SaveOurSpace公式サイトはこちら

北村智子 / Tomoko Kitamura

神奈川県出身。大学で音楽学を学んだ後、就職を経て大学院にてアートマネジメントを専攻。企業の芸術支援に興味を持ち、企業メセナ協議会に入社。その後、大阪で不動産賃貸業の強みを生かしたメセナを展開する千島土地株式会社に勤務。地域創生・社会貢献事業部に所属し、「アヒルプロジェクト」「北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ構想」の推進、おおさか創造千島財団の設立などを担当。現在はフリーランスとしてpaperCの運営業務に携わる。芸術文化の表舞台を支えるインフラを整えることがライフワーク。

photo:地下芸人の写真的観察
Must Reads
2020.07.19
地下芸人の写真的観察
衣笠名津美
TEXT: 衣笠名津美 [写真家]
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 3/3
MORE
photo:INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
Must Reads
2020.07.11
INTERVIEW:梅田哲也|ただそこにある小さな声と時間を思うこと 2/3
MORE
photo:ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
Must Reads
2020.06.26
ブックデザイン:芝野健太『「うつしがたり 小出麻代」記録集』
MORE
おおさか創造千島財団
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#キャズ#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#ギャルリ・ド・リヴィエール#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad