「芸術文化を、大阪から考える」といった際に、まずは大阪、ひいては都市について改めて考えたいと思いました。これはコロナ禍で、わたしたちの暮らしを成り立たせている社会の仕組みや経済について再考するときが来ていると実感したからです。プラネタリー・アーバニゼーション(地球の都市化)という言葉もありますが、わたしたちはロジスティクスというスムーズな流れによって、常に有形無形の商品を消費し続けることで、あるいはリモートを加速させるコミュニケーション技術によって、物理的な出会いがもたらす関係性や、使ったり食べたりしているものの連関への想像力が奪われているようにも思えます。その異様とも言えるスムーズさのなかに、どのように亀裂やひっかかりを見つけ出していくのか。そこから、文化や芸術が醸造されるのだと思います。  今回の特集では、猪瀬浩平さんとの対談では、私たちの生き方や、コロナ禍において顕在化した感染させる/させないの二元論に回収される違和感と、リモートによるコミュニケーションによってこぼれ落ちる「巷」的なひっかかりについての大切な視座と経験を、有家俊之さんにはロジスティクスと反対側にあるものの調達とその楽しみとおいしさを教えていただきました。また、北川眞也さんとの対談で都市のパースペクティブとそのなかで行われている実践をお聞きしながら、いかに私たちは行動できるのかというヒントを与えていただき、合わせて、櫻田和也さんとともに大阪という都市を成り立たせている住之江の物流拠点、港湾地帯をフィールドワークすることで改めて私たちの暮らす都市を実感することができました。一見、つながらないようなこれらの経験や知見は、どこでもすぐにつながれる現在において、私たちに物事を編み直す想像力を与えてくれます。今回、対談やフィールドワークをともにした4者は、みなアーティストだと思います。 家成俊勝 Toshikatsu Ienari ー 建築家。1974年兵庫県生まれ。2004年、赤代武志とdot architectsを共同設立。京都芸術大学教授。アート、オルタナティブメディア、建築、地域研究、NPOなどが集まるコーポ北加賀屋を拠点に活動。
Event
2021.05.24
#JITSUZAISEI#ART#EXHIBITION

現代美術作家・二艘木洋行の個展「ボーイ・ミーツ・発達障害・それぞれの」、
クリエイティブスペース「JITSUZAISEI」にて開催。

アーティスト・MINAMI MIYAJIMAが、クラウドファンディングを経て2021年4月に大阪某所に開設したクリエイティブスペース「JITSUZAISEI」にて、二艘木洋行展 「ボーイ・ミーツ・発達障害・それぞれの」が開催される。

二艘木は1983年生まれの現代美術作家。お絵描き掲示板のペイントツールで描いたデジタル作品や、突然変異のようなペインティングやドローイングによって注目を集め、特異な存在感を放っている。
主な展覧会に「プロミスフレンズニアレストネイバーランド前」TALION GALLERY(東京、2014年)、「VOCA現代美術の展望」上野の森美術館(東京、2014年)、「East Asia Culture City 2019≪3^×=∞ ound Town≫」仁川アートプラットフォーム(韓国・仁川、2019年)、「ハッピーアワー」VOU/棒(京都2020年)などがある。

今回の展示では、アナログとデジタルとの融合によるインスタレーションを展開する。

自分は物事や出来事の意味や必然性を考える時、運命論的な考えになることが多い。

いつどこで、偶然誰に会って、たまたま何かが起こった。その時何を考えて、どう行動したか。

起こった出来事の重要性を考える時、運命的な感覚を得る。

あらかじめ決められたとは思わないけど、あらゆる偶然の出来事や出会いが、自分の心を動かし未来への道となる。
このドキュメンタリックなリアル感は、チャンスオペレーションを組み込んだ作品作りや、展覧会にも多大に影響してます。

最近は発達障害について考えることが多くなり、今のリアルとして何かを留めておきたい衝動で、この文章を書いてます。

メンタルクリニックに通いはじめて半年ほどたつ。

理由はお付き合いしていた女性とコミュニケーションが上手くいかず、振られたからだ。

失恋によってメンタルを病んだ訳では全くなく、むしろ逆で、無自覚に相手が望まない言葉や態度をとってしまい、相手のメンタルを病ませてしまう。
そんな自分が理解不能で、何とか関係を修復できないか、と通い始めた。

先生に診察してもらって、自閉スペクトラム症という診断がおりた。聞き慣れない名前だけど、スペクトラムは連続体という意味で、いわゆる重めの症状(自閉症)〜軽度のものまで虹のように幅広い発達障害の症状を指す。

アスペルガー症候群なんかも、この診断のうちに入る。

この症状について少し書きます。

近年では職場などの社会におけるコミュニケーションの不和からくる生きづらさや、「大人の発達障害」という言葉が認知されたことにより、もしかして私もそうかもしれない、、といった動機から、いわゆるグレーゾーンと呼ばれる軽度の症状の方等も多く受診されている。

そしてこの症状は、病気というより生まれ持った脳の機能の障害を起因とした、性格的なものとして認識されており、薬などで治すというより、療育(治療と教育)が大事になってくる。
スペクトラムの名の通り、症状や傾向は個人差があり、他の精神疾患を併発していることも多いそうです。子供の頃から症状が顕著だったら、早い時期からの療育(それも個々の特性に合わせた)が本人にとっても、周りにとっても生きづらさから抜け出す足掛かりになるはずです。

自分の話に戻ります。

例に漏れず僕も「大人の発達障害」に当てはまり、幼少期は際立った障害もなく、少なくも友達はおり、ごく普通に学校生活を送っていました。
思い返すと、アレっと思う出来事もあったりするけど、多分周りから見て「シャイで少し変わったところもあるヤツだな。」くらいの感じだったと思われます。

大人になるにつれて、部分的には社会に適応するところもあり、絵の道を志してからはアーティストとしての性質というような免罪符もついてしまった。

つまりはちょっと変わってても別に構わない。(そして側から見ても、ちょっと変わっていても、芸術家だからしょうがないよね。になる。)

現代美術などの世界観にある、モダニズム的な考えとしてより良いものを、より新しいものを、より新しい解釈を、これまでの概念を刷新するような表現を求めたりするところに、他人と違う性質というのは都合が良かったのです。

少数派の脳には都合の良い解釈とも言えるかもしれないし、ある意味では社会との適応ともいえるかもしれない。
(この症状は本人が社会生活を送る上で、問題を感じてなければ「障害」にならず、病院に行く必要も何もないのです!まさにそれってただの性格じゃん!?)

自分の変わった部分に、そこまで深刻にならずにのほほんとやってこれた、これは理解や見立ての甘さだと思う。

症状の一つに非言語による、程度の理解が乏しいということがある。自分が思っている自己評価よりも、他人からのそれとは想像以上に剥離があったりする。
これは作品作りに一つ影響として、他人が扱うのを躊躇してしまうようなモチーフや言葉を、ためらいなく挿入できたり、(さらなる独自の正誤判断で)敢えて扱えたりする。

意味のありすぎる文字や男性器など、絵の中の暴力性には他の症状とも絡んでくるように思う。
僕と付き合いの長い人は思い当たる節があるかもしれないが、人当たりの柔らかさと相反して驚くほど冷たい言葉や態度をとったりすることがある。
とても思いやりがなく、エゴイスティックで、他人を見下すような、そして怒りにも似た感情に見える。
作品の中での大胆さは、こういった症状の影響や背景もあるな。と思えてます。

と関連性を紐つけて考えても、過去は変えられないし性格も変えられない。

ただ、自覚を持って考え続けることはできる。

ナイーブな出来事も、意味のある今につながり、作品や展覧会のネタにもなる。

情けなくも露悪的だけど、逞しく、自覚することが一番の薬として、今日も銭湯に入りビールを開けた。

2021年5月19日 二艘木洋行

現代美術作家・二艘木洋行の個展「ボーイ・ミーツ・発達障害・それぞれの」、クリエイティブスペース「JITSUZAISEI」にて開催。

二艘木洋行展 「ボーイ・ミーツ・発達障害・それぞれの」

会期:2021年6月1日(火)〜30日(水)

会場:JITSUZAISEI(大阪某所)
※JITSUZAISEIの住所は2021年7月まで非公開。クラウドファンディング支援者と作品購入者のみに住所を案内しているが、「本展Webページ( https://www.jitsuzaisei.com/nisougihiroyukiexhibition )をよく探せば、もしかすると知ることができるかもしれません。」(主催者)とのこと。

時間:14:00~19:00、バータイム 19:00〜22:00

休廊:火曜日[6月1日(火)はオープン]

photo:What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
Must Reads
2021.06.10
What’s up?|最近どうですか? 第6回:吉村祥さん(FOLK old book store)
MORE
photo:CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
Must Reads
2021.06.05
CONVERSATION|関西若手キュレーターが考える「大阪」
MORE
photo:REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
Must Reads
2021.05.31
REPORT|「おちょやん」公開記念 浪花の名女優 浪花千栄子
MORE
photo:INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
Must Reads
2021.04.30
INTERVIEW:山本理恵子| いま絵画を見ること。コミッションワークと似て非なる、注…
MORE
photo:左手のピアノという想像の装置
Must Reads
2021.03.31
左手のピアノという想像の装置
植松琢麿
TEXT: 植松琢麿 [アーティスト]
MORE
#NEW PURE +#千鳥文化#enoco#グランフロント大阪#ギャラリーノマル#アートエリアB1#うめきたシップホール#音ビル#Club Daphnia#FOLK old book store#谷口カレー#クリエイティブセンター大阪#すみのえアート・ビート#YCAM#MASK#Open Storage#The Branch#コーポ北加賀屋#M@M#HEP HALL#Calo Bookshop & Cafe#Live Bar FANDANGO#HOPKEN#前田文化#LVDB BOOKS#光#あべのま#山本製菓#ナイスショップスー#ペフ#SAA#YARD Coffee & Craft Chocolate#ピンポン食堂#graf#umeda TRAD#SOCORE FACTORY#梅田クラブクアトロ#難波ベアーズ#梅田シャングリラ#contact Gonzo#塚原悠也#レトロ印刷JAM#ANIMA#ココルーム#吉行良平#国立民族学博物館#水野勝仁#金氏徹平#ビンビール#シカク#blackbird books#hitoto#MASAGON PARK#ロフトプラスワンウエスト#ギャラリー オソブランコ#JIKAN<space>#ALNLM#丼池繊維会館#アートコートギャラリー#Club Stomp#ギャラリーほそかわ#中崎町#ondo tosabori#artgallery opaltimes#FUKUGAN GALLERY#Yoshimi Arts#梅田哲也#kioku手芸館「たんす」#CONPASS#国立国際美術館#Hotel Noum OSAKA#PINE BROOKLYN#大成紙器製作所#プロダクトデザイン#WEBデザイン#ペーパーアイテム#The Blend Apartments#フラッグスタジオ#紙器具#文房具#TEZUKAYAMA GALLERY#GLAN FABRIQUE#Compufunk#シネ・ヌーヴォ#+1art#ブルームギャラリー#東大阪市民美術センター#Pulp#Alffo Records#淀屋橋見本帖#toi books#YOD Gallery#FIGYA#浄土宗應典院#味園ユニバース#Super Studio Kitakagaya#淀川テクニック#柴田英昭#スターバックス LINKSUMEDA#ギャラリー・ソラリス#喫茶アオツキ#ムジカジャポニカ#豊中市立文化芸術センター#LUCUA 1100#THE STORIES#阪急うめだ本店#howse#イロリムラ#The Third Gallery Aya#平野愛#心の傷を癒すということ#多賀結いの森#The Blend Inn#DELI#gekillin#LUCUA osaka#dieci#FREITAG#フライターグ#デザイン#solaris#CIRCUS OSAKA#excube#MI Gallery#第七藝術劇場#福岡市美術館#のせでんアートライン#のせでん#原久子#ディエゴ・テオ#渡邉朋也#なべたん#深澤孝史#岡啓輔#井上亜美#渡部睦子#拉黒子・達立夫#コンタクト・ゴンゾ#松本直也#Tyrni#シアターセブン#toe#TRA-TRAVEL#POL#the three konohana#New Life Collection#大阪府立中央図書館#iTohen#藤谷商店#silta#DEN#gallery nomart#ノートギャラリー#イチノジュウニのヨン#音凪#モモモグラ#THE BOLY OSAKA#OLGA-goosecandle-#シネ・ヌーヴォX#ウイングフィールド#PONY PONY HUNGRY#wad#大阪髙島屋#ペーパーボイス大阪#NOON + CAFE#アトリエ三月#ABCホール#HENE#DMOARTS#スタンダードブックストア#里づと#FM802#FM COCOLO#gekilin.#西淀川アートターミナル#シネ・リーブル梅田#夜長堂#梅田ロフト#まがり書房#御殿山生涯学習美術センター#cumonos#インディペンデントシアター#心斎橋PARCO#KITAHAMA N Gallery#GALLERY wks.#RAURAUJI#JAM#SUNABAギャラリー#日本橋の家#Oギャラリーeyes#大阪日本民芸館#photo gallery Sai#志賀理江子#アトリエS-pace#I SEE ALL#gallery,あるゐは#吹田市文化会館(メイシアター)#豊中市立市民ギャラリー#art#architecture#GULIGULI#Blend Studio#CAS#赤鹿麻耶#マヅラ#HEP FIVE#ssud#阪神梅田本店#茨木市立ギャラリー#日野浩志郎#YPY#JITSUZAISEI#CÀRRY HOUSE#music#Galerie de RIVIERE#辺口芳典#植松琢麿#稲井亮太#角木正樹#どく社#本の人#MUESUM#UMA/design farm#三木学#布施琳太郎#岡部太郎#原田祐馬#山本理恵子#神戸映画資料館#アップリンク京都#PLANET+1#出町座#京都シネマ#アシタノシカク#TOPOLOGY#EDANE#SEWING TABLE COFFEE SO Lei#SHELF#豊田道倫#キッチンにて#キッチンにて2#25時#in→dependent theatre#檜山真有#野原万里絵#GQOM ÇA DU MODE#GQOM ÇA DU MODE Vol. 2#Gqom#ハタノワタル#カール・ハンセン&サン#中田由美#ninkipen!#大阪建築コンクール#大阪府建築士会#大阪大学#gallery yolcha#占星術#大阪市中央公会堂#chignitta space#Yoshiaki Inoue Gallery#香港インディペンデント映画祭